株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年07月13日

東宝が高値を更新、第1四半期の大幅増収増益と自社株買いなど好感

■会計基準異なるが単純比較で営業収入72%増、営業利益36%増

 東宝<9602>(東証プライム)は7月13日、飛び出すように値を上げて始まり、取引開始後に5140円(175円高)まで上げて約5週間ぶりに年初来の高値を更新し、その後も5000円台で推移し強い相場となっている。12日の15時に第1四半期決算と自己株式の取得(自社株買い)を発表し、好感されている。「名探偵コナン ハロウィンの花嫁」「シン・ウルトラマン」などのヒット作品が業績に寄与した。

 自社株買いは、取得総数100万株(自己株式を除く発行済株式総数に対する割合0.57%)、取得総額60億円(各上限)。期間は2022年7月13日から同年9月30日まで。市場における買付、自己株式立会外買付取引(ToSTNeT−3)による買付を併用するとし、ToSTNeT−3)による買付は7月13日朝行うとした。

 第1四半期の連結決算(2022年3〜5月)は、営業収入が618.65億円となり、前年同期の578.08億円から増加。「収益認識に関する会計基準」を適用のため増減率は記載していないが、単純比較では72%増加した。営業利益は142.73億円となり同じく単純比較では36%増加した。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:44 | 業績でみる株価