株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2022年11月08日

インフォマートの「BtoBプラットフォーム 請求書」がデジタルインボイスの日本標準仕様「JP PINT」に対応へ

 BtoBビジネスを革新する信頼のリーディングカンパニーを目指す、インフォマート<2492>(東証プライム)は11月8日、同社が提供する、国内シェアNo.1の電子請求書プラットフォームサービス「BtoBプラットフォーム 請求書」が、日本国内におけるデジタルインボイスの標準仕様「JP PINT」(Peppolに準拠した請求書)に対応予定であることを発表した。

info1.jpg

 2023年10月に施行されるインボイス制度の開始に向けて、中小・小規模事業者から大企業における制度への対応が急務となっている。同社の企業間の商行為をデジタル化するクラウドサービス「BtoBプラットフォーム」においても、インボイス制度への対応を進めている。

 そうした中で、同社の「BtoBプラットフォーム 請求書」においても、日本国内におけるデジタルインボイスの標準仕様である「JP PINT」に準拠したデジタルインボイスの送受信ができるよう対応を進めている。

 同社の「BtoBプラットフォーム 請求書」は、2023年10月以降も、変わることなくご利用することが可能である。他の請求書サービスと接続する場合には、「JP PINT」に対応したシステムであれば、Peppolネットワークを経由した送受信が可能になる。

 同社は、電子帳簿保存法・インボイス制度への対応を支援するだけでなく、今後も企業間取引のデジタル化によるバックオフィス業務効率化、企業のDXを支援・推進していくとしている。

■Peppolとは・・

 請求書(インボイス)などの電子文書をネットワーク上でやり取りするための「文書仕様」「運用ルール」「ネットワーク」のグローバルな標準仕様であり、Open Peppol(ベルギーの国際的非営利組織)がその管理等を行っている。現在、欧州各国のみならず、オーストラリア、ニュージーランドやシンガポールなどの欧州域外の国も含め30か国以上で利用が進んでいる。

・EIPA(デジタルインボイス推進協議会)公式HPから
 https://www.eipa.jp/peppol

■JP PINTとは・・

 JP PINTは、Peppolネットワークでやり取りされるデジタルインボイスの日本の標準仕様である。

・デジタル庁のHPから
 https://www.digital.go.jp/policies/electronic_invoice/

■「BtoBプラットフォーム 請求書」について

 「発行する請求書」だけでなく「受け取る請求書」「支払金額の通知」など、多様な請求業務のデジタル化に対応可能な国内シェアNo.1(2021年度 東京商工リサーチ調べ)請求書クラウドサービスである。時間・コスト・手間のかかる請求業務を大幅に改善し、ペーパーレス化、経理のテレワークの実現を後押しする。

 電子帳簿保存法に対応(JIIMA 「電子取引ソフト法的要件認証制度」認証取得済)し、2023年のインボイス制度にも対応予定である。(2022年11月現在で約80万社が利用している。)

URL:https://www.infomart.co.jp/seikyu/

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:11 | プレスリリース