株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2023年03月03日

【株式市場】日経平均は399円高、米中、両方の景気に期待強まりTOPIXも2000ポイント回復

◆日経平均は2万7898円37銭(399円50銭高)、TOPIXは2019.67ポイント(25.10ポイント高)、出来高概算(東証プライム)は5億8544万株

 3月3日(金)前場の東京株式市場は、NYダウ341ドル高の大幅反発などを受け、米国・中国両方の景気回復への期待が再燃したとされ、自動車株や海運株が軒並み反発基調となり、日本製鉄<5401>(東証プライム)は約8年ぶりの高値に進み、三菱商事<8058>(東証プライム)は上場来の高値を連日更新。景気敏感株の勢いが強いためか半導体関連株は重い印象だったが、アドバンテスト<6857>(東証プライム)などは今年の高値を更新。日経平均は184円高で始まり、次第高となって午前11時20分にかけて411円49銭高(2万7910円36銭)まで上げ、前引けもほぼ上げ幅を保った。

 ファーストリテイリング<9983>(東証プライム)エービーシー・マート<2670>(東証プライム)が2月の月次売上高の伸びなど好感されて活況高。三陽商会<8011>(東証プライム)ギフトHD<9279>(東証プライム)は第1週末に発表の予定とされて期待強く活況高。サイボウズ<4776>(東証プライム)は株主総会の招集通知で新たな大株主判明と思惑視され急伸。日本出版貿易<8072>(東証スタンダード)はPBR1倍未満株の出遅れとされ急動意。ピアズ<7066>(東証グロース)は提携が好感され一段高のストップ高。

 東証プライム市場の出来高概算は5億8544万株、売買代金は1兆5105億円。プライム上場1835銘柄のうち、値上がり銘柄数は1533銘柄、値下がり銘柄数は247銘柄。

 東証33業種別指数は全33業種が値上がりし、精密機器、卸売り、化学、医薬品、鉄鋼、などが高い。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:15 | 今日のマーケット