株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2023年11月28日

【株式市場】日経平均は39円安、2日続落だが後場一時147円台の円高でも底堅い

◆日経平均は3万3408円39銭(39円28銭安)、TOPIXは2376.71ポイント(5.05ポイント安)、出来高概算(東証プライム)は13億1365万株

 11月28日(火)後場の東京株式市場は、円相場が一時1ドル147円台に入る円高の場面があり、自動車株の中に一段ジリ安の銘柄がみられた一方、TDK<6762>(東証プライム)は取引開始後を下値に持ち直し、前引けにかけてダレたキヤノン<7751>(東証プライム)は再び堅調さを拡大など円高の影響は限定的な感触だった。マルハニチロ<1333>(東証プライム)などの水産株は「買い負け」が減るとされて一段と強含み、良品計画<7453>(東証プライム)も一段高。日経平均は弱もみあいを続け、中盤に前場の安値(149円63銭安の3万3298円04銭)に迫ったが、大引けにかけては持ち直し小幅な下げで2日続落となった。

 後場は、「政府クラウド」認定のさくらインターネット<3778>(東証プライム)が一段と上げてストップ高に達し、グローセル<9995>(東証プライム)はマクニカグループによるTOB(株式公開買付)を受けてストップ高。西部技研<6223>(東証スタンダード)は大型受注が好感されストップ高を継続。ジオコード<7357>(東証スタンダード)は未定だった配当の増配など連日好感され3日連続ストップ高。イントランス<3237>(東証グロース)は正午過ぎの株主優待導入発表が好感され急伸。地盤ネットホールディングス<6072>(東証グロース)は京都市に建物計測システム採用など材料視され2日連続ストップ高。トゥエンティーフォーセブン<7074>(東証グロース)は厚労省の健康づくりガイド案が10年ぶり改定とされスポーツジムに追い風との見方で急伸しストップ高。

 東証プライム市場の出来高概算は13億1365万株(前引けは6億1608万株)、売買代金は3兆3463億円(1兆6159億円)。プライム上場1659銘柄のうち、値上がり銘柄数は970(前引けは799)銘柄、値下がり銘柄数は635(同793)銘柄。

 東証33業種別指数は17業種(前引けは8業種)が値上がりし、値上がり率上位は、水産農林、パルプ紙、ゴム製品、鉱業、繊維製品、鉄鋼、石油石炭、卸売り、小売り、サービス、などとなった。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:45 | 今日のマーケット