株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2023年11月29日

【株式市場】日経平均は87円安となり3日続落、後場は値上がり銘柄数の減少など気にされ様子見に

◆日経平均は3万3321円22銭(87円17銭安)、TOPIXは2364.50ポイント(12.24ポイント安)、出来高概算(東証プライム)は13億6815万株

 11月29日(水)後場の東京株式市場は、トヨタ<7203>(東証プライム)が一段と強含んだもののデンソーの株式売却という買い材料があり、他の自動車大手は軟調相場を継続。紙パ、鉄鋼、大手商社、空運、海運株はジリ安基調を継続。一方でレーザーテック<6920>(東証プライム)は一段ジリ高など半導体関連株の中に上値を追う銘柄がみられ、リクルートHD<6098>(東証プライム)は海外の投資ファンドの注目で前場の上げ幅を保って推移。日経平均は後場寄り後に一段と上げて107円84銭高(3万3516円23銭)をつけたが、値上がり銘柄数が前場より減っているとの声があるなどで次第に値を消し、大引けは大引けも軟調なまま3日続落となった。

 後場は、日東紡績<3110>(東証プライム)が一段と上げ、低誘電ガラスが生成AIサーバー向けに好調とされ高値を更新。スマートバリュー<9417>(東証スタンダード)は提携するさくらインターネット<3778>(東証プライム)の2日連続ストップ高を受け急伸しストップ高。Orchestra Holdings<6533>(東証プライム)は一段と出直りを強め特許取得で急伸した後の調整が一巡とされ再び買い活発化の様子。霞ヶ関キャピタル<3498>(東証グロース)は子会社によるヘルスケア企業の株式取得が材料視され一段高。BBタワー<3776>(東証スタンダード)は持分会社の株式一部譲渡など好感され一段高。地盤ネットホールディングス<6072>(東証グロース)は信用取引規制が発動されたが最初の規制は買いとされ引き続き京都市へのシステム採用など材料視され3日連続ストップ高。

 東証プライム市場の出来高概算は13億6815万株(前引けは6億9121万株)、売買代金は3兆5441億円(同1兆8436億円)。プライム上場1660銘柄のうち、値上がり銘柄数は565(前引けは616)銘柄、値下がり銘柄数は1049(同994)銘柄。

 東証33業種別指数は4業種(前引けは8業種)の値上がりにとどまり、値上がりした業種は、輸送用機器、電力ガス、サービス、情報通信、だった。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:40 | 今日のマーケット