株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2023年12月07日

テラスカイ、関西電力送配電の現地出向業務に続き検針業務のシステムのクラウド移行に成功

■iPhoneで業務を完遂、数億円のコスト削減効果が見込まれる

 テラスカイ<3915>(東証プライム)は、関西電力<9503>(東証プライム)送配電の一般業務と検針業務のシステムを、セールスフォース・ジャパンのフィールドサービスソリューション「Salesforce Field Service」に切り替えたと発表。フィールド担当者はiPhoneで業務を完遂できるようになり、業務効率化と数億円のコスト削減が見込まれる。

tera1.gif

 一般業務では、年間約186万件、年間約3000人のフィールドエンジニアが対応する「一般問い合わせ」の管理システムと業務フローを改革した。2022年10月から全域で導入した。検針業務では、約1300万台の電力メーターのスマートメーター導入完了に伴い、システムと業務を刷新した。遠隔検針が機能しない一部メーターを効率的に検針するため、ルート提案が可能なSalesforce Field Serviceに切り替えた。2023年4月に運用を開始した。

 関西電力送配電は、一般と検針業務のシステム移行により、紙・帳票の削減、作業コストの大幅削減を実現した。Salesforce Field ServiceやSaaSの適用範囲の拡大を視野に、一層のDXを推進する。テラスカイは、引き続きSalesforce Field Serviceの導入支援、ならびにDX推進のための構築を通じ、関西電力送配電のDXを支援する。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:23 | プレスリリース