株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2023年12月11日

【師走相場の見通しと展望】長期金利の影響と年末・年始相場の舞台裏

■米国の長期金利変動が揺れる中、投資家の注目はどこへ?

fyku1.gif

 師走相場は残りわずか3週間、「掉尾の一振」か「掉尾の三振」か、投資家たちは悩みに悩む時期に差し掛かっている。この相場の起点となった米国の長期金利が上下に揺れる中、「買いでやられ、売りで担がれ」という動きが見受けられ、市場は500円幅で揺れ動いている。米国の長期金利は太平洋を越え、日経平均株価や為替に影響を与えており、これが今後の相場の鍵を握るとされている。

 12日、13日に開催予定のFRBのFOMCを通過すれば、長期金利の方向感が見えてくるかもしれないが、FRBの発言からは早期の政策金利引き下げ期待が高まっている一方で、政策金利引き上げ期待も根強くなっている。市場コンセンサスは、通過後の相場が適温で推移する「ゴルディロックス相場※」になる可能性があると見ている。インフレ鈍化の中で景気が減速しつつも失速しない状況で、長期金利が低位で安定する凪相場が続く可能性がある。

 金利の低下が相場に変化をもたらす中、金・高配当株が注目を浴びる年末・年始相場が迫っている。米国の10年物国債利回りは一時5%台に達したが、現在は4.1%まで低下しており、金利低下によって金先物価格が史上最高値を更新するなど、市場には新たな動きが生まれている。為替市場も円買いが強まり、日本銀行の金融政策決定会合の結果が注目されている。これにより、「掉尾の三振」を避けるために、金利低下で優位性が高まる高配当利回りランキングの上位株や金先物価格関連株が注目される可能性がある。年内には「半導体祭り」の再燃なども影響を与えるかもしれないが、投資家は慎重に動向を見守る必要がある。

【ゴルディロックス相場」とは】景気が過熱も冷え込みもしない適度な状況にある相場のこと。童話の『3びきのくま』で主人公の少女ゴルディロックスが飲んだ「熱すぎず冷たすぎない適温のスープ」に由来する言葉。ゴルディロックス相場では、経済は緩やかに成長して長期金利は低位に安定し、金余りの期待から資金が安定資産からリスク資産へと流入し相場を押し上げる。(情報提供:日本インタビュ新聞社・Media-IR 株式投資情報編集部)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:09 | コラム