株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2024年01月29日

【株式市場特集】最高値更新の有力予備軍:バリュー株のスクリーニング結果を公開!

■割安で成長性の高い銘柄とは?

 今週の当コラムは、史上最高値をリ−チ圏内に捉えたバリュー株をスクリーニングした。足元の株価からあと20%から30%上昇すれば最高値奪回可能な低PER・PBR株が浮上したが、中型株、小型株、値ごろ、業種、所属市場も多彩となった。次の最高値更新の有力予備軍として要注目となる。

■最有力予備軍は業績上方修正、増配、自己株式取得などが盛り沢山

 足元の株価から20%上昇すれば上場来高値にリーチとなる割安銘柄をコード番号順に上げると、前記の東京建物のほか次の通りとなる。日本製缶<5905>(東証スタンダード)、三和ホールディングス<5929>(東証プライム)、ルックホールディングス<8029>(東証スタンダード)、キヤノンマーケティングジャパン<8060>(東証プライム)、三愛オブリ<8097>(東証プライム)、ソーダニッカ<8158>(東証プライム)である。

 このうち三和HDとソーダニッカは今3月期業績を上方修正し、株主還元策ではソーダニッカ、三愛オブリが増配のほか、日本製缶、三和HD、三愛オブリが自己株式取得を進めている。ルックHDは目下集計中の前12月期業績を下方修正したが、株主優待制度は拡充し優待商品券の金額を倍増したほか、今年2月の12月期決算発表時には新策定する中期経営計画を公表予定である。

■準候補の10銘柄は3割高すれば史上最高値をブレークも

 足元の株価から3割高すれば上場来高値にリーチとなる準候補の割安銘柄は、バラエティーに富む。コード番号順ではレンゴー<3941>(東証プライム)、オーベクス<3583>(東証スタンダード)、北越メタル<5446>(東証スタンダード)、フジクラ<5803>(東証プライム)、横河ブリッジホールディングス<5911>(東証プライム)、アマダ<6113>(東証プライム)、三菱ロジスネクスト<7105>(東証スタンダード)、佐藤商事<8065>(東証プライム)、菱洋エレクトロ<8068>(東証プライム)、ナイス<8089>(東証スタンダード)と続き10銘柄となる。

 このうち横河ブリッジHD、アマダ、三菱ロジネクストが業績の上方修正と増配を発表し、佐藤商事と菱洋エレクトラが業績を上方修正している。10銘柄のPERは4倍から15倍の間に分布し、7銘柄がPBR1倍を割り、年間配当利回りも菱洋エレクトロニクスの4.61%をトップにほか5銘柄が3%台をキープしている。(情報提供:日本インタビュ新聞社・Media-IR 株式投資情報編集部)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:23 | 特集