株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2024年02月13日

ケンコーマヨネーズ、今3月期末配当を20円(前年同期実績比11円増)に大幅増配

■業績予想も大幅増額、経常利益は従来予想の2.2倍に、純利益は4.2倍に

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東証プライム)は2月13日の夕方、2024年3月期・第3四半期の連結決算を発表し、今3月期の連結業績予想、配当予想の増額修正も発表した。

 今3月期の期末配当予想は1株20円の予定(従来予想比5円増)に増額修正した。前年同期実績からは11円の大幅増配。これにより、年間配当は1株あたり30円(前年同期比13円の増配)になる。

 第3四半期連結決算(2023年4〜12月・累計)は、食用油や鶏卵価格が落ち着きを見せ始めてきている一方で、原材料価格やエネルギーコストは変わらず大きな負担となっている事業環境の中で、外食分野を中心に売上高の回復が進み、特にファストフード向け商品を中心に売上が増加した結果、売上高は前年同期比7.2%増加し、生産効率の向上策や価格改定により経常利益は5.2倍に急回復した。

 こうした推移を受け、3月通期の利益予想を大幅に増額修正し、経常利益は23年5月に開示した従来予想の2.2倍の28億円の見込みに引き上げ、親会社株主に帰属する当期純利益は同4.2倍の23億90百万円の見込みに引き上げた。売上高は同0.1%上回る874億90百万円の見込みに引き上げた。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:19 | IR企業情報