株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2024年02月16日

イトーキは連日高値を更新、連続最高益の見込みで増配、新中期計画、株主優待の新設、自社株買いなど好感

■3日連続大幅高だがPER14倍に過ぎず割安状態

 イトーキ<7972>(東証プライム)は2月16日、一段高となり、午前10時半にかけて7%高の2094円(135円高)まで上げて2000年以降の最高値を3日連続更新している。13日に発表した12月決算(2023年12月期)が営業利益86%増などとなり最高益を更新し、今期・24年12月期の予想も増収増益を想定。決算発表と同時に増配、新中期計画、株主優待制度の新設、自社株買いなども発表し、以後連日大幅高となっている。

 今期・24年12月期の連結業績予想は売上高1375億円(前期比3.4%増)、営業利益100億円(同17.3%増)などを見込む。新中期経営計画「RISE TO GROWTH 2026」(2024年から26年まで3ヶ年)では、26年に売上高1500億円、営業利益140億円、ROE15%の達成などを目指す。

 株価は14日のストップ高を含めて3日連続大幅高のため、一服が訪れても不自然ではないが、24年12月期の予想1株利益は144円12銭のため株価はPER14倍台に過ぎず、東証プライム銘柄の平均予想PER16倍台に比べて割安な状態となっている。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:59 | 業績でみる株価