株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2024年02月22日

【株式市場】日経平均は836円高、後場一段と上げて史上初の3万9000円台に乗る、34年ぶりに過去最高値を更新

◆日経平均は3万9098円68銭(836円52銭高)、TOPIXは2660.71ポイント(33.41ポイント高)、出来高概算(東証プライム)は17億6948万株

111.jpg

 2月22日(木)後場の東京株式市場は、前場に続いて米エヌビディアの好決算などが好感されて半導体関連株物色が旺盛となり、アドバンテスト<6857>(東証プライム)SCREENホールディングス<7735>(東証プライム)が一段と上げ、キヤノン<7751>(東証プライム)も一段高。さらに「周辺銘柄」にも物色が広がる展開になった。また、日立製<6501>(東証プライム)コマツ<6301>(東証プライム)資生堂<4911>(東証プライム)も一段と上げ、主な業種の代表格を買う動きも強まる感触となった。

 日経平均は前場に一時3万8924円88銭(662円72銭高)まで上げ、終値ベースでの過去最高値3万8915円87銭(1989年12月29日)を34年ぶりに一時更新し、後場は894円81銭高(3万9156円97銭)まで上げてザラ場ベースでの過去最高値3万8957円44銭(同年同日)も更新。大引けも3万9000円台を保ち、終値ベースでの最高値更新も確定した。

 後場は、半導体株物色のすそ野が広がりマルマエ<6264>(東証プライム)が一段高。また、王子ホールディングス<3861>(東証プライム)三井不動産<8801>(東証プライム)も一段高となり、グロ―ス株物色に加えてバリュー株物色も活発化する感触となった。フォーサイド<2330>(東証スタンダード)は中盤から再び上値を指向し業績回復予想やAI新事業などに期待。テーオーホールディングス<9812>(東証スタンダード)山大<7426>(東証スタンダード)はストップ高となり木材市況など買い要因とされ共に3日続けて大幅高。Laboro.AI<5586>(東証グロース)は前後場とも次第高を続けて終盤にストップ高となり米エヌビディアの好決算など好感の見方。ナルネットコミュニケーションズ<5870>(東証グロース)は大引けまでストップ高買い気配を続け、ビッグモーターへの買収の案件が進展すれば自動車リース業に追い風の期待。

 新規上場のVRAIN Solution(ブレイン・ソリューション)<135A>(東証グロース)は午前11時25分にかけて5190円(公開価格2990円の74%高)で初値を形成。後場5940円(同99%高)まで上げて終値は5810円(同94%高)。

 東証プライム市場の出来高概算は17億6948万株(前引けは8億2940万株)、売買代金は5兆5623億円(同2兆7673億円)。プライム上場1657銘柄のうち、値上がり銘柄数は1082(前引けは1037)銘柄、値下がり銘柄数は518(同553)銘柄。

 東証33業種別指数は31業種(前引けは30業種)が値上がりし、値上がり率上位は、電気機器、輸送用機器、機械、石油石炭、鉱業、卸売り、不動産、精密機器、パルプ紙、金属製品、ガラス土石、などとなった(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:51 | 今日のマーケット