株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2024年02月26日

TOPPANデジタルが沖縄のモズク生産にDXを導入、モズクの収穫量や品質をデジタル化

■「重量管理アプリ」「品質判定AIアプリ」の実証実験を実施

 TOPPANホールディングス<7911>(東証プライム)グループのTOPPANデジタルは2月26日、沖縄県うるま市の勝連漁協と協力して、モズク生産の効率化と品質管理を目的とした漁業DXソリューションの実証実験を実施すると発表。同社が開発した2つのアプリを用いて、モズクの収穫量や品質をデジタル化し、作業負荷の軽減やトレーサビリティの向上に貢献する。

top1.jpg

 沖縄県はモズクの全国生産量の9割以上を占めるが、人手不足や後継者不足などの課題がある。勝連漁協は、新たにモズク加工工場を開設し、生モズクの出荷量の増加やブランド化を目指している。そのような中、TOPPANデジタルは、うるま市の主要産業であるモズク生産の課題解決に向けて、漁業DXソリューションを開発した。

 開発した「重量管理アプリ」は、水揚げ時にタブレットにモズクの重量を入力すると、カゴ重量を差し引いて正味の重量を自動計算し、伝票を発行する。これにより、手書きや手計算によるミスや時間のロスを防ぐ。また、「品質判定AIアプリ」では、モズクの太さやぬめりの状態を画像で認識し、AIが品質を判定する。これにより、熟練担当者の目視に頼らず、高品質のモズクの選別を可能にする。

 同実証実験は、2024年3月から6月まで行われ、アプリの有効性やユーザビリティを検証する。今後は、モズク以外の海産物にも対応できるサービスとして2024年秋から提供を開始する予定。また、勝連漁協のモズク加工工場のスマート化にもデータを活用して支援していく。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:09 | プレスリリース