株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2024年03月13日

エスプールの子会社エスプールブルードットグリーンと第四北越銀行環境情報開示支援サービスが業務連携

 エスプール<2471>(東証プライム)の子会社で環境経営支援サービスを提供する株式会社エスプールブルードットグリーン(本社:東京都千代田区)は3月13日、第四北越銀行(本店:新潟県新潟市)と業務連携し、環境情報開示に関するコンサルティングサービスの提供に取り組むこととなったと発表。

esu1.jpg

■業務連携の背景および目的

 近年、脱炭素化に向けた取り組みが加速する中、サステナビリティ情報開示における世界共通の基準(ISSB)が2024年1月から適用された。日本でもISSBに基づく開示が策定され、企業はこれらの開示要請に対応していくことが求められている。

 このような中、ブルードットグリーンではTCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)に基づいた気候関連 財務情報の開示支援やCDP質問書への回答支援を東証プライム市場に上場する企業中心に行っているほか、昨今取り組む企業が増えているLCA(ライフサイクルアセスメント)及びCFP(カーボンフットプリント)の算定や排出量削減のためのクレジット販売など、幅広いサービスを提供している。

 同連携では、環境情報開示の分野で豊富な知見を有するブルードットグリーンのコンサルティングサービスを通じて、第四北越銀行の取引先企業の環境経営を積極的に支援していくことで、地域のカーボンニュートラル実現に貢献していく。

●業務連携の内容
 同連携では、主に第四北越銀行の取引先企業に対し環境経営の支援を行っている。

●具体的なサービス
・環境情報開示に関するコンサルティング
 −TCFD開示
 −Scope1,2,3排出量の算定
 −排出量削減目標設定アドバイス
 −CDP質問書の回答支援
・カーボンクレジット売買支援
 −カーボンクレジットの売却及び購入支援
・カーボンクレジット創出支援
 −カーボンクレジット創出に関わる手続き支援

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:00 | プレスリリース