株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2024年04月02日

科研製薬、足白癬・爪白癬の実態と潜在罹患率の大規模疫学調査の結果を公表

■日本人の7人に1人が足白癬、13人に1人が爪白癬

 科研製薬<4521>(東証プライム)は、足白癬・爪白癬の実態と潜在罹患率の大規模疫学調査(F00t Check 2023)の結果が、日本臨床皮膚科医会雑誌(発行:日本臨床皮膚科医会)2024年41巻1号に掲載されたと発表した。同調査は日本臨床皮膚科医会が研究主体となり企画・実施し、同研究にかかる費用は、科研製薬が負担した。結果概要は以下のとおり。詳細は日本臨床皮膚科医会雑誌を参照。

k1.jpg

 畑康樹ほか:足白癬・爪白癬の実態と潜在罹患率の大規模疫学調査(F00t Check 2023)第1報. 日臨皮会誌 2024:41(1).66−76.
 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jocd/41/1/41_66/_article/-char/ja

 また、この調査結果は、第40回日本臨床皮膚科医会総会・臨床学術大会(2024年4月20日・21日開催)で発表される予定である。

【調査概要】
1.調査対象:
 全国の日本臨床皮膚科医会の会員(4,450名)の所属施設のうち、調査協力の許諾が得られた211施設の皮膚科外来に2023年4月〜5月の間に受診した患者(初診・再診、受診理由、疾病は問わない)

2.調査方法:
 アンケート調査票の記入を依頼し、年齢、性別、受診の目的、足の健康調査への参加の可否について回答を得た。参加同意が得られた患者について、担当医師による足の健康調査を実施し、足および爪の疾患・症状の有無、足白癬・爪白癬が疑われた場合の確定診断・治療の希望の有無を確認した。希望があった場合は通常の診療として確定診断および治療を行い、診断方法、診断結果、治療内容を調査票に記録した。

3.調査結果
 回答が得られた患者23,087例のうち、対象に「足・爪の水虫の診察」で受診した患者2,116例を除外し、参加同意が得られた患者14,588例について、解析を行った。

 その結果、本邦における真の潜在罹患率は足白癬13.7%、爪白癬7.9%、足白癬ないし爪白癬16.6%であり、7人に1人が足白癬、13人に1人が爪白癬、6人に1人が足に何らかの白癬を有していることが明らかとなった。

 また、日本臨床皮膚科医会会長、あたご皮フ科副院長 江藤隆史先生がコメントをよせており、「今回、科研製薬からの資金提供により16年ぶりに大規模疫学調査を実施できたことで、本医会が精度の高い疫学調査を実施できること、その結果を礎に社会に貢献できることをあらためて示すことができました。私たち日本臨床皮膚科医会会員は、皮膚疾患に悩む方々が最善・最適な医療を受けられるよう、今後も努めてまいります。」としている。

 科研製薬は、疾患啓発の一環として、爪白癬(爪水虫)治療のための情報サイト「つめ水虫.jp」を開設している。爪水虫の症状や診断、治療方法に加え、爪水虫のセルフチェックリストなどを公開し、気になる症状のある人が早期に医療機関を受診し、適切な治療を受けられる環境づくりに取り組んでいる。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:18 | プレスリリース