株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2024年04月11日

クリーク・アンド・リバー社が12日から自己株式の取得を開始、今年2月までの取得に続き再び広義の株主還元を実施

■2月決算は売上高、営業利益、経常利益とも連続で過去最高を達成

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)は4月11日の午後、2月決算(2024年2月期)と自己株式の取得(自社株買い)を発表した。

 自己株式の取得は、2023年10月から24年2月に実施した取得に次ぐもので、今回の取得期間は24年4月12日から同年8月31日まで。取得する株式の総数は30万株(上限、自己株式を除く発行済株式総数の1.3%)、取得価額の総額は5億円(上限)。経営環境の変化に対応した機動的な資本政策を遂行することが目的。

 24年2月期は、引き続きテレビ局のクリエイター、医師、ITエンジニア、弁護士、会計士、建築士、ファッションデザイナー、シェフ、研究者など、専門的な能力を有するプロフェッショナル人材へのニーズが底堅く、連結決算は売上高が497億99百万円(前期比12.9%増)となり、営業利益は41億3百万円(同3.7%増)、経常利益は41億37百万円(同3.4%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は26億58百万円(前期の91.7%)となり、売上高、営業利益、経常利益とも連続で過去最高を達成した。

 今期・25年2月期の連結業績予想は売上高を10.4%増、営業利益を17.0%増、経常利益を16.0%増、親会社株主に帰属する当期純利益を16.6%増とし、純利益も増益に転じてすべての利益項目が最高を更新することになる(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:17 | IR企業情報