株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2024年04月15日

シナネンHDグループのシナネンは、実質再生可能エネルギー比率100%の電力を、京成グループの「ユアエルム成田店」に供給開始

■4月1日から

 シナネンホールディングス<8132>(東証プライム)の子会社で、エネルギーソリューションを提供するシナネン(東京都港区)は、実質再生可能エネルギー比率100%の電力を、4月1日から京成グループのユアエルム京成(千葉県八千代市)が運営するショッピングセンター「ユアエルム成田店」に供給を開始した。

sina1.jpg

■実質再エネ比率100%メニューによる電力の提供について
 京成グループは、運輸業を中心として、東京都東部、千葉県、茨城県を中心に多角的な事業を展開する「総合生活企業グループ」である。同グループでは、長期経営計画「Dプラン」の重点施策として「エコロジカルなまちづくりの推進」を掲げ、京成電鉄におけるCO2排出量実質ゼロのスカイライナー運行等カーボンニュートラル実現に向けた取り組みを推進している。

 こうしたなかで、温室効果ガス排出量の一層の削減に向けて、京成グループのユアエルム京成が運営する「ユアエルム成田店」に対し、このたびシナネンが再生可能エネルギー由来1100%の電力供給を行うことになった。今回の実質再エネ比率100%電力の導入による、温室効果ガス排出量の削減量(非化石証書含む)は、年間約3,800トンとなる見込み。
京成グループでは、今後も持続可能な社会の実現に貢献するために、温室効果ガス・CO2排出量の削減に取り組んでいく予定である。 

■「シナネンあかりの森プロジェクト」への参画で、さらなる脱炭素化への貢献
 シナネンあかりの森プロジェクトでは、顧客とともに100年先の自然を守り育むプロジェクトとして、SDGsの目標7・13・15の達成を目指し、クリーンエネルギーの推進や森林保護活動により気候変動の融和策・適応策に取り組んできた。2023年度からはSDGsの目標14「海の豊かさを守ろう」の達成も目指し、森林だけではなく海洋の保全、生態系の保全に積極的に取り組んでいく。

 「ユアエルム成田店」はさらなる脱炭素化へ向け、この「シナネンあかりの森プロジェクト」へも参画する。毎月の電力使用量に対し、0.01円/kwhのプロジェクト費用を支出してもらうと同時に、シナネンも同額を支出することでプロジェクトの活動費用を賄う予定である。

 シナネンは今後も、社会の環境負荷低減に向けて再生可能エネルギーの開発強化・導入拡大により顧客の温室効果ガス・CO2排出量の削減に貢献するとしている。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:59 | プレスリリース