株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2024年05月15日

ブティックスが大きく出直る、今期の売上高24%増、営業利益32%増など好感

■介護M&A仲介事業の体制を強化、発表受け成長余地の大きさ再認識

 ブティックス<9272>(東証グロース)は5月15日、18%高の1360円(205円高)まで上げて約3ヵ月ぶりに1300円台を回復し、後場寄り後も1315円(160円高)前後で売買されて大きく出直る相場になっている。介護業界を対象とした展示会事業、M&A仲介、人材採用支援などを行い、14日夜に2024年3月期の決算と中期計画の見直し、事業計画と成長性に関する資料などを発表し、今期・25年3月期の連結業績予想を売上高24.1%増加、営業利益31.8%増加などと大幅増益の見込みとし、好感されている。

 中期計画の見直しでは、「ここ数年の急速なコンサルタントの増員により、事業部内の一部において(中略)管理体制の不備が発生しており」「M&A仲介事業の事業計画を一部見直し」、中期経営計画の最終年度を1年延長するとしたが、「成長性に関する資料では、「介護分野での同社のM&A事業の拡大余地は約100〜120億円」とし、事業の成長余地をあらためて見直す様子もあるようだ。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:53 | 業績でみる株価