株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2024年05月20日

三菱重工、南フランス核融合実験炉イーター向けダイバータ外側垂直ターゲット12基を追加受注

■量産化技術で核融合開発に貢献、全54基のうち18基の製作を担う

 三菱重工業<7011>(東証プライム)は5月20日、南フランスで建設中の核融合実験炉イーター(ITER)向けダイバータ外側垂直ターゲット12基を追加受注したと発表。これは、2021年に受注した初回製作分6基に続き、量研発注済みの18基全ての製作を三菱重工が担うことになる。

mi1.jpg

 ダイバータは、核融合炉における最重要機器の一つであり、プラズマを安定的に閉じ込めるために、燃え残った燃料や不純物を排出する役割を担う。外側垂直ターゲットは、プラズマからの熱負荷や粒子負荷などに晒される厳しい環境で使用されるため、高精度の製作・加工技術が要求される。

 今回受注した12基は順次製作を完了し、2026年から量研に納品する予定。三菱重工は、ITER計画に引き続き、核融合原型炉の設計・開発にも積極的に支援することで、核融合エネルギーの実現に貢献していく。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:26 | プレスリリース