株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2024年05月21日

【株式市場】日経平均は122円安で反落、後場全体に一服感が漂い次第に値を消す

◆日経平均は3万8946円93銭(122円75銭安)、TOPIXは2759.72ポイント(8.32ポイント安)、出来高概算(東証プライム)は15億7678万株

 5月21日(火)後場の東京株式市場は、全体に買い一服感が漂い、前場活況高のMS&ADインシュアランスGHD<8725>(東証プライム)などが売買交錯に転じ、非鉄市況高を追い風に上げた三井金<5706>(東証プライム)などの資源関連株もダレ模様になり、大手商社株も三井物産<8031>(東証プライム)のジリ高を除くとダレ模様になった。ソニーG<6758>(東証プライム)ファナック<6954>(東証プライム)はジリ安。日経平均は97円高で始まったが、13時過ぎに前日比でマイナス圏に沈み、弱もみ合いを続けて大引けは下げ幅100円台となり反落した。

 後場は、日立製<6501>(東証プライム)が一段上げて始まり、生成AIを開発に応用する新たなフレームワーク開発など好感。C&FロジHD<9099>(東証プライム)は一段高となり佐川急便の参入によるTOB(株式公開買付)合戦の可能性を買うとの見方。トナミHD<9070>(東証プライム)京極運輸<9073>(東証スタンダード)も一段ジリ高となり、今期の増益予想など好感する買いに加え業界にTOBやM&Aが広がることも材料視。阪神内燃機<6018>(東証スタンダード)は買い気配のまま一段と上げて大引けまでストップ高となり、新メタノールエンジン開発など材料視。桂川電機<6416>(東証スタンダード)は朝から大引けまで終日買い気配のままストップ高となり、20日発表の決算で継続前提の注記が解消され買い復活。トリプルアイズ<5026>(東証グロース)は一段と出直り、最近のいくつかの殺人事件を受けAIによる顔認証システムに脚光の期待。フーバーブレイン<3927>(東証グロース)も一段と上げサイバーセキュリティ関連サービスの拡大観測などで人気の様子。

 東証プライム市場の出来高概算は15億7678万株(前引けは8億189万株)、売買代金は3兆9174億円(同2兆479億円)。プライム上場1649銘柄のうち、値上がり銘柄数は575(前引けは803)銘柄、値下がり銘柄数は1006(同783)銘柄。

 東証33業種別指数は11業種(前引けは17業種)が値上がりし、値上がり率上位は、保険、電力ガス、石油石炭、卸売り、海運、非鉄金属、空運、その他製品、水産農林、などとなった。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:57 | 今日のマーケット