株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2024年05月24日

オンコセラピー・サイエンスが連日急伸、株価下落局面での「大量行使」を発端に憶測、新薬候補への期待は継続

■株価2ケタ、全体相場が波乱の中で金額面でのリスクを抑えた投資

 オンコセラピー・サイエンス<4564>(東証グロース)は5月24日、続伸一段高となり、午前10時にかけて54%高の34円(12円高)まで上げ、約7か月ぶりに30円台を回復している。塩野義製薬<4507>(東証プライム)に導出した食道がんを対象とする新薬候補の開発進展に期待が言われているほか、5月15日、22日に相次いで第36回新株予約権の「大量行使」を発表し、先々の株式需給に対する圧迫感の後退も買い材料視されている。

 5月15日に発表した「大量行使」は60,000個(発行総数の11.11%、5月1日から15日まで)。4月下旬から続いた株価低落の中での大量行使だったため、何かあるのでは?、といった憶測を招いたという。

 続いて、22日に発表した「大量行使」は97,000個(発行総数の17.96%、5月15日から22日まで)。こちらは株価が急伸中の中での行使のため、行使量が増えても不自然ではないとされている。(HC)

■株式投資情報(総合版):記事アクセスランキング

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:29 | 材料でみる株価