株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2024年06月12日

アステラス製薬がビロイ点滴静注用100mgを日本で発売、新たな治療選択肢を提供

■CLDN18.2陽性の治癒切除不能な進行・再発胃がんに対する新たな治療法

 アステラス製薬<4503>(東証プライム)は6月12日、CLDN18.2陽性の治癒切除不能な進行・再発の胃癌に対する治療薬「ビロイ点滴静注用100mg」を日本で新たに発売したと発表。この薬剤は、抗CLDN18.2モノクローナル抗体として世界で初めて承認されたもので、胃がんの進行・再発患者に対して新しい治療選択肢を提供する。同社はロシュ・ダイアグノスティックスと提携し、適切な患者を同定するための免疫組織化学染色コンパニオン診断薬を導入している。

asu1.jpg

 胃がんは日本で依然として高い死亡率を誇る疾患であり、2022年には12万6724人が診断されている。進行・再発胃がんの治療はこれまで困難とされてきたが、ビロイの登場により、CLDN18.2陽性の患者に対して新たな治療の希望が生まれることとなった。同新薬は、免疫系の異なる経路を活性化することにより、がん細胞を攻撃する仕組み。

 アステラス製薬は、ビロイの承認申請を複数の国と地域の規制当局に提出しており、審査中。同件は同社の業績に影響を与えると見込まれており、既に2025年3月期の連結業績予想に織り込まれている。ビロイの発売により、治癒切除不能な進行・再発の胃癌患者に新たな治療の可能性が広がることが期待される。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:48 | 新製品&新技術NOW