株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2024年06月14日

東建コーポは急反発、4月決算が想定を大幅に上振れ好感買い先行

■各利益とも従来予想を3割上回って着地、今期も増加を見込む

 東建コーポレーション<1766>(東証プライム)は6月14日、急反発となり、午前9時50分にかけて9%高の1万1290円(940円高)まで上げて約1か月前につけた2018年以来の高値1万1340円に迫っている。13日の通常取引終了後に発表した2024年4月期の連結決算の各利益が23年6月に開示した従来予想を3割上回る着地となり、今期も増加を見込む。好感買いが先行している。

 24年4月期の連結決算は全体にV字回復となり、23年6月に開示した従来予想に対して売上高が0.6%上回り、前期比では7.6%増加した。営業利益は従来予想を30.3%上回り、前期比では33.9%の増加となった。「賃貸建物の完工が前倒しされたことにより完成工事高が予想を上回ったことに加え、完成工事総利益率が予想を上回ったこと、人件費が予想を下回ったことなど」(発表資料より)が奏功した。今期・25年4月期の連結業績予想は、売上高を5.8%増、営業利益を8.7%増、親会社株主に帰属する当期純利益を8.5%増とした。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:02 | 業績でみる株価