株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2024年06月14日

東海道新幹線、17編成追加投入で安全性・安定性向上!ドクターイエローの代替機能や環境負荷軽減の新技術を搭載

■環境負荷低減・整備作業省力化も実現

jr1.jpg

 JR東海(東海旅客鉄道)<9022>(東証プライム)は6月14日、東海道新幹線N700Sの追加投入を発表した。2026年度から2028年度にかけて、17編成が導入され、合計76編成となる。新たなN700Sは、安全性・安定性の向上、異常時対応能力の強化、環境負荷の低減を目的としている。

 営業車検測機能の搭載により、ドクターイエローによる検査が不要となり、設備の安全性・信頼性が向上する。また、再生アルミ部材の適用範囲拡大や架線電圧を維持する機能の車両への搭載により、CO2排出量の削減が見込まれる。

 自動座席転回装置の搭載により、整備作業が省力化される。停電時でもバッテリによる空調稼働機能を追加し、車内環境の改善が図られる。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:46 | 話題