株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2024年06月18日

住友ゴム、1ナノ秒を含む幅広い時間領域で原子・分子・ナノ構造の運動を測定する新しい放射光技術を開発

■0.1ナノ秒から100ナノ秒の分子運動測定を可能に

 住友ゴム工業<5110>(東証プライム)は6月18日、東北大学、理化学研究所、高輝度光科学研究センターとの共同研究で、ゴム中の原子・分子運動を幅広い時間領域で測定できる新しい放射光技術を開発したと発表。この技術は、高強度かつ耐摩耗性に優れたタイヤの開発に貢献することが期待される。

sumi1.jpg

 従来の技術では、ゴム中の原子・分子運動を10ナノ秒から1000ナノ秒の時間領域でのみ測定することが可能だった。今回開発された新しい技術は、0.1ナノ秒から100ナノ秒の時間領域での測定が可能となり、従来の技術と組み合わせることで、幅広い時間領域での測定を実現した。この成果は、学術誌「Physical Review Letters」に掲載されている。

 同研究は、国立研究開発法人科学技術振興機構が主導する戦略的創造研究推進事業「CREST」にて取り組んでおり、同技術をタイヤ性能向上に応用させることで、サステナブルな社会の実現に貢献していくとしている。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:02 | プレスリリース