株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2024年07月10日

東洋製罐とUACJ、リサイクル原料を活用した次世代飲料缶蓋「EcoEnd」の生産体制を構築

■従来の蓋と比べて強度そのままに、環境負荷を大幅に低減

 東洋製罐グループホールディングス<5901>(東証プライム)の東洋製罐とUACJ<5741>(東証プライム)は7月9日、共同で開発した次世代の飲料缶蓋「EcoEnd」の生産体制を完了したと発表。「EcoEnd」は温室効果ガス排出量を現行品に比べて約4割削減することが可能で、リサイクル原料の使用を大幅に増やした新しいアルミ循環フローを提案している。今後は、量産に向けて準備を進め、顧客への供給を開始する予定。

kan11.jpg

 「EcoEnd」の特徴として、原材料製造時の温室効果ガス排出量がアルミ新地金の約3%であるリサイクル原料を多用し、10億枚当たりのGHG排出量が約1.3万トン削減される点が挙げられる。東洋製罐が国内で販売する飲料缶蓋をすべて「EcoEnd」に置き換えた場合、年間約14万トンのGHG排出量削減が見込まれる。また、蓋の厚みが変わらないため、飲料充填後の蓋取り付け設備の変更も不要であり、スムーズな導入が可能である。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 07:45 | プレスリリース