[アナリスト水田雅展の銘柄分析]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/23)川崎近海汽船は上値試す、22年3月期大幅増益予想
記事一覧 (12/23)ネオジャパンは下値固め完了、22年1月期大幅増収増益予想
記事一覧 (12/23)建設技術研究所は21年12月期配当予想を上方修正、22年12月期も収益拡大基調
記事一覧 (12/23)カナモトは戻り試す、22年10月期増益・連続増配予想、自己株式取得も評価
記事一覧 (12/22)朝日ラバーは調整一巡、22年3月期は再上振れの可能性
記事一覧 (12/22)ファンデリーは底値圏、22年3月期黒字転換予想、下期は売上回復加速見込み
記事一覧 (12/21)STIフードホールディングスは水産惣菜のパイオニア、22年12月期も収益拡大基調
記事一覧 (12/21)Jトラストは上値試す、21年12月期は再上振れの可能性
記事一覧 (12/21)うかいは11月の既存店売上が前年比102.4%、コロナ禍の影響が和らいで収益回復基調
記事一覧 (12/21)クレスコは22年3月期増収増益予想、さらに上振れの可能性
記事一覧 (12/21)ゼリア新薬工業は戻り試す、22年3月期は再上振れの可能性
記事一覧 (12/21)テンポイノベーションはコロナ禍でも業績好調、22年3月期は上振れの可能性
記事一覧 (12/21)ベステラは22年1月期大幅増収増益予想で3Q累計順調、事業環境良好で収益拡大基調
記事一覧 (12/20)ミロク情報サービスは売られ過ぎ感、22年3月期営業・経常減益予想だが上振れの可能性
記事一覧 (12/20)マルマエは21年11月度の受注残高が前年比191.8%増、22年8月期は上振れの可能性
記事一覧 (12/20)エイトレッドは22年3月期2桁増益・連続増配予想、さらに上振れの可能性
記事一覧 (12/20)アイフリークモバイルは収益改善基調、NFTコンテンツ分野も注力
記事一覧 (12/20)マーケットエンタープライズは調整一巡、22年6月期赤字予想だが成長戦略再構築ステージ
記事一覧 (12/20)マーチャント・バンカーズは積極的な事業展開で収益拡大基調
記事一覧 (12/20)JPホールディングスは調整一巡、22年3月期は再上振れの可能性
2021年12月23日

川崎近海汽船は上値試す、22年3月期大幅増益予想

 川崎近海汽船<9179>(東2)は近海輸送と内航輸送を主力としている。再生可能エネルギー産業を重要な事業分野の一つに位置付けて、バイオマス関連輸送への取り組みも強化している。22年3月期は市況上昇などで大幅増収増益予想としている。市況動向などを勘案すれば通期予想はさらに上振れの可能性がありそうだ。収益拡大を期待したい。株価は11月の直近安値圏から急反発して戻り高値圏だ。利益確定売りをこなしながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:41 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ネオジャパンは下値固め完了、22年1月期大幅増収増益予想

 ネオジャパン<3921>(東1)は自社開発グループウェアのクラウドサービスを主力としている。22年1月期第3四半期累計はクラウドサービスが好調に推移して大幅増収増益だった。そして通期予想を上方修正して大幅増収増益予想とした。さらに再上振れ余地がありそうだ。DXの流れも背景として収益拡大基調だろう。株価は地合い悪化も影響して年初来安値圏だが、下値固め完了して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:41 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

建設技術研究所は21年12月期配当予想を上方修正、22年12月期も収益拡大基調

 建設技術研究所<9621>(東1)は総合建設コンサルタントの大手である。グループ一体となった事業拡大戦略を推進している。21年12月期は受注が好調に推移して大幅増益予想としている。12月22日には21年12月期の配当予想の上方修正を発表した。防減災・インフラ老朽化対策など国土強靭化関連で事業環境が良好であり、22年12月期も収益拡大基調だろう。株価は地合い悪化も影響して水準を切り下げたが、調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:40 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

カナモトは戻り試す、22年10月期増益・連続増配予想、自己株式取得も評価

 カナモト<9678>(東1)は建設機械レンタルの大手である。成長に向けた重点施策として国内営業基盤拡充、海外展開、内部オペレーション最適化を推進している。公共投資が堅調に推移して22年10月期増益・連続増配予想としている。災害復旧・防減災・老朽化インフラ更新など国土強靭化関連工事需要が堅調であり、収益拡大基調だろう。株価は地合い悪化の影響で年初来安値を更新する場面があったが、その後は切り返しの動きを強めている。自己株式取得(12月10日発表)も評価材料であり、戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:40 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2021年12月22日

朝日ラバーは調整一巡、22年3月期は再上振れの可能性

 朝日ラバー<5162>(JQ)は、自動車内装LED照明光源カラーキャップを主力として、医療・ライフサイエンスや通信分野の拡大も推進している。22年3月期は需要回復して大幅増収増益予想(8月6日に上方修正)としている。さらに再上振れの可能性がありそうだ。収益拡大を期待したい。なおSDGsへの取り組みの一環として12月17日に、福島県の生産4拠点における購入電力のCO2フリー電力への転換、みずほ銀行のSDGs推進サポートローン実行事例としての同社の紹介をリリースしている。株価は反発力の鈍い展開で、地合い悪化も影響して年初来安値を更新したが、調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:42 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ファンデリーは底値圏、22年3月期黒字転換予想、下期は売上回復加速見込み

 ファンデリー<3137>(東マ)は市場拡大基調の健康食宅配サービスを主力としてヘルスケア総合企業を目指している。12月15日には、AIが顧客の嗜好を学習し、一人ひとりに最適化したメニューを提案する「AI旬すぐ」サービスを開始した。22年3月期はコロナ禍の影響が和らいで黒字転換予想としている。下期は緊急事態宣言解除で新規顧客獲得が進展するため売上回復が加速する見込みだ。事業環境の好転や積極的な販売促進策で収益回復基調を期待したい。株価は地合い悪化も影響して上場来安値を更新したがほぼ底値圏だろう。底打ちして反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:42 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2021年12月21日

STIフードホールディングスは水産惣菜のパイオニア、22年12月期も収益拡大基調

 STIフードホールディングス<2932>(東2)は水産食品業界に「創る力」で変革を起こす水産惣菜のパイオニアである。水産原料に強い食品メーカーとして、水産原料素材の調達から製造・販売までを一貫して行う食品製造販売事業を展開している。21年12月期は大手コンビニ向けが好調に推移して大幅増収増益・増配予想としている。原材料高は販売価格適正化やフードロス削減などで吸収する見込みだ。積極的な事業展開で22年12月期も収益拡大基調だろう。株価は公募増資や地合い悪化も影響して年初来安値を更新する展開だが売られ過ぎ感を強めている。調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:35 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

Jトラストは上値試す、21年12月期は再上振れの可能性

 Jトラスト<8508>(東2)は日本、韓国・モンゴル、およびインドネシアを中心とする東南アジアで金融事業を展開し、成長の加速に向けて事業ポートフォリオを再編している。21年12月期は黒字転換予想(5月13日に上方修正)としている。第3四半期累計で各利益とも通期予想を超過達成したことを勘案すれば、通期予想は再上振れの可能性が高いだろう。ポートフォリオ再編で収益拡大基調を期待したい。株価は11月の年初来高値圏から利益確定売りや地合い悪化の影響で反落の形となったが、大きく下押す動きは見られない。短期的な調整が一巡して上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:34 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

うかいは11月の既存店売上が前年比102.4%、コロナ禍の影響が和らいで収益回復基調

 うかい<7621>(JQ)は高級和食・洋食料理店を主力として、物販事業および文化事業も展開している。コロナ禍で厳しい状況だが、10月25日から通常営業を再開し、既存店売上は前年比で10月が100.0%、11月が102.4%となった。22年3月期業績予想は未定だが、コロナ禍の影響が徐々に和らいで収益回復基調だろう。なお取引金融機関とのコミットメントライン契約を締結・更新しているため資金面の不安はない。株価は小幅レンジでモミ合う形だが下値固め完了感を強めている。戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:33 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

クレスコは22年3月期増収増益予想、さらに上振れの可能性

 クレスコ<4674>(東1)は、ビジネス系ソフトウェア開発や組込型ソフトウェア開発のITサービスを主力として、顧客のDXを実現するデジタルソリューションも強化している。22年3月期は顧客のIT投資が順調で、生産性向上も寄与して増収増益予想としている。さらに上振れの可能性が高いだろう。収益拡大基調を期待したい。なお12月20日に代表取締役の異動(就任予定日は22年4月1日予定)を発表した。経営体制の一層の強化を図り、さらなる成長と企業価値向上を目指す。株価は地合い悪化も影響して水準を切り下げたが、利益確定売り一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:33 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ゼリア新薬工業は戻り試す、22年3月期は再上振れの可能性

 ゼリア新薬工業<4559>(東1)は消化器分野が中心の医療用医薬品事業、および一般用医薬品のコンシューマーヘルスケア事業を展開している。22年3月期は潰瘍性大腸炎治療剤アサコールの拡販などで大幅営業・経常増益予想としている。第2四半期累計が計画を上回る大幅増益であり、通期予想は再上振れの可能性が高いだろう。収益拡大を期待したい。なお12月20日に軽度の静脈還流障害による足のむくみを改善する西洋ハーブを有効成分とする内服薬「ベルフェミン」の新発売を発表している。株価は地合い悪化の影響で水準を切り下げたが大きく下押す動きも見られない。調整一巡して戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:32 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

テンポイノベーションはコロナ禍でも業績好調、22年3月期は上振れの可能性

 テンポイノベーション<3484>(東1)は飲食業を中心とする出店希望者向けに居抜き店舗を転貸借する店舗転貸借事業を展開している。転貸借物件数の増加に伴って賃料収益を積み上げるストック型ビジネスモデルである。22年3月期は増収増益予想としている。コロナ禍で飲食業界が厳しい状況下でも転貸借物件数・成約件数が増加基調であり、通期予想は上振れの可能性が高いだろう。積極的な事業展開で収益拡大基調を期待したい。なお新市場区分に関して12月15日にプライム市場選択を決議するとともに、上場維持基準の適合に向けた計画書を開示した。28年3月期までに上場維持基準を充たすため各種取組を推進する。株価は地合い悪化の影響で水準を切り下げたが、調整一巡して戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:32 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ベステラは22年1月期大幅増収増益予想で3Q累計順調、事業環境良好で収益拡大基調

 ベステラ<1433>(東1)は鋼構造プラント設備解体工事を展開し、解体工事会社としては類のない特許工法・知的財産の保有を強みとしている。22年1月期は大型案件が牽引して大幅増収増益予想としている。第3四半期累計は大幅増収増益と順調だった。第3四半期累計の進捗率は低水準の形だが、顧客の設備投資計画に応じた季節性があるため、今期も例年通り下期に完成工事高の増加を予定している。さらに中期的にも受注環境が良好であり、収益拡大基調を期待したい。株価は地合い悪化も影響して年初来安値を更新したが、調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:31 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2021年12月20日

ミロク情報サービスは売られ過ぎ感、22年3月期営業・経常減益予想だが上振れの可能性

 ミロク情報サービス<9928>(東1)は財務・会計ソフトの開発・販売・サービスを展開し、ERPソリューションとデジタルマーケティングを融合した統合型DXプラットフォームの構築を目指している。22年3月期は先行投資などで営業・経常減益予想としているが、第2四半期累計の利益が計画を上回って着地したことを勘案すれば、通期も上振れの可能性が高いだろう。クラウドサービスが牽引して収益拡大を期待したい。株価は地合い悪化の影響で年初来安値を更新したが売られ過ぎ感を強めている。指標面の割安感も強めてきた。売り一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:15 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

マルマエは21年11月度の受注残高が前年比191.8%増、22年8月期は上振れの可能性

 マルマエ<6264>(東1)は半導体・FPD製造装置向け真空部品などの精密切削加工を展開している。受注が好調に推移して22年8月期大幅増収増益・過去最高更新予想としている。12月17日に発表した21年11月度の受注残高は前月比12.1%増、前年同月比191.8%増だった。受注残高は過去最高を更新する形で推移している。22年8月期は上振れの可能性が高く収益拡大基調だろう。株価は11月の上場来高値圏から利益確定売りで反落したが、自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:14 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

エイトレッドは22年3月期2桁増益・連続増配予想、さらに上振れの可能性

 エイトレッド<3969>(東1)はワークフローシステムの開発・販売を展開している。社内文書電子化のリーディングカンパニーである。22年3月期は導入企業数の増加やストック売上の拡大など、クラウドサービスが牽引して2桁増益・連続増配予想としている。さらに上振れの可能性が高く、DXの流れも背景として収益拡大基調だろう。株価は反発力が鈍くモミ合い展開だが、一方では地合い悪化の影響が限定的のようだ。調整一巡して戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:13 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

アイフリークモバイルは収益改善基調、NFTコンテンツ分野も注力

 アイフリークモバイル<3845>(JQ)は、電子絵本アプリや知育アプリなどのコンテンツ事業、および人材派遣のコンテンツクリエイターサービス(CCS)事業を展開している。次世代ブロックチェーン技術を活用したNFT(非代替性トークン)コンテンツ分野も注力する方針だ。22年3月期は親子向けアプリのアップデート効果などで営業黒字転換予想としている。収益改善基調を期待したい。株価はメタバース関連銘柄の物色で急伸・急落と乱高下したが、調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:13 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

マーケットエンタープライズは調整一巡、22年6月期赤字予想だが成長戦略再構築ステージ

 マーケットエンタープライズ<3135>(東1)は持続可能な社会を実現する最適化商社を目指して、ネット型リユース事業、メディア事業、モバイル通信事業を展開している。22年6月期は赤字予想だが、成長戦略再構築ステージと位置付けている。第1四半期は減収・赤字だが計画水準で着地した。中期経営計画の進捗は順調としている。積極的な事業展開で23年6月期の収益回復を期待したい。株価は地合い悪化も影響して反発力の鈍い展開だが、調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:12 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

マーチャント・バンカーズは積極的な事業展開で収益拡大基調

 マーチャント・バンカーズ<3121>(東2)はマーチャント・バンキング事業として不動産・企業投資関連を展開し、成長ドライバーとしてNFT(非代替可能性トークン)などブロックチェーン・テック関連ビジネスの拡大に注力している。22年3月期(6月28日に上方修正)はマーチャント・バンキング事業が牽引して大幅増収増益予想としている。さらに再上振れの可能性がありそうだ。積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。株価は急伸した11月の年初来高値圏から急反落して乱高下の形となったが、目先的な売り一巡して戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:11 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

JPホールディングスは調整一巡、22年3月期は再上振れの可能性

 JPホールディングス<2749>(東1)は総合子育て支援のリーディングカンパニーとして、子育て支援の質的向上と事業を通じた社会貢献を推進している。さらに新規領域への展開も推進する方針だ。22年3月期予想は上方修正して、従来予想に比べて営業・経常減益幅が縮小する見込みとしている。効率化の進展も寄与して通期予想は再上振れの可能性がありそうだ。収益拡大を期待したい。株価は地合い悪化の影響で年初来安値を更新する場面があったが、調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:11 | アナリスト水田雅展の銘柄分析