[アナリスト水田雅展の銘柄分析]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/17)朝日ラバーは下値切り上げ、21年3月期は下期挽回期待
記事一覧 (12/17)ファンデリーは底打ち、健康食宅配市場の拡大も背景として中期成長期待
記事一覧 (12/17)ベステラは上値試す、21年1月期3Q累計営業減益だが通期大幅増益予想据え置き
記事一覧 (12/17)LibWorkは上値試す、21年6月期上振れの可能性
記事一覧 (12/16)シナネンホールディングスは調整一巡、21年3月期減益予想だが上振れ余地
記事一覧 (12/16)クレスコは反発の動き、21年3月期は新型コロナ影響だが前年並み業績確保を目指す
記事一覧 (12/16)生化学工業は下値切り上げ、21年3月期は新型コロナ影響だが後半回復期待
記事一覧 (12/16)マーケットエンタープライズは調整一巡、21年6月期大幅増益予想
記事一覧 (12/15)松田産業は上値試す、21年3月期は再上振れの可能性
記事一覧 (12/15)JSPは戻り試す、特別損失計上で21年3月期純利益下方修正だが、営業・経常利益を上方修正
記事一覧 (12/15)インフォコムは戻り試す、電子コミック好調で21年3月期は3回目の上方修正の可能性
記事一覧 (12/14)カナモトはボックス上放れ期待、21年10月期増収増益予想
記事一覧 (12/14)クリーク・アンド・リバー社は出直り期待、21年2月期2桁増収増益予想
記事一覧 (12/14)テクマトリックスは調整一巡、21年3月期増収増益予想で収益拡大基調
記事一覧 (12/14)綿半ホールディングスは調整一巡、21年3月期は3回目の上振れの可能性
記事一覧 (12/14)トシン・グループは調整一巡、21年5月期は新型コロナ影響だが後半回復期待
記事一覧 (12/11)建設技術研究所は上値試す、20年12月期上振れ余地、21年12月期も収益拡大期待
記事一覧 (12/11)ナルミヤ・インターナショナルは調整一巡、21年2月期は新型コロナ影響だが売上回復基調
記事一覧 (12/11)アルコニックスは上値試す、21年3月期通期利益は再上振れの可能性
記事一覧 (12/11)ケンコーマヨネーズは基調転換の動き、21年3月期は後半回復期待
2020年12月17日

朝日ラバーは下値切り上げ、21年3月期は下期挽回期待

 朝日ラバー<5162>(JQ)は、自動車内装LED照明光源カラーキャップを主力として、医療・ライフサイエンスや通信分野の拡大も推進している。21年3月期は新型コロナウイルス影響で営業赤字予想だが、車載用を中心に需要が回復傾向であり、下期は黒字見込みとしている。下期の挽回を期待したい。株価は着実に下値を切り上げている。自律調整を交えながら戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:58 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ファンデリーは底打ち、健康食宅配市場の拡大も背景として中期成長期待

 ファンデリー<3137>(東マ)は健康食宅配サービスを主力として、ヘルスケア総合企業を目指している。21年3月期は新型コロナウイルスの影響や新事業「旬をすぐに」の立ち上げ遅れで赤字予想だが、健康食宅配市場の拡大も背景として中期成長を期待したい。株価は上場来安値を更新する場面があったが、その後は売り一巡して反発の動きを強めている。12月16日は終値で前日比10.71%高と急伸した。底打ちした可能性がありそうだ。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:50 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ベステラは上値試す、21年1月期3Q累計営業減益だが通期大幅増益予想据え置き

 ベステラ<1433>(東1)は鋼構造プラント設備解体工事を展開し、解体工事会社としては類のない特許工法・知的財産の保有を強みとしている。21年1月期第3四半期累計は新型コロナウイルスの影響で大型案件の着工時期が変更になったため営業減益だが、第4四半期に計画遅れを挽回する見込みのため通期大幅増益予想を据え置いた。通期ベースで収益拡大を期待したい。中期的にもプラント解体工事の増加が予想されており、事業環境は良好だろう。株価は年初来高値を更新する場面があった。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:42 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

LibWorkは上値試す、21年6月期上振れの可能性

 LibWork<1431>(東マ)は、熊本県を地盤として九州エリア(熊本県、佐賀県、福岡県、大分県)に展開する注文住宅メーカーである。全国展開を目指し、20年7月にはM&Aを活用して首都圏(神奈川県)に進出した。省エネルギー性能に優れた住宅の提供を推進するとともに、Webマーケティングによる独自集客手法を特徴としている。21年6月期は受注好調で上振れの可能性が高いだろう。収益拡大基調を期待したい。株価は11月の上場来高値圏から一旦反落したが、調整一巡して上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:06 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2020年12月16日

シナネンホールディングスは調整一巡、21年3月期減益予想だが上振れ余地

 シナネンホールディングス<8132>(東1)はグローバル総合エネルギーサービス企業グループを目指している。21年3月期は先行投資負担などで減益予想としているが、原価改善効果が牽引して上振れ余地がありそうだ。中期的にも収益拡大を期待したい。株価は9月の年初来高値圏から反落して上値を切り下げたが、調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:47 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

クレスコは反発の動き、21年3月期は新型コロナ影響だが前年並み業績確保を目指す

 クレスコ<4674>(東1)はビジネス系ソフトウェア開発を主力として、組込型ソフトウェア開発も展開している。21年3月期は新型コロナウイルス影響による受注減少、子会社における不採算プロジェクトの発生などのマイナス要因があるが、前年並みの業績確保を目指すとしている。後半の挽回を期待したい。株価は安値圏だが、下値固め完了して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:42 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

生化学工業は下値切り上げ、21年3月期は新型コロナ影響だが後半回復期待

 生化学工業<4548>(東1)は関節機能改善剤アルツが主力の医薬品メーカーである。21年3月期は国内薬価引き下げ、新型コロナウイルス影響による外来受診減少、売上構成変化、研究開発費増加で大幅営業・経常減益予想だが、後半の回復を期待したい。株価は安値圏だが徐々に下値を切り上げている。調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:36 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

マーケットエンタープライズは調整一巡、21年6月期大幅増益予想

 マーケットエンタープライズ<3135>(東マ)は持続可能な社会を実現する最適化商社を目指し、ネット型リユース事業、メディア事業、モバイル通信事業を展開している。21年6月期大幅増益(レンジ)予想である。ストック収益の積み上げで好業績を期待したい。なお東証1部への指定を目指して10月26日付で市場変更申請を行っているが、12月15日には立会外分売(予定株式数14万株、期間12月25日〜12月30日)を発表した。株価は水準を切り下げてやや軟調だが、調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:13 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2020年12月15日

松田産業は上値試す、21年3月期は再上振れの可能性

 松田産業<7456>(東1)は貴金属関連事業および食品関連事業を展開している。21年3月期は上方修正して増収増益予想としている。後半の回復も勘案すれば再上振れの可能性が高いだろう。収益拡大を期待したい。株価は急伸して年初来高値を更新する場面があった。その後は利益確定売りが優勢の形だが、自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:26 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

JSPは戻り試す、特別損失計上で21年3月期純利益下方修正だが、営業・経常利益を上方修正

 JSP<7942>(東1)は発泡プラスチック製品大手である。中期成長ドライバーとして、自動車部品用ピーブロックなど高機能・高付加価値製品の拡販を推進している。12月14日に21年3月期連結業績予想の修正を発表した。特別損失計上で純利益を下方修正したが、自動車部品用ピーブロックの需要拡大で営業・経常利益を上方修正した。営業・経常利益は従来予想に比べて減益幅が縮小する見込みとなった。収益回復基調を期待したい。株価は安値圏だが徐々に下値を切り上げている。営業・経常利益の上方修正を好感して戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:20 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

インフォコムは戻り試す、電子コミック好調で21年3月期は3回目の上方修正の可能性

 インフォコム<4348>(東1)は電子コミック配信サービスやITサービスを展開している。21年3月期大幅増収増益予想(10月28日に2回目の上方修正)である。新型コロナウイルスに伴う新たな生活スタイルも追い風となり、電子コミック配信サービスが大幅伸長している。通期3回目の上方修正の可能性が高いだろう。中期的にも収益拡大基調を期待したい。株価は10月の上場来高値圏から反落して水準を切り下げる形だが、調整一巡して戻りを試す展開を期待したい。なお11月30日付でJPX日経インデックス400の構成銘柄に選定されている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:13 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2020年12月14日

カナモトはボックス上放れ期待、21年10月期増収増益予想

 カナモト<9678>(東1)は建設機械レンタルの大手である。中期成長に向けて国内営業基盤の拡充、海外展開、内部オペレーション最適化を推進している。20年10月期は民間工事の遅延・中止や中古建機の戦略的な販売減少などで大幅減益だったが、21年10月期は増収増益・増配予想としている。収益回復を期待したい。株価はやや小動きでボックス展開の形だが、調整一巡して上放れを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:40 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

クリーク・アンド・リバー社は出直り期待、21年2月期2桁増収増益予想

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)はクリエイティブ分野を中心にエージェンシー事業、プロデュース事業、ライツマネジメント事業を展開し、事業領域拡大戦略を加速している。21年2月期は新型コロナウイルスのマイナス影響を吸収して2桁増収増益予想としている。収益拡大基調を期待したい。株価は年初来高値圏から急反落したが売り一巡感を強めている。出直りを期待したい。なお1月8日に第3四半期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:34 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

テクマトリックスは調整一巡、21年3月期増収増益予想で収益拡大基調

 テクマトリックス<3762>(東1)は、セキュリティ関連製品販売やクラウドサービス提供などの情報サービス事業を展開し、成長ドライバーのクラウドサービスが拡大している。21年3月期増収増益予想である。リモートワーク需要に対応したセキュリティ関連製品やサービスが好調に推移する見込みだ。クラウドサービスが牽引して収益拡大基調だろう。株価は10月の上場来高値圏から急反落・急反発とやや乱高下の形だが、調整一巡して上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:27 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

綿半ホールディングスは調整一巡、21年3月期は3回目の上振れの可能性

 綿半ホールディングス<3199>(東1)はホームセンター中心の小売事業、および建設事業、貿易事業を展開している。21年3月期2桁増益予想である。小売事業の11月の既存店売上は106.1%と好調だ。巣ごもり需要も背景として、通期利益予想は3回目の上振れの可能性が高いだろう。株価は9月の年初来高値圏から反落したが、調整一巡して戻りを試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:21 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

トシン・グループは調整一巡、21年5月期は新型コロナ影響だが後半回復期待

 トシン・グループ<2761>(JQ)は首都圏中心に電設資材や住宅設備機器の卸売事業を展開している。住宅に関する総合提案企業である。21年5月期は新型コロナウイルスの影響を考慮して減益予想としている。当面は経済収縮の影響が意識されるが、後半の需要回復を期待したい。株価は上値を切り下げてモミ合う形だが、4月の年初来安値圏まで下押す動きは見られない。調整一巡して出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:15 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2020年12月11日

建設技術研究所は上値試す、20年12月期上振れ余地、21年12月期も収益拡大期待

 建設技術研究所<9621>(東1)は総合建設コンサルタントの大手である。成長戦略としてグループ一体となった事業拡大を推進している。20年12月期増収増益予想としている。第3四半期累計の進捗率が順調であり、通期予想に上振れ余地がありそうだ。防災・減災対策など国土強靭化計画の推進も背景として、21年12月期も収益拡大を期待したい。株価は水準を切り上げて戻り高値圏だ。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:40 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ナルミヤ・インターナショナルは調整一巡、21年2月期は新型コロナ影響だが売上回復基調

 ナルミヤ・インターナショナル<9275>(東1)はベビー・子供服の企画販売をSPA形態で展開し、SC向けやECを強化している。21年2月期は新型コロナウイルスの影響で減収減益予想だが、売上は緩やかに回復基調だ。ECの拡大も寄与して中期的に収益拡大を期待したい。株価は反発力の鈍い展開だが、調整一巡して出直りを期待したい。なお1月12日に第3四半期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:28 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

アルコニックスは上値試す、21年3月期通期利益は再上振れの可能性

 アルコニックス<3036>(東1)は商社機能と製造業を融合する「非鉄金属の総合企業」を目指している。21年3月期は新型コロナウイルスの影響で減収減益予想だが、営業・経常利益を上方修正して、従来予想比で減益幅が縮小する見込みとしている。さらに再上振れの可能性がありそうだ。株価は9月の年初来高値圏から反落したが、調整一巡して切り返しの動きを強めている。上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:19 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ケンコーマヨネーズは基調転換の動き、21年3月期は後半回復期待

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)はマヨネーズ・ドレッシング分野から、タマゴ加工品やサラダ・総菜分野への事業領域拡大戦略を推進している。21年3月期は新型コロナウイルス影響による外食産業向けの低迷で減収減益予想としている。感染再拡大の影響も警戒されるが、後半の回復を期待したい。株価は26週移動平均線を突破して基調転換を示す動きだ。業績悪化の織り込みは完了しているだろう。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:12 | アナリスト水田雅展の銘柄分析