[アナリスト水田雅展の銘柄分析]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/26)アイリッジは反発の動き、収益力向上期待
記事一覧 (03/26)フライトホールディングスは反発の動き、21年3月期も有望案件目白押し
記事一覧 (03/26)テンポイノベーションは反発の動き、中期成長基調
記事一覧 (03/26)夢真ホールディングスは反発の動き、自己株式取得
記事一覧 (03/25)シルバーライフは反発の動き、20年7月期2Q累計営業減益だが通期営業増益予想
記事一覧 (03/25)ラ・アトレは売り一巡、20年12月期減益予想だが中期成長期待
記事一覧 (03/25)アイリックコーポレーションは売り一巡、20年6月期増収増益予想
記事一覧 (03/25)プレミアグループは反発の動き、20年3月期大幅増収増益予想
記事一覧 (03/24)イトーキは反発の動き、20年12月期大幅増益予想
記事一覧 (03/24)セルシードは反発の動き、食道再生上皮シートの早期の承認申請目指す
記事一覧 (03/24)うかいは反発の動き、21年3月期の収益拡大期待
記事一覧 (03/24)マルマエは売り一巡、20年8月期2Q累計予想を上方修正、受注回復傾向
記事一覧 (03/24)TACは反発の動き、21年3月期収益改善期待
記事一覧 (03/23)コーア商事ホールディングスは上値試す、20年6月期増益予想で上振れ余地
記事一覧 (03/23)加賀電子は売られ過ぎ感、20年3月期営業・経常増益予想
記事一覧 (03/23)星光PMCは売られ過ぎ感、次世代素材CNF拡販期待
記事一覧 (03/23)GMOクラウドは売られ過ぎ感、20年12月期増収増益予想
記事一覧 (03/23)協立情報通信は売り一巡、21年2月期は5G関連で収益拡大期待
記事一覧 (03/19)京写は調整売り一巡、21年3月期収益回復期待
記事一覧 (03/19)ディ・アイ・システムは売り一巡、20年9月期減益予想だが21年9月期収益拡大期待
2020年03月26日

アイリッジは反発の動き、収益力向上期待

 アイリッジ<3917>(東マ)は、O2O・OMOソリューションをベースとして、電子地域通貨やライフデザインにも事業領域拡大戦略を推進している。中期的に収益力向上を期待したい。株価は地合い悪化で上場来安値を更新したが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 06:04 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

フライトホールディングスは反発の動き、21年3月期も有望案件目白押し

 フライトホールディングス<3753>(東2)は電子決済ソリューションを主力としている。20年3月期は大型案件が寄与して黒字化予想である。そして21年3月期も有望案件が目白押しである。なお3月11日には第1回無担保社債(私募債)発行を発表している。今後の大型案件の仕入資金に充当する。21年3月期も収益拡大を期待したい。株価は地合い悪化で急落したが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 06:03 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

テンポイノベーションは反発の動き、中期成長基調

 テンポイノベーション<3484>(東1)は、飲食業を中心とする出店希望者向けに居抜き店舗を転貸借する店舗転貸借事業を展開している。20年3月期増収増益予想である。飲食業が新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けているため、その一時的影響が目先の懸念材料として意識されるが、中期成長基調に変化はないだろう。株価は急落して上場来安値に接近する場面があったが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 06:01 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

夢真ホールディングスは反発の動き、自己株式取得

 夢真ホールディングス<2362>(JQ)は建設技術者派遣や製造・IT業界向けエンジニア派遣を展開している。20年9月期増益予想である。第2四半期以降は新型コロナウイルス感染拡大の影響に注意が必要となるが、収益拡大を期待したい。なお3月10日に自己株式取得を発表している。株価は地合い悪化で急落したが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 06:00 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2020年03月25日

シルバーライフは反発の動き、20年7月期2Q累計営業減益だが通期営業増益予想

 シルバーライフ<9262>(東1)は後期高齢者向けに特化して配食サービスを展開している。FC本部としての調理済食材販売が主力である。20年7月期営業増益予想である。第2四半期累計は広告宣伝費の増加などで営業減益だが、売上面は概ね順調だった。巣ごもり消費も追い風となり、通期ベースで収益拡大を期待したい。なお3月24日には全国の学童施設向けサービスの開始を発表している。株価は地合い悪で昨年来安値を更新したが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:54 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ラ・アトレは売り一巡、20年12月期減益予想だが中期成長期待

 ラ・アトレ<8885>(JQ)は、新築分譲マンションなどの新築不動産販売、リノベーションマンションなどの再生不動産販売を主力として、周辺ビジネスや海外展開も強化している。20年12月期は大幅増益だった19年12月期の反動などで大幅減益予想だが、中期成長を期待したい。株価は地合い悪化で昨年来安値を更新したが、売り一巡感を強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:53 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

アイリックコーポレーションは売り一巡、20年6月期増収増益予想

 アイリックコーポレーション<7325>(東マ)は、自社開発の保険分析・検索システムを活用した来店型保険ショップ「保険クリニック」を主力として、AI搭載次世代型OCRなどのシステム開発も展開するFintech企業である。20年6月期増収増益予想である。新型コロナウイルス感染拡大で一部店舗の営業時間短縮などの影響を受けるが、中期的に収益拡大を期待したい。株価は地合い悪化で上場来安値を更新したが、売り一巡感を強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:51 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

プレミアグループは反発の動き、20年3月期大幅増収増益予想

 プレミアグループ<7199>(東1)は、オートモビリティ企業グループとしてカーライフのトータルサポートを掲げ、自動車ローンや自動車保証の自動車金融サービスを中心にオート関連サービスを展開している。20年3月期大幅増収増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は地合い悪化で上場来安値に接近する場面があったが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:50 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2020年03月24日

イトーキは反発の動き、20年12月期大幅増益予想

 イトーキ<7972>(東1)はオフィス家具の大手である。働き方改革を背景とする企業の職場環境改善投資も追い風となる。20年12月期大幅増益予想である。収益回復を期待したい。株価は地合い悪化で昨年来安値を更新したが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:56 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

セルシードは反発の動き、食道再生上皮シートの早期の承認申請目指す

 セルシード<7776>(JQ)は細胞シート再生医療製品の開発・事業化、および世界普及を目指すバイオベンチャーである。食道再生上皮シートの早期の承認申請を目指している。株価は地合い悪化で上場来安値を更新したが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:54 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

うかいは反発の動き、21年3月期の収益拡大期待

 うかい<7621>(JQ)は高級和食・洋食料理店を主力としている。20年3月期増収増益予想だが、台風19号による臨時休業に加えて、第4四半期も新型コロナウイルス感染拡大の影響が懸念され、通期下振れに注意が必要となる。21年3月期の収益拡大を期待したい。株価は急落して昨年来安値を更新したが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:53 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

マルマエは売り一巡、20年8月期2Q累計予想を上方修正、受注回復傾向

 マルマエ<6264>(東1)は、半導体・FPD製造装置向け真空部品などの精密切削加工事業を展開している。20年8月期増益予想である。3月19日に第2四半期累計予想を上方修正した。そして20年2月の受注残高は前月比3.4%増、前年同月比29.5%増と回復傾向である。通期ベースでも収益回復を期待したい。また3月6日には自己株式取得を発表している。株価は地合い悪化で昨年来安値を更新したが、売り一巡して出直りを期待したい。なお3月30日に第2四半期決算発表を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:51 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

TACは反発の動き、21年3月期収益改善期待

 TAC<4319>(東1)は「資格の学校」を運営し、中期成長に向けて新事業領域への展開も強化している。20年3月期は営業減益予想だが、21年3月期の収益改善を期待したい。なお新型コロナウイルス感染の影響で新宿校・池袋校のサービスを3月9日から一時的に停止していたが、3月14日以降に順次再開している。株価は地合い悪化で昨年来安値を更新したが、売り一巡して反発の動きを強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 05:50 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2020年03月23日

コーア商事ホールディングスは上値試す、20年6月期増益予想で上振れ余地

 コーア商事ホールディングス<9273>(東2)は医薬品原薬の輸入販売、および医薬品の製造販売・受託製造を展開している。20年6月期増益予想である。さらに上振れ余地がありそうだ。株価は3月の昨年来高値圏から急反落する場面があったが、売り一巡して反発の動きを強めている。上値を試す展開を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 06:23 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

加賀電子は売られ過ぎ感、20年3月期営業・経常増益予想

 加賀電子<8154>(東1)は独立系の大手エレクトロニクス商社である。M&Aも積極活用して業界NO.1規模、そして高収益化を目指している。20年3月期第営業・経常増益予想である。第4四半期には新型ウイルス感染拡大による経済収縮の影響が警戒されるが、中期収益拡大を期待したい。株価は地合い悪化で急落して昨年来安値に接近しているが、売られ過ぎ感を強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 06:21 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

星光PMCは売られ過ぎ感、次世代素材CNF拡販期待

 星光PMC<4963>(東1)は製紙用薬品事業、印刷インキ用・記録材料用樹脂事業、化成品事業を展開している。20年12月期は人件費や償却費の増加で減益予想である。新型コロナウイルス感染拡大による経済収縮の影響も警戒されるが、一方で次世代素材セルロースナノファイバー(CNF)の拡販を期待したい。株価は地合い悪化で昨年来安値を更新する展開だが、売られ過ぎ感を強めている。反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 06:20 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

GMOクラウドは売られ過ぎ感、20年12月期増収増益予想

 GMOクラウド<3788>(東1)は、サーバー貸出・管理サービスのクラウド・ホスティング事業、電子認証サービスのセキュリティ事業を主力として、新規サービスの収益化を推進している。20年12月期増収増益予想である。収益拡大を期待したい。株価は地合い悪化で昨年来安値を更新する展開だが、売られ過ぎ感を強めている。反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 06:18 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

協立情報通信は売り一巡、21年2月期は5G関連で収益拡大期待

 協立情報通信<3670>(JQ)は、ソリューション事業とモバイル事業を展開し、ストック型モデル強化によって高収益化を目指している。20年2月期は減収減益予想だが、21年2月期は5G関連として収益拡大を期待したい。株価は地合い悪も影響して昨年来安値を更新したが売り一巡感を強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 06:17 | アナリスト水田雅展の銘柄分析
2020年03月19日

京写は調整売り一巡、21年3月期収益回復期待

 京写<6837>(JQ)はプリント配線板の大手メーカーである。20年3月期は減益予想で第4四半期は新型コロナウイルスの影響を受けそうだが、21年3月期の収益回復を期待したい。なお3月18日には子会社の京写ベトナムがエヌビーシーと資本業務提携して自動車関連の強化を目指すと発表した。株価は地合い悪の影響で昨年来安値を更新したが、売り一巡感を強めている。出直りを期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:10 | アナリスト水田雅展の銘柄分析

ディ・アイ・システムは売り一巡、20年9月期減益予想だが21年9月期収益拡大期待

 ディ・アイ・システム<4421>(JQ)は独立系の情報サービス企業で、システムインテグレーション事業を主力としている。20年9月期は中期成長に向けた先行投資の時期と位置付けて減益予想である。21年9月期の収益拡大を期待したい。株価は地合い悪の影響で上場来安値を更新したが底値圏だろう。売り一巡して反発を期待したい。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:08 | アナリスト水田雅展の銘柄分析