[材料でみる株価]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/29)那須電機鉄工は「水素吸蔵合金を用いた水素ガス高圧化」相場の第2ラウンドが意識され大きく出直る
記事一覧 (12/29)CRI・ミドルウェアが年初来の高値を更新、音声データから自然なクチの動きを生成するウェアが『Kizuna AI(キズナアイ)』に採用
記事一覧 (12/29)gooddaysホールディングスはコクヨとの資本業務提携が注目されストップ高
記事一覧 (12/29)富士通は5ヵ月ぶりに上場来の高値、「5G」関連に加えNY市場で上げ出遅れ感強まる
記事一覧 (12/29)三菱重工と川崎重工が戻り高値、風力発電機や液化水素タンクなどで年明けも政策テーマ株人気に乗る期待
記事一覧 (12/28)セキドは上場廃止に関する猶予の解除が好感され後場ストップ高
記事一覧 (12/28)オーネックスが後場ストップ高、調整一巡感、洋上風力などの材料再燃
記事一覧 (12/28)正興電機は無人で消毒作業を行う噴霧式消毒ロボットも注目され4日続伸
記事一覧 (12/28)Jタワーはローカル5Gに関する実験試験局免許の取得が注目され上場来の高値
記事一覧 (12/28)JFEコンテイナーは「水素ステーション用の蓄圧器」の実用化が注目され一段高
記事一覧 (12/28)蛇の目ミシンは新型コロナ変異種の流行など受け3年ぶりの高値に進む
記事一覧 (12/28)ワコムはデジタルペン入力の新型スマホなど注目され高値に向け出直り強める
記事一覧 (12/28)光ファイバー通信網の容量不足へと伝えられユアテックや関電工が連日高い
記事一覧 (12/25)日本郵船が一時8%高など海運株が軒並み高い、中国・欧州のコンテナ運賃急騰と伝えられる
記事一覧 (12/25)京写がストップ高!、ベトナム事業がJETROの海外サプライチェーン支援事業に採択され注目集中
記事一覧 (12/24)ウィルソンWLWが後場ストップ高、戦略提携など3件の発表が注目を集め急伸
記事一覧 (12/24)サイジニアがストップ高、GoogleとYahoo!両方に店舗情報を入稿する新システムに注目集中
記事一覧 (12/24)三洋化成は『全樹脂電池』の事業開発を行うスタートアップ企業への追加出資など材料視され一段高
記事一覧 (12/24)エイベックスは本社ビル700億円で売却の観測報道を受け飛び出すように上げる
記事一覧 (12/24)川崎重工が一段高、カーボンフリー事業会社の設立など材料視され戻り高値を更新
2020年12月29日

那須電機鉄工は「水素吸蔵合金を用いた水素ガス高圧化」相場の第2ラウンドが意識され大きく出直る

■「水素」2021年のテーマ株として注目される

 那須電機鉄工<5922>(東2)は12月29日、一時12%高に迫る1万850円(1120円高)まで上げる場面を見せて大きく出直り、後場、13時30分にかけても8%高の1万520円(790円高)前後で推移している。

 12月2日付で、「水素吸蔵合金を用いた水素ガス高圧化の実証について」を発表し、翌3日から1週間ほどで2倍になる急騰相場を示現。その後、急騰幅の3分の2ほど値を消して出直ってきたため、急騰相場の第2ラウンドをイメージしやすくなっているようだ。

 水素関連株は、2030年代半ばまでに新車をすべて非ガソリン車かハイブリッド車とする政府方針を受けて注目度が強まっており、2021年のテーマ株として注目されている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:32 | 材料でみる株価

CRI・ミドルウェアが年初来の高値を更新、音声データから自然なクチの動きを生成するウェアが『Kizuna AI(キズナアイ)』に採用

■12月29日20時からYouTubeで無料配信

 CRI・ミドルウェア<3698>(東マ)は12月29日、一段高となり、12%高に迫る2530円(269円高)まで上げる場面を見せて年初来の高値を大きく更新している。

 28日午後、音声データから自然なクチの動き(クチパターン)を自動生成する音声解析リップシンクミドルウェア「CRI ADX LipSync」(ADX LipSync)が、バーチャルアーティスト『Kizuna AI(キズナアイ)』によるワンマンライブ「Kizuna AI 2nd LIVE hello,world 2020」に採用されると発表し、注目集中となった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:25 | 材料でみる株価

gooddaysホールディングスはコクヨとの資本業務提携が注目されストップ高

■コクヨは議決権比率1.09%相当の株式を取得へ

 gooddaysホールディングス<4437>(東マ)は12月29日、取引開始後から買い気配のままストップ高の1114円(150円高)に達したまま10時40分を過ぎても値がつかず、買い一色となっている。

 28日の夕方、コクヨ<7984>(東1)との資本業務提携を発表し、注目集中となった。

 発表によると、コクヨは、gooddaysホールディングスの普通株式を、大株主である池田泉州キャピタルから3万6000株(議決権比率1.09%)相対取引で取得する。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:57 | 材料でみる株価

富士通は5ヵ月ぶりに上場来の高値、「5G」関連に加えNY市場で上げ出遅れ感強まる

■MY株最高値、海外勢の対日投資の余力拡大の期待

 富士通<6702>(東1)は12月29日、一段高で始まり、取引開始後は1万5025円(480円高)まで上げて今年7月31日以来、ほぼ5ヵ月ぶりに上場来の高値を更新した。

 「5G」関連株として注目されるなか、直近のNY株式がダウ平均、S&P500種、NASDAQ指数ともそろって最高値を更新し、富士通株もNY市場で大幅高となり、東京市場での出遅れ感が強まる形になった。また、NY株高により海外勢の対日投資の余力が拡大し、年明けは外国人買いの動向が期待できるとの見方が出ている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:37 | 材料でみる株価

三菱重工と川崎重工が戻り高値、風力発電機や液化水素タンクなどで年明けも政策テーマ株人気に乗る期待

■NY株が最高値を更新し海外勢の対日投資余力が拡大の余地

 三菱重工業<7011>(東1)は12月29日、一段高で始まり、取引開始後は3145.0円(99.0円高)まで上げて約2週間ぶりに戻り高値を更新。また、川崎重工業<7012>(東1)は2347円(84円高)まで上げて2日連続戻り高値を更新している。

 2050年に温暖化ガスの排出ゼロを目指す政府方針を受け、このところ三菱重は風力発電機など、川重は液化水素タンクや排出ゼロに向けた長期的な取組などが注目されており、来年も政策テーマ株として長期的に注目されるとの期待がある。NY株式市場が最高値を更新し、海外勢の対日投資に向けた資金余力が拡大する余地が出てきたこともあるようだ。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:21 | 材料でみる株価
2020年12月28日

セキドは上場廃止に関する猶予の解除が好感され後場ストップ高

■12月20日時点の時価総額が上場廃止基準をクリア

 東証は12月28日、セキド<9878>(東2)の株式について、上場廃止に係る猶予期間からの解除を発表した。2020年12月20日時点の流通株式の時価総額が、上場廃止基準に定める所要額(5億円)以上となったため。

 28日の株価は後場一段高となり、12時45分以降は大引けまで断続的にストップ高の1314円(300円高)で売買された。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:59 | 材料でみる株価

オーネックスが後場ストップ高、調整一巡感、洋上風力などの材料再燃

■温暖化ガスゼロ政策を受け11月下旬から値動き大きく

 オーネックス<5987>(JQS)は12月28日の後場一段高となり、14時頃からはストップ高の1078円(150円高)で売買されながら再び活況高となっている。

 機械部品の熱処理専業で、風力発電機の回転部なども手掛ける。政府が2050年に温暖化ガス排出量をゼロとする工程表をまとめ、「国内では現在ほとんど普及していない洋上風力は40年までに最大4500万キロワットの導入をめざす」(日本経済新聞12月26日付朝刊)などと伝えられたことなどが材料視された。

 11月下旬、温暖化ガスゼロ政策などを受けて700円台から1300円まで急伸し、12月は25日にかけて上げ幅の3分の2ほどを帳消しにした。「3分の2押し」はよく出現する調整メドとされ、信用規制の解除もあり調整一巡感が出ているようだ。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:59 | 材料でみる株価

正興電機は無人で消毒作業を行う噴霧式消毒ロボットも注目され4日続伸

■好業好調、新型コロナ感染拡大を受け消毒・除菌機器に注目集まる

 正興電機製作所<6653>(東1)は12月28日の後場寄り後に2154円(89円高)をつけ、4日続伸基調の出直り継続となっている。

 電気を安定供給する設備などを手掛け、第3四半期の連結営業利益(2020年1月〜9月、累計)は前年同期比85%増加し業績好調。このところは、新型コロナウイルスの変異株発見、感染拡大を受け、無人で消毒作業を行う噴霧式消毒ロボットを12月から発売開始したことなどが材料視されている。

 発表によると、噴霧式消毒ロボットは、消毒したいエリアをAndroidデバイスで設定・操作することで消毒範囲をマッピングすると、自動走行による噴霧作業を行う。夜間の自動走行も可能。また、障害物自動回避機能により不特定多数の人が行き交う場所での走行も可能。人件費の節約だけでなく時間の有効活用にも繋がる。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:56 | 材料でみる株価

Jタワーはローカル5Gに関する実験試験局免許の取得が注目され上場来の高値

■総務省から12月21日に取得し実証を開始と25日に発表

 JTOWER(Jタワー)<4485>(東マ)は12月28日、一段高となり、10時30分にかけて11%高に迫る1万970円(1050円)まで上げ、上場来の高値を更新した。

 25日付で、総務省関東総合通信局より2020年12月21日にSub6帯域を活用したローカル5G・SAシステムの実験試験局免許を取得し、ローカル5Gの実証を開始したと発表。注目されている。

 発表によると、このたび、実験試験局免許を取得したローカル5GのSAシステムについては、JTOWER本社ビルに開設したローカル5Gラボ内に環境を構築し、JTOWERで取得したIMSIを活用し、主として、JTOWERオフィス内環境、及び本社ビル周辺の屋外環境において、電波の測定、システム性能の検証、各種デバイスやソリューションとの接続検証等、実用に即した実証をしていくとした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:20 | 材料でみる株価

JFEコンテイナーは「水素ステーション用の蓄圧器」の実用化が注目され一段高

■豊田豊栄水素ステーション(愛知県)で25日運用開始

 JFEコンテイナー<5907>(東2)は12月28日、一段高と強含み、9時40分過ぎに4310円(190円高)まで上げる場面を見せて今年1月以来の水準を回復している。

 25日付で、「水素ステーション用Type2蓄圧器の実用化」〜国産初のType2蓄圧器を採用した商用ステーションの実運用開始〜、と発表しており、注目されている。

 発表によると、「Type2蓄圧器」は、鋼製ライナの胴部に炭素繊維強化型樹脂(Carbon Fiber Reinforced Plastics:CFRP)を巻き付けて高い特性を発現させた複合容器蓄圧器。JFEコンテイナーが設計し、JFEスチール製の鋼管から製造した鋼製ライナの胴部に、三菱ケミカル製の炭素繊維を巻きつけた。耐圧性能を鉄と炭素繊維で最適に分担し、高圧力範囲で長寿命化を実現した。豊田豊栄水素ステーション(愛知県)で初めて採用され、12月25日より運用が開始された。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:28 | 材料でみる株価

蛇の目ミシンは新型コロナ変異種の流行など受け3年ぶりの高値に進む

■上期はマスクや医療用衣料の生産に向けミシン販売が大幅増加

 蛇の目ミシン工業<6445>(東1)は12月28日、4日続伸基調となり、10時現在は958円(47円高)まで上げて2017年以来3年ぶりの高値に進んでいる。

 マスクや医療用衣料の生産に向け、今期はミシンの販売台数が大幅に増加しており、第2四半期の連結営業利益(2020年4〜9月、累計)は量産効果などで前年同期の7.5倍に急増。このところ、新型コロナウイルスの感染拡大、変異種の流行などが連日伝えられ、業績に一段の追い風との思惑が出ているようだ。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:14 | 材料でみる株価

ワコムはデジタルペン入力の新型スマホなど注目され高値に向け出直り強める

■「3分の2押し」の調整進み再騰の頃合い熟したとの見方

 ワコム<6727>(東1)は12月28日、9時30分にかけて8%高に迫る895円(65円高)まで上げ、11月末につけた高値1009円に向けて出直りを強めている。

 同社のデジタルペン入力技術を搭載した韓国サムスン電子の新型スマートフォン「Galaxy Note20 Ultra 5G」が、この秋、KDDI<9433>(東1)、沖縄セルラー電話、NTT<9432>(東1)グループのNTTドコモから発売され、人気上々とみられていることなど、期待材料への評価が再燃したとみられている。

 11月に700円前後から1000円台まで3割上げ、12月は2割近く調整。上げ幅の「3分の2押し」の水準まで調整が進んだため、再騰に向けて頃合いが熟してきたとみることができるようだ。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:56 | 材料でみる株価

光ファイバー通信網の容量不足へと伝えられユアテックや関電工が連日高い

■「2020年代中に容量が足りなくなる恐れ」と伝えられる

 ユアテック<1934>(東1)は12月28日、一段高で始まり、取引開始後は11%高の839円(81円高)まで上げて年初来の高値を更新し、2019年4月以来の800円台に進んでいる。

 東日本地域で総合電機工事を行い「5G」関連需要に期待がある中で、「2020年代のうちに光ファイバー通信網の容量が足りなくなる恐れが出てきた」(日本経済新聞12月27日付朝刊より)と伝えられ、さらなる需要増加の期待が出ている。

 関電工<1942>(東1)も続伸基調。前取引日(25日)に目立って上げて6%高(49円高の861円)となり、週明け28日も872円(11円高)まで上げて続伸している。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:34 | 材料でみる株価
2020年12月25日

日本郵船が一時8%高など海運株が軒並み高い、中国・欧州のコンテナ運賃急騰と伝えられる

■川崎近海汽船、明治海運なども高い

 12月25日の東京株式市場では、日本郵船<9101>(東1)が一時8%高(180円高の2426円)まで上げて12月7日につけた昨年来の高値2476円に迫り、川崎汽船<9107>(東1)は同7%高、商船三井<9104>(東1)も同6%高など、海運株が軒並み高となっている。

 「中国→欧州、スポット運賃、海上コンテナ急騰」(日本経済新聞12月25日付朝刊)と伝えられ、注目された。上記の大手3社は2018年にコンテナ船事業を統合し、共同運営する形として合理化が進んでいる。

 明治海運<9115>(東1)川崎近海汽船<9179>(東2)も高い。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:03 | 材料でみる株価

京写がストップ高!、ベトナム事業がJETROの海外サプライチェーン支援事業に採択され注目集中

 京写<6837>(JQS)は12月25日、急伸スタートとなり、取引開始後に一時ストップ高の344円(80円高)まで上げて戻り高値を大きく更新している。

 24日付で、「ベトナム両面プリント配線板増産投資計画」が経済産業省・JETROの「海外サプライチェーン多元化等支援事業」に採択されたと発表。注目集中となった。関連記事(12月25日朝掲載)>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:35 | 材料でみる株価
2020年12月24日

ウィルソンWLWが後場ストップ高、戦略提携など3件の発表が注目を集め急伸

■業績は赤字拡大予想だが株価は11月を下値に持ち直し織込む

 ウィルソン・ラーニング ワールドワイド(ウィルソンWLW)<9610>(JQS)は12月24日、急伸し、後場寄り後の12時50分にかけて13%高に迫る188円(21円高)まで上げ、その後買い気配のままストップ高の217円(50円高)に達した。大きく出直っている。

 23日付で、「最先端のアセスメントプラットフォームを提供するProfiling Online社と戦略提携」「豪州・ニュージーランド(ANZ)市場の拡充をはかるため、レッド・エデュケーション社と販売代理店契約を締結」など3件のニュースリリースを発表しており、これらが好感されたようだ。

 業績は今期、赤字拡大予想だが、株価は11月の147円を下値に持ち直す動きを見せており、先々の回復を先取る雰囲気になっている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:08 | 材料でみる株価

サイジニアがストップ高、GoogleとYahoo!両方に店舗情報を入稿する新システムに注目集中

■『デクワス・マイプレイス』23日から開始と発表

 サイジニア<6031>(東マ)は12月24日、買い気配のままストップ高の1130円(150円高)に達し、今日はまだ売買が成立していない。

 23日付で、GoogleマイビジネスやYextに登録済みの店舗情報をYahoo!プレイス形式に変換する『デクワス・マイプレイス』の提供を23日から開始すると発表。「これにより、多数の店舗を運営する企業は、簡単にYahoo!プレイスに店舗情報をアップロードできるようになります」などとし、注目集中となった。

 発表によると、Yahoo!プレイスは、Yahoo!JAPANが運営する店舗情報管理ツール。しかしながら、GoogleとYahoo!に店舗情報を入稿するには、それぞれ異なるデータ形式に対応した作業が必要となる。特に昨今のコロナ禍においては営業時間の変更も頻繁に発生し、多数の店舗を運営する事業者にとって個別のプラットフォームに対応するのはコストが大きいことが課題だったという。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:02 | 材料でみる株価

三洋化成は『全樹脂電池』の事業開発を行うスタートアップ企業への追加出資など材料視され一段高

■製造コストなど削減でき従来にない高い異常時信頼性など実現

 三洋化成工業<4471>(東1)は12月24日、一段高となり、9時30分過ぎに5560円(280円高)まで上げて今年1月につけた年初来の高値を更新した。

 21日付で、次世代型リチウムイオン電池『全樹脂電池』の事業開発を行うスタートアップ企業の、APB株式会社(東京都千代田区)への追加出資を発表。2030年代半ばまでに新販売車をすべてEV(電気自動車)などの電動車とする政府方針に乗る次世代電池関連株として注目されている。

 全樹脂電池は、樹脂集電体に塗布をすることで電極を形成し、従来のリチウムイオン電池よりも工程や製造コスト・リードタイムの削減を実現でき、これまでにない高い異常時信頼性とエネルギー密度を実現しているという。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:47 | 材料でみる株価

エイベックスは本社ビル700億円で売却の観測報道を受け飛び出すように上げる

■報道を受け「本日開催の取締役会に付議する予定」と発表

 エイベックス<7860>(東1)は12月24日、飛び出すように始まり、取引開始後は5%高の1068円(48円高)まで上げてに出直りを強めている。

 「本社ビル売却へ、700億円で、カナダのファンドに」(日本経済新聞12月24日付朝刊)と伝えられ、財務体質強化などが期待されている。イベント中止などにより業績に影響が出ており、「売却後は賃貸に切り替え、当面は本社を移転しない見通しだ。同社では在宅勤務が普及しているため、時機を見て移転を検討する可能性もある」などと伝えられた。

 これに対し、会社側は同日朝の東証適時開示に、「本日開催の取締役会に付議する予定であり、決定した場合には速やかに公表」すると発表した。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:29 | 材料でみる株価

川崎重工が一段高、カーボンフリー事業会社の設立など材料視され戻り高値を更新

■事業統合、グループビジョンが注目され11月初から上げピッチ強まる

 川崎重工業<7012>(東1)は12月24日、一段高で始まり、取引開始後は7%高の2204円(143円高)まで上げて2日ぶりに戻り高値を更新した。

 23日付で、低炭素・カーボンフリーな電力を取り扱う事業会社「カワサキグリーンエナジー株式会社」を設立し2021年4月1日に営業を開始すると発表。温暖化ガスの排出をゼロにする政府の長期政策に乗る取組として注目されている。

 このところは、11月初に発表した事業の分社化や統合、グループビジョンなどを受けて値上がりのピッチが強まっている。24日は中段持ち合いから再び一段高になったため、チャート観測の点で注目する様子もある。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:18 | 材料でみる株価