[材料でみる株価]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (11/17)日本航空とANAが続伸、ファイザー、イーライリリーに続き米モデルナ社の新型コロナワクチン候補にも期待高まる
記事一覧 (11/16)シャノンは「イベント人数上限管理」システムなど注目され後場一段高
記事一覧 (11/16)郵政3銘柄が活況高、日本郵政がかんぽ生命、ゆうちょ銀の株式売却予定を発表
記事一覧 (11/16)プレサンスコーポが急伸、オープンハウスによるTOBなど材料視
記事一覧 (11/16)パナソニックは「ホールディングス」への移行など材料視され一段高
記事一覧 (11/13)ニトリHDは4日ぶりに反発、TOB巡り島忠がニトリを選択との観測報道を好感
記事一覧 (11/13)不二硝子は4日連続ストップ高、新型コロナ国内感染者数が最多と伝えられワクチン容器に連想買い
記事一覧 (11/13)アンジェスは新型コロナ薬の米国での臨床開発開始が注目され一段と出直り強める
記事一覧 (11/12)ピックルスコーポレーションは出直り基調、野菜市況や異業種との連携戦略が注目される
記事一覧 (11/12)マネーフォワードが高い、家計簿アプリで確定申告する新サービス注目される
記事一覧 (11/12)ホンダは上げ一服だが「自動運転レベル3」の型式指定取得が注目され底堅い
記事一覧 (11/11)ツインバード工業が連日ストップ高、ファイザーの新型コロナ薬に続きイーライリリーの緊急使用許可も材料視される
記事一覧 (11/11)アンジェスが17%高、新株発行増資を一日で消化し鋭く反発
記事一覧 (11/11)JR東日本が大幅続伸、米イーライ・リリーの新型コロナ薬「緊急使用許可」など好感
記事一覧 (11/10)トゥエンティーフォーセブンは一時ストップ高、ファイザーの新型コロナワクチン報道など材料視
記事一覧 (11/10)ツインバード工業はワクチン低温保管用フリーザーボックスが注目されストップ高
記事一覧 (11/10)寿スピリッツがストップ高、新型コロナワクチンの報道など好感される
記事一覧 (11/10)日本航空が21%高、新型コロナワクチンの実用化に期待再燃し昨日の16%安から劇的な急反発
記事一覧 (11/10)ホンダが一段高、NY株の大幅高と前週末の業績予想増額など好感
記事一覧 (11/09)シナネンHDは東京都品川区の土地譲渡益21億円が注目され午後一段高
2020年11月17日

日本航空とANAが続伸、ファイザー、イーライリリーに続き米モデルナ社の新型コロナワクチン候補にも期待高まる

■合理化策に加えコロナ克服への期待が

 日本航空<9201>(東1)は11月17日、続伸基調で始まり、取引開始後は6%高の2055円(117円高)をつけて再び出直りを強めている。ANAホールディングス<9202>(東1)も5%高の2685.0円(139.5円高)と出直りを強めている。

 人員の再配置などの合理化策に加え、米モデルナ社の新型コロナワクチン候補が臨床試験で94.5%の有効性を示し、来週中にも緊急使用許可を申請する見込みと伝えられ、ファイザー、イーライリリーの新型コロナワクチンに続きコロナ克服への期待が高まった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:17 | 材料でみる株価
2020年11月16日

シャノンは「イベント人数上限管理」システムなど注目され後場一段高

■新型コロナの感染再燃しウェブセミナーシステムも注目される

 シャノン<3976>(東マ)は11月16日の後場もジリ高基調を続け、9%高に迫る2553円(204円高)まで一段高の場面を見せて出直りを継続している。

 リアルタイムに会場内人数を管理できる「イベント人数上限管理機能」をマーケティング支援システム「SHANON MARKETING PLATFORM」に追加と10月中旬に発表。このところ新型コロナの感染動向が再燃の様相を強めてきた中で再び注目されている。

 また、上場企業の決算発表・説明会がオンライン化する中で、これらに出席するアナリストの中には、米「ZOOM」のツールだけでなく同社のウェブセミナーシステムの利用も増えてきたと注目する様子もある。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:04 | 材料でみる株価

郵政3銘柄が活況高、日本郵政がかんぽ生命、ゆうちょ銀の株式売却予定を発表

■「日本郵政グループ中期経営計画」で保有割合を各々50%以下に

 日本郵政<6178>(東1)は11月16日の後場、一段と出直り幅を広げ、12時50分にかけて836.7円(77.3円高)まで上げて出来高も増加。ゆうちょ銀行<7182>(東1)も一段高の936円(56円高)まで上げ、かんぽ生命保険<7181>(東1)は本日の高値圏の1802円(108円高)前後で推移している。

 3社が11月13日の取引終了後に発表した「日本郵政グループ中期経営計画(2021〜2025)の基本的考え方」(かんぽ生命、ゆうちょ銀は参考資料として発表)の中で、「郵政民営化法に基づき、金融2社の株式はその全部を処分することを目指し」「まずは、日本郵政が保有する両社の株式について保有割合50%程度とし、新規業務の事前届出制への移行を目指す」としたことなどが材料視された。

 日本郵政は、現在約89%保有しているゆうちょ銀、同じく64%保有するかんぽ生命の保有割合を各々50%程度に引き下げるという。かんぽ生命、ゆうちょ銀は新事業の開始などで身軽になるとの見方が出ている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:07 | 材料でみる株価

プレサンスコーポが急伸、オープンハウスによるTOBなど材料視

■1株1850円、連結子会社化を目的とし株式上場を継続

 プレサンスコーポレーション<3254>(東1)は11月16日、一段高で始まり、取引開始後は15%高の1800円(240円高)まで上げ、2019年12月以来の1800円台に進んでいる。

 11月16日の取引終了後、上位株主であるオープンハウス<3288>(東1)が資本業務提携契約の変更、第三者割当増資の引受け、1株1850円でのTOB(株式公開買付)などを発表。材料視された。プレサンスコーポレーションはTOBに賛同を発表した。

 発表によると、オープンハウスは11月13日現在でプレサンスコーポレーションの株式を議決権割合31.82%所有する筆頭株主。プレサンスコーポレーションを連結子会社とすることが主たる目的。株式上場を維持する。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:34 | 材料でみる株価

パナソニックは「ホールディングス」への移行など材料視され一段高

■現在のカンパニー制を持株会社制に

 パナソニック<6752>(東1)は11月16日、一段高で始まり、取引開始後は6%高の1113.5円(65.0円高)まで上げて今年2月以来の1100円台に進んだ。

 11月13日の取引終了後、持株会社への移行を発表し、会社分割などにより、2022年4月実施の予定で「パナソニックホールディングス」にするとし、注目されている。現在はカンパニー制で、新たに持株会社制になる。組織改編による刷新効果などに期待が出ている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:16 | 材料でみる株価
2020年11月13日

ニトリHDは4日ぶりに反発、TOB巡り島忠がニトリを選択との観測報道を好感

■DCMホールディングスは1株4200円、ニトリHDは同5500円

 ニトリホールディングス(ニトリHD)<9843>(東1)は11月13日、4日ぶりの反発基調となり、10時30分にかけて2万1330円(400円高)まで上げる場面を見せて出直っている。

 同日朝、「ホームセンター大手の島忠が、ニトリHDによる買収提案を受け入れることが12日、分かった」(日本経済新聞11月13日付朝刊)と伝えられ、安堵感が広がったようだ。

 両社は、ともに東証IR開示で島忠が13日に臨時役員会を開き正式決定すると発表した。

 島忠へのTOB(株式公開買付)を巡っては、先にDCMホールディングス<3050>(東1)が1株4200円で10月5日から実施したが、10月下旬、ニトリHDが1株5500円で行うと発表し、混戦模様となっていた。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:49 | 材料でみる株価

不二硝子は4日連続ストップ高、新型コロナ国内感染者数が最多と伝えられワクチン容器に連想買い

■米ファイザーやイーライリリーの新薬候補の報道など材料に連日急伸

 不二硝子<5212>(JQS)は11月13日、買い気配を交えて一段高となり、9時16分にストップ高の3115円(500円高)で売買されて4日連続ストップ高となった。

 ワクチン容器も生産するガラスメーカーで、12日、国内の新型コロナウイルスの新規感染者数が1634人に達し、「一日の発表としては8月7日の1605人を上回って過去最多になりました」(NHKニュースWEB11月12日 18時13分より)と伝えられ、連想買いがさらに強まる形になった。

 このところは、11月10日に米製薬大手ファイザーの新型コロナワクチン候補が臨床試験で90%を超える確率の効果を得たと伝えられたことや、11日にイーライリリーの抗体薬が新型コロナ治療薬として米FDA(食品医薬品局)から緊急使用許可を得たと伝えられたことなどが材料視されて連日急伸している。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:28 | 材料でみる株価

アンジェスは新型コロナ薬の米国での臨床開発開始が注目され一段と出直り強める

■国産の新薬開発とは別にカナダ企業と共同開発中の新型コロナ薬

 アンジェス<4563>(東マ)は11月13日、続伸基調で始まり、取引開始後は8%高の1422円(105円高)まで上げて一段と出直りを強めている。

 同日朝、カナダのバイオ医薬品企業バソミューン(Vasomune)社と共同開発している「COVID−19」(新型コロナウイルス)治療薬「AV−001」を米国で臨床開発開始と発表。東京都の新規感染者数が2日続けて300人台に増加し、大阪市では最高を更新したと伝えられたこともあり、大きく注目された。

 アンジェスは大阪大学などと「国産」の新型コロナワクチンを開発中で、この第4四半期(2021年1〜3月)中には最終的な臨床結果が得られる見込み。

 直近の株価は第三者割当の新株発行増資の発表を受けて一時的に下げたが一気に切り返している。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:13 | 材料でみる株価
2020年11月12日

ピックルスコーポレーションは出直り基調、野菜市況や異業種との連携戦略が注目される

■信田缶詰と「ご飯がススム・いわしのキムチ煮」を開発、異業種との積極連携が注目される

 ピックルスコーポレーション<2925>(東1)は11月12日の前場、2996円(27円高)まで上げ、後場は14時にかけて2967円(2円安)前後だが2日続けて出直り基調となっている。

 原料になる野菜の市況が今年は本州に台風の上陸がないため比較的安定していることなどが注目されている。また、直近は、創業明治38年の老舗缶詰メーカー、信田缶詰株式会社(千葉県銚子市)と共同開発した「ご飯がススム いわしのキムチ煮」が信田缶詰から発売開始となり、異業種との積極的な連携戦略が注目されている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:54 | 材料でみる株価

マネーフォワードが高い、家計簿アプリで確定申告する新サービス注目される

■10月につけた上場来の高値に向け出直る

 マネーフォワード<3994>(東マ)は11月12日、9時30分を過ぎて9700円(450円高)前後で推移し、11月5日につけた上場来の高値1万650円に向けて出直っている。

 同日付で、「お金の見える化サービス『マネーフォワードME』が確定申告ソフト『マネーフォワードクラウド確定申告』へのデータ連携を開始し、家計簿データを利用して確定申告を行うことが可能に」なったと発表。注目された。同日付の日本経済新聞朝刊は「確定申告、スマホ完結」と伝えた。
 
 今11月期の連結業績予想は各利益とも2期連続赤字の見込みだが、先行投資によるものと前向きな評価が多いようで、株価は好調に推移している。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:54 | 材料でみる株価

ホンダは上げ一服だが「自動運転レベル3」の型式指定取得が注目され底堅い

■この4日間で488円高(19%高)とあって上げ一服の様子

 ホンダ<7267>(東1)は11月12日、2985.0円(9.5円安)で始まり、昨11日までの4日続伸から反落模様となっている。この4日間で488円高(19%高)とあって上げ一服の始まりとなった。

■「レベル3」装着の「LEGEND(レジェンド)」を年度内に発売予定

 11日、「自動運転レベル3型式指定を国土交通省から取得」と発表した。「これにより、高速道路渋滞時など一定の条件下で、システムがドライバーに代わって運転操作を行うことが可能となり」、「今回認可を取得した自動運行装置(名称:Traffic Jam Pilot<トラフィック・ジャム・パイロット>)を搭載した「LEGEND(レジェンド)」は、本年度内の発売を予定」しているとした。

 先に発表した第2四半期の連結決算は期初から累計の営業利益(2020年4〜6月)が前年同期比64%減だったが、3月通期の連結業績予想を全体に増額修正し、営業利益は8月に開示した2000億円を4200億円へと倍増させ、純利益も同1650億円を3900億円へと大幅に引き上げた。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:11 | 材料でみる株価
2020年11月11日

ツインバード工業が連日ストップ高、ファイザーの新型コロナ薬に続きイーライリリーの緊急使用許可も材料視される

■ワクチン保管・輸送用フリーザーボックスに注目集中

 ツインバード工業<6897>(東2)は11月11日、9時40分過ぎからストップ高の1318円(300円高)で売買され、2日連続ストップ高。新型コロナワクチンの冷蔵保管・輸送用フリーザーボックスが連日注目されている。

 同社製フリーザーボックスが米社から前期販売台数の約2倍の新規受注を受けていることなどを10月に発表済み。昨10日は米製薬大手ファイザーの新型コロナワクチン候補が90%を超える確率で効果を得たと伝えられて急伸。11日は、「イーライリリーの抗体薬、新型コロナ治療薬として緊急使用許可、米FDA」(CNNニュース、CNN.co.jpより)と伝えられ一段高となった。

 関連報道によると、日本政府はファイザーの新型コロナワクチン候補を1億2千万回分(約6000万人分)予約済みとされる。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:30 | 材料でみる株価

アンジェスが17%高、新株発行増資を一日で消化し鋭く反発

■世界初のゲノム編集プラットフォーム技術・治療プログラム⼀体企業に

 アンジェス<4563>(東マ)は11月11日、鋭く反発し、10時には17%高の1228円(180円高)まで上げて出直りを強めている。

 9日に米国の持分適用会社の子会社化とこれに伴う資金調達として第三者割当による新株発行増資を発表。発行株数が増えるため10日は下げたが、早速切り返す形になった。

 発表によると、持分適用会社の米EmendoBio社(本社ニューヨーク)は先進的なゲノム編集技術を有す。完全子会社化により、アンジェスグループは世界的な次世代ゲノム編集技術を活用した遺伝⼦治療用製品の開発企業となる。また、これにより、世界初のゲノム編集プラットフォーム技術及び治療プログラム(開発候補品のことで、製品化するまでのプログラム)を⼀体として所有する企業となる。同社の発表には「大風呂敷」の傾向があるとの見方もあるが、早速注目再燃となった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:06 | 材料でみる株価

JR東日本が大幅続伸、米イーライ・リリーの新型コロナ薬「緊急使用許可」など好感

■昨10日はファイザーのワクチン報道を受け16%高

 JR東日本(東日本旅客鉄道)<9020>(東1)は11月11日、一段高で始まり、取引開始後は5%高の6595円(209円高)まで上げ、10月8日以来の6500円台を回復している。

 来年度から時差通勤の利用者にポイントを付与と伝えられたが、米国で製薬大手イーライ・リリーの新型コロナ抗体薬に関するEUA(緊急使用許可)をFDA(米食品医薬品局)が承認したと伝えられ、期待材料視されている。昨10日は、同じくファイザーがドイツのビオンテックと開発している新型コロナワクチン候補が90%を超える確率で効果を得たと伝えられ、終値で約16%高(857円高の6386円)の急反発となった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:16 | 材料でみる株価
2020年11月10日

トゥエンティーフォーセブンは一時ストップ高、ファイザーの新型コロナワクチン報道など材料視

■パーソナルトレーニングジムなど展開し業績回復を期待

 トゥエンティーフォーセブン<7074>(東マ)は11月10日、一時ストップ高の1050円(150円高)まで上げ、11時にかけても13%高1020円(120円高)前後で推移し、大きく出直っている。

 パーソナルトレーニングジムやダイエット・健康関連オンラインショップ、パーソナル英会話スクールの運営などを行い、米製薬大手ファイザーがドイツのビオンテックと開発している新型コロナワクチン候補が90%を超える確率で効果を得たと伝えられ、事業環境改善への期待が広がった。

 10月4日に発表した第3四半期の業績(2019年12月〜20年8月、累計)は営業利益が10.28億円の赤字で、11月通期の予想も11.66億円の赤字を見込むが、自宅で気軽にジムにいるようなワークアウトを体験できるライブレッスン型オンラインフィットネスサービス「24/7 Online Fitness」を6月に開始するなど、積極攻勢に出ている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:10 | 材料でみる株価

ツインバード工業はワクチン低温保管用フリーザーボックスが注目されストップ高

■ファイザーの新型コロナワクチン候補の報道を受け連想買い集中

 ツインバード工業<6897>(東2)は11月10日、取引開始後から買い気配のままストップ高の1018円(150円高)に貼りつき、10時30分を過ぎてまだ売買が成立していない。

 ワクチンの低温保管・輸送用のフリーザーボックスなどを手掛け、米製薬大手ファイザーが開発中の新型コロナワクチン候補が臨床試験で90%を超える確率の効果を得たと伝えられ、連想買いが集中したようだ。ワクチン容器などを手掛ける不二硝子<5212>(JQS)は一時ストップ高の1715円(300円高)をつけた。

 ツインバード工業は、10月下旬に同社製フリーザーボックスが米社から前期販売台数の約2倍の新規受注を受けていること、今後も米低温保管物流網(コールドチェーン)の標準品として開発を進めることなどの発表を受けて注目集中となったばかりだ。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:43 | 材料でみる株価

寿スピリッツがストップ高、新型コロナワクチンの報道など好感される

■新型コロナの影響大きいが下期は収益回復を想定

 寿スピリッツ<2222>(東1)は11月10日、急伸し、9時40分頃からストップ高の6030円(1000円高)で売買されて今年2月以来9か月ぶりに6000円台を回復している。

 スイーツの専門店展開などを行い、新型コロナの影響が大きかっただけに、米ファイザーが開発中の新型コロナワクチンの有効性が90%との報道を受け、人出の回復などに期待が強まったとの見方が出ている。

 11月4日に第2四半期決算と未開示だった3月通期の予想を発表。その後の株価は動意薄だったが、第2四半期の連結営業利益は34.2億円の赤字だったが、3月通期の予想は34億円の赤字とした。下期は黒字化する見通しになり、業績回復が注目されている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:06 | 材料でみる株価

日本航空が21%高、新型コロナワクチンの実用化に期待再燃し昨日の16%安から劇的な急反発

■昨日は新株発行増資の発表を受けて急落し大引けも11%安

 日本航空<9201>(東1)は11月10日、劇的な急反発となり、9時30分にかけて21%高の1980円(339円高)まで上げてV字急回復となっている。米ファイザーが開発中の新型コロナワクチンの有効性が90%との報道を受け、旅客需要などに回復の期待が高まった。

 米製薬大手ファイザーがドイツのビオンテックと開発している新型コロナワクチン候補が90%を超える確率で効果を得たと伝えられた。ブルームバーグニュースなどによれば、この新薬候補は2回投与する必要があるが、月内にも緊急使用許可(EUA)申請に進む可能性があるという。

 同社株は昨9日、新株発行増資の発表を受けて株式価値の希薄化懸念から一時16%安(287円安の1556円)まで急落し、終値も11%安(202円安の1641円)だった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:39 | 材料でみる株価

ホンダが一段高、NY株の大幅高と前週末の業績予想増額など好感

■業績に占める北米市場の割合の高い銘柄として注目強まる

 ホンダ<7267>(東1)は11月10日、一段高となり、取引開始後は5%高の2972.5円(139.0円高)まで上げ、連日大幅な出直りとなっている。

 3月通期の連結業績予想を前週末取引日の夕方に増額修正した上、NY株式がバイデン新政権への期待などで大幅高となり、業績に占める北米市場の割合の高い銘柄として注目が強まった。

 今3月期の連結営業利益の予想は8月に開示した2000億円を4200億円に倍増し、純利益も同1650億円を3900億円へと大幅に引き上げた。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:25 | 材料でみる株価
2020年11月09日

シナネンHDは東京都品川区の土地譲渡益21億円が注目され午後一段高

■均等分筆地の半分を第4四半期に計上、もう一方は未定

 シナネンホールディングス(シナネンHD)<8132>(東1)は11月9日の後場一段と強含み、14時にかけて3125円(100円高)まで上げて続伸幅を広げている。13時に固定資産の譲渡と特別利益の計上を発表し、注目が再燃した。

■譲渡先はオフィス棟など建設しシナネンHDはオフィス棟を譲りうけ本社機能を移転

 発表によると、資産効率の向上及び財務体質の改善を図る目的で、A土地(東京都品川区)を譲渡益21億円で、B土地(同)を譲渡益未定(帳簿価額セロ円)で譲渡するとした。引き渡し時期は、A土地が2021年3月下旬の予定で、B土地は未定。これにともない、2021年3月期・第4四半期に21億円を特別利益として計上する。

 なお、両土地は隣接地で、合筆したあと均等に分筆することを前提とし、それぞれについて不動産売買契約を締結する。譲渡先は、両土地にオフィス棟とマンション棟を建設し、シナネンHDはこのオフィス棟を譲りうけて本社機能を移転する予定とした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:44 | 材料でみる株価