[材料でみる株価]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (09/04)ディップが年初来の高値、FAST RPA「コボット」の連携に注目集まる
記事一覧 (09/04)アトラが3日連続ストップ高、「降格」回避に向け対策の発表に期待強まる
記事一覧 (09/03)ブックオフGHDは「ジュエリー社」の株式取得が材料視され5%高
記事一覧 (09/03)スマートバリューが後場一段高、スズキ、丸紅と郊外型カーシェアリングを実証実験
記事一覧 (09/03)フォーカスシステムズが3日続伸、「AIによるファッションショー演出」注目される
記事一覧 (09/03)コナカとサマンサタバサジャパンが活況高、持分会社化が好感される
記事一覧 (09/02)サンバイオが戻り高値を更新、米国防総省のシンポジウムで発表される
記事一覧 (09/02)北野建設は4日続伸基調で始まる、「高割合」の自社株買いを連日好感
記事一覧 (08/30)レッグスは後場も値上がり率11%を保つ、人気スタンプ「うさまる」注目される
記事一覧 (08/30)アルプスアルパインが後場一段高、中国ファーウェイの報道も材料視される
記事一覧 (08/30)サンバイオは大きく反発、「再生医療」のバイオベンチャーとして注目再燃
記事一覧 (08/30)セルシードがストップ高、阪大のiPS細胞による角膜移植うけ連想買い集中
記事一覧 (08/30)デルタフライファーマが活況高、「DFP−14323」製造承認を申請
記事一覧 (08/30)JCRファーマが上場来の高値に進む、子会社合併で一層の効率化など期待
記事一覧 (08/29)北野建設は後場、自社株買いが好感されて一段高
記事一覧 (08/29)アエリアは「ゆきぽよ」さん登場が注目され後場一段と強含む
記事一覧 (08/29)LIFULLが回復基調、不動産従事者向けオンラインスクールに注目集まる
記事一覧 (08/29)カーメイトは「あおり運転」罰則化の観測を受け再び大きく上値を指向
記事一覧 (08/29)トクヤマが高い、九州北部の豪雨災害の復興関連株と注目される
記事一覧 (08/28)DeNAは創業20周年に関わる期待もあり年初来の高値に迫る
2019年09月04日

ディップが年初来の高値、FAST RPA「コボット」の連携に注目集まる

■2200社以上の派遣会社が導入済みの「スタッフナビゲーター」と共同展開

 ディップ<2379>(東1)は9月4日、再び上値を追って始まり、取引開始後に2473円(79円高)まで上げて約1週間ぶりに年初来の高値を更新した。3日付で、業務効率化を支援するFAST RPA「コボット」がユニテックシステム株式会社(東京都台東区)の派遣会社向け基幹システム「スタッフナビゲーター」と連携したと発表し、注目されている。

 「コボット」は、人材・労働力不足に悩みながらも、従来型のRPAサービスでは資金面や運用面などで様々な課題があるために導入や継続利用が難しい中小企業向けに開発された新サービス。一方、「スタッフナビゲーター」は、派遣業における日常の煩雑な業務を簡単かつスムーズに処理出来る基幹業務システムで、2200社以上の派遣会社が導入済み。

 この連携により、「スタッフナビゲーター」を利用する派遣会社は、「コボット」を現場に導入するだけで、「応募対応」「時間外対応」「派遣管理」にかかる繁雑な業務を自動化することができる。また、今後は、ユニテックシステム社が提供する「キャスティングナビ」にも対応する予定とした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:58 | 材料でみる株価

アトラが3日連続ストップ高、「降格」回避に向け対策の発表に期待強まる

■月末の時価総額が20億円未満になり3ヶ月以内に今後の展開など発表へ

 アトラ<6029>(東1)は9月4日、一段高となり、取引開始後に3日連続ストップ高の453円(80円高)で売買され、連日大幅高となっている。8月の時価総額が東証2部への指定替え基準に抵触し、その猶予期間に入ったと2日に発表。「降格」を回避するためにあらゆる策が総動員されるとの期待が広がっている。

 「ほねつぎブランド接骨院チェーン」本部として、接骨院の開院、運営のノウハウを提供する。2019年8月末時点において、月末時価総額が20億円未満になったと9月2日発表した。今後3ヶ月以内に「事業の現状、今後の展開、事業計画の改善その他東京証券取引所が必要と認める事項を記載した書面」を提出する予定としたため、期待と注目が集まっている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:37 | 材料でみる株価
2019年09月03日

ブックオフGHDは「ジュエリー社」の株式取得が材料視され5%高

■貴金属製品のオーダー受注やリペア・リメイクなどに本格展開

 ブックオフグループホールディングス(ブックオフGHD)<9278>(東1)は9月3日、13時30分にかけて5%高の1132円(57円高)前後で推移し、出来高も増加。ボリュームを増しての反発相場となっている。8月30日、大手百貨店内や郊外型ショッピングモール内などに現在18ヵ所の店舗網を展開する(株)ジュエリーアセットマネジャーズ(東京都中央区)の株式取得(完全子会社化)を発表。注目されている。株式譲渡実行日は2019年9月6日の予定。

 ジュエリーアセットマネジャーズ社は、貴金属に特化し、買い取りから販売、オーダー受注のほかリペア・リメイクなどのトータルサービスの提供を行う。株式取得により、新たな顧客層にアプローチするとともに、既存の顧客層にも新たなサービスを提供するなどの事業拡大を行うとした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:37 | 材料でみる株価

スマートバリューが後場一段高、スズキ、丸紅と郊外型カーシェアリングを実証実験

■スマートバリューのプラットフォームとスズキのコンパクトカーを活用

 スマートバリュー<9417>(東1)は9月3日の後場一段高となり、取引開始後に8%高の755円(53円高)まで上げて大きく出直っている。同日昼、スズキ<7269>(東1)丸紅<8002>(東1)の3社で郊外型カーシェアリングサービスの実証実験に関する契約を締結したと発表し、注目されている。

 実証実験は、9月3日(火)、大阪府豊中市で行う。スマートバリューが開発した、クルマのサービス化を推進するプラットフォーム「KurumaBase」を活用。郊外住宅地における自宅近くの日常生活用途をターゲットに、気軽に乗れるスズキのコンパクトカーを使ったカーシェアリングサービスを提供する。また、あわせて、スズキは四輪代理店である(株)スズキ自販近畿のアリーナ豊中でカーシェアリングサービスを導入し、利用者へのサービス向上を図る。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:56 | 材料でみる株価

フォーカスシステムズが3日続伸、「AIによるファッションショー演出」注目される

■9月7日、東京ガールズコレクションのステージで実証実験と発表

 フォーカスシステムズ<4662>(東1)は9月3日も出直り基調を続け、11時にかけて822円(12円高)まで上げて3日続伸基調となっている。公共インフラ関連のITソリューション開発などで知られるが、2日付で、「AIによるファッションショー演出の実証実験」を発表。注目が集まっている。

 9月2日、東京ガールズコレクションのステージで、株式会社W TOKYO(東京都渋谷区)の協力のもと、ライブAIエフェクトシステム「AIエフェクトLIVE!」の実証実験を行うと発表。以下のようなシーンでの利用が期待可能な技術だとした。

 (1)カメラでとらえた人の動きをリアルタイムに解析することで、遠隔地にあるロボットをリアルタイムに操作、(2)過去の動画を解析することで、ロボットにより当時の動きを再現、(3)VRの世界に存在するキャラクターを操作、(4)デジタルサイネージに搭載することにより、聴覚障害をお持ちの方の手話やハンドサインを解析して必要な情報を案内。

 なお、実験を行う東京ガールズコレクション(2019 AUTUMN/WINTER)は、2019年9月7日、さいたまスーパーアリーナ(埼玉県さいたま市)で開催される。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:35 | 材料でみる株価

コナカとサマンサタバサジャパンが活況高、持分会社化が好感される

■サマンサタバサジャパンの株式31%をコナカが取得、大きなシナジー期待

 コナカ<7494>(東1)は9月3日、一段と出直って始まり、取引開始後に419円(11円高)まで上げて戻り高値を更新した。2日の夕方、サマンサタバサジャパンリミテッド<7829>(東マ)の株式取得(持分法適用関連会社化)を発表。業容拡大などに期待が集まっている。

 サマンサタバサジャパンリミテッドは取引開始後に一時29%高の295円(66円高)まで上げ、出来高も増加している。発表によると、同社は、バッグやジュエリーを中心に世界に向けたブランドビジネスを展開。一方、コナカは紳士服が中心。このため、両社とも高いシナジー効果が期待できる、とした。

 サマンサの筆頭株主であり、コナカの代表取締役である湖中謙介氏より、その保有全株式(2019年6月21日現在31.30%保有)をコナカが取得する。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:26 | 材料でみる株価
2019年09月02日

サンバイオが戻り高値を更新、米国防総省のシンポジウムで発表される

■「SB623」外傷性脳損傷に関する試験結果が採り上げられる

 サンバイオ<4592>(東マ)は9月2日、続伸基調となり、11時にかけて9%高の3635円(295円高)まで上げて戻り高値を更新している。前週末取引日の30日の売買終了後、開発中の「SB623」について、外傷性脳損傷を対象にした第2相試験(STEMTRA試験)の結果が米国時間8月19日に開催されたシンポジウムで発表されたと開示し、材料視されている。

 近年、軍人の外傷性脳損傷が着目されており、米国防総省が開催したシンポジウム「MilitaryHealthSystemResearchSymposium2019」で、現地時間2019年8月19日から22日に、同社グループが日米グローバルで行った「SB623」外傷性脳損傷を対象にした第2相試験(STEMTRA試験)の結果が発表されたという。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:57 | 材料でみる株価

北野建設は4日続伸基調で始まる、「高割合」の自社株買いを連日好感

■発行済株式総数の4.8%または取得総額7億円で9月2日から実施

 北野建設<1866>(東1)は9月2日、4日続伸基調で始まり、取引開始後に6%高の2360円(114円高)まで上げ、出直りを強めている。8月29日の取引時間中に自己株式の取得(自社株買い)を発表。取得上限株数が自己株式を除く発行済株式総数の4.8%に相当する30万株と高割合である点が好感されている。

 普通株式30万株(自己株式を除く発行済株式総数の4.8%)または取得総額7.0億円を上限に、2019年9月2日から20年2月28日の間に実施する。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:21 | 材料でみる株価
2019年08月30日

レッグスは後場も値上がり率11%を保つ、人気スタンプ「うさまる」注目される

■LINEスタンプなどでブレイクし登場5周年記念の催事を発表

 レッグス<4286>(東マ)は8月30日、後場も値上がり率11%(170円高の1738円)前後で推移し、大きく出直っている。同日付で、LINEスタンプなど人気のイラストレーター・sakumaru氏が描くオリジナルキャラクター「うさまる」の登場5周年を記念し、9月下旬から東京・大阪・埼玉で「うさまる5周年カフェ」を開催すると発表。材料視されている。

 「うさまる」は、LINEスタンプとして「LINE Creators Market」で販売され人気となった、ゆるく、かわいく、時たまシュールなうさぎのキャラクター。2014年夏に第1弾「うさまる」が発売され一気にブレイクした。「うさまる5周年カフェ」では、インスタ映え間違いなしの人気になるとの見方が出ている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:01 | 材料でみる株価

アルプスアルパインが後場一段高、中国ファーウェイの報道も材料視される

■モルガン・スタンレーMUFG証券は目標株価を1500円から1800円に

 アルプスアルパイン<6770>(東1)は8月30日の後場一段と強含み、13時過ぎには7%高の1869円(116円高)まで上げ幅を拡大。取引時間中としては8月9日以来の1800円台回復となっている。

 29日に、モルガン・スタンレーMUFG証券が目標株価を1500円から1800円に引き上げたと伝えられたほか、30日は、中国の通信機器の大手・華為技術(ファーウェイ)に米国で新たな技術窃盗疑惑が浮上と伝えられ、「漁夫の利」的な需要拡大に期待する様子もある。

 30日朝、「中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)が企業から技術を盗もうとしたとして、米検察当局が捜査を開始したことが29日分かった。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)が報じた」(日経QUICKニュース8月30日9時頃より)と伝えられた。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:24 | 材料でみる株価

サンバイオは大きく反発、「再生医療」のバイオベンチャーとして注目再燃

■iPS細胞による目の角膜移植手術の報道を受け関連株を買う

 サンバイオ<4592>(東マ)は8月30日、大きく反発し、10時を過ぎて7%高の3300円(125円高)まで上げて出直っている。8月5日付で、「『再生医療等製品製造販売業許可』取得に関するお知らせ」を発表。29日から30日にかけて、大阪大学などのグループが、iPS細胞による目の角膜の移植手術を世界で初めて行ったと伝えられ、「再生医療」にかかわるバイオベンチャーとして注目されている。

 29日、「iPS細胞から作った目の角膜の組織を患者に移植して視力を回復させようと、大阪大学などのグループが先月、世界で初めての移植手術を行った」(NHKニュースWEB2019年8月29日17時42分より)と伝えられた。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:22 | 材料でみる株価

セルシードがストップ高、阪大のiPS細胞による角膜移植うけ連想買い集中

■細胞シートを用いた再生医療にあらためて期待が強まる

 セルシード<7776>(JQG)は8月30日、買い気配で始まり急伸。取引開始後にストップ高の548円(80円高)まで上げて出来高も急増している。

 「iPS細胞から作った目の角膜の組織を患者に移植して視力を回復させようと、大阪大学などのグループが先月、世界で初めての移植手術を行った」(NHKニュースWEB2019年8月29日17時42分より)と伝えられ、連想買いがセルシードに集中した。

 同社は、細胞シートを用いた「再生医療の事業化」に挑戦している。ヒトの細胞を採取し、シート状に培養して作製した薄い膜で、これを患部に貼ることで細胞や臓器の再生を図る。食道再生上皮シート、軟骨再生シートの実用化に向けて取り組んでいる。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:05 | 材料でみる株価

デルタフライファーマが活況高、「DFP−14323」製造承認を申請

■申請後1年程度で製造承認の取得を見込むことなど今朝発表

 Delta−FlyPharma(デルタフライファーマ)<4598>(東マ)は8月30日、大きく出直って始まり、取引開始後に24%高の2046円(397円高)まで上げて出来高も急増している。同日の朝、「抗がん剤候補化合物DFP−14323の開発状況のお知らせ」を発表し、注目集中となった。

 このたび、抗がん剤候補化合物DFP−14323(ウベニメクス適応追加)の提携先である協和化学工業(株)より、8月29日にウベニメクスの後発医薬品の製造承認を独立行政法人・医薬品医療機器総合機構(PMDA)に申請したとの報告を受けた。申請後、1年程度で製造承認の取得を見込んでいるとした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:44 | 材料でみる株価

JCRファーマが上場来の高値に進む、子会社合併で一層の効率化など期待

■ファミリーヘルスレンタル社の簡易・略式合併を発表

 JCRファーマ<4552>(東1)は8月30日、一段高で始まり、取引開始後に8070円(110円高)まで上げて4取引日ぶりに実質的な上場来の高値を更新した。29日付で子会社の吸収合併(簡易合併・略式合併)を発表し、一層の業務効率化などへの期待が出ている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:29 | 材料でみる株価
2019年08月29日

北野建設は後場、自社株買いが好感されて一段高

発行済株式総数の4.8%または取得総額7億円で9月2日から実施

 北野建設<1866>(東1)は8月29日13時に自己株式の取得(自社株買い)を発表。一段高となり、14時前には9%高の2171円(187円高)まで上げて急激な出直り相場になっている。

 同社普通株式30万株(自己株式を除く発行済株式総数の4.8%)または取得総額7.0億円を上限に、2019年9月2日から20年2月28日の間、実施する。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:50 | 材料でみる株価

アエリアは「ゆきぽよ」さん登場が注目され後場一段と強含む

■9月3日スタートの新サービス「セレブレイトメッセージ」に登場と発表

 アエリア<3758>(JQS)は8月29日の後場一段と強含み、14時30分にかけて1136円(35円高)前後で推移し、8月27日につけた年初来の高値1173円に迫っている。29日付で、マルチな活動で大活躍中の「ゆきぽよ」さん(木村有希さん)が9月3日スタートの新サービスに登場すると発表し、注目されている。

 子会社セレブレイトメッセージが2019年9月3日から全世界に向けてスタートを予定する、有名人からのパーソナル動画メッセージ提供サービス『Celebrate Message(セレブレイトメッセージ)』に、モデル・タレント・アーティストとマルチな活動で大活躍中で、「アメリカの人気NO.1ギャル」としても話題のゆきぽよ(木村有希)さんが参加することが決定したと開示した。

 8月14日には、今期・2019年12月期の連結業績予想の増額修正を発表し、改めて業績動向を評価し直す様子もある。経常利益は従来の20.0億円の見通しを30.0億円に50%アップした。純利益は同じく43%アップし、増額後の予想1株利益は86円54銭とした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:33 | 材料でみる株価

LIFULLが回復基調、不動産従事者向けオンラインスクールに注目集まる

■各分野に精通したプロのノウハウを集約し幅広い方の実務に即応

 LIFULL<2120>(東1)は8月29日の後場、637円(4円安)で始まり、朝方の630円(11円安)を下値に回復基調となっている。同日付で、不動産従事者向けのオンラインスクール「LIFULL HOME’Sアカデミー」を同日から提供開始すると発表し、注目されている。

 「LIFULL HOME’Sアカデミー」は、LIFULL HOME’S会員向けの不動産実務に関わる方を対象にした不動産業界全体のスキルのボトムアップを支援する学び・成長の教育プラットフォーム。不動産実務や一般的なビジネススキルはもちろん、マネジメント層向けの店舗管理や組織開発まで、各分野に精通したプロのノウハウを集約し、幅広い方の実務に即したコンテンツをeラーニングで提供する。また、今後、オンラインだけでなく、オフラインでも利用できる講座の公開を予定している。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:48 | 材料でみる株価

カーメイトは「あおり運転」罰則化の観測を受け再び大きく上値を指向

■介護事業を譲渡し売上高と純利益は減益を見込むが営業利益は65%増を予想

 カーメイト<7297>(JQS)は8月29日、再び大きく上値を指向し、一時14%高の937円(112円高)まで上げて出来高も増勢となっている。「360度ビュー」のドライブレコーダーなどを手掛け、「あおり運転、厳罰化検討、警察庁、新たな法整備も」(朝日新聞デジタル2019年8月28日05時00分)などと伝えられ、連想買いが再燃したとの見方が出ている。

 7月に発表した第1四半期の連結業績(2019年4〜6月)は、介護関連事業の譲渡の影響があり、売上高は前年同期比14%減となったが、各利益はプロダクトミックスの見直し効果などもあり、前年同期比で黒字に転換した。3月通期の見通しは、売上高と親会社株主に帰属する当期純利益は減益を見込むが、営業利益は11.06億円(前期比65%増)、1株利益は95円77銭を想定する。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:09 | 材料でみる株価

トクヤマが高い、九州北部の豪雨災害の復興関連株と注目される

■セメント事業や塩化ビニル樹脂の大手でもあり業績も堅調

 トクヤマ<4043>(東1)は8月29日、大きく出直り、5%高の2228円(108円高)まで上げて出来高も増勢となっている。株式市場では半導体向け多結晶シリコンなどで知られるが、セメント事業、塩化ビニル樹脂の大手であり、九州北部の記録的な豪雨災害の復興関連株として注目されている。

 前期決算では、セメントの需要について、国内民間需要は、東京エリアでの再開発工事などにより、引き続き好調に推移し、官公需については国土強靭化計画の推進により一定量の増加が見込まれ、総需要は微増すると予想している。

 期初に発表した今期・2020年3月期の連結業績予想は、売上高が前期比5.7%増の3430億円、営業利益が同10.6%増の390億円、純利益は同11.0%減の305億円、1株利益は438円88銭。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:11 | 材料でみる株価
2019年08月28日

DeNAは創業20周年に関わる期待もあり年初来の高値に迫る

■中国のゲーム配信大手・テンセントの業績好調でゲーム株人気が再来

 DeNA(ディー・エヌ・エー)<2432>(東1)は8月28日の後場、14時にかけて2242円(62円高)前後で推移し、続伸しながら7月につけた年初来の高値2263円に迫っている。中国のゲーム配信大手・騰訊控股(テンセント)の業績が「純利益35%増、4〜6月期、審査再開で」(日経MJ:流通新聞2019年8月23日)と好調だったことを契機にゲーム株人気が再燃している。

 また、8月28日付で、遺伝子検査サービス「MYCODE ディスカバリー」のキャンペーンに関する発表を行ったことも材料視されている。1999年8月の創業から20周年を記念するもので、これを目にして20周年の記念株主還元などを期待する様子もある。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:14 | 材料でみる株価