[材料でみる株価]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/12)マクアケは本田圭祐氏や市川海老蔵氏も株主との見方があり後場ストップ高
記事一覧 (12/12)大塚家具「ヤマダ電機が子会社化」報道で後場ストップ高買い気配
記事一覧 (12/12)東京エレクトロンが高値に進み米半導体株指数の最高値を好感
記事一覧 (12/12)スターティアHDが2日連続大幅高、AR(拡張現実)注目される
記事一覧 (12/11)データセクションが上値を指向、四半期決算発表を境に基調転換
記事一覧 (12/11)ソレイジア・ファーマがストップ高、「SPー04」ライセンス導出など注目される
記事一覧 (12/11)第一三共は成人T細胞白血病・リンパ腫の臨床試験が注目されて高く始まる
記事一覧 (12/10)GSIクレオスが再騰、生分解性プラのレジ袋開発に注目再燃
記事一覧 (12/10)ラクーンHDが年初来の高値、アマゾンファッション展開などに注目続く
記事一覧 (12/10)ソニーが高値を更新、53%保有するSREホールディングス19日上場
記事一覧 (12/10)加賀電子が一段高、電子部品商社の子会社化と矢継ぎ早の事業戦略など好感
記事一覧 (12/10)セントラル硝子が急伸、AGCと国内建築用ガラス事業を統合
記事一覧 (12/09)サイバー・バズは「インフルエンサー最適化」が注目され出直り強める
記事一覧 (12/09)ケイアイスター不動産が高値に迫る、モデルハウス無人化によるコストダウンなど注目される
記事一覧 (12/09)石川製作所が一段と出直る、北朝鮮の「重大実験」を材料視
記事一覧 (12/06)クリナップが年初来の高値、業績好調でノーリツのシステムキッチン撤退も材料視
記事一覧 (12/06)政府の経済対策を受け建設株やコンサル株、地盤関連株などが軒並み高
記事一覧 (12/05)GSIクレオスが2日連続活況高、生分解性プラのレジ袋開発が注目される
記事一覧 (12/05)太平洋セメントが5日続伸基調で戻り高値、政府の経済対策など材料視
記事一覧 (12/05)イマジニアが連日高値、ニンテンドースイッチ向けソフト50万本突破など注目される
2019年12月12日

マクアケは本田圭祐氏や市川海老蔵氏も株主との見方があり後場ストップ高

■クラウドファンディング事業で今期大幅増益を見込む業績も材料視

 上場2日目のマクアケ<4479>(東マ)は12月12日の後場一段高となり、14時前にストップ高の3480円(500円高)で値が付いた後、そのままストップ高買い気配となっている。今期の予想純利益を3.30円(同271.5%増)と見込み、ほかの上場銘柄に同業種がまだ存在しない点などが注目されている。

 新開発品やアイディア商品にクラウドファンディング(不特定多数による小口の資金提供・投資)を付与して支援するプラットフォーム「Makuake」の運営などを行い、今期・2020年9月期の業績予想(会社側発表)を、売上高は21.87億円(前期比62.8%増)、営業利益は4.78億円(同283.0%増)、などと見込む。

 また、上位株主には「KSK ANGEL FUND LLC」(13.7%保有)があり、市場関係者によると、これは元サッカー選手・本田圭祐氏の個人ファンドとされる。また、堀越寶世氏(1.8%保有)もあり、これは歌舞伎・市川海老蔵氏の本名とされている。市場関係者の間には、「こうした人々には損をさせられないだろう」といった憶測があるようで、買い安心感が強いという。公開価格は公開価格1550円。初値は上場初日の2710円だった。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:53 | 材料でみる株価

大塚家具「ヤマダ電機が子会社化」報道で後場ストップ高買い気配

■「40億円超で第三者割当増資を引き受けへ」と週刊ダイヤモンド

 大塚家具<8186>(JQS)は12月12日の後場、いきなり買い気配で始まり、12時50分にかけてそのままストップ高の212円(50円高)となっている。「ヤマダ電機が大塚家具を子会社化、40億円超で第三者割当増資を引き受けへ」(週刊ダイヤモンドSCOOP、2019年12月12日12:20)と伝えられた。

 報道によると、「出資比率50%超を確保、子会社化する。取得金額は40億円超となる見込みだ。年内の払い込み完了を目指す」「発行済み株式数のほぼ倍を新規発行するため、既存株主は大規模な希薄化に直面することになる」という。

 これを受け、東証は大塚家具株の売買停止を12時29分から発動と伝えられている。また、ヤマダ電機<9831>(東1)は後場寄りから下押して562円(17円安)となっている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:56 | 材料でみる株価

東京エレクトロンが高値に進み米半導体株指数の最高値を好感

■アドバンテストも高くこの2銘柄で日経平均の上げ幅の8割を稼ぐ

 東京エレクトロン<8035>(東1)は12月12日、再び上値を追う展開となり、11時にかけて4%高に迫る2万3285円(860円高)まで上げて年初来の高値を更新している。米国で2021年の半導体製造装置の市場規模が過去最高を更新する見込みとされ、半導体関連株指数・SOX指数が約1ヵ月ぶりに最高値を更新。好感買いが入った。

 11時現在の日経平均は55円92銭高(2万3447円78銭)前後で推移。東京エレクトロンは日経平均を約30円引き上げている計算になるという。また、アドバンテスト<6857>(東1)も5600円(220円高)前後で推移し、日経平均を15円引き上げているという。この2銘柄で日経平均の上げ幅の8割を稼いでいる計算になる。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:09 | 材料でみる株価

スターティアHDが2日連続大幅高、AR(拡張現実)注目される

■米アップルのクックCEOが次代の注目プラットフォームと

 スターティアホールディングス(スターティアHD)<3393>(東1)は12月12日、一段高となり、取引開始後に15%高の805円(105円高)まで上げて年初来の高値を更新。昨11日の10%高に続いて大幅続伸となっている。

 AR(拡張現実)を応用したデジタルマーケティングソリューションなどを展開し、11日付の日本経済新聞・朝刊に、「米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)が注目する分野として、現実の光景にデジタル情報を重ねて示す拡張現実(AR)を挙げ、「次のコンピュータープラットフォームになる」と述べた」などと伝えたことが材料視された。800円台は2018年5月以来。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:36 | 材料でみる株価
2019年12月11日

データセクションが上値を指向、四半期決算発表を境に基調転換

■11日は「AI事業の海外展開加速」と伝えられ材料株妙味も

 データセクション<3905>(東マ)は12月11日、再び上値を指向し、11時を過ぎては650円(25円高)前後で推移。10月半ばに始まった出直り相場の中で高値に進んでいる。

 「AI事業の海外展開加速、小売店向けツール拡販」と同日付の日刊工業新聞が伝えた。第2四半期決算を11月14日に発表し、株価は翌15日から4日続伸となり、以後、数日続伸する局面が増加している。業績面での評価に加え、材料株としての妙味も加わってきたとの見方が出ている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:11 | 材料でみる株価

ソレイジア・ファーマがストップ高、「SPー04」ライセンス導出など注目される

■一時金10億円などのほか、第三者割当増資で17億円を調達

 ソレイジア・ファーマ<4597>(東マ)は12月11日、買い気配のまま9時30分前にストップ高の200円(50円高)に達した。10日の取引終了後、開発中の新薬候補「SPー04」に関する日本国内の独占的販売権をマルホ株式会社(大阪市北区)に導出するライセンス契約の締結と、第三者割当増資を発表。契約一時金10億円と概算17億円の資金調達になるため注目集中となった。

 「SPー04」の期待される効能・効果は、がん化学療法に伴う末梢神経障害、など。現在、第3相臨床試験を実施中。マルホは医療用医薬品等の研究・開発・製造・販売を行う製薬企業で、2018年9月期の連結売上高は853億円。ライセンス契約により、マルホは契約一時金10億円のほか、今後の開発および販売の進捗に応じたマイルストンを最大総額約180億円支払うという。

 また、ソレイジア・ファーマは、第三者割当により新株式1132万4000株を発行し、マルホはこれをすべて引き受ける。発行済株式総数(自己株式を含む)に対する比率は9.70%。希薄化率は10.74%(議決権ベースでの希薄化率も10.74%)。払込期日は2019年12月26日。これによる調達資金の額は16億8992万4000円(差引手取概算額)。新規開発品「SP−05」導入費用などに充てるとした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:36 | 材料でみる株価

第一三共は成人T細胞白血病・リンパ腫の臨床試験が注目されて高く始まる

■国内第2相臨床試験で最初の患者への投与を開始と発表

 第一三共<4568>(東1)は12月11日、続伸基調で始まり、取引開始後に7234円(57円高)まで上げて戻り高値に迫っている。10日付で、「再発または難治性の成人T細胞白血病・リンパ腫患者を対象としたバレメトスタットの国内第2相臨床試験において、最初の患者への投与を開始した」と発表し、注目されている。

 発表によると、成人T細胞白血病・リンパ腫に対する有効な治療法は十分ではなく、当社は、患者さんに新しい治療の選択肢を提供できることを期待しているとした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:26 | 材料でみる株価
2019年12月10日

GSIクレオスが再騰、生分解性プラのレジ袋開発に注目再燃

■凸版印刷と共同開発、2025年度に20億円の売り上げ目指す

 GSIクレオス<8101>(東1)は12月10日の後場、一段高となり、13時過ぎに9%高の1385円(111円高)まで上げ、4日ぶりに年初来の高値を更新した。

 「凸版印刷とGSIクレオス、生分解性プラスチックのレジ袋などを共同開発」と12月4日午前11時頃に発表。この日は発表直後から急伸し、一時18%高の1318円まで上げた。引き続き注目が衰えない相場になっている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:16 | 材料でみる株価

ラクーンHDが年初来の高値、アマゾンファッション展開などに注目続く

■第2四半期決算も好調で騰勢を強める

 ラクーンホールディングス(ラクーンHD)<3031>(東1)は12月10日の後場、取引開始後に6%高の875円(48円高)まで上げ、2日ぶりに年初来の高値を更新している。

 12月3日付で、ラクーンコマースが運営する卸・仕入れサイト「スーパーデリバリー」が「Amazon Fashion(アマゾンファッション)」への卸販売を本格始動すると発表。翌4日の10%高を皮切りに騰勢を強めてきた。

 サラニ、5日の取引終了後に第2四半期の連結業績(2019年5〜10月、累計)を発表。営業利益が4.36億円(前年同期比40.8%増加)となるなど快調で、株価はさらに上値を追うことになった。アマゾンファッションでの展開は、同社のECサイトを飛躍的に拡大させる可能性を秘めるとの見方があり、期待は強いようだ。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:05 | 材料でみる株価

ソニーが高値を更新、53%保有するSREホールディングス19日上場

■旧・ソニー不動産、公開価格決定は12月11日

 ソニー<6758>(東1)は12月10日、7268円(124円高)高で始まり、2010年以降の高値を3日ぶりに更新している。次世代スマホ用イメージセンサー、次世代通信規格、北米での家庭用ゲーム機の動向など、期待材料に事欠かない相場の中で、このところは、同社が筆頭株主で約53%保有するSREホールディングス(銘柄コード番号2980、東証マザーズ)の12月19日新規上場を買い材料視する動きがあるようだ。

 12月19日に上場するSREホールディングスは不動産事業、ITプラットフォーム事業、AIソリューション事業などを行い、2019年6月1日、ソニー不動産株式会社が現社名に照合変更した。公開価格決定は12月11日。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:22 | 材料でみる株価

加賀電子が一段高、電子部品商社の子会社化と矢継ぎ早の事業戦略など好感

■株式会社エクセルの株式取得と負ののれん益82億円など発表

 加賀電子<8154>(東1)は12月10日、一段高で始まり、取引開始後に7%高の2714円(179円高)まで上げて年初来の高値を更新した。9日の夕方、集積回路や半導体素子、その他の電子部品の輸出入などを行う株式会社エクセル<7591>(東1)の株式取得と特別利益(負ののれん発生益)約82億円の計上などを発表し、注目集中となった。

>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:41 | 材料でみる株価

セントラル硝子が急伸、AGCと国内建築用ガラス事業を統合

■2020年12月末を目標に事業統合の完了を目指すと発表

 セントラル硝子<4044>(東1)は12月10日、飛び出すように上値を追って始まり、取引開始後に7%高の2887円(179円高)まで上げて年初来の高値を更新した。9日の夕方、ガラス総合大手のAGC<5201>(東1)との間で、国内建築用ガラス事業に関する事業統合についての基本合意書を締結したと発表。注目されている。

 今後は、2020年12月末を目標に事業統合の完了を目指し、詳細な検討、協議を進める。より一層の経営及び資本の効率化と収益性の向上、企業基盤の充実を図るとした。AGCは3965円(20円安)前後となっている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:18 | 材料でみる株価
2019年12月09日

サイバー・バズは「インフルエンサー最適化」が注目され出直り強める

■前9月期は売上高20%増加し営業利益は86%増加

 サイバー・バズ<7069>(東マ)は12月9日、続伸基調となり、11時を過ぎては6%高の5090円(275円高)前後で推移、11月につけた上場来の高値5340円に向けて再び上値を慕う展開になっている。

 2019年9月に上場し、インフルエンサー(ネットを通じて様々な情報・意見を発信する人々の総称)を主軸としたソーシャルメディアマーケティング事業を展開。12月3日付で、「インフルエンサーマーケティング最適化システム『IMO』サービスを正式リリース」と発表しており、これが材料視されているようだ。19年9月期の連結業績は売上高が前期比20%増加し、営業利益は同86%増加するなどで連続最高を更新した。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:16 | 材料でみる株価

ケイアイスター不動産が高値に迫る、モデルハウス無人化によるコストダウンなど注目される

■節約したお金で部材・設備などグレードアップしたIoT住宅

 ケイアイスター不動産<3465>(東1)は12月9日、再び上値を指向する展開になり、10時にかけては2064円(50円高)前後で推移し、11月につけた年初来の高値2146円に迫っている。

 一次取得者向けのデザイン住宅などを手掛け、直近は、無人で内覧できるモデルハウスなどにより営業費用などの諸コスト節約を実現し、その分で基本仕様(部材・設備)のグレードアップなどを行ったIoT住宅の開始を12月3日付で発表。まずは高崎展示場(群馬県高崎市)に無人化モデルハウスを開設し、コスト削減効果を生かしたIoT住宅を限定販売するとした。

 業績は好調で、土地の仕入れ(資金が出ていく)から住宅販売(資金が還流)までの日数(回転日数)をはじめとするデータ経営により、業績は連続最高益を更新する見通しだ。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:26 | 材料でみる株価

石川製作所が一段と出直る、北朝鮮の「重大実験」を材料視

■「ICBMエンジン燃焼か」と伝えられ短期資金が集まった様子

 石川製作所<6208>(東1)は12月9日、一段と出直って始まり、取引開始後に7%高の1570円(102円高)まで上げて戻り高値に進んだ。防衛関連株の代表格で、「北朝鮮、ミサイル発射場で『重大実験』、ICBMエンジン燃焼か―米国、非核化促す」(時事ドットコムニュース2019年12月09日06時29分)と伝えられ、短期投資の資金が集まったとみられている。

 1500円台は9月5日以来。週足では、まだ動き出したばかりの相場とみることができるようで、「師走相場」の材料株として絶好のようだ。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:23 | 材料でみる株価
2019年12月06日

クリナップが年初来の高値、業績好調でノーリツのシステムキッチン撤退も材料視

■システムキッチン業界の再編を念頭に思惑を巡らせる動きも

 クリナップ<7955>(東1)は12月6日の後場、一段と強含み、13時過ぎに736円(17円高)まで上げて年初来の高値に進んだ。10月下旬に業績予想の増額修正を発表し、業績の回復が目立つ銘柄のひとつ。また、「師走相場」では、この1年間、大きな相場のなかった銘柄が値動きを活発化させるとの経験則があるようで、注目が強まる様子だ。

 加えて直近は、「ノーリツ風呂釜」のノーリツ<5943>(東1)が「住設システム分野から撤退し、システムキッチン、システムバス、洗面化粧台の開発・生産・販売を2020年6月末に終了」(11月27日発表)などと発表。このため、システムキッチン業界の再編に関する思惑が広がっている。業界大手としてクリナップに思惑買いが入りやすくなってきたとの見方が出ている。なお、ノーリツも事業の選択と集中などが注目されて7%近く上げている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:30 | 材料でみる株価

政府の経済対策を受け建設株やコンサル株、地盤関連株などが軒並み高

■大林組や応用地質は年初来の高値に進む

 不動テトラ<1813>(東1)は12月6日、一段高となり、10時を回っては6%高の1720円(99円高)前後で推移し、2月8日以来の1700円台に進んだ。海上土木や地盤改良に強みがあり、政府が5日閣議決定した経済対策が材料視されている。

 政府の経済対策は、「国や地方からの財政支出が13.2兆円」「成長分野への投資、自然災害対策を含むインフラ整備、景気の下振れリスクへの備えが3本の柱」(日本経済新聞12月6日付朝刊)と伝えられた。

 これを受け、大林組<1802>(東1)応用地質<9755>(東1)が年初来の高値に進んでいるほか、建設技術研究所<9621>(東1)オリジナル設計<4642>(東2)などの建設コンサル株、地盤ネットHD<6072>(東マ)などの関連株も軒並み強調展開となっている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:32 | 材料でみる株価
2019年12月05日

GSIクレオスが2日連続活況高、生分解性プラのレジ袋開発が注目される

■凸版印刷と共同開発、2025年度に20億円の売り上げ目指す

 GSIクレオス<8101>(東1)は12月5日の後場、再び上値を追い、13時を過ぎて8%高の1309円(102円高)まで上げている。4日午前11時頃、「凸版印刷とGSIクレオス、生分解性プラスチックのレジ袋などを共同開発」と発表。この日は発表直後から急伸し、一時18%高の1318円まで上げた。引き続き注目が衰えない相場になっている。

 地中に埋めると微生物によって水と二酸化炭素に分解され、廃棄物発生を抑制する効果が期待されている生分解性プラスチックを用いたレジ袋を開発した。2025年度に関連受注を含め20億円の売り上げを目指すとした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:19 | 材料でみる株価

太平洋セメントが5日続伸基調で戻り高値、政府の経済対策など材料視

■防災関連投資など26兆円規模で日午後に決定・発表と伝わる

 太平洋セメント<5233>(東1)は12月5日、5日続伸基調となり、10時30分過ぎに5%高の3485円(175円高)まで上げて戻り高値を更新した。3400円台は今年5月27日以来になる。SMBC日興証券が目標株価を3300円から4400円に引き上げたと4日伝えられたほか、政府の経済対策による防災関連投資拡大などが期待材料になっている。

 「経済対策10兆円超に、政府調整、事業規模は20兆円超」(日本経済新聞2019年11月30日付朝刊)と伝えられてから値動きが活発化している。その後、事業規模は26兆円規模に拡大し、5日午後に決定・発表される見込みとされている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:03 | 材料でみる株価

イマジニアが連日高値、ニンテンドースイッチ向けソフト50万本突破など注目される

■「Fit Boxing」(国内版)および「Fitness Boxing」(海外版)高人気

 イマジニア<4644>(JQS)は12月5日、1190円(57円高)まで上げて年初来の高値を2日連続更新し、10時30分を過ぎても1150円台で売買活況となっている。4日付で、任天堂<7974>(東1)の新ゲーム機Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)向けゲームソフト「Fit Boxing」(国内版)及び「Fitness Boxing」(海外版:発売元は任天堂)の全世界の累計出荷販売本数が50万本を突破したと発表。改めて注目されている。

 発表リリースによると、全世界累計出荷販売本数は、各販売地域のパッケージ版累計出荷本数並びにダウンロード版の累計配信本数を合算した本数。また、4日には、中国でも10日からNintendo Switchが発売されたと伝えられた。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:41 | 材料でみる株価