[プレスリリース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (08/28)シナネンHD、日本初登場!折りたたみ電動アシスト自転車「Gmigo One」を「ダイシャリン」で発売開始
記事一覧 (08/28)日本郵船は液化二酸化炭素(CO2)の海上輸送に参入、ENEOS・Jパワー・JXと共同で調査
記事一覧 (08/28)ピアズ子会社、接客時のAI声調分析サービスを新たに開発、接客ビッグデータを活用
記事一覧 (08/28)キムラユニティーは次世代モビリティーのEVレンタカーサービスを開始、脱炭素への取組みを加速
記事一覧 (08/28)タカミヤとAGRISTが開発した自動化農業システムのモデルハウスが鹿児島に、AIとロボットがピーマンを収穫
記事一覧 (08/25)ヤマハ発動機、世界初の植物由来次世代素材で水上オートバイとスポーツボートを量産化
記事一覧 (08/25)NECは大規模言語モデル(LLM)と画像分析により被災状況を把握する技術を開発、現場画像を絞り込み地図上に表示
記事一覧 (08/25)ケンコーマヨネーズ、オンラインで馬鈴薯(じゃがいも)に関する勉強会「ケンコー馬鈴薯フォーラム2023」を開催
記事一覧 (08/25)ファンデリー、キング醸造「日の出 甘みとコクの糖質ゼロ」を使用したコラボ商品を『ミールタイム』で発売
記事一覧 (08/25)出光興産とクラダシが協業、出光公式アプリ「Drive On」社会貢献型ショッピングサイト「Kuradashi×Drive On」を開設
記事一覧 (08/25)フライトHDの子会社が自社クレジット決済センターの拡張による決済サービスを拡大、「Tapion」向けセンターから全製品へ、DCC・銀聯カード対応を開始
記事一覧 (08/24)シナネンHD、関東大震災より100年の節目に「防災意識に関する実態調査」の結果を発表
記事一覧 (08/24)マーケットエンタープライズ、大阪府岬町が「おいくら」で不要品リユース事業をスタート、廃棄物削減を目指しリユース施策を初導入
記事一覧 (08/24)インフォマートの「BtoBプラットフォーム 請求書」が、富士通Japanの新サービス「Fujitsu Peppol Connect Service」と連携しPeppolに対応
記事一覧 (08/24)ケンコーマヨネーズはX(旧Twitter)でキャンペーン実施中!8月24日は何の日!?ロングセラーのドレッシング『神戸壱番館』シリーズ全種類セットで当たる
記事一覧 (08/24)うるるが運営する電話代行サービス「fondesk」を日本テレビグループIT戦略子会社の日テレWandsが導入
記事一覧 (08/24)オプティム、Web画面共有サービス「Optimal Remote Web」をSBI証券に提供開始
記事一覧 (08/24)ファンデリー、栄養士が推奨する『ミールタイム』の健康おせち、厳選国産食材を使用し栄養成分を調整した2タイプを発売
記事一覧 (08/24)ENECHANGE、EV向けワイヤレス充電の実証実験開始の意向を表明、電動モビリティの未来を切り開く
記事一覧 (08/24)TOKAIホールディングス、人工知能(AI)を活用した河川の水位監視プラットフォームの提供を開始
2023年08月28日

シナネンHD、日本初登場!折りたたみ電動アシスト自転車「Gmigo One」を「ダイシャリン」で発売開始

■8月より一部店舗で先行発売

 シナネンホールディングス(シナネンHD)<8132>(東証プライム)は25日、子会社で、自転車の製造・卸売及び自転車専門店「ダイシャリン」を展開するシナネンサイクルが、Tianjin Jidian Road Technology Co.,Ltdの日本初登場となる折りたたみ電動アシスト自転車「Gmigo One (ギミゴ ワン)」を、8月より関東・東北で展開する「ダイシャリン」の一部店舗で発売すると発表した。取り扱い店舗は今後随時拡大を予定。

IMG_5169.png

 Tianjin Jidian Road Technology Co.,Ltdは、e−Bikeを主体に、自転車に乗る人々に楽しさとエコな移動方法を提案し、短距離の移動をレジャーやエンターテインメント、スポーツやフィットネスと結び付け、「楽しさとファッションのある旅」を提供する自転車メーカーである。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:24 | プレスリリース

日本郵船は液化二酸化炭素(CO2)の海上輸送に参入、ENEOS・Jパワー・JXと共同で調査

■液化CO2海上輸送の経済性や技術を検討

 日本郵船<9101>(東証プライム)は8月25日、ENEOSホールディングス<5020>(東証プライム)のENEOS・J−POWER(Jパワー・電源開発)<9513>(東証プライム)・JX石油開発(JX)の3社(コンソーシアム)から、令和5年度「先進的CCS事業の実施に係る調査」の一部にあたる、液化二酸化炭素(CO2)の海上輸送に関する調査を受託したと発表。

yuusen1.jpg

 CCSは温暖化の原因となるCO2を回収して地下に貯留する技術である。同社はコンソーシアムの下、西日本地域でENEOSの製油所とJパワーの火力発電所から排出されるCO2を地下へ圧入する地点まで船舶で輸送する経済性や技術の実現性などの検討を行う。

 コンソーシアムの調査は今年6月、独立行政法人エネルギー・金属鉱物資源機構(JOGMEC)から令和5年度「先進的CCS事業の実施に係る調査」の候補案件に選定されており、8月24日に正式に採択された。エネルギーの安定供給を果たしつつ、わが国の温室効果ガス排出削減目標の達成への貢献を目指し、CO2の分離・回収から輸送、貯留までの大規模なバリューチェーンを2030年度までに実装開始することを目指している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:49 | プレスリリース

ピアズ子会社、接客時のAI声調分析サービスを新たに開発、接客ビッグデータを活用

■成績上位と下位のオペレーターの声調差異をAIが分析し評価することが可能に

 ピアズ<7066>(東証グロース)の子会社である、Qualiagramは、営業・接客を中心としたコミュニケーション能力の向上に必要な表現力を高めるトレーニングを効率的に行うことができるサービス「mimik(ミミック)」など、AIを活用した接客力向上プロダクトやサービス開発に取り組んでいる。

pi1.jpg

 Qualiagramは、こうしたAI×接客領域に関する知見と同社グループの接客ビッグデータを活用し、「声調」(声色・口調・語気など)をAIにより分析評価するサービスを新たに開発・提供することとなったと発表。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:58 | プレスリリース

キムラユニティーは次世代モビリティーのEVレンタカーサービスを開始、脱炭素への取組みを加速

■電気代込みレンタカーサービス

 キムラユニティー<9368>(東証スタンダード)は25日、脱炭素への取組みおよび地域貢献を目的として、オートプラザラビット稲沢本店にて電気自動車(EV)を中心とした次世代モビリティーのレンタカーサービスを2023年8月から開始したと発表。

kimu1.jpg

 これまで同社では環境配慮の取組みとして、各種エコカーの販売を推進してきたが、脱炭素へ向けた更なる取組みおよび地域住民への貢献の一環として、EVを中心とした次世代モビリティーのレンタカーサービスを開始することとした。

 レンタカーを提供する車種は、「トヨタ C⁺pod」「日産 SAKURA」の2車種のラインナップである。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:47 | プレスリリース

タカミヤとAGRISTが開発した自動化農業システムのモデルハウスが鹿児島に、AIとロボットがピーマンを収穫

■自動化農業システム『Sustagram Farm』が鹿児島県で竣工

 足場をはじめとする仮設機材の総合プラットフォーマーとして、建設業界を支えるソリューションを提供するタカミヤ<2445>(東証プライム)は25日、AGRISTとの共同事業である自動化農業システムパッケージ『Sustagram Farm』の農業用モデルハウスが鹿児島県東串良町に竣工したと発表。タカミヤのハウス「G−Castle Neo48」に、AGRISTのピーマン自動収穫ロボット「L」が実装された。

taka1.jpg

■ピーマン自動収穫ロボット仕様にした農業用ハウス

 タカミヤの農業用ハウスは、高軒高でありながらアーチピッチを極限まで広げ、高い採光性を確保している。今回、AGRISTのピーマン自動収穫ロボット「L」に適応するために、ハウス内上部にワイヤー式のレールを作成し、ロボット「L」の導入を可能した。日々の管理作業を遮らないよう、ハウス内の高位置にロボットが旋回するレールを作成した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:32 | プレスリリース
2023年08月25日

ヤマハ発動機、世界初の植物由来次世代素材で水上オートバイとスポーツボートを量産化

■CNF強化樹脂部品は日本製紙との協業によって開発

 ヤマハ発動機<7272>(東証プライム)は25日、CO2削減、環境負荷低減に対する取り組みとして、植物由来のセルロースナノファイバー(CNF)強化樹脂を、水上オートバイ「ウェーブランナー」とウォータージェット推進機を搭載する「スポーツボート」の2024年モデルへ採用し、北米にて販売を開始した。同素材の輸送機器部品の量産化は、世界初(同社および日本製紙株式会社調べ)の事例となる。

yama1.jpg

 量産化したCNF強化樹脂部品は、エンジン部品の一部である”エンジンカバー”に採用した(一部で本部品を採用していないモデルがある)。同製品は日本製紙<3863>(東証プライム)との協業によって開発を進めてきた。将来的にはマリン製品のみならず、種々のセルロースファイバーの活用を視野に入れ、二輪車などを含めた同社の幅広い製品群への展開を検討している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:17 | プレスリリース

NECは大規模言語モデル(LLM)と画像分析により被災状況を把握する技術を開発、現場画像を絞り込み地図上に表示

■時々刻々と集まる現場画像からどこで何が起きているかを整理し、被災状況に応じた迅速な対処を可能に

 NEC(日本電気)<6701>(東証プライム)は25日、大規模言語モデル(Large Language Model:LLM)と画像分析により被災状況を把握する技術を開発したと発表。

nec1.jpg

 同技術により、災害発生時に集まる膨大な被災現場の画像から、即時かつ的確に被災状況・場所を把握することが可能となる。NECは今後、災害対応を担う関係省庁や自治体などに同技術を提供し、災害発生時の避難誘導や救助活動など初動の迅速化に貢献していく。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:55 | プレスリリース

ケンコーマヨネーズ、オンラインで馬鈴薯(じゃがいも)に関する勉強会「ケンコー馬鈴薯フォーラム2023」を開催

■「ケンコー馬鈴薯フォーラム」、社内勉強会等を実施

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東証プライム)は、8月4日(金)に同社東京本社とオンラインで馬鈴薯(じゃがいも)に関する勉強会「ケンコー馬鈴薯フォーラム2023」を開催した。

ken1.jpg

 8月4日は「馬(8)鈴(0)しょ(4)」と読む語呂合わせから、ホクレン農業協同組合連合会が『北海道ばれいしょの日』として制定している。同社ではポテトサラダなど馬鈴薯を使った製品を多く開発、販売しており、安定した生産、品質を確保することが持続的な成長に重要という認識のもと、2015年から毎年、「ケンコー馬鈴薯フォーラム」と題して同日に社内勉強会等を実施している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:52 | プレスリリース

ファンデリー、キング醸造「日の出 甘みとコクの糖質ゼロ」を使用したコラボ商品を『ミールタイム』で発売

 ファンデリー<3137>(東証グロース)は、キング醸造の「日の出 甘みとコクの糖質ゼロ」を使用した商品を9月1日(金)から『ミールタイム』にて発売する。

fan1.jpg

 『ミールタイム』にて、キング醸造とのコラボ商品「甘辛牛肉とキャベツの柚子胡椒炒め」を発売。同商品は、主菜の「甘辛牛肉」に「日の出 甘みとコクの糖質ゼロ」を使用した。しっとりと柔らかい牛肉に自然な甘みとコクをプラスした一品。牛肉の煮もの※1と比べ、糖質を約41%カットしている。

 令和元年の国民健康・栄養調査では男性の19.7%、女性の10.8%が「糖尿病が強く疑われる」と判定※2され、2009年以降でもっとも高い数値を示している。同社は同商品を通して、糖尿病の一次予防、二次予防を推進していく。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:19 | プレスリリース

出光興産とクラダシが協業、出光公式アプリ「Drive On」社会貢献型ショッピングサイト「Kuradashi×Drive On」を開設

■「スマートよろずや構想」実現へ向けて、まちや人の暮らしをサポート

 出光興産<5019>(東証プライム)クラダシ<5884>(東証グロース)は24日、出光公式アプリ「Drive On」会員を対象とした社会貢献型ショッピングサイト「Kuradashi×Drive On」を2023年8月24日に開設したと発表。同サイトでは、まだ食べられるのに廃棄されてしまう可能性のある商品などを販売することで、フードロスを中心としたさまざまな社会課題の解決への貢献の機会を提供する。

ide1.jpg

 同サイトは、賞味期限が近づいている商品や、パッケージの印字ミスなどで処分対象となってしまう可能性のある商品を、お得な価格で顧客へ販売するショッピングサイト。売り上げの一部は、環境保護や災害支援などSDGs17の目標に当てはまる社会貢献団体へ寄付される。また、クラダシ基金を活用した支援先は、顧客が応援したい団体を選ぶことが可能。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:11 | プレスリリース

フライトHDの子会社が自社クレジット決済センターの拡張による決済サービスを拡大、「Tapion」向けセンターから全製品へ、DCC・銀聯カード対応を開始

 フライトホールディングス<3753>(東証スタンダード)の子会社フライトシステムコンサルティングは、2022年9月に発表した市販のAndroid携帯を使ってカードのタッチ決済(※1)を実現する「Tapion(タピオン)」向けのフライト自社クレジット決済センター(フライト決済センター)をフライトシステムで展開する他の電子決済ソリューション全般へ適用すると共に、NTTデータの協力を得て、同社の拡張性の高い決済伝送サービス「CAFIS GlobalGEAR」(※2)に接続して新たな機能としてDCC決済(自国通貨支払いサービス/Dynmic Currency Conversion)、並びに銀聯カードに対応することを発表した。

f1.jpg

 銀聯カードについては、接触ICだけでなくタッチ決済にも対応する。第一弾として「ペイメント・マイスター」とモバイル型決済装置「Incredist Premium II(インクレディスト・プレミアム・ツー)」の対応、その後その他ソリューションについても順次対応していく予定である。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:40 | プレスリリース
2023年08月24日

シナネンHD、関東大震災より100年の節目に「防災意識に関する実態調査」の結果を発表

■日常に防災を意識した行動を取り入れている人は半数以下と判明

 シナネンホールディングス<8132>(東証プライム)は、関東大震災より100年の節目となる今年の防災の日を前に、「防災意識に関する実態調査」を実施し、調査結果を発表した。全国の20代〜60代の男女約1,000人を対象に聞いた。

sina1.jpg

【トピックス】
・日常に防災を意識した行動を取り入れている人(n=1,028)は半数以下(44.9%)。年代別では、20代(53.8%)、30代(50.5%)の防災意識が高いことが判明。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:22 | プレスリリース

マーケットエンタープライズ、大阪府岬町が「おいくら」で不要品リユース事業をスタート、廃棄物削減を目指しリユース施策を初導入

 大阪府岬町(町長:田代 堯)とマーケットエンタープライズ<3135>(東証プライム)は、2023年8月24日(木)から、地域社会における課題解決を目的としたリユース事業に関する協定を締結し、連携をスタートする。マーケットエンタープライズが運営するリユースプラットフォーム「おいくら」を用いて、不要品を捨てずに再利用する仕組みを構築し、岬町の廃棄物削減と循環型社会の形成を目指していく。

ma1.jpg

■背景・経緯

 岬町では、SDGsの取組強化と廃棄物削減を目的に、リユース施策の導入を検討していたが、これまで具体的な施策導入には至っておらず、リユースの効果的な方策を模索していた。他方、マーケットエンタープライズは、リユース事業を中心に事業展開しており、「持続可能な社会を実現する最適化商社」をビジョンに掲げ、「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」への参画や、「楽器寄附ふるさと納税」実行委員会の一員として活動を続けるなど、官民の垣根を超えたSDGsへの取組に注力してきた。そうした中で岬町が働きかけ、「リユース活動促進による循環型社会の形成を目指したい」という互いのニーズが合致したため、「おいくら」を用いた今回の取組が実現した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:20 | プレスリリース

インフォマートの「BtoBプラットフォーム 請求書」が、富士通Japanの新サービス「Fujitsu Peppol Connect Service」と連携しPeppolに対応

■2024年夏頃、Peppolネットワークでのデジタルインボイス送受信が可能に

 デジタルの力であらゆる業務を効率化するインフォマート<2492>(東証プライム)は24日、同社が提供する「BtoBプラットフォーム 請求書」が、富士通Japanが提供する、Peppolネットワークを経由してデジタルインボイスのやり取りを実現する新サービス「Fujitsu Peppol Connect Service」との連携を、2024年夏頃から開始すると発表。

in1.jpg

 これにより、「BtoBプラットフォーム 請求書」のユーザーは、Peppolネットワークでのデジタルインボイスの送受信が可能になる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:40 | プレスリリース

ケンコーマヨネーズはX(旧Twitter)でキャンペーン実施中!8月24日は何の日!?ロングセラーのドレッシング『神戸壱番館』シリーズ全種類セットで当たる

■8月24日は #ドレッシングの日

◆ケンコーマヨネーズ公式X(旧Twitter)@kenko_mayo:https://twitter.com/kenko_mayo

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東証プライム)は、ドレッシングの幅広い活用方法をアピールしていくため、8月24日を「ドレッシングの日」と制定し、今年で8年目を迎える。

ken1.jpg

 そんな「ドレッシングの日」にあわせて、当社の公式X(旧Twitter)アカウントにて、「8月24日は何の日!?ロングセラーのドレッシングがセットで当たる!キャンペーン」と題したフォロー&リポスト(リツイート)企画を実施する。発売以来、長年愛されている『神戸壱番館R』シリーズ全6種類をセットにして、抽選で50名様にプレゼント。たまねぎや金ごまなどのベーシックなものから、ナッツのたっぷり入ったものまでバラエティ豊かなドレッシングは、サラダのほかにも幅広い料理に使用できる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:24 | プレスリリース

うるるが運営する電話代行サービス「fondesk」を日本テレビグループIT戦略子会社の日テレWandsが導入

■オフィス業務最適化の一翼に、生産性と集中力の向上を実現

 労働力不足問題解決のリーディングカンパニーとして、複数のSaaSを展開する、うるる<3979>(東証グロース)が運営する電話代行サービス「fondesk」は、日本テレビホールディングス<9404>(東証プライム)グループのIT戦略子会である日テレWandsが電話代行サービス「fondesk」を導入したと発表。

uru1.jpg

■「fondesk」導入の背景

 日テレWandsは、「インターネットとテレビの新しい未来をかなえる」をコンセプトに、日本テレビグループのシステム開発企業として、ITインフラ構築をはじめ、業務アプリケーション開発、WEBメディアやコンテンツ配信等のデジタルサービスを展開している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:43 | プレスリリース

オプティム、Web画面共有サービス「Optimal Remote Web」をSBI証券に提供開始

 AI・IoT・ビッグデータプラットフォームのマーケットリーダーであるオプティム<3694>(東証プライム)は23日、SBI証券に、Web画面共有サービス「Optimal Remote Web」を提供すると発表。

op1.jpg

 SBI証券はこれまで、リモートサポートサービス「Optimal Remote」を導入しており、トレーディングツールのサポートなどにご利用している。今回新たに「Optimal Remote Web」をWebサイトのサポートツールとして導入した。同サービスはサポートを受けるエンドユーザーが端末にソフトウェアをインストールすることなくより簡単にオペレーターによるサポートを受けることができるサービスである。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:34 | プレスリリース

ファンデリー、栄養士が推奨する『ミールタイム』の健康おせち、厳選国産食材を使用し栄養成分を調整した2タイプを発売

■糖尿病や腎臓病の方にも嬉しい2タイプ

 ファンデリー<3137>(東証グロース)は、国産食材を使用し、栄養価を調整した「私のおせち(ヘルシータイプ)」と「私のおせち(低たんぱくタイプ)」を9月1日(金)から『ミールタイム』にて発売する。

fan1.jpg

 海老や数の子などの厳選した36品目の国産食材(調味料、香辛料類は除く)を盛り込んだミールタイム「私のおせち」を発売。

 私のおせち(ヘルシータイプ)は、糖尿病や脂質異常症の方向けにエネルギーと塩分を控えつつ、近江牛のしぐれ煮や、鯛の塩蒸しなどを盛り込んだ。私のおせち(低たんぱくタイプ)は、腎臓病の方向けにたんぱく質と塩分を控えつつ、備前黒牛のしぐれ煮や数の子などを盛り込んだ。全国の医療機関で活躍する管理栄養士11名の先生から「食べきりサイズで、食事制限されている方が安心して食べられる」「見た目も豪華で味もおいしい」など好評の声が多数寄せられた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:30 | プレスリリース

ENECHANGE、EV向けワイヤレス充電の実証実験開始の意向を表明、電動モビリティの未来を切り開く

■EV向けワイヤレス充電の世界的な先駆者であるWiTricityと提携

 ENECHANGE(エネチェンジ)<4169>(東証グロース)は23日、WiTricityとの協業により、日本国内における電気自動車(EV)向けワイヤレス充電ソリューションの導入を検討すると発表。エネチェンジは、この実証実験を通じて、電動モビリティの未来を再定義し、急速に進化している業界に変革をもたらしていくとしている。

ene1.jpg

■革新的なワイヤレス充電技術を日本に導入

 現在、日本ではEVの普及が進んでおり、同時に全国的にEV充電インフラの整備も進められている。モビリティの急速な電動化に備え、特に自動運転が普及していく近い将来では、ワイヤレス充電技術がいずれ必要不可欠なものになっていくと考えられる。WiTricityのワイヤレス充電技術は、優れたEVユーザー体験を提供するだけでなく、充電プロセスを完全に自動化し、コードやプラグをなくすことで、メンテナンス費用を下げ、安全性の向上とスペースの最適化を進める。エネチェンジは、日本全国でEV充電器を展開・導入してきた実績(累計受注台数6482台 ※1)を活かして、WiTricityの技術の普及のサポートを行っていく。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:29 | プレスリリース

TOKAIホールディングス、人工知能(AI)を活用した河川の水位監視プラットフォームの提供を開始

■AIで水位予測

 TOKAIホールディングス<3167>(東証プライム)の子会社でCATV事業を担うTOKAIケーブルネットワークは23日、人工知能(AI)を活用した河川の水位監視プラットフォームを構築し、販売を開始したと発表。

t1.jpg

 昨今、豪雨に伴う洪水などの自然災害により深刻な被害が増加していることから、TOKAIケーブルネットワークはこれまで河川氾濫の早期告知・勧告に向けた取り組みを進めてきた。

 同プラットフォームは、AI技術を活用し洪水や氾濫などの自然災害が発生した際のデータを学習し、解析することで、水位予測を行うものである。今後、地方自治体等と協力しながら同プラットフォーム導入を進め、地域社会の安全を確保し、持続可能な社会の実現を目指していく。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:14 | プレスリリース