[プレスリリース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/03)ラピュタロボティクスは日本ロジテムのEC向け倉庫に「ラピュタPA−AMR」を導入
記事一覧 (03/03)ホンダは「Hondaアバターロボット」「UNI−ONE(ユニワン)」を「2022国際ロボット展」に出展
記事一覧 (03/03)ウクライナ避難民を「ドン・キホーテ」などのパン・パシフィック・インターHDが100世帯受け入れ
記事一覧 (03/02)綿半HD、綿半オリジナル商品「初めてでも育てやすい培養土」が累計販売数5万個を突破
記事一覧 (03/02)ディ・アイ・システムの子会社アスリーブレインズがホームページをリニューアル
記事一覧 (03/02)アイフリークモバイルは知育アプリ満載のタブレットでテストマーケティングを開始
記事一覧 (03/02)ネオジャパンのdesknet‘s NEOなどによるワクチン接種記録等の効率化・工数削減事業が採用候補に
記事一覧 (03/02)アイリッジ、「FANSHIP」と「.pay(ドットペイ)」が大規模商業施設の「カメクロアプリ」に採用
記事一覧 (03/01)JPホールディングス、子育て支援と資源の有効活用・環境保全(SDGs)の両立を目的とした子育て支援プラットフォーム「コドメル」のユーザー登録と寄付品の受付開始
記事一覧 (03/01)インフォマート、「東京ガスのおしごとサポート」に「BtoBプラットフォーム 商談」が追加
記事一覧 (03/01)自治体で全国初!アスカネットは「完全非接触型 空中リモート接客システム」を広島県庁に導入
記事一覧 (03/01)シナネンHDのグループ会社が「ダイチャリ」累計利用回数1,000万回突破などを記念しキャンペーンを実施
記事一覧 (03/01)アールシーコア、ログハウスで移住、暮らしを楽しむBESSユーザーのお宅拝見「クラシガエ・オンライン」を開催
記事一覧 (03/01)パナソニック、東京ドームで顔認証技術を活用した入場・決済サービスの運用を開始
記事一覧 (03/01)富士ソフトはサイバー攻撃からIoT機器を守る脆弱性対策ファジングテストツールを強化し「Raven for Fuzzing」として新たに提供を開始
記事一覧 (02/28)綿半HD、漁港直送!超鮮度の魚が手に入る『綿半魚類 一宮漁港』3月3日オープン
記事一覧 (02/28)丸紅と京セラは画像認識型「スマート無人レジシステム」の実用化に向けた実証実験開始へ
記事一覧 (02/28)いすゞ、日野、トヨタ、次世代FCEV路線バスの企画・開発に向けた検討を開始
記事一覧 (02/28)パイプドビッツはGS1‒128対応のSPDシステム「JoyPla(ジョイプラ)」に「グループ施設管理機能」を搭載
記事一覧 (02/28)And Doホールディングスのフィナンシャルドゥ、金融機関向けリバースモーゲージ保証件数が累計700件を突破
2022年03月03日

ラピュタロボティクスは日本ロジテムのEC向け倉庫に「ラピュタPA−AMR」を導入

■物流倉庫向け協働型ピッキングアシスタントロボット

roji1.jpg

 ロボティクスプラットフォームを提供するラピュタロボティクスは3月3日、付加価値の高い3PLサービスを提供している日本ロジテム<9060>(JQS)と、物流倉庫向け協働型ピッキングアシスタントロボット(PA−AMR)を日本ロジテムのEC向け倉庫に導入することで合意したと発表。日本ロジテムでは、今後別拠点へもPA−AMRの導入を予定している。同提供は、ラピュタロボティクスにとって初のEC向けの物流現場へのPA−AMR導入となる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:31 | プレスリリース

ホンダは「Hondaアバターロボット」「UNI−ONE(ユニワン)」を「2022国際ロボット展」に出展

 ホンダ<7267>(東1)は3月3日、2022年3月9日(水)から12日(土)まで東京ビッグサイトで開催される「2022国際ロボット展」に出展すると発表。

honda1.jpg

 ホンダは一人ひとりの生活者に寄り添い、人の可能性を拡げ、充実した暮らし、そして人生を送ることができるようロボティクス技術でサポートすることを目指している。2022国際ロボット展では、そうした考えに基づき現在、研究開発に取り組む「Hondaアバターロボット」など、ロボティクス技術の展示を通じて、Hondaロボティクスの目指す未来を紹介する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:02 | プレスリリース

ウクライナ避難民を「ドン・キホーテ」などのパン・パシフィック・インターHDが100世帯受け入れ

■日本政府の表明を受け、経済的支援、就業機会提供などもと発表

 ディスカウントストア「ドンキホーテ」などのパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(パン・パシフィック・インターHD)<7532>(東1)は3月3日午前ウクライナ避難民100世帯の受け入れについて」を発表し、ウクライナに対する人道支援の一環として100世帯の避難民を受け入れるとした。前場の株価は1895円(25円高)だった。

 発表によると、日本政府が2日、避難民の受け入れを表明したことを受け、本方針を実現すべく決定した。まず、政府の認定を受けたウクライナの避難民100世帯を受け入れ、更に、経済的支援、生活面のサポート、就業機会の提供などへと本取組を発展させていくという。(HC)

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:37 | プレスリリース
2022年03月02日

綿半HD、綿半オリジナル商品「初めてでも育てやすい培養土」が累計販売数5万個を突破

■おうち時間のガーデニング!この春から始める人におすすめ

 綿半ホールディングス<3199>(東1)のグループ会社が取り扱う、「初めてでも育てやすい培養土」が累計販売数5万個を突破した。

wata1.jpg

 おうち時間に花や観葉植物を育てるなど、コロナ禍でガーデニングのニーズが高まっているなか、2021年4月に販売を開始した綿半オリジナル商品「初めてでも育てやすい培養土」は、累計販売数5万個を突破した。 この春からガーデニングや家庭菜園に挑戦してみようと思っている人におすすめの商品である。綿半スーパーセンター・綿半ホームエイドで販売。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:07 | プレスリリース

ディ・アイ・システムの子会社アスリーブレインズがホームページをリニューアル

■新コンテンツ追加などに加え、スマホやタブレットからも閲覧が

dis1.jpg

 ディ・アイ・システム<4421>(JQS)は3月2日、IT研修などを行う子会社アスリーブレインズ株式会社のホームページのリニューアルを発表した。今回のリニューアルでは、デザインやページ構成を見直し、新コンテンツの追加も行った。また、スマートフォンやタブレットでの表示にも対応し、各デバイスから閲覧できるように改善しているとした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:01 | プレスリリース

アイフリークモバイルは知育アプリ満載のタブレットでテストマーケティングを開始

■フランチャイズ・ショー2022でテスト端末を展示

 アイフリークモバイル<3845>(JQS)は、全国219カ所にある障がい児向け放課後等デイサービス「ウィズ・ユー」のフランチャイズ展開を行う有信アクロス(大阪府吹田市)と共同で、同社グループ会社のアイフリークスマイルズが運営する知育アプリをプリインストールしたタブレット端末を用いたテストマーケティングを開始した。

aif1.jpg

 タブレット端末に搭載しているのは、同社グループが保有する100以上の知育アプリの中から厳選した8アプリ。「日常のしつけ」「読み書き」「算数」「絵本」など、感性豊かに楽しく学べる知育アプリを選定しており、今後、搭載アプリを増やしていく予定としている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:34 | プレスリリース

ネオジャパンのdesknet‘s NEOなどによるワクチン接種記録等の効率化・工数削減事業が採用候補に

■茨城県つくば市に続く2例目 

 ネオジャパン<3921>(東1)は、東京都多摩市が実施した「令和3年度多摩市民間提案制度」において、グループウェア『desknet‘s NEO(デスクネッツ ネオ)』と業務アプリ作成ツール『AppSuite(アップスイート)』による「ワクチン接種記録等の効率化と工数削減に向けた管理向上」事業が採用候補に選定されたと発表した。

neo1.jpg

 ワクチン関連の行政の業務の効率化において採用された事例としては、2021年 12 月に発表した茨城県つくば市による「つくば市新型コロナワクチン配送システム」に続く2例目となる。 (URL:https://www.neo.co.jp/corp/news/211201.html
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:59 | プレスリリース

アイリッジ、「FANSHIP」と「.pay(ドットペイ)」が大規模商業施設の「カメクロアプリ」に採用

■「カメイドクロック」、4月末に開業

kame1.jpg

 アイリッジ<3917>(東マ)の「FANSHIP」と東急<9005>及び NTTデータ<9613>が提供する独自の決済・販促ソリューションサービス「.pay(ドットペイ)」は、野村不動産が2022年4月末に開業する大規模商業施設「カメイドクロック」(東京都江東区)の顧客向けアプリ「カメクロアプリ」に採用された。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:09 | プレスリリース
2022年03月01日

JPホールディングス、子育て支援と資源の有効活用・環境保全(SDGs)の両立を目的とした子育て支援プラットフォーム「コドメル」のユーザー登録と寄付品の受付開始

 JPホールディングス<2749>(東1)は3月1日、2021年11月22日に公表した子育て支援プラットフォーム「コドメル」のユーザー登録と、同社グループが運営する全国のアスク・GENKIDS系列保育園における寄付品の受付を、2022年3月1日から開始したと発表。

■子育て支援プラットフォーム「コドメル」のユーザー登録開始について

 2022年4月1日の子育て支援プラットフォーム「コドメル」サービス開始に先駆けて、3月1日からユーザー登録をWEB上で開始した。ユーザー登録することで、リユース品の出品、受け取りができるマッチングサービスの利用が可能になる。

 また、期間限定の特典としてサービス開始前にユーザー登録した方には「コドメル」でリユース品等を受け取る際に使用できるポイントを「600ポイント」進呈する。

 子育てプラットフォーム「コドメル」では、第1弾サービスとして“もったいないを未来につなぐ”をコンセプトに、ベビー用品・衣料品などの子育て関連用品を主としたリユース品を、WEB上でユーザー同士が個々に出品・購入し合うマッチングサービスおよび、子育て世代にとって需要の高い商品の提供や子育てに関する情報・サービスを提供するもの。

 また、同社グループが運営する各保育園でも、保護者の方から寄付いただいた子育て関連用品や衣料品を回収し、リユース品として提供する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:40 | プレスリリース

インフォマート、「東京ガスのおしごとサポート」に「BtoBプラットフォーム 商談」が追加

 国内最大級のフード業界向けプラットフォームを運営する、インフォマート<2492>(東1)は3月1日、東京ガス<9531>(東1)と、相互送客に関する業務提携契約を締結し、国内最大級の業務用食品食材の商談プラットフォーム「BtoBプラットフォーム 商談」が、東京ガスが提供する『東京ガスのおしごとサポート』に追加されたと発表。

info1.jpg

 『東京ガスのおしごとサポート』は仕事の様々なシーンで役立つサービスを揃えたWebサイト。東京ガスの契約者様は、Webサイトからの申し込み特典として、サービスをお得に利用することができる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:31 | プレスリリース

自治体で全国初!アスカネットは「完全非接触型 空中リモート接客システム」を広島県庁に導入

■コロナ禍でも広島県庁で働く人や来庁する方に安心安全を提供

 アスカネット<2438>(東マ)が提供する空中に実像を結像させる特殊なプレート「ASKA3Dプレート」を活用した接客ソリューションが、 NTTトドコモ中国支社(広島市中区)から広島県庁へ導入された。 このソリューションは、NTTドコモのリモート接客システム「TimeRep」とアスカネットのASKA3Dプレートを組み合わせた「完全非接触型 空中リモート接客システム」で、自治体としては全国て初めての導入(2022年3月1日時点 NTTドコモ調べ)、2022年3月2日(水)から運用開始となる。

asuka1.jpg

 広島県庁のデジタル化推進の取り組みにおいて、同ソリューションにより来庁者へのおもてなし機能の充実を図ると共に、新型コロナウイルス感染予防対策の一環として完全非接触による未来感のある来庁者受付を実現する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:15 | プレスリリース

シナネンHDのグループ会社が「ダイチャリ」累計利用回数1,000万回突破などを記念しキャンペーンを実施

■3月1日から、抽選で2,022名に最大1万円分のクーポンをプレゼント

 シナネンホールディングス(シナネンHD)<8132>(東1)のグループ会社シナネンモビリティPLUS(東京都港区)は、「ダイチャリ」の累計利用回数1,000万回と、運営する電動アシスト付自転車数1万台突破を記念し、TwitterもしくはInstagram上で応募した人の中から抽選で2,022名にクーポンをプレゼントする「新生活応援キャンペーン2022」を実施すると発表した。キャンペーンは、3月1日(火)から3月14日(月)の期間。

111.jpg

 モビリティPLUSは、一都三県及び大阪府を中心にシェアサイクルプラットフォーム「HELLO CYCLING」を利用したシェアサイクル「ダイチャリ」を運営。自転車の貸し出し・返却拠点であるステーションを約2,100ヶ所展開する日本最大級のシェアサイクル事業者である。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:51 | プレスリリース

アールシーコア、ログハウスで移住、暮らしを楽しむBESSユーザーのお宅拝見「クラシガエ・オンライン」を開催

■3/6(日)11:00〜12:00開催

 アールシーコア<7837>(JQS)のログハウスNo1「BESS(ベス)」は、価値観から暮らしを選ぶBESSの移住『クラシガエ』を実現したユーザーに「どのように暮らしが変わったのか。なぜ暮らしを変えようと思ったのか」などの話を聞く、参加型のプログラム「クラシガエ・オンライン」を3月6日(日)に開催する。

rc1.jpg

 「クラシガエ・オンライン」はBESSユーザーが住む家や、暮らしぶりを画面越しで紹介したり、チャットで質問できる好評のイベント。3月の「クラシガエ・オンライン」は、明るくオープンな空間が広がり、大らかに自然とつながれるログハウスで暮らすユーザーの「四季を感じる」暮らしを紹介する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:18 | プレスリリース

パナソニック、東京ドームで顔認証技術を活用した入場・決済サービスの運用を開始

■新たにデザインした顔認証入場ゲート導入、入場から決済までシームレスに利用可能

 パナソニック<6752>(東1)グループのパナソニック システムソリューションズ ジャパン(パナソニックグループの持株会社制への移行にともない2022年4月より「パナソニック コネクト株式会社」に変わります)は3月1日、読売巨人軍・読売新聞東京本社・東京ドームの3社に、東京ドームでの一般来場者を対象とした新たな入場・決済サービスにパナソニックの顔認証技術が採用され、運用が開始されると発表。顔認証決済は2022年3月2日のオープン戦、顔認証入場は3月25日の公式戦から運用開始予定。

pana1.jpg

 東京ドームでは、過去最大規模のリニューアルと、完全キャッシュレス化や顔認証技術の導入などのDX(デジタルトランスフォーメーション)を実施し、来場者に新しい観戦体験を提供する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:59 | プレスリリース

富士ソフトはサイバー攻撃からIoT機器を守る脆弱性対策ファジングテストツールを強化し「Raven for Fuzzing」として新たに提供を開始

 富士ソフト<9749>(東1)は2月28日、ファジングテストツール「FFRI Raven」にさらなる強化を図り、サイバー攻撃からIoT機器を守るセキュリティ機能を向上させたと発表。2022年3月1日(火)から、新サービス「Raven for Fuzzing」として提供を開始する。

fuji1.jpg

 世界中でサイバー攻撃による被害は拡大し続けている。特に、産業機器やスマート家電などさまざまな環境下で利用の機会が急増したIoT機器は、セキュリティの脆弱性を狙ったサイバー攻撃が多発している。IoT機器の開発、製造においては、出荷前の段階で未知のセキュリティ脆弱性を発見し、十分に対策を行うことが重要。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:56 | プレスリリース
2022年02月28日

綿半HD、漁港直送!超鮮度の魚が手に入る『綿半魚類 一宮漁港』3月3日オープン

■日本海と太平洋から今が旬の新鮮な活魚を取り揃える

 綿半ホールディングス(綿半HD)<3199>(東1)は、綿半フレッシュマーケット起店(愛知県一宮市)が、 漁港直送の鮮魚に特化した『綿半魚類 一宮漁港』としてリニューアルオープンすると発表した。

wata1.jpg

 『綿半魚類 一宮漁港』という店舗のネーミングは、一宮起地区に美味しい魚を届けたいという願いを込めて命名。 三河一色漁港はもちろん、三重紀伊長島漁港・石川金沢漁港など、日本海と太平洋から今が旬の新鮮な活魚を取り揃え、まるで漁港のような観光気分で買物を楽しめる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:32 | プレスリリース

丸紅と京セラは画像認識型「スマート無人レジシステム」の実用化に向けた実証実験開始へ

 丸紅<8002>(東1)と、京セラ<6971>(東1)は2月28日、画像認識型「スマート無人レジシステム」を活用したスーパーマーケット向け画像決済サービスの実用化を目指し、実証実験を行うため、基本合意書を締結したと発表。まずは今夏に、神奈川県エリアのスーパーマーケット店舗で実証実験を行う予定。

maru1.jpg

 日本国内のスーパーマーケットでは、少子高齢化による労働力不足に伴い、店舗運営の効率化が大きな課題となっている。中でもレジ業務は、従業員や消費者が商品のバーコードを1点1点スキャンする必要があり、時間がかかること、混雑時にはレジ待ちによる行列が発生すること等から、店舗・消費者双方の大きな負担となっている。しかし現状では、レジ業務の効率化には、人的リソースや導入費用が必要であり、なかなか課題解決が進まないのが実態。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:41 | プレスリリース

いすゞ、日野、トヨタ、次世代FCEV路線バスの企画・開発に向けた検討を開始

■カーボンニュートラル実現に向けて、バスの電動化を加速

isuzu1.jpg

 いすゞ自動車<7202>(東1)日野自動車<7205>(東1)トヨタ自動車<7203>(東1)は2月28日、2050年カーボンニュートラルの実現に向けて、バスの電動化の取り組みを強化すると発表。商用CASE普及による社会課題解決に取り組むCommercial Japan Partnership Technologiesとも連携し、ラインアップ拡充により顧客の選択肢を広げるとともに、車両コストを低減し、実用的かつ持続的な電動車の普及に取り組んでいく。

■いすゞと日野、BEVフルフラット路線バスを2024年度に生産開始

 いすゞと日野は、2050年脱炭素社会の実現に向けて、BEVフルフラット路線バスを両社の合弁会社である、ジェイ・バスにて2024年度から生産を開始する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:30 | プレスリリース

パイプドビッツはGS1‒128対応のSPDシステム「JoyPla(ジョイプラ)」に「グループ施設管理機能」を搭載

■複数施設の在庫状況を集約し、本部と現場双方の在庫管理業務を効率化

 パイプドHD<3919>(東1)のパイプドビッツは2月28日、中小規模病院向けクラウド型SPDシステム「JoyPla」のオプション機能として、「グループ施設管理機能」を2022年2月28日から提供開始したと発表。同機能では、複数の施設にまたがる医療材料の在庫状況を一元管理し、病院・介護施設・クリニックなどにおいて、複数施設を運営する事業者の本部と現場双方の在庫管理業務を効率化する。

pp1.jpg

【SPD(Supply Processing and Distribution)システム】=病院が使用・消費する物品(医薬品、試薬、滅菌・再生品、文具・日用雑貨、印刷物など)の在庫管理・購買管理・搬送管理・消費管理を一元管理することで、コスト削減や原価管理など病院経営改善および管理業務の効率化を図る「物品・物流管理システム」。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:06 | プレスリリース

And Doホールディングスのフィナンシャルドゥ、金融機関向けリバースモーゲージ保証件数が累計700件を突破

■1月末の件数は前年同月比160%と顕著に増加、認知が拡大

 ハウスドゥブランドで不動産事業を全国展開するAnd Doホールディングス<3457>(東1)は2月28日午前、連結子会社のフィナンシャルドゥ(大阪府大阪市)が行っている金融機関向けのリバースモーゲージ保証件数が22年1月末時点で累計700件を突破し、702件に達したと発表した。

hau1.jpg

 リバースモーゲージは、自宅を担保にして、そのまま済み続けながら融資を受けられるローン。月々の支払いは利息のみであり、元金の返済は借入人の死亡後に自宅を売却して返済する仕組み。このため、老後資金の不安を解消できる商品として注目を集めている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:45 | プレスリリース