[プレスリリース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (02/18)凸版印刷、アバターの真正性を証明する管理基盤「AVATECT」を開発
記事一覧 (02/18)インフォマート、国内最大級のフード業界向け受発注プラットフォーム「BtoBプラットフォーム 受発注」の利用企業数がコロナ禍でも拡大
記事一覧 (02/17)マーチャント・バンカーズと滋賀医科大学の産学連携創薬ベンチャーが総合展「メディカルジャパン大阪」で『糖尿病幹細胞』について発表
記事一覧 (02/17)アイフリークモバイル、絵本アプリの絵本シリーズ第2弾「おせ、ちきゅうをすくえ!」が書籍化
記事一覧 (02/17)大和ハウス工業は全ての戸建住宅工事現場にWEBカメラを導入
記事一覧 (02/17)三菱重工グループのMHIENG、シンガポールの新交通システム輸送力増強プロジェクトを受注
記事一覧 (02/17)綿半HD、長野県民のソウルフード「ビタミンちくわ」累計販売数33万個突破
記事一覧 (02/17)アイリッジは西武プロパティーズが提供する「軽井沢・プリンスショッピングプラザアプリ」を開発支援
記事一覧 (02/16)インフォマート、関西ペイントが「BtoBプラットフォーム 請求書」を採用
記事一覧 (02/15)ミロク情報サービス、中堅企業向け新ERPシステム『Galileopt DX』を4月から販売開始
記事一覧 (02/15)インテリジェントウェイブはセキュリティインテリジェンスサービス「Recorded Future」の取扱いを開始
記事一覧 (02/14)手芸販売専門店「クラフトハートトーカイ」を運営する藤久とパイプドHDグループの広告・CRM支援のゴンドラが業務提携
記事一覧 (02/14)インテリジェントウェイブは顧客のビジネス課題と量子コンピューティングの相性を最新の量子アルゴリズム研究から評価するサービスの提供を開始
記事一覧 (02/11)JPホールディングス、子育て支援と資源の有効活用・環境保全(SDGs)の両立を目的とした子育て支援プラットフォームの名称決定と今後の展開
記事一覧 (02/10)野村不動産HDグループのノーガホテル上野東京が「渡韓ごっこ」の宿泊プラン
記事一覧 (02/10)アイフリークモバイル、グループ会社が親子向けYouTube 「Popo Kids(ポポキッズ)」の人気ランキングを発表
記事一覧 (02/10)伊藤園はAI画像解析を活用した荒茶の品質推定技術を開発
記事一覧 (02/09)ミロク情報サービスはコーポレートサイトを全面リニューアルオープン
記事一覧 (02/07)マーチャント・バンカーズが販売するコンプライアンスチェックシステムが、このほどロボット検索機能を搭載、大幅バージョンアップのうえ販売開始
記事一覧 (02/07)WOW WORLDが出資先のデジタルアセットマーケッツが暗号資産ジパングコインの取引を開始
2022年02月18日

凸版印刷、アバターの真正性を証明する管理基盤「AVATECT」を開発

■生成されたアバターの唯一性を証明、アバターの不正利用やなりすましを抑止

 凸版印刷<7911>(東1)は2月18日、昨今のメタバースへの社会的な関心の高まりを受け、自分の分身として生成されたアバターに対し、唯一性を証明するアバター生成管理基盤「AVATECT(TM)(アバテクト)」を開発したと発表。2022年2月から試験提供を開始する。

tppa1.jpg

 「AVATECT(TM)」は、アバター本体の管理や本人認証に加え、アバターにNFT(非代替性トークン、NonNon−fungible token token)や電子透かしを付与するサービス。これによりアバターの不正利用やなりすましを抑止し、メタバース上でのプライバシーや著作権の保護を実現する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:01 | プレスリリース

インフォマート、国内最大級のフード業界向け受発注プラットフォーム「BtoBプラットフォーム 受発注」の利用企業数がコロナ禍でも拡大

■売り手企業数4万社、流通金額は1.5兆円

 BtoBビジネスを革新する信頼のリーディングカンパニーを目指す、インフォマート<2492>(東1)は2月18日、フード業界の受発注業務のデジタル化が実現し、大幅なコスト削減と時短により経営を高度化するサービス「BtoBプラットフォーム 受発注」の利用企業数が、売り手企業数4万社に拡大したと発表。

infoma11.jpg

 同社は、「企業間取引のプラットフォーマー」としてさまざまな業界・業態にサービスを提供している。創業から23年間、特にフード業界においては、受発注・請求業務をデジタル化することで、業界の業務効率化、生産性向上を支援してきた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:42 | プレスリリース
2022年02月17日

マーチャント・バンカーズと滋賀医科大学の産学連携創薬ベンチャーが総合展「メディカルジャパン大阪」で『糖尿病幹細胞』について発表

■バイオジップコード社の研究開発担当顧問・小島秀人教授が披露

 マーチャント・バンカーズ<3121>(東2)と国立大学法人・滋賀医科大学が設立した産学連携の創薬ベンチャー企業・株式会社バイオジップコード(滋賀県大津市、代表取締役:ア正年氏:マーチャント・バンカーズ代表取締役副社長CFOが兼務)で研究開発担当顧問をつとめる小島秀人・滋賀医科大学教授が、医療介護分野の総合展「メディカルジャパン大阪」(インテック大阪、2022年2月24日から2月26日まで)で「糖尿病幹細胞の発見とその根絶」と題し、これまでの研究内容を発表する。

 株式会社バイオジップコードは、糖尿病を完治させる治療薬の開発と、細胞標的化技術の研究開発並びに事業化に取り組んでいる。滋賀医科大学から実施許諾あるいは譲受により、糖尿病を完治させる治療薬並びに細胞標的化技術の事業化を進めていく。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:28 | プレスリリース

アイフリークモバイル、絵本アプリの絵本シリーズ第2弾「おせ、ちきゅうをすくえ!」が書籍化

■ポプラ社より書籍として刊行

 アイフリークモバイル<3845>(JQS)は、グループ会社のアイフリークスマイルズが運営する絵本アプリ「森のえほん館」で生まれた永田浩一氏原作の人気絵本シリーズから、第2作目の「おせ、ちきゅうをすくえ!」がポプラ社(東京都千代田区)から書籍として刊行されると発表した。発売は2月16日、定価1,650円(税込)、主な対象年齢は4歳からとしている。

ai1.jpg

【あらすじ】 スマホゲームがウイルス兵士たちに乗っ取られた!実は地球滅亡を狙うバグ大王のしわざ!? 家族、そして世界中の人々を守るため、たった一人で立ち向かうのはプログラミングが得意な少年コーク。 今度はボタンを押して、地球を救うんだ!
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:31 | プレスリリース

大和ハウス工業は全ての戸建住宅工事現場にWEBカメラを導入

 大和ハウス工業<1925>(東1)は2月17日、建設現場の生産性向上や建物の資産価値向上を目指し、戸建住宅や商業施設などの建設工程においてもデジタルトランスフォーメーション(DX)を進めているが、2022年2月17日から、戸建住宅の全工事現場(工事現場の状況により設置できない場合を除く)においてWEBカメラを導入すると発表した。

daiwa1.jpg

 就労者の減少や高齢化などが進む建設業では、2016年には全産業平均と比較して年間300時間以上の長時間労働となっており、中でも工事現場における監督は工程の進捗確認や作業員への技術的な指導など効率化が進んでいない業務が多いなど、雇用確保のために労働環境の改善が求められている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:03 | プレスリリース

三菱重工グループのMHIENG、シンガポールの新交通システム輸送力増強プロジェクトを受注

■センカン・プンゴル地区の安全で円滑な輸送体制強化に貢献

mitsu1.jpg

 三菱重工業<7011>(東1)グループの三菱重工エンジニアリング(MHIENG)は2月17日、三菱重工のアジア地域拠点であるシンガポールのMitsubishi Heavy Industries Asia Pacific Pte. Ltd.(MHI−AP)と三菱商事と共同で、シンガポール北東部を走る全自動無人運転車両システム(AGT:Automated Guideway Transit)「センカン・プンゴルLRT」の輸送力増強プロジェクト工事をシンガポール陸上交通庁(LTA:Land Transport Authority)から受注したと発表。開業以来の安定した運行実績やアフターサービスの対応が高く評価されたことによるもの。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:42 | プレスリリース

綿半HD、長野県民のソウルフード「ビタミンちくわ」累計販売数33万個突破

■練り物を作る技術トップクラスの紀文食品と共同で開発

 綿半ホールディングス(綿半HD)<3199>(東1)のグループ会社が提供する綿半オリジナル商品「ビタミンちくわ」は、2021年6月に販売を開始し、累計販売数33万個を突破した。

wata1.jpg

 「ビタミンちくわ」は、ビタミンA・ビタミンB1が豊富に含まれている栄養機能性食品。スケソウダラのすり身で作るちくわは風味がよく、煮物や天ぷら、炒めもの等の様々な料理に使用され、長野県の家庭で親しまれている。 商品化に向けては、練り物を作る技術トップクラスの紀文食品の知恵を借りて試行錯誤しながら、共同で開発した。味が染みやすいように柔らかく、歯切れのいい食感を楽しめる商品に仕上がっている。 また、長野県外の顧客にも「ビタミンちくわ」を知って欲しいということから、東京都・山梨県・愛知県・岐阜県に展開する綿半グループの店舗で取扱いを始めたところ、SNSで多くの反響があったとしている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:38 | プレスリリース

アイリッジは西武プロパティーズが提供する「軽井沢・プリンスショッピングプラザアプリ」を開発支援

■店舗の混雑状況の可視化でニューノーマルな買い物体験を提供

 アイリッジ<3917>(東マ)は、西武プロパティーズ(東京都豊島区)が「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」において提供開始するスマートフォン向け公式アプリ「軽井沢・プリンスショッピングプラザアプリ」をFANSHIP for Multiで開発支援した。

airi1.jpg

 同公式アプリは、約260,000平米の広大な敷地面積と店舗数約240を誇る軽井沢・プリンスショッピングプラザの施設・店舗情報をはじめ、デジタルマップ(ルート案内マップ)によるルート案内やレストラン・フードコートの混雑状況をリアルタイムで確認できる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:03 | プレスリリース
2022年02月16日

インフォマート、関西ペイントが「BtoBプラットフォーム 請求書」を採用

 BtoBビジネスを革新する信頼のリーディングカンパニーを目指す、インフォマート<2492>(東1)は2月16日、同社が提供する「BtoBプラットフォーム 請求書」が、関西ペイントに採用されたと発表。

info1.jpg

■導入の背景

 関西ペイントでは、成長戦略の柱である「将来の持続成長に必要な基盤と収益力の強化」の取り組みの1つとして、ここ数年、コラボレーションツールの導入やモバイル端末の貸与等ITインフラの整備を進め、社員の働き方も大きく変わってきた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:10 | プレスリリース
2022年02月15日

ミロク情報サービス、中堅企業向け新ERPシステム『Galileopt DX』を4月から販売開始

■他社サービス連携・AI活用の自動仕訳で企業のDX推進を支援

 財務・会計システムおよび経営情報サービスを開発・販売するミロク情報サービス(MJS)<9928>(東1)は2月15日、中堅企業向け新ERPシステム『Galileopt DX(ガリレオプト ディーエックス)』を4月1日から販売開始すると発表。

miroku1.jpg

 経済・社会におけるデジタル化の急速な進展、続くコロナ禍における経営環境の変化により、各企業は柔軟で迅速な経営判断、経営基盤の強化が求められる。こうしたなか、『Galileopt DX』は、「さらなるビジネスの成長を加速するERP」をコンセプトとし、50億円〜500億円の中堅企業をメインターゲットに多彩な業務モジュール(財務、ワークフロー、給与・人事、販売・仕入、固定資産)を提供する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:12 | プレスリリース

インテリジェントウェイブはセキュリティインテリジェンスサービス「Recorded Future」の取扱いを開始

■100万件以上の世界中のソースからデータを収集・分析

 決済・金融・セキュリティ分野におけるシステム開発・保守を行うインテリジェント ウェイブ(IWI)<4847>(東1)は2月15日、レコーデッド・フューチャー・ジャパン(本社:東京都中央区:Recorded Future社)のセキュリティインテリジェンスサービス「Recorded Future」の販売契約を締結したと発表。

iwi1.jpg

 サイバーセキュリティを取巻く状況は刻々と変化しており、特にサイバー攻撃の手法は常に進化を続けている。企業は攻撃者による情報搾取を防ぐために、セキュリティに関する情報をリアルタイムに収集し、分析する必要がある。攻撃のトレンドや実施すべき対策を把握し、その瞬間における最適な意思決定をしていかなければ自社のブランド、顧客の信頼を失うことになりかねない。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:44 | プレスリリース
2022年02月14日

手芸販売専門店「クラフトハートトーカイ」を運営する藤久とパイプドHDグループの広告・CRM支援のゴンドラが業務提携

■“お客様が作りたくなる”を刺激する新たな時代のカスタマーエンゲージメントを実現

pap1.jpg

 手芸販売専門店「クラフトハートトーカイ」を中心に、手芸関連商材や生活雑貨販売の店舗およびECサイトを運営する藤久ホールディングス<7135>(東1)と、パイプドHD<3919>(東1)グループの広告・CRM支援を行うゴンドラは、2022年2月14日に業務提携を締結したと発表。同提携による取り組みの第一弾として、藤久が運営するECサイト「クラフトハートトーカイドットコム」へ、ゴンドラがモノづくりの愉しさを体験できるコンテンツを提供し、創作意欲を促すECサイトに刷新する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:17 | プレスリリース

インテリジェントウェイブは顧客のビジネス課題と量子コンピューティングの相性を最新の量子アルゴリズム研究から評価するサービスの提供を開始

■QC(Quantum Computing)の成熟期到来に先駆けサービスラインナップを拡充

iwi1.jpg

 決済・金融・セキュリティ分野におけるシステム開発・保守を行うインテリジェント ウェイブ(IWI)<4847>(東1)は2月14日、国内外で研究/開発が加熱しているQC(Quantum Computing)の成熟期到来に先駆け、Atos(本社:東京都港区)の「QC事例アセスメントサービス」の提供を開始し、顧客のビジネス課題とQCの適性評価をサポートすると発表。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:55 | プレスリリース
2022年02月11日

JPホールディングス、子育て支援と資源の有効活用・環境保全(SDGs)の両立を目的とした子育て支援プラットフォームの名称決定と今後の展開

 JPホールディングス<2749>(東1)は2月10日、2021年11月22日に公表した子育て支援プラットフォームの名称を決定したと発表した。

■子育て支援プラットフォームの名称について

(1)プラットフォーム名称
 コドメル(英語表記:codomel)

(2)プラットフォーム名称とロゴの考え方
・コドメルは、「こども」とラテン語の「メルクス(商品)」を合わせた造語となる。
・ロゴマークのカラーは、SDGsの17の目標の中から同サービスにより実現を目指す5つの取り組み「1.貧困をなくそう」「3.すべての人に健康と福祉を」「7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに」「10.人や国の不平等をなくそう」「16.平和と公正をすべての人に」のカラーを使用している。また、人が手を繋いで作る輪を象ったデザインは、同サービスを通じてこどもたち・保護者たち・地域社会がつながることで生まれる「みんなの輪」を表現している。

jp1.jpg

(3)ロゴマーク(写真)
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:15 | プレスリリース
2022年02月10日

野村不動産HDグループのノーガホテル上野東京が「渡韓ごっこ」の宿泊プラン

■「東京最古のコリアンタウン」までホテルから徒歩2分

 野村不動産ホールディングス(野村不動産HD)<3231>(東1)の野村不動産ホテルズ株式会社が運営する「NOHGA HOTEL UENO TOKYO(ノーガホテル上野東京)」は、2月14日(月)から3月31日(木)までを宿泊対象期間として、宿泊プラン『話題の「渡韓ごっこ」で韓国旅行気分を存分に楽しもう!』を販売する。予約開始は2022年2月10日(木)から。

 同ホテルが位置する東京・東上野2丁目界隈は、韓国料理や韓国食材の店が密集する東上野コリアンタウン(キムチ横丁)と呼ばれ、その歴史は約70年、東京最古のコリアンタウンと言われている。ホテルから徒歩2分の東上野コリアンタウンで本場の韓国料理に舌鼓を打ったり、調味料や食材・お菓子等を購入したりできるのも上野ならではの楽しみの一つだ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:23 | プレスリリース

アイフリークモバイル、グループ会社が親子向けYouTube 「Popo Kids(ポポキッズ)」の人気ランキングを発表

■子育てに役立てて欲しい

 アイフリークモバイル<3845>(JQS)のグループ会社アイフリークスマイルズは、ハイクオリティの絵本に気軽に触れて、子育てに役立てて欲しいという想いから、親子で楽しめる幼児・未就学児向けYouTubeチャンネル「Popo Kids(ポポキッズ)」の絵本動画の人気ランキングを発表した。

suya1.jpg

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で全面休園している認可保育所や認定こども園などが増加している。その中で、アイフリークスマイルズでは、休園などで不安やストレスを抱える親子の子育てに役立てて欲しいと、今回人気ランキングの発表を行ったとしている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:50 | プレスリリース

伊藤園はAI画像解析を活用した荒茶の品質推定技術を開発

■2022年春から試験運用を開始

 伊藤園<2593>(東1)は2月9日、マクタアメニティ株式会社(本社:福島県伊達市)が持つ「おいしさの見える化」技術を用いてAI画像解析による荒茶の品質推定技術を開発し、2022年春から同社が展開する茶産地育成事業の一部産地で試験運用を開始すると発表した。

itoen1.jpg

【荒茶】 茶畑で摘んだ生葉を新鮮なうちに「蒸す・揉む・乾燥させる」という一次加工を施した状態の茶葉を「荒茶」と呼ぶ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:10 | プレスリリース
2022年02月09日

ミロク情報サービスはコーポレートサイトを全面リニューアルオープン

■デザイン・コンテンツ・ユーザビリティの観点から刷新!

 財務・会計システムおよび経営情報サービスを開発・販売するミロク情報サービス(MJS)<9928>(東1、新市場区分プライム)は2月9日、コーポレートサイトを全面リニューアルし、オープンしたと発表。


 今回のリニューアルでは、「会計事務所・中小企業に寄り添うDXパートナー」というコンセプトのもと、同社が提供する多様なサービス・製品等について、皆さまにとってより分かりやすく、理解しやすいサイトとするため、デザインやコンテンツ、ユーザービリティの観点から大幅な見直しを行った。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:38 | プレスリリース
2022年02月07日

マーチャント・バンカーズが販売するコンプライアンスチェックシステムが、このほどロボット検索機能を搭載、大幅バージョンアップのうえ販売開始

■ネガティブ情報も検索でき誹謗中傷対策(エゴサーチ)にも

 マーチャント・バンカーズ<3121>(東2)は2月7日、株式会社セナード(東京都渋谷区)との業務提携により販売しているコンプライアンスチェックシステム「minuku(ミヌク)」が、今般、ロボット検索機能を搭載し、大幅バージョンアップの上、2021年2月7日より販売を開始したと発表した。

 発表によると、「minuku(ミヌク)」は、株式会社セナードが、警察OBを顧問として招聘の上、反社会的勢力の定義を明確にし、公知情報及び独自で仕入れた情報に自然言語処理を行い、民間企業としては最大級の反社会的勢力データベースを構築し、主に法人を中心に、コンプライアンスチェックに活用されてきた。

 今回、「minuku」は、このデータベースだけでなく、「Twitter(ツイッター)」や「Instagram(インスタグラム)」といったSNSを含め、WEB上のすべての情報を対象にネガティブ情報を検索できるよう、一括自動検索ロボット機能(RPA)を追加した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:50 | プレスリリース

WOW WORLDが出資先のデジタルアセットマーケッツが暗号資産ジパングコインの取引を開始

 コミュニケーションシステム「WEBCAS(ウェブキャス)」の企画開発・販売を通して、企業のマーケティングとカスタマーサクセスにおけるコミュニケーションの課題解決を支援するWOW WORLD(ワオワールド)<2352>(東1)は2月7日、出資先であるデジタルアセットマーケッツがブロックチェーン技術を用いた金(ゴールド)価格に概ね連動する暗号資産ジパングコインの一般利用者向け取引を2022年2月17日に開始すると発表。

wow1.jpg

 ジパングコインの発行システムにおける基盤ブロックチェーンは、株式会社bitFlyer Blockchainが開発した「miyabi」を利用。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:27 | プレスリリース