[プレスリリース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (04/07)ミロク情報サービスはクラウド型ERP システム「MJSLINK DX」の新製品発表オンラインセミナーを開催
記事一覧 (04/07)トーソーはフジテレビ系列の月曜ドラマ「イチケイのカラス」へ美術協力
記事一覧 (04/06)JPホールディングスグループの日本保育サービスは子育て支援施設14施設を4月1日から新規開設・運営開始
記事一覧 (04/06)エイジアはメール送信パッケージ市場シェアNo.1(2019)
記事一覧 (04/06)シナネンHDのグループ会社シナネンはクリーンエナジーコネクトと共同でグリーン電力の供給スキームを構築
記事一覧 (04/05)不動産DXを推進するAMBITIONは経済産業省が定める「DX認定取得事業者」に選定
記事一覧 (04/01)加賀電子は4月1日付で「SDGs委員会」を設置
記事一覧 (04/01)建設技術研究所は「STAY DANCHI in みさと」の小型モビリティ体験に協力
記事一覧 (04/01)パイプドHDグループのパイプドビッツは「JoyPla」がGS1−128対応のSPDシステムとしてバージョンアップ
記事一覧 (04/01)ミロク情報サービスは子会社の「トライベック」と「ビズオーシャン」合併し体制強化
記事一覧 (04/01)パイプドHDグループの「VOTE FOR」は自治体DXを支援する「広報プラス−わたしの○○」を正式リリース
記事一覧 (03/31)TACは高等学校商業科で使用する文部科学省検定済教科書を発刊
記事一覧 (03/30)ハウスドゥが一橋大学大学院オンラインカンファレンスに参加し安藤社長ほかが講演や対談
記事一覧 (03/29)トーソーはロールスクリーンにレーザーカットを施したイメージを確認できる「マイテックシーズシミュレーション」を公開
記事一覧 (03/26)AMBITIONは2021年3月期ブランドのイメージ調査2部門で第1位を獲得
記事一覧 (03/24)ケンコーマヨネーズの100%子会社のダイエットクック白老は「豚肉とキャベツの味噌ジンジャー」を発売
記事一覧 (03/23)インフォコムが世界80社の中から1社「KNIME(ナイム)」パートナー表彰を受賞
記事一覧 (03/22)JPホールディングスグループの全国200を超える園の保育士が事故防止専門プログラム研修をオンライン受講
記事一覧 (03/22)AMBITIONの子会社は新築投資用デザイナーズマンション『PREMIUM CUBE 東中野』販売開始
記事一覧 (03/22)ケイアイスター不動産が経産省の「新・ダイバーシティ経営企業100選」(令和2年度)に選出される
2021年04月07日

ミロク情報サービスはクラウド型ERP システム「MJSLINK DX」の新製品発表オンラインセミナーを開催

m1.jpg

■無料オンラインセミナーを開催

 財務・会計システムおよび経営情報サービスを開発・販売するミロク情報サービス(MJS)<9928>(東1)は、3月に発表した新製品『MJSLINK DX』の発売を記念し、4月21日(水)と22日(木)の2日間、同製品に関する無料オンラインセミナーを開催する。

■AIにより業務の高度化・改革を支援

 『MJSLINK DX』は、中堅・中小企業向けに開発したクラウド型ERPシステムで、「AIにより業務の高度化、改革を支援」をコンセプトに、多彩な業務モジュール(財務・税務・給与・人事・販売・固定資産管理・リース管理)を提供する。AI機能をさらに拡充し、外部システムとのシームレスな連携や自動仕訳を強化するなど、業務のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進を強力にサポートする。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:23 | プレスリリース

トーソーはフジテレビ系列の月曜ドラマ「イチケイのカラス」へ美術協力

 窓辺の総合インテリアメーカー、トーソー<5956>(東2)は、フジテレビ系列(4月5日〜毎週月曜日 よる9時放送)「イチケイのカラス」に美術協力をした。

■協力製品

【主要キャストが勤務する地裁・刑事部のセット】
 アルミブラインド ベネアル25 TB−642
toso11.jpg

toso12.jpg

■製品の詳細URL
 アルミブラインド https://www.toso.co.jp/products/aluminumblind/

■番組概要

・放送:フジテレビ系列 2021年4月5日〜毎週月曜日 よる9時放送
・タイトル:「イチケイのカラス」
・公式サイト: https://www.fujitv.co.jp/ichikei/
・ストーリー:舞台は東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)。型破りなクセあり裁判官・入間みちおと超堅物エリート裁判官・坂間千鶴――性格も価値観も事件へのアプローチも全て真逆の二人が運命的な出会いを果たした時、難事件の裏に隠された真実が明らかになっていく!自由奔放で型破りなみちおと、みちおに振り回されながらも真実をつかもうと奔走するイチケイメンバーの活躍をコミカル&ビターに描く、全く新しい爽快リーガルエンターテインメント。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:25 | プレスリリース
2021年04月06日

JPホールディングスグループの日本保育サービスは子育て支援施設14施設を4月1日から新規開設・運営開始

■感染症対策を施した安全&安心な園舎と充実した保育プログラムで「未来(あす)を生きる力を培う」

 子育て支援事業最大手JPホールディングス<2749>(東1)のグループ企業「日本保育サービス」は、2021年4月1日から、保育園5園(うち認可移行2園)、学童クラブ8施設、児童館1施設を新規開設・運営開始した。これにより、2021年4月1日における同社グループが運営する保育園の数は211園、学童クラブは81施設、児童館は11施設となり、子育て支援施設の合計は303施設となった。

jp11.jpg

■安全&安心な設備の園舎で充実した保育プログラムを提供

 新規開設施設の一つであるアスク東葛西第二保育園(東京都江戸川区)では、ホールにボルダリングを設置することで、日常の保育の中でこどもたちの興味の芽を育み「やってみたい」と思う気持ちに応える仕掛けを設けている。また、保育室の中に小上がりを設け、本の読み聞かせやおままごとなど静かな活動にも落ち着いて取り組める環境を用意している。アスク東葛西第二保育園の園内の様子は、管轄自治体である東京都江戸川区の広報番組「えどがわ区民ニュース」でも紹介されている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:46 | プレスリリース

エイジアはメール送信パッケージ市場シェアNo.1(2019)

■エイジア、メール送信パッケージ市場でシェア1位を獲得(ITR調べ)

 エイジア<2352>(東1)は、アイ・ティ・アール(ITR)発行の市場調査レポート「ITR Market View:メール/Webマーケティング市場2021」において、同社主力製品であるメール配信システム「WEBCAS e−mail(ウェブキャス イーメール)」が、2019年度メール送信パッケージ市場のベンダー別売上金額シェア1位を獲得したと発表。

>>メール配信システムWEBCAS e−mailのパッケージ導入版についての詳細
https://webcas.azia.jp/email/package/

■メール送信パッケージ市場の同社シェアについて

 メール配信システム「WEBCAS e−mail」は、ITR発行の市場調査レポート「ITR Market View:メール/Webマーケティング市場2021」において、2019年度メール送信パッケージ市場のベンダー別売上金額シェア1位を獲得した。なお売上金額における同社シェアは35.0%となった。同レポートの予測では、2020年度も引き続きシェア1位(43.1%)となる見込み。

ei11.jpg

メール送信パッケージ市場:ベンダー別売上金額シェア(2019年度)
※出典:ITR「ITR Market View:メール/Webマーケティング市場2021」
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:55 | プレスリリース

シナネンHDのグループ会社シナネンはクリーンエナジーコネクトと共同でグリーン電力の供給スキームを構築

■非FIT太陽光発電所を活用し脱炭素社会実現に貢献

 シナネンホールディングス<8132>(東1)は5日、グループ会社シナネンが再生可能エネルギーの導入・調達ソリューションを提供するクリーンエナジーコネクト(東京都品川区)と提携し、FIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)に依存しない非FITの太陽光発電所を活用したバーチャルコーポレートPPAによる新たなビジネスモデル展開を共同で構築すると発表した。

si1.jpg
クリーンエナジーコネクトとシナネンのバーチャルコーポレートPPAモデルのイメージ

>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:49 | プレスリリース
2021年04月05日

不動産DXを推進するAMBITIONは経済産業省が定める「DX認定取得事業者」に選定

 AMBITION<3300>(東マ)は、情報処理の促進に関する法律第31条の規定において、経済産業大臣によりDX認定制度の認定事業者に選定された。DX認定制度は、経済産業省策定にかかる指針に則り、優良な取組みを行う事業者を認定することで、国内企業のDXデジタルトランスフォーメーションの促進を目的とする制度。

111.jpg

 同社は、『住』領域のDX事業を積極的に推進し、リアルとデジタルの両面で、不動産業界のリーディングカンパニーを目指すという経営ビジョンを掲げ、労働集約型である不動産業界の更なる進化を目指していることから、こうした取組みが評価され、DX認定事業者に選定された。今後も同社は不動産DX事業の成長に注力し、社内DXを加速させると共に、不動産業界及び社会全体のDX推進に貢献していくとしている。

■DX認定制度とは

 DX認定制度とは、2020年5月15日に施行された「情報処理の促進に関する法律の一部を改正する法律」に基づく認定制度。経済産業省が策定した「情報処理システムの運用及び管理に関する指針」を踏まえ、優良な取組を行う事業者を申請に基づいて認定する制度。同制度は、ビジョンの策定や戦略・体制の構築など、認定基準を満たす事業者を「DX認定取得事業者」として認定することで、社会全体のDX推進を図ることを目的としている。

・独立行政法人情報処理推進機構:IPAのサイト
https://www.ipa.go.jp/ikc/info/dxcp.html
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:55 | プレスリリース
2021年04月01日

加賀電子は4月1日付で「SDGs委員会」を設置

 加賀電子<8154>(東1)は、従前より取り組んでいたCSRとESGへの対応を深化させ、グループ全社で横断的にサステナビリティ経営を推進させることを目的に、4月1日付で「SDGs委員会」を設置した。

 国連総会でのSDGs(持続可能な開発目標)の採択等、持続可能な社会の実現に向けて国際社会が変化する中、企業には、持続的な成長のため、ESGの取り組みが強く求められており、またESGに積極的に取り組む企業へのESG投資も年々拡大している。

 SDGs委員会は、代表取締役社長を委員長に、各部門統括役員等を委員として構成し、その直下に「環境」「社会」「ガバナンス」のワーキンググループを配し、これらESG課題に対する方針や施策・目標の策定、進捗状況のモニタリング等を行う。経営会議、CSR推進委員会と並ぶ社長直轄の会議体と位置づけ、経営トップのコミットメントのもと、事業部門とも連携して、SDGsへの取り組みを継続的に展開していく。

 同社はこれからも、「すべてはお客様のために」の経営理念のもと、事業を通じて「社会課題の解決」と「企業としての持続的な成長」をより高い次元で両立することで、持続可能な社会の実現に貢献していくとしている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:11 | プレスリリース

建設技術研究所は「STAY DANCHI in みさと」の小型モビリティ体験に協力

■withコロナの団地屋外での「新しい暮らし」体験を実施

 総合建設コンサルタントの大手である建設技術研究所<9621>(東1)は、UR賃貸住宅みさと団地(埼玉県三郷市)で、2021年4月3日(土)にUR都市機構らが主催する「STAY DANCHI in みさと」の小型モビリティ体験に協力する。

 この取り組みは、独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)、株式会社URコミュニティ(URコミュニティ)、日本総合住生活株式会社(日本総合住生活)のURグループ3者が、withコロナの団地屋外での”新しい暮らし”の提案として、「STAY DANCHI in みさと」を開催するもので、建設技術研究所は小型モビリティ体験に協力する。

11.jpg

 小型モビリティ体験では、パーソナルモビリティ「WHILL(ウィル)」、自動運転ロボット「RakuRo(ラクロ)」の乗車体験、自動宅配ロボット「DeliRo(デリロ)」のデリバリー体験を行う。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:33 | プレスリリース

パイプドHDグループのパイプドビッツは「JoyPla」がGS1−128対応のSPDシステムとしてバージョンアップ

■医療現場における在庫管理問題をDXで解決

 パイプドHD<3919>(東1)グループのパイプドビッツは、中小規模病院向けクラウド型相互共有SPDシステム(※)「JoyPla」をバージョンアップし、本日2021年4月1日から新バージョンの提供を開始する。新バージョンでは、医療材料の使用期限や製造ロット番号などをバーコード管理できるGS1−128に対応し、中小病院での在庫管理に係る業務コストの削減および医療の安全性を確保する。

11.jpg

(※)SPD(Supply Processing and Distribution)システム 病院が使用・消費する物品(医薬品、試薬、滅菌・再生品、文具・日用雑貨、印刷物など)の在庫管理・購買管理・搬送管理・消費管理を一元管理することで、コスト削減や原価管理など病院経営改善および管理業務の効率化を図る「物品・物流管理システム」。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:11 | プレスリリース

ミロク情報サービスは子会社の「トライベック」と「ビズオーシャン」合併し体制強化

■デジタルマーケティング事業とメディア、広告代理事業を統合

 財務・会計システムおよび経営情報サービスを開発・販売するミロク情報サービス(MJS)<9928>(東1)は、連結子会社であるトライベック株式会社と株式会社ビズオーシャンを2021年4月1日付けで合併し、体制強化を図っていく。トライベックのデジタルマーケティング事業とビズオーシャンのメディア、広告代理事業を統合することにより、ブランド戦略から顧客獲得、育成までワンストップでのソリューション提供が可能となり、総合型DXコンサルティング企業として幅広いサービスを展開していく。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:39 | プレスリリース

パイプドHDグループの「VOTE FOR」は自治体DXを支援する「広報プラス−わたしの○○」を正式リリース

■浜松市や志木市、東京都北区など5市1区に導入

 パイプドHD<3919>(東1)グループのVOTE FORは、地方自治体のDXを支援する「広報プラス−わたしの○○」を4月1日から正式にリリースした。同サービスは、先行して北海道岩見沢市、岐阜県岐阜市、神奈川県相模原市、埼玉県志木市、静岡県浜松市、東京都北区に導入している。

paipu1.jpg
※ロゴイメージ、○○には自治体名が入る。

 新型コロナウイルス感染症の拡大によって、自治体の広報活動も大きな影響を受けた。従来の対面型のイベントや説明会が中止または延期となり、申請手続きのための来庁を制限するなどの対策を講じた。新しい生活様式を踏まえ、自治体が今後も住民サービスを維持継続していくためには、オンラインによる情報提供や各種手続き、イベントのオンライン化なども視野に入れていく必要があり、自治体の広報活動もデジタル変革が求められている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:00 | プレスリリース
2021年03月31日

TACは高等学校商業科で使用する文部科学省検定済教科書を発刊

■令和4年度から全国の商業高校で使用

 TAC<4319>(東1)は、高等学校商業科で使用する文部科学省検定済教科書(教科書)を発刊すると発表した。

tac1.jpg

 TACでは長年簿記・会計教育に携わっており、多数の会計士・税理士を世に輩出してきた。出版事業では、「簿記の学習の仕方には人によって違いがある」との考えのもと、コンセプトの異なる複数の簿記検定試験対策書籍シリーズを刊行して受験生に寄り添ってきた結果、累計発行部数1000万部を突破し、受験生の支持を得てきた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:13 | プレスリリース
2021年03月30日

ハウスドゥが一橋大学大学院オンラインカンファレンスに参加し安藤社長ほかが講演や対談

■「DX時代のフィンテックと不動産テックの将来像」(4/19)

 ハウスドゥ<3457>(東1)は、来る4月19日開催予定の一橋大学大学院主催オンラインカンファレンス「DX時代のフィンテックと不動産テックの将来像」に参加し、同社代表取締役社長CEO・安藤正弘氏、同社経営諮問委員・竹中平蔵氏(元経済財政政策・金融担当大臣)ほかが対談や講演を行う。

 新型コロナウイルス危機により、デジタルトランスフォーメーションが一気に進み、金融業や不動産業が大きく変わろうとする中、第1部では、竹中平蔵氏がコロナ危機後の世界経済とDXの今後を展望。続く第2部では、楽天銀行・永井啓之社長、ハウスドゥ・安藤正弘社長が、フィンテックの進化と最新事情、リバースモーゲージの将来性を紹介する。

申し込みは、>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:20 | プレスリリース
2021年03月29日

トーソーはロールスクリーンにレーザーカットを施したイメージを確認できる「マイテックシーズシミュレーション」を公開

 窓辺の総合インテリアメーカー、トーソー<5956>(東2)は、ロールスクリーンにレーザーカットデザインを施す「マイテックシーズ」について、WEB上でレーザーカットデザインと対応するスクリーンの組合せイメージを確認できる「マイテックシーズシミュレーション」を3月29日ホームページ上に公開した。

 マイテックシーズはロールスクリーンをレーザーカットで切り抜いてデザインを施したトーソーの人気商品。ビジネスユーザーが顧客との商談で組合せイメージを共有するサポートをする。

■マイテックシーズシミュレーション
111.jpg

【操作手順】
(1)試したい窓パターンを4種(腰高窓、掃出し窓、縦長窓、小窓)から選ぶ。
(2)レーザーカットのデザイン柄を選択する。
(3)スクリーンを選択する。
(4)(2)(3)で選択した組合せが事例写真に反映される。
(5)ダウンロードボタンから、イメージ画像をダウンロードできる。
(6)その他、イメージ写真の拡大表示やデザイン柄の詳細などを確認することができる。

【公開先URL】
 https://www.toso.co.jp/s-simulation/
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:10 | プレスリリース
2021年03月26日

AMBITIONは2021年3月期ブランドのイメージ調査2部門で第1位を獲得

■『都内デザイナーズマンション管理No.1』 『サブリースオーナー信頼度No.1』

 AMBITION<3300>(東マ)は、2021年3月期のブランドのイメージ調査(日本マーケティングリサーチ機構調べ)において、『都内デザイナーズマンション管理No.1』『サブリースオーナー信頼度No.1』の2部門で第1位を獲得した。

111.jpg

 AMBITIONは、2007年の創業から、プロパティマネジメント事業(賃貸管理)を主力として展開してきた。プロパティマネジメント事業は、景気に左右されにくいストックビジネスで、同社の管理戸数は右肩上がりに増加を続けている。同社が管理する物件は、需要の高い東京23区を中心に、デザイナーズマンションなどハイクオリティな物件を多数保有している。また、自社で賃貸仲介事業も展開しているため、高水準の入居率をキープすることが可能となり、オーナーからも厚いご信頼を得ている。

■調査概要
 調査企画:日本マーケティングリサーチ機構
 調査概要:2021年3月期ブランドのイメージ調査
■調査手法、期間
 調査手法:インターネットでのアンケート調査
 調査期間:2021年3月2日〜2021年3月22日
■取得キーワード
 『都内デザイナーズマンション管理No.1』
 『サブリースオーナー信頼度No.1』
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:40 | プレスリリース
2021年03月24日

ケンコーマヨネーズの100%子会社のダイエットクック白老は「豚肉とキャベツの味噌ジンジャー」を発売

■ケンコーマヨネーズ製の小袋ソースを使用した おつまみ系おかず

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)の100%子会社のダイエットクック白老は、北海道内のスーパーマーケットや量販店の惣菜売り場で、ケンコーマヨネーズ製「味噌ジンジャーソース」の小袋を添付した「豚肉とキャベツの味噌ジンジャー」を3月31日(水)から発売する。

ken1.jpg

 ごはんにもお酒にも合うおつまみ系おかずは、おうちごはんを楽しむために欠かせないもの。今回発売する「豚肉とキャベツの味噌ジンジャー」は、そんな需要に応え、「和風回鍋肉」をイメージした商品として開発した。海外でも注目を集める味噌にしょうがをあわせて和の旨味を凝縮させた、際立つ香りと豊かな食感の「味噌ジンジャーソース」が味の決め手。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:57 | プレスリリース
2021年03月23日

インフォコムが世界80社の中から1社「KNIME(ナイム)」パートナー表彰を受賞

■「KNIME」は世界約60ヵ国の政府機関や企業などで活用されているデータ分析プラットフォーム

 インフォコム<4348>(東1)は、このほど、世界約60ヵ国の政府機関や製薬企業、製造業、金融業などで活用されているデータ分析プラットフォーム「KNIME(ナイム)」の開発元であるKNIME AG(スイス、KNIME社)がパートナー企業の中から表彰する「KNIME Partner of the Year Award 2021」を受賞した。3月22日発表した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:26 | プレスリリース
2021年03月22日

JPホールディングスグループの全国200を超える園の保育士が事故防止専門プログラム研修をオンライン受講

■保育士の安全知識を高め、さらなる安全&安心な施設運営を実現

 子育て支援事業最大手のJPホールディングス<2749>(東1)グループは、グループ運営施設における安全管理体制強化の一環として、3月3日(水)に、全国の200を超える園の保育士を対象に、オンラインで事故防止専門プログラム研修を実施した。

111.jpg

■重篤事故ゼロ、安全&安心を第一に保育・育成を実施

 JPホールディングスグループでは、「安全&安心を第一に保育・育成を実施します」というグループ運営理念のもと、全社を挙げて運営施設の安全強化に努めている。グループ全体で、200を超える保育園を全国展開しているが、2000年に子育て支援事業をスタートして以来、重篤な事故は発生していない。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:05 | プレスリリース

AMBITIONの子会社は新築投資用デザイナーズマンション『PREMIUM CUBE 東中野』販売開始

 AMBITION<3300>(東マ)の子会社で、新築投資用デザイナーズマンションの開発を手掛けるヴェリタス・インベストメントは、『PREMIUM CUBE 東中野』(東京都新宿区、竣工予定日:2021年4月中旬、入居予定日:2021年4月下旬)の販売を開始した。

111.jpg

 ヴェリタスの『PREMIUM CUBE』シリーズは、都内プレミアムエリアを中心に、そのデザイン性やロケーションの良さが好評で、常に早期完売している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:45 | プレスリリース

ケイアイスター不動産が経産省の「新・ダイバーシティ経営企業100選」(令和2年度)に選出される

■働きやすい環境づくりと職人の育成で事業の継続的拡大を実現

 ケイアイスター不動産<3465>(東1)は3月22日の午後、経済産業省が平成24年度から実施している「新・ダイバーシティ経営企業100選」に同社として初めて選出されたと発表した。

■2017年に「ダイバーシティ推進室」、男女・国籍問わず評価

 ダイバーシティ経営とは、「多様な人材を活かし、その能力をが最大限発揮できる機会を提供することで、イノベーションを生み出し、価値創造につなげている経営」を指す。経済産業省の「新・ダイバーシティ経営企業100選」は、同省がダイバーシティ経営に取り組む企業のすそ野拡大を目的に、多様な人材の能力を活かし、価値創造につなげている企業を表彰する取り組みで、平成24年度から実施している。これまでの8年間で268社が選定された。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:33 | プレスリリース