[プレスリリース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (09/12)AGCの太陽光発電ガラスがシンガポール工科大学のブンゴル新キャンパスに採用
記事一覧 (09/11)東芝は世界最高のエネルギー変換効率15.1%を実現したフィルム型ペロブスカイト太陽電池を開発
記事一覧 (09/11)コマツは米の鉱山機械見本市で約650キロ以上離れた遠隔操作で半自動化作業のデモンストレーションを実施
記事一覧 (09/10)インフォマートは建設ドットウェブと共同で建設業界の業務デジタル化を推進する取り組み「建設デジタル化戦略」を発表
記事一覧 (09/10)ダブルエーグループの卑弥呼、初のEC連動型旗艦店を明治神宮前に出店
記事一覧 (09/10)綿半HD、生鮮食品を導入し「綿半スーパーセンター八田店」が9月10日リニューアルオープン
記事一覧 (09/09)東武鉄道は「東武鉄道公式ファンクラブ」を開設
記事一覧 (09/08)ホンダは日本での自動運転モビリティサービス事業実現に向け技術実証を9月中に開始
記事一覧 (09/08)住友化学はリサイクルプラスチックの新ブランド「Meguri」を立ち上げ
記事一覧 (09/08)鳥貴族がウィルグループの外国人労務管理システム『ビザマネ』を導入!1000人以上の外国人労務管理工数と店長の負担を大幅削減
記事一覧 (09/08)博報堂DYホールディングスなど3社はバイドゥのビッグデータを活用して日本企業の日中越境ECや現地ビジネスを支援
記事一覧 (09/07)りそなHDは百十四銀行とデジタル分野における戦略的業務提携を締結
記事一覧 (09/07)ウェザーニューズは洋上エネルギー気象チームを新設、洋上風力発電事業の業務を総合的に支援
記事一覧 (09/07)再生医療事業のセルソースと医療支援クラウドサービスのエムネスが戦略的パートナーシップを締結
記事一覧 (09/07)NexToneはデジタルコンテンツディストリビューション業務にて「TikTok」への原盤提供を開始
記事一覧 (09/06)川崎重工は大阪ガスインターナショナルトランスポートから船舶運航管理支援システム「SOPass」を受注
記事一覧 (09/06)オリコングループは日本最大のオーディション情報メディア「デビュー」の芸能活動を目指す人と芸能プロダクションのマッチング機会を増やす「スカウト機能」を拡充
記事一覧 (09/04)世界初!日本板硝子は水素エネルギーによる建築用ガラスの製造実験に成功
記事一覧 (09/03)プラレール62年間の歴史で初!タカラトミーは電池なしで電動走行する「テコロでチャージ」シリーズ2種を発売
記事一覧 (09/03)インフォマートは国産ジビエの外食産業向けの販路開拓・拡大を支援
2021年09月12日

AGCの太陽光発電ガラスがシンガポール工科大学のブンゴル新キャンパスに採用

 AGC<5201>(東1)は9月10日、太陽光発電ガラスが2024年にオープン予定のシンガポール工科大学のブンゴル新キャンパスに採用されたと発表した。

agc1.jpg

 シンガポール工科大学のプンゴル新キャンパスは、シンガポール建設局によって設けられたSLE(Super Low Energy)認証(従来の建物で必要なエネルギーを省エネと創エネで40%以上を削減した建物に与えられる認証)の取得を目指し、エネルギーの供給元を分散化して地域の再生可能エネルギーの有効活用を可能にするマルチエネルギー・マイクログリッドを、東南アジアで初めて設置する予定。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:09 | プレスリリース
2021年09月11日

東芝は世界最高のエネルギー変換効率15.1%を実現したフィルム型ペロブスカイト太陽電池を開発

■軽量で曲げることが可能で多様な場所に設置できる次世代太陽電池の実用化に向け前進

 東芝<6502>(東1)は9月10日、新たな成膜法を開発することにより世界最高のエネルギー変換効率15.1%を実現したフィルム型ペロブスカイト太陽電池を開発したと発表した。

toshiba1.jpg

 同社は、2018年6月にペロブスカイト太陽電池として世界最大サイズ(703cm2,)のモジュールを開発しているが、この世界最大サイズを維持しながら、成膜プロセスの高速化と変換効率の向上に成功した。15.1%は、現在普及している多結晶シリコン型の太陽電池のエネルギー変換効率に相当する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:52 | プレスリリース

コマツは米の鉱山機械見本市で約650キロ以上離れた遠隔操作で半自動化作業のデモンストレーションを実施

■鉱山現場向け超大型油圧ショベルの遠隔操作化と、無人ダンプトラック運行システムAHSとの協調による半自動化を実現

komatsu1.jpg

 コマツ<6301>(東1)は、9月13日から15日までの3日間、米国ネバダ州ラスベガスで開催される鉱山機械見本市「MINExpo INTERNATIONAL 2021(MINExpo)」において、展示会場に設置した遠隔操作用コンソールから、約650キロ以上離れた米国アリゾナ州に設置した超大型油圧ショベル「PC7000−11」を遠隔操作して、無人専用運搬車両「Innovative Autonomous Haulage Vehicle」との協調による半自動化作業のデモンストレーションを実施する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:45 | プレスリリース
2021年09月10日

インフォマートは建設ドットウェブと共同で建設業界の業務デジタル化を推進する取り組み「建設デジタル化戦略」を発表

 BtoBビジネスを革新する信頼のリーディングカンパニーを目指す、インフォマート<2492>(東1)は9月10日、株式会社建設ドットウェブ(本社:石川県金沢市、代表取締役:三國浩明)と共同で、建設業界における業務デジタル化とDX推進を目的とした取り組み「建設デジタル化戦略」を発表した。(写真=左から、インフォマート代表取締役社長:長尾收氏/建設ドットウェブ代表取締役:三國浩明氏)

infoma1.jpg

■「建設デジタル化戦略」提唱の背景

 新型コロナウイルス感染拡大に伴うテレワーク推進を背景に、「脱ハンコ」「脱FAX」といった「業務プロセスや帳票のデジタル化」や、「DX(デジタルトランスフォーメーション)」への関心が高まってきており、クラウドサービス等を導入する企業も増加している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:39 | プレスリリース

ダブルエーグループの卑弥呼、初のEC連動型旗艦店を明治神宮前に出店

 ダブルエー<7683>(東マ)グループの株式会社卑弥呼は9月9日、9月15日(水)に旗艦店として初の「EC連動型ショップ」を明治神宮前にオープンすると発表した。

himiko1.jpg

 オープンするのは、EC限定商品を試すことができる唯一の店舗であり、国内最大級のアイテム数を取り揃えた店舗となる。店頭では今シーズン展開している商品全てのサイズを試すことができ、商品はECから素早く自宅に配送することで、持ち帰りの負担がなく買い物できる(当日の持ち帰りも可能)。また、シューフィッターが在籍しており、2階の予約制フィッティングサロンで顧客の足を計測し、商品の提案をするサロン併設型店舗となる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:34 | プレスリリース

綿半HD、生鮮食品を導入し「綿半スーパーセンター八田店」が9月10日リニューアルオープン

■鮮魚売場には、活きた魚を選んで購入できる「いけす」を設置

 綿半ホールディングス<3199>(東1)は9日、綿半ホームエイド八田店が、9月10日生鮮食品を取り揃えたスーパーセンターにリニューアルオープンすると発表した。

watahan1.jpg

 綿半スーパーセンター八田店は、青果・鮮魚・精肉・惣菜・グローサラントを導入したフーズエリアと、ペットショップ・ガーデニング・カフェを併設したライフエリアからなる大型店舗である。フーズエリアは「ライブ感」と「鮮度」をテーマに、市場のような賑わいのある売場を展開する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:51 | プレスリリース
2021年09月09日

東武鉄道は「東武鉄道公式ファンクラブ」を開設

■東武鉄道ならではの魅力を鉄道ファンと共有する

tobu1.jpg

 東武鉄道<9001>(東1)は9日、合同会社DMM.comの提供する会員制コミュニティサービスであるDMMオンラインサロンにおいて、2021年9月1日(水)から月額会員制のオンラインサロン「東武鉄道公式ファンクラブ」を開設したと発表。

※「東武鉄道公式ファンクラブ」のページ
https://lounge.dmm.com/detail/3496/
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:44 | プレスリリース
2021年09月08日

ホンダは日本での自動運転モビリティサービス事業実現に向け技術実証を9月中に開始

■2022年には栃木県宇都宮市・芳賀町で公道実証を実施

 ホンダ<7267>(東1)は8日、GMクルーズホールディングスLLC(クルーズ)、ゼネラルモーターズ(GM)と共同で展開予定の日本での自動運転モビリティサービス事業に向け、自動運転技術に関する技術実証を、2021年9月中に開始すると発表した。

honda1.jpg

 自動運転モビリティサービスの技術実証は、栃木県宇都宮市・芳賀町で実施する。まず、自動運転車両がより安全に走行するための準備として、地図作成車両を用いた高精度地図の作成を行う。高精度地図の準備が整い次第、自動運転車両「クルーズAV」による公道走行を通じて、日本の交通環境や関連法令などに合わせた自動運転技術を開発・検証する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:46 | プレスリリース

住友化学はリサイクルプラスチックの新ブランド「Meguri」を立ち上げ

 住友化学<4005>(東1)は8日、リサイクル技術を活用して得られるプラスチック製品について、新ブランド「Meguri(メグリ)(TM)」(商標登録中)を立ち上げると発表。

sumi1.jpg

 「Meguri(TM)」の普及を通じて、温室効果ガス(GHG)排出削減をはじめとする環境負荷低減への貢献を目指していく。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:33 | プレスリリース

鳥貴族がウィルグループの外国人労務管理システム『ビザマネ』を導入!1000人以上の外国人労務管理工数と店長の負担を大幅削減

■『ビザマネ』導入事例を公開

 人材サービスを主力とするウィルグループ<6089>(東1)は、大手焼き鳥屋チェーン「鳥貴族」を展開する鳥貴族ホールディングス<3193>(東1)の『ビザマネ』導入事例を公開した。

tori1.jpg

 『ビザマネ』は、外国人雇用企業向けの労務管理クラウドシステムで、在留カードの偽造チェックから、データ・在留期限管理を一気通貫で行え、外国人雇用の入社から退職までの労務管理サポートすることができる。ビザマネの導入により外国人労務管理の工数を大幅削減した事例の紹介となる。

【株式会社鳥貴族ホールディングス様の事例詳細】
https://visamane.jp/article/15/
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:19 | プレスリリース

博報堂DYホールディングスなど3社はバイドゥのビッグデータを活用して日本企業の日中越境ECや現地ビジネスを支援

■博報堂DYホールディングスとバイドゥ、戦略的パートナーシップを締結

 博報堂DYホールディングス<2433>(東1)の研究開発部門マーケティング・テクノロジー・センター(MTC)は7日、バイドゥと博報堂DYグループのデジタル・アドバタイジング・コンソーシアムと共同で、MTCのマーケティング・テクノロジーに関するソリューション開発力と、バイドゥの中華人民共和国本社が保有するビッグデータ(Baidu Big Data)、DACの中国デジタルマーケティングのノウハウを掛け合わせ、越境ECビジネス・中国現地でのビジネスに挑戦する日本企業・団体に向けて、日中クロスボーダービジネス支援ソリューション”HDYxBaidu(バイドゥ) Data Marketing Next”の提供を開始すると発表した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:03 | プレスリリース
2021年09月07日

りそなHDは百十四銀行とデジタル分野における戦略的業務提携を締結

 りそなホールディングス<8308>(東1)百十四銀行<8386>(東1)は7日、デジタル分野における戦略的業務提携を締結したと発表。

riso1.jpg

 りそなHDでは従来から、資本関係やシステム統合にとらわれない柔軟な連携を通じて、異業種や地域金融機関の方々とWIN−WINの関係を築いていく共創型のプラットフォームの構築を目指している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:12 | プレスリリース

ウェザーニューズは洋上エネルギー気象チームを新設、洋上風力発電事業の業務を総合的に支援

■AI技術を活用した高解像度予測モデルで洋上風力発電事業を支援

 ウェザーニューズ<4825>(東1)は7日、洋上風力発電市場向けの新規事業を立ち上げたと発表した。

ue1.jpg

 近年は、再生可能エネルギーの推進で洋上風力発電事業に参入する企業が増加し、海上の気象情報へのニーズが増えている。一方で同社は、これまで海運会社を中心に、工事機材を積んだ船舶の最適航路支援や、電力会社への発電量予測の提供などを通して、洋上風力発電事業を部分的にサポートしてきた。ニーズの高まりを受けて、同社は専門スタッフによる支援やより高度なサービス開発の必要性を確認し、洋上エネルギー気象チームを新設した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:41 | プレスリリース

再生医療事業のセルソースと医療支援クラウドサービスのエムネスが戦略的パートナーシップを締結

 再生医療関連事業のセルソース<4880>(東マ)と株式会社エムネスは7日、エムネスの医療支援クラウドサービス「LOOKREC」(ルックレック)の医療機関への導入拡大に向け戦略的パートナーシップを締結したと発表。

111.jpg

 セルソースは変形性関節症・スポーツ傷害や不妊治療等を目的とした再生医療関連事業を通じて約800院の整形外科や産科・婦人科の医院と提携しており、今後、同領域でのLOOKRECサービスの普及を目指して医療機関への導入提案を行っていく。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:58 | プレスリリース

NexToneはデジタルコンテンツディストリビューション業務にて「TikTok」への原盤提供を開始

■投稿動画における正規原盤利用の促進と著作権使用料の適正な分配に向けて連携を強化

 NexTone<7094>(東マ)は6日、同社が展開するデジタルコンテンツディストリビューション業務(DD業務)において、ショートムービープラットフォーム「TikTok」と原盤使用におけるライセンス契約を締結し、同社が保有する音楽原盤の提供を開始したと発表。

111.jpg

 TikTok発の音楽やアーティストがシーンを賑わす中で、プラットフォーム上でユーザーから投稿される動画内での原盤利用に対して、動画の制作数に応じて原盤使用料の対価を得られるようになる。同契約では、原盤利用における収益化の実現を始めとし、以下の3点を目的としている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:35 | プレスリリース
2021年09月06日

川崎重工は大阪ガスインターナショナルトランスポートから船舶運航管理支援システム「SOPass」を受注

 川崎重工<7012>(東1)は6日、船舶運航管理支援システム「SOPass(R)」を大阪ガス<9532>(東1)グループの大阪ガスインターナショナルトランスポートから受注したと発表。今回の受注は、同社からの初受注であり、同社が用船し就航中のLNG(液化天然ガス)運搬船1隻に搭載される。

kawa1.jpg

 SOPass(R)は、衛星通信を介して船舶から取得したリアルデータと当社が持つ船舶に関する工学的知見とICT/IoT技術の融合により、船舶の運航管理に有益な情報を提供するサービス。新造船、既就航船を問わず搭載・利用が可能で、運航状況の見える化、各種性能解析、LNG貨物の管理最適化機能に加え、輸送中に自然蒸発する天然ガス(ボイルオフガス)を管理し、有効利用することで省エネと環境負荷の低減に寄与する最適航路計算機能を有している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:55 | プレスリリース

オリコングループは日本最大のオーディション情報メディア「デビュー」の芸能活動を目指す人と芸能プロダクションのマッチング機会を増やす「スカウト機能」を拡充

■コロナ禍で街頭スカウトが難しい時代に、Web上で完結する新たなスカウトの形を提供

 オリコン<4800>(JQS)グループのoricon ME(オリコン エムイー)は6日、2002年から自社で運営している”芸能界デビューを夢見る人を応援する”日本最大のオーディション情報メディア「デビュー」にて、コロナ禍で直接的なスカウト機会が減っているなか、芸能活動を目指す人と芸能プロダクションのマッチング機会拡大を目的とした、有料会員向けサービスにおける「スカウト機能」を、9月6日(月)から拡充したと発表。

ori1.jpg

​ 「デビュー」では、登録者向けにオーディション募集情報のほか、オーディションのHOW TO記事・動画、オリジナルのスキルアップ企画などを提供。またサービスのなかで、有料会員(月額300円・500円会員)向けにデビュー編集部が厳選した芸能プロダクションからスカウトの連絡が来る「スカウト機能」を提供している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:39 | プレスリリース
2021年09月04日

世界初!日本板硝子は水素エネルギーによる建築用ガラスの製造実験に成功

■実験は多くの課題を同社の有する技術の粋を集めて解決

 日本板硝子(NSG)<5202>(東1)は3日、英国の事業所において水素エネルギーを使った世界で初めてのガラス製造の実証実験を行い、建築用ガラスを製造することに成功したと発表。

itagarasu1.jpg

 この実証実験の取り組みは、同社が2020年2月27日に発表した通り、「Hynet産業燃料転換」プロジェクトの一部。実験は8月後半の3週間にわたり、グループ企業であるPilkington United Kingdom Limited社のグリーンゲート事業所(英国セントへレンズ)で行われた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:24 | プレスリリース
2021年09月03日

プラレール62年間の歴史で初!タカラトミーは電池なしで電動走行する「テコロでチャージ」シリーズ2種を発売

■手転がし30秒でチャージ!

 タカラトミー<7867>(東1)は、鉄道玩具プラレールシリーズの新商品として、電池なしで電動走行するプラレール「電池いらずで出発進行!テコロでチャージ」シリーズ、「E5系新幹線はやぶさ」と「E6系新幹線こまち」(希望小売価格:各4180円/税込)を、2021年10月21日(木)から全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、インターネットショップ、プラレール専門店「プラレールショップ」、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」等で発売する。

■【プラレール】電池なしで電動走行!?「テコロでチャージシリーズ」 チャージのひみつ編


>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:39 | プレスリリース

インフォマートは国産ジビエの外食産業向けの販路開拓・拡大を支援

■国産ジビエの認証施設とオンラインで結び、プロモーション活動の支援を開始

infoma1.jpg

 国内最大級のフード業界向けプラットフォームを運営する、インフォマート<2492>(東1)は2日、外食産業の業界団体である一般社団法人日本フードサービス協会(JF)と連携し、「国産ジビエ認証制度」等の認証を取得した食肉処理施設から全国の飲食店向けに供給される安全安心なジビエの販路拡大とプロモーション活動の支援を開始したと発表。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:29 | プレスリリース