[プレスリリース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/02)ケンコーマヨネーズは独自の社内検定を実施し「たまごスペシャリスト」の育成を推進、オリジナルロゴマークを作成
記事一覧 (03/01)TACは「TAC テストセンター」サービスを開始
記事一覧 (03/01)AMBITIONの子会社は新築投資用デザイナーズマンション『PREMIUM CUBE中野』のキャンセル待ち受付を開始
記事一覧 (03/01)クリーク・アンド・リバー社の子会社は大人気RPGシリーズ最新作『ブレイブリーデフォルトU』を開発
記事一覧 (02/22)アイリッジの子会社フィノバレーの支援する世田谷区のデジタル商品券・地域通貨「せたがやPay」が提供開始 
記事一覧 (02/18)JPホールディングスグループは経営理念・運営理念を刷新し、コーポレートメッセージを新たに制定
記事一覧 (02/18)加賀電子は女子プロゴルファー山下美夢有選手と所属契約を締結
記事一覧 (02/17)AMBITIONの子会社は新築投資用デザイナーズマンション『PREMIUM CUBE G 北新宿 DEUX』販売開始
記事一覧 (02/16)ケンコーマヨネーズの子会社が発売する「海老と緑野菜のガーリックオイル」が好調
記事一覧 (02/16)ミロク情報サービスは中堅・中小企業向けクラウド型ERPシステム『MJSLINK DX』を3月から販売開始
記事一覧 (02/09)クリーク・アンド・リバー社はニュース番組形式の社員向け動画制作・配信サービスの提供をスタート
記事一覧 (02/09)パイプドHDグループの「美歴BIREKI」と「美歴店舗管理サービス」をフルリニューアル
記事一覧 (02/03)ケンコーマヨネーズは業務用2021年春夏の新商品8品を発売
記事一覧 (01/29)クリナップはシステムキッチンにハンズフリー水栓を追加
記事一覧 (01/28)アスカネットは出産報告・お祝い金の受け渡しができる「e−tayori(いい・たより)」のサービスを開始
記事一覧 (01/27)トーソーは「ビジネスオンラインサービス・サンプルWEBオーダー」を公開!
記事一覧 (01/27)ミロク情報サービスは「東京ヴェルディ」、「日テレ・東京ヴェルディベレーザ」と2021シーズンCSRパートナー契約を締結
記事一覧 (01/27)日本エンタープライズは期間限定!「ちょこっとゲーム forスゴ得」に「かいじゅうステップ ワンダバダ」のゲームを配信
記事一覧 (01/26)ケンコーマヨネーズの子会社ダイエットクックサプライから「春キャベツのコールスローサラダ」を発売
記事一覧 (01/25)ケンコーマヨネーズは同社商品サイトでポテサラ10年史と新アレンジレシピ9品を公開!
2021年03月02日

ケンコーマヨネーズは独自の社内検定を実施し「たまごスペシャリスト」の育成を推進、オリジナルロゴマークを作成

■社内独自の検定試験、第4回を実施し9名が合格

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)は、独自の社内検定を実施し「たまごスペシャリスト」の育成を推進するとともに、オリジナルのロゴマークを作成した。

11.jpg

 同社は、業務用食品メーカーとして、サラダ・総菜類、マヨネーズ・ドレッシング類、タマゴ加工品の製造・販売を行っている。タマゴ加工品に分類される、タマゴサラダ、厚焼き卵、錦糸卵、スクランブルエッグのメインの原料は全て“たまご”。たまごは、調理の仕方によって、様々な味や見た目、食感を生み出す、とても奥が深い食材。「たまごスペシャリスト」はそんなたまごの魅力を伝え、確かな知識と技術を身に付けた者の称号として、2019年に同社で誕生した。

 2021年1月に実施した第3回検定試験では11名が、2月に実施した第4回検定試験では9名が合格し、晴れて「たまごスペシャリスト」となった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:57 | プレスリリース
2021年03月01日

TACは「TAC テストセンター」サービスを開始

 TAC<4319>(東1)は3月1日、「TAC テストセンター」サービスを開始すると発表した。

 新型コロナウイルス(COVIT−19)の感染拡大に伴い、各種の資格試験、検定試験、入学試験や企業等における採用試験や昇進試験、認定試験などに関して、従来通りの方法で実施することが難しい状況が続いている。また、感染拡大の収束時期に関しても不透明ないしは「with コロナ」や「after コロナ」と言われる共存を前提とした生活様式への変化が求められる状況となっており、新型コロナウイルスなどの感染症等による不測の事態が生じても影響を受けにくいコンピュータを利用した試験実施についてのニーズが高まってきている。

 そこで、同社は日本全国の主要都市に直営校舎を持つ強みを生かし、大人数の試験会場になり得る教室や、個人で受験できる個別ブースを試験用として貸出しするとともに、これまでに培ってきた試験の申込受付や運営管理等のノウハウをパッケージ化した総合的なサービスをご提供することとした。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:04 | プレスリリース

AMBITIONの子会社は新築投資用デザイナーズマンション『PREMIUM CUBE中野』のキャンセル待ち受付を開始

 AMBITION<3300>(東マ)の子会社で、新築投資用デザイナーズマンションの開発を手掛ける株式会社ヴェリタス・インベストメントは、『PREMIUM CUBE 中野』(東京都中野区、竣工予定日:2020年12月下旬、入居予定日:2021年1月上旬)について、全39戸のキャンセル待ちの受付を開始した。

11.jpg

 また、中野区では、2012年の中野四季の都市のオープンを皮切りに、中野エリアの中心部であるJR中野駅、中野区役所、中野サンプラザを含む「駅周辺」の総合的な開発計画が立てられ、「東京の新たなエネルギーを生み出す活動拠点」としていくためのまちづくりが進められている。

 さらに、中野駅の北側にあたる中野四丁目と南側にあたる中野二丁目なども再開発し新都市を拡張し、新しい中野エリアの中核都市とする「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」も進められている。これらが完成することで、機能的で便利な街となると同時に、環境に優しく防災面でも優れた都市環境が誕生する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:38 | プレスリリース

クリーク・アンド・リバー社の子会社は大人気RPGシリーズ最新作『ブレイブリーデフォルトU』を開発

■スクウェア・エニックスから発売

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)のゲーム分野の子会社・クレイテックワークス(CTW)が開発するNintendo Switch用RPG『ブレイブリーデフォルトU』が、2月26日(金)に株式会社スクウェア・エニックスから発売された。

11.jpg

■『ブレイブリーデフォルトU』概要

 『ブレイブリーデフォルトU』は「ブレイブリー」シリーズや「OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)」の開発陣によるシリーズ完全新作RPG。クリスタルに導かれた新たな4人の光の戦士たちが、それぞれの使命と目的を果たすため共に旅に出る。バトルでは、「ブレイブ(ターンの前借り)」と「デフォルト(ターンの貯金)」でターンを制御する戦略的なバトルシステムが好評を博しており、今作でも採用される。楽曲は、「ブレイブリーデフォルト」を手掛けたRevo(Sound Horizon/ Linked Horizon)氏が、引き続き今作も担当する。

12.jpg

 「ブレイブリー」シリーズとしては、2012年にシリーズ1作目となる「ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー」が発売された。その後「ブレイブリーデフォルト フォーザ・シークウェル」、「ブレイブリーセカンド エンドレイヤー」が続編として発売され、シリーズを通じて王道ファンタジーRPGとしての世界観が好評を博し、シリーズの全世界累計出荷・ダウンロード販売本数は240万本を突破(2020年6月末時点)している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:53 | プレスリリース
2021年02月22日

アイリッジの子会社フィノバレーの支援する世田谷区のデジタル商品券・地域通貨「せたがやPay」が提供開始 

■全国のセブン銀行ATMでチャージ可能

 アイリッジ<3917>(東マ)の連結子会社でフィノバレーの支援する、東京都世田谷区のデジタル商品券・地域通貨「せたがやPay」が、2月20日(土)から提供開始された。また同日から、コロナ禍の影響を受ける飲食店の支援を目的とした飲食店応援キャンペーンを、3月4日(木)からは「せたがやPay」利用促進を目的としたプレミアム付与キャンペーンを実施する。

11.jpg
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:54 | プレスリリース
2021年02月18日

JPホールディングスグループは経営理念・運営理念を刷新し、コーポレートメッセージを新たに制定

■新たな理念のもと、幼児教育と地域連携を軸に子育て支援事業の拡充に臨む

 子育て支援事業最大手JPホールディングス<2749>(東1)グループは、子育て支援事業のさらなる質的向上と事業を通じた社会貢献を標榜として、グループ経営理念・運営理念を刷新し、コーポレートメッセージを新たに制定した。

 同社は、今後、ますます重要となる子育て支援において、新しい経営理念のもと、グループ全体の一体感を醸成し、幼児教育をはじめとしたさらなる保育・育成の質的向上を目指して、地域社会とより強く連携した子育て支援事業の拡充と発展に努めていくとしている。

◆経営理念・運営理念を刷新、新たにコーポレートメッセージを制定

 経営理念・運営理念は、従前の経営理念をよりわかりやすく、具体的に表現する形で刷新された。地域と共生する、笑顔溢れる社会の実現に向け、同社グループが子育て支援事業者として社会に提供する価値や、そのために従業員一人ひとりが実践すること、心掛けることが示されている。

 「すべてはこどもたちの笑顔のために」というコーポレートメッセージには、同社グループの事業活動のすべてが、こどもたちの笑顔につながるようにという思いが込められている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:08 | プレスリリース

加賀電子は女子プロゴルファー山下美夢有選手と所属契約を締結

 加賀電子<8154>(東1)は、女子プロゴルファーの山下美夢有(ヤマシタ ミユウ)選手と所属契約を締結したと発表。

 山下美夢有選手は、プラチナ世代や新世紀世代などトーナメントで活躍している選手が集う2019年度JLPGAのプロテスト合格者。2020年12月開催のJLPGA新人戦加賀電子カップでは惜しくも準優勝だったが、全てのホールでパーオン、そしてノーボギーでラウンド、トータル6アンダーをマークした実力の持ち主。2020〜2021年シーズンは12月時点で賞金ランキング53位(暫定)に位置しており、今後のレギュラートーナメントでの活躍が期待されている。

 現在、同社所属の女子プロは土田沙弥香選手、東浩子選手、川岸史果選手などがいる。

p11.jpg

【山下美夢有選手のプロフィール>】
・生年月日:2001年8月2日
・出身地:大阪府寝屋川市
・出身校:大阪桐蔭高等学校
・身長:150cm
・血液型::A型
・プロ入会期:92期(2020年1月1日)
・主な戦績:2020年スタンレーレディスゴルフトーナメント5位タイ、樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント8位タイ、LPGA 新人戦 加賀電子カップ準優勝
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 07:40 | プレスリリース
2021年02月17日

AMBITIONの子会社は新築投資用デザイナーズマンション『PREMIUM CUBE G 北新宿 DEUX』販売開始

 AMBITION<3300>(東マ)の子会社で、新築投資用デザイナーズマンションの開発を手掛ける株式会社ヴェリタス・インベストメントは、『PREMIUM CUBE G 北新宿 DEUX』(東京都新宿区、竣工予定日:2021年3月中旬、入居予定日:2021年3月下旬)について、販売を開始した。

PREMIUM CUBE G 北新宿 DEUX
11.jpg

 ヴェリタスの『PREMIUM CUBE』シリーズは、都内プレミアムエリアを中心に、そのデザイン性やロケーションの良さが好評で、常に早期完売している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:20 | プレスリリース
2021年02月16日

ケンコーマヨネーズの子会社が発売する「海老と緑野菜のガーリックオイル」が好調

■デパ地下惣菜のようなプチ贅沢気分を味わえるサラダ

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)の100%子会社「関東ダイエットクック」から、スーパーマーケットや量販店の惣菜売り場において好調な売れ行きの「海老と緑野菜のガーリックオイル」を紹介。
ken1.jpg

 「海老と緑野菜のガーリックオイル」は、主にマヨネーズを使用したサラダを取り扱うことが多いスーパーマーケットや量販店の惣菜売り場において、あえてマヨネーズを使わずにデパ地下惣菜のような高級感のある商品を目指し開発した。食材の色味を損なわないよう、オイル入りガーリックソースで味付けをし、海老や具材感のある緑野菜の色が映える、見た目にも華やかな惣菜に仕上げた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:50 | プレスリリース

ミロク情報サービスは中堅・中小企業向けクラウド型ERPシステム『MJSLINK DX』を3月から販売開始

■システム連携強化、AI自動仕訳によりDXを推進し、スピード経営と企業価値向上を実現

 財務・会計システムおよび経営情報サービスを開発・販売するミロク情報サービス<9928>(東1)(MJS)は、中堅・中小企業向けのクラウド型ERPシステム『MJSLINK DX(エムジェイエスリンク ディーエックス)』を3月から販売を開始する。

mj1.jpg

 経済・社会におけるデジタル化の急速な進展により、各企業はこれまで以上に迅速な経営判断が求められる。『MJSLINK DX』は、中堅・中小企業向けに開発したクラウド型ERPシステムで、「AIにより業務の高度化、改革を支援」をコンセプトに、多彩な業務モジュール(財務・税務・給与・人事・販売・固定資産管理・リース管理)を提供する。AI機能をさらに拡充し、外部システムとのシームレスな連携や自動仕訳を強化するなど、業務のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進を強力にサポートする。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:39 | プレスリリース
2021年02月09日

クリーク・アンド・リバー社はニュース番組形式の社員向け動画制作・配信サービスの提供をスタート

■テレワークでも企業の社内コミュニケーションを進化!

 プロフェッショナル・エージェンシー事業を展開するクリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)(C&R社)は、ニュース番組形式の社員向け動画制作・配信サービス「カンパニー報道局」(月額定額制)の提供をスタートした。

11.jpg

■社員専用のニュース番組制作・配信サービス「カンパニー報道局」を提供

 新型コロナウイルス感染症の影響で、テレワークの導入が急速に広がり常態となりつつある昨今。人と人との距離が物理的に離れ、コミュニケーションに課題を感じることは少なくない。日経BP総合研究所 イノベーションICTラボの調査によると、テレワーク利用の不便・不安な点・阻害要因として一番多かった回答は、「同僚(上司や部下を含む)とのコミュニケーションに支障がある」で、48%もの人が回答している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:02 | プレスリリース

パイプドHDグループの「美歴BIREKI」と「美歴店舗管理サービス」をフルリニューアル

■よりセキュアで再来店につながる顧客管理環境を提供

 パイプドHD<3919>(東1)グループの美歴は、美容室向け電子ヘアカルテ共有アプリ「美歴BIREKI」と店舗向けの「美歴 店舗管理サービス」を、本日2月9日に全面リニューアルした。

 美歴は、2014年に「美歴アプリ」および「美歴 店舗管理サービス」を提供開始し、改善を重ねてきた。昨今、重要性が高まる情報セキュリティ対策をより高いレベルにし、また、迅速なサービス改善を継続的に実現するために、システム構造の抜本的な見直しを含むサービスのフルリニューアルを実施した。

■リニューアル9のポイント

11.jpg

(1)「美歴アプリ」がスタイリスト向けとお客様向けの2つに分かれる
(2)(機能改善)店舗単位での顧客管理の利便性を向上
(3)(機能改善)お客様ごとの履歴をわかりやすく
(4)(新機能)予約管理機能を標準実装
(5)(新機能)施術メニューのカスタマイズが可能
(6)(新機能)商品カタログ機能を実装
(7)(新機能)クーポンカードを実装
(8)(新機能)より良いカウンセリング体験を提供
(9)(改善)店舗管理画面がシンプルに使いやすく
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:11 | プレスリリース
2021年02月03日

ケンコーマヨネーズは業務用2021年春夏の新商品8品を発売

■ドレッシングやふるさとの味わいを楽しめる和惣菜も

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)は、フードサービス業向けにマヨネーズ・ドレッシング類、サラダ・総菜類、タマゴ加工品の新商品、計8品を2月15日(月)に発売する。

 今回は、いつもの美味しさを変えることなく毎日の食生活をサポートする新シリーズのドレッシングや、人気の『和彩万菜』シリーズ、郷土料理の味わいが楽しめる商品などを発売する。飲食店のテイクアウトやデリバリーなどの需要が増える中、いずれも小容量の使いやすいサイズで、衛生面や食品ロス削減の観点からも役立つラインナップ。業態別にあわせたメニューを用意し、外食やコンビニエンスストア、量販店、ベーカリーなど各業態に向けて、きめ細かな提案を行っていく。

11.jpg


(Pick Up!)

■「サポドレ」シリーズ

 近年高まる、食を通じた健康志向の高まりに応え、「いつものドレッシングで、身体にうれしいサポートを」をコンセプトとしたドレッシングの新シリーズ。毎日食べたい定番人気の味わいに、ごまドレッシングにはソイプロテイン、クリーミーオニオンドレッシングには食物繊維とオリゴ糖をプラスし、日常の食生活を応援する。サラダにかけるほか、温・冷惣菜など幅広いメニューに活用できる。

■「のせるだけ」シリーズ

 ごはん、パン、サラダなどにのせるだけで、手軽に主食や主菜が完成する便利なシリーズ。2食分の使い切りに最適な160gの小容量タイプで、飲食店のテイクアウトや、カフェ、レストランなどの業務用ルートのほか、ご家庭でも使いやすいパウチ惣菜。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:56 | プレスリリース
2021年01月29日

クリナップはシステムキッチンにハンズフリー水栓を追加

■さらに使いやすさや安全性、デザイン性を向上させた機器類も刷新

 クリナップ<7955>(東1)は、システムキッチン「CENTRO(セントロ)」、「STEDIA(ステディア)」をはじめとする各シリーズの快適機能や省エネ性能を搭載する関連機器を刷新し、2021年2月1日から受注を開始する。

 これまで好評だった、手をかざすことで水栓に触れることなく吐水・止水操作ができるタッチレス水栓の上位機種として、手をかざす動作も不要なハンズフリー水栓(浄水器兼用タイプ)を追加する。ハンズフリー水栓は、手や食器、食材をセンサーで感知して自動で吐水・止水を行うため手をかざす動作が必要なくなり、浄水専用センサーによる浄水の吐水もタッチレスで可能となる。ハンズフリー・タッチレス水栓はともに、汚れた手指を触れることがないため、現在注目されているキッチン設備のひとつ。

 また、コンロからの油はねを抑えるフロントスクリーンには、ロータイプで人気のコンセント付をハイタイプにも用意。キッチン・ダイニングの両側から使用でき、調理家電を効率的に使いこなすことができる。ワークトップやレンジフードのデザインと調和するようスリムなデザインになるとともにブラック色の追加によりコーディネートの幅も広がり、空間への対応力もアップする。

 上記以外にも、安全性に配慮しながら、デザイン性や機能性が向上した最新のIHクッキングヒーターも新たに選択できるようになり、より充実した調理環境をご提供できるようになる。

k1.jpg

■ハンズフリー水栓[対象キッチンシリーズ:CENTRO、STEDIA]

 新しい生活様式にも対応するハンズフリー水栓(浄水器兼用タイプ)を追加した。吐水口に内蔵のセンサーがモノや手の位置と動きを感知し、吐水・止水を自動で行い、汚れた手で水栓に触れることなく、手や食器、食材をあらうことができる。浄水専用センサーで浄水の吐水もタッチレスを実現した。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:24 | プレスリリース
2021年01月28日

アスカネットは出産報告・お祝い金の受け渡しができる「e−tayori(いい・たより)」のサービスを開始

■住所がわからなくてもスマホから簡単に「出産報告」と「お祝い金の受け渡し」が可能

111.jpg

 写真表現・空中ディスプレイなど新しい技術でビジュアルイノベーションを推進するアスカネット<2438>(東マ)は、2021年1月28日(木)からスマートフォン・PCから簡単に出産報告・お祝い金の受け渡しができるWebサービス「e−tayori(いい・たより)URL: https://etayori.jp/」(特許出願中)を開始した。

 新型コロナウイルス感染者の増加に伴い、身近な家族や友人、同僚と気軽に会えない状況が続いている。「出産後」においても例外ではなく、親族や友人に直接「赤ちゃん」に会ってもらう機会は減り、「お祝い品やお祝い金」の手渡しも困難な状況になった。そんな中、今まで世の中になかった新しい「出産報告」をカタチにしたWebサービスが「e−tayori(いい・たより)」。

【e−tayori(いい・たより) のサービス概要】

 e−tayoriを利用する「出産した方・ご家族」は、スマートフォンやパソコンで簡単に20種類のデジタルテンプレートから「Webおたより」(出産報告)を作成でき、送付先住所がわからなくても、作成したWebおたより専用URLをコミュニケーションアプリやメールで送信することが可能。また、「Webおたより」を受けとった方(親族・友人・同僚など)は「お祝いコメントの送信」や「カード決済でお祝い金」(オプション)を送金することができるため「御祝儀袋」の購入・書留での送付の手間が省け、直接会わなくても「気持ち」を伝えることが可能。

112.jpg

 e−tayori(いい・たより)は「出産されたママとその家族」と「出産を支えてくれた親族や友人・同僚」の間でのコミュニケーションをデジタル上で効率的に行い、さらに「お祝い金のオンライン送金」が可能な今までにない新たなプラットフォームを目指している。(特許出願中)

■e−tayori(いい・たより) https://etayori.jp/
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:31 | プレスリリース
2021年01月27日

トーソーは「ビジネスオンラインサービス・サンプルWEBオーダー」を公開!

■サンプル・カタログをウェブから請求可能なコンテンツ

 窓辺の総合インテリアメーカーのトーソー<5956>(東2)は、ビジネスユーザー向けに、ブラインドやロールスクリーンの尺角サンプルやカタログを取り寄せる際に便利な「ビジネスオンラインサービス」をホームページ上に公開した。同サイトでは、会員登録することで、ウェブ上の専用画面からサンプルやカタログをいつでも依頼できるようになり、依頼する手間の簡略化や履歴の確認ができるサービスを開始した。

 また、同サイトの公開にあわせて、「カラーシミュレーション」や「CADデータダウンロード」、「販売店検索」などのウェブコンテンツもデザイン・内容を刷新してリニューアル公開した。

■ビジネスオンラインサービス・サンプルWEBオーダー概要
11.jpg

【公開先URL】 https://www.toso.co.jp/online_sv/

【内容】
(1)会員登録することで、送付先住所の指定が簡単になります。
(2)ブラインドやロールスクリーンなどの尺角サンプルと各種カタログの取り寄せ依頼がウェブ上でいつでもできます。
(3)マイページ内の専用画面で、請求履歴や出荷状況が確認いただけます。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:18 | プレスリリース

ミロク情報サービスは「東京ヴェルディ」、「日テレ・東京ヴェルディベレーザ」と2021シーズンCSRパートナー契約を締結

 財務・会計システムおよび経営情報サービスを開発・販売するミロク情報サービス<9928>(東1)は、Jリーグ「東京ヴェルディ」と女子チーム「日テレ・東京ヴェルディベレーザ」と2021シーズンもCSRパートナー(スポンサー)契約を締結する。これに伴い、「東京ヴェルディ」、「日テレ・東京ヴェルディベレーザ」のユニフォームへ“MJS”のロゴが掲出される。また、選手は、ロゴの入ったユニフォームを着用してプレーし、ミロク情報サービスと共にさまざまな社会貢献活動を展開していく予定。契約期間は2021年4月1日から2022年3月31日まで。

 ミロク情報サービスは、2008シーズンより「東京ヴェルディ」のスポンサー契約を継続し、13年間共に活動してきた。2011シーズンからは、なでしこジャパンを多数輩出している「日テレ・東京ヴェルディベレーザ」ともスポンサー契約を締結している。2018シーズンからは、よりCSR活動を重視し、東京ヴェルディが行う小学校や幼稚園・保育園でのサッカー教室や障がい者スポーツ体験教室の開催を支援することにより、「サッカーを通した地域貢献活動」を積極的に推進していく。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:52 | プレスリリース

日本エンタープライズは期間限定!「ちょこっとゲーム forスゴ得」に「かいじゅうステップ ワンダバダ」のゲームを配信

 日本エンタープライズ<4829>(東1)は、NTTドコモによるスマートフォン向けサービス「スゴ得コンテンツ」で提供中の「ちょこっとゲーム forスゴ得」において、期間限定でウルトラマンシリーズの怪獣たちが可愛いこどもかいじゅうになったテレビアニメ「かいじゅうステップ ワンダバダ」のゲームを配信している。

11.jpg

 「ちょこっとゲーム forスゴ得」は、電車の中や休憩時間などに“ちょこっと”誰でも簡単に遊べる定番・ミニゲームを配信しているゲームポータルサイト。同企画においては1月から3カ月連続で「かいじゅうステップ ワンダバダ」の可愛いキャラクターが登場するゲームを配信する。

■2月中旬には第2弾、3月に第3弾を配信する予定

 第1弾として1月25日(月)から開始するのは「パズパズかいじゅうステップ ワンダバダ」。「ピグちゃん」「カネちゃん」「ダダちゃん」のキャラクターが描かれたカードを3枚並べて消して得点を競う、親子でお楽しみいただけるパズルゲームとなっている。

 2月中旬には第2弾として「すうじであそぼう かいじゅうステップ ワンダバダ」を、3月には第3弾として「おやさいたべよう かいじゅうステップ ワンダバダ」を配信予定。

■「ちょこっとゲーム」
 休憩時間などに“ちょこっと”簡単に遊べるミニゲーム100種類以上
   https://www.dcm-b.jp/cs/cpsite.html?id=01cpn132001
■NHKで放送されているテレビアニメ「かいじゅうステップ ワンダバダ」
 ウルトラマンシリーズの怪獣たちが、可愛いこどもかいじゅうになった
   https://www.kaijustep.com/anime/
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:16 | プレスリリース
2021年01月26日

ケンコーマヨネーズの子会社ダイエットクックサプライから「春キャベツのコールスローサラダ」を発売

■旬の野菜を使用した春を感じる爽やかなサラダ

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)の100%子会社「ダイエットクックサプライ」は、スーパーマーケットや量販店の惣菜売り場で、旬の九州産春キャベツを使用した、爽やかな風味が特長の「春キャベツのコールスローサラダ」を2月1日(月)から発売する。

 年間で最も寒い1月が過ぎ、2月になると徐々に気温が上がり始め、春の訪れを感じる季節になっていく。そこでDCサプライでは、春が旬の野菜を使った彩りの良いサラダを開発し、旬の味わいや、季節感のある商品を求める顧客の要望に応えている。

 「春キャベツのコールスローサラダ」は柔らかさとみずみずしさが特長の九州産春キャベツを使用し、水分保持に特化したマヨネーズタイプで離水を防止することでその特長をいかしている。

 また、地元の広島県産レモン果汁を加えることで爽やかな酸味をプラスした。彩りの良い具材と桜色のトレーを使用し、春の華やかさも演出しています。食卓から春の訪れを感じられる、これからの時期におすすめのサラダ。

■「春キャベツのコールスローサラダ」について
  198円(本体)・110g
  販売地域=広島県、岡山県、香川県、愛媛県等
11.jpg
 九州産春キャベツを使用し、広島県産レモン果汁を加えた爽やかな風味のコールスローサラダ。にんじん・きゅうり・コーン・紫キャベツ・ハムなどの彩りの良い具材が華やかさを演出する。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:46 | プレスリリース
2021年01月25日

ケンコーマヨネーズは同社商品サイトでポテサラ10年史と新アレンジレシピ9品を公開!

11.jpg

 マヨネーズ・ドレッシング分野から、タマゴ加工品やサラダ・総菜分野への事業領域拡大戦略を推進しているケンコーマヨネーズ<2915>(東1)は、みんなに愛されるポテサラの10年史と、あらゆる食材をおいしくまとめるポテサラの新アレンジを紹介する「We love ポテサラ」ページを同社商品サイトで公開した。

12.jpg

 しらすと青海苔のポテトサラダ、炙りベーコンの真っ赤なポテトサラダ、バター香る ホット明太ポテサラ・・・などポテサラづくし全9品のレシピを紹介している。

■「We love ポテサラ」 ポテサラ10年史と新アレンジレシピ9品を公開!
サイトURL:https://www.kenkomayo.com/pro/pg/1r-p-welove/
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 19:36 | プレスリリース