[プレスリリース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (01/25)パイプドHDグループのパイプドビッツはローコード開発プラットフォーム「スパイラル」新版1.13.3を発表
記事一覧 (01/25)JPホールディングスグループの日本保育サービスは保育園でお正月にちなんだ園行事を開催
記事一覧 (01/25)京写が初公開の最新技術「高放熱性をもつ『厚銅基板』」など2月に出展へ
記事一覧 (01/21)「Jトラストロイヤル銀行」(カンボジア)がアジア12ヵ国を代表する『働き方ベストカンパニー』を受賞
記事一覧 (01/18)加賀電子は3Dタッチレスディスプレイソリューションを発売
記事一覧 (01/14)ファンデリーは『旬をすぐに』でワンランク上の美味しさを追求した新ブランドPREMIUMシリーズの販売を開始
記事一覧 (01/13)ケンコーマヨネーズの子会社はサラダの総合店サラダカフェからショップ新商品情報などニュースレターを配信
記事一覧 (01/12)ピックルスコーポレーションは「ご飯がススムキムチの日キャンペーン」を開催
記事一覧 (01/12)ミロク情報サービスはブロックチェーン・プラットフォーム開発の「ToposWare」と資本提携
記事一覧 (01/09)ピックルスコーポレーションは浅漬製品をブランドリニューアル
記事一覧 (01/05)ミロク情報サービスグループは信金中央金庫が構築する「しんきん事業承継コンソーシアム」に参画
記事一覧 (12/28)ファンデリーは『旬をすぐに』1月4日から新配送体系へ、最短で翌日配達スタート
記事一覧 (12/24)ファンデリーは『旬をすぐに』の最低購入金額の引き下げと購入金額に応じた送料体系へ変更
記事一覧 (12/24)ケンコーマヨネーズは1月にマヨネーズを使ったオンラインレッスンを開催
記事一覧 (12/24)クリナップはオンラインショールームを強化!「アクリアバス」「洗面化粧台」を追加
記事一覧 (12/22)パイプドHDグループはBtoB受発注システム「CO−NECT」を運営するCO−NECTへ出資
記事一覧 (12/22)JPホールディングスは令和2年度の東京都スポーツ推進企業に認定
記事一覧 (12/22)エイジアは「WEBCAS」シリーズのサービス強化と売上向上のためのカスタマーサクセスチームを立ち上げ
記事一覧 (12/21)マーチャント・バンカーズの子会社が業務提携でブロックチェーンベースのシステム開発を推進
記事一覧 (12/21)アスカネット「マイブック」の20周年キャンペーン第2弾を開始、初の公式アンバサダーも発足
2021年01月25日

パイプドHDグループのパイプドビッツはローコード開発プラットフォーム「スパイラル」新版1.13.3を発表

■二段階認証やFIDO認証など、高セキュリティな会員サイトをローコードで構築可能に

1.jpg

 パイプドHD<3919>(東1)グループのパイプドビッツは、ローコード開発プラットフォーム「スパイラル」をバージョンアップし、2021年2月25日より新バージョン1.13.3の提供を開始する。新バージョンでは、IDとパスワード以外に二段階認証やFIDO認証(パスワードなしで使えるログイン認証の仕組)などの認証技術を用いて、より強固なセキュリティの会員サイトが構築できるようになる。1月25日に新バージョン1.13.3のβ版の受付を開始する。

▼「スパイラル」1.13.3について
URL: https://www.smp.ne.jp/update/ver1133/

 「スパイラル」は、開発の柔軟性と高セキュリティを強みとし、非エンジニアの方でも業務に必要なWebアプリケーションをローコードで開発できるプラットフォーム。

 新バージョン1.13.3では、「スパイラル」ユーザーの75%以上が利用するマイページ構築機能(マイエリア)において、ボタン操作のみで二段階認証やFIDO認証を設定できる機能を追加する。これにより、不正に取得したログイン情報を使ったなりすましやリスト型攻撃による不正ログインを防止でき、高セキュリティな会員サイトをスピーディーに構築することができる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:20 | プレスリリース

JPホールディングスグループの日本保育サービスは保育園でお正月にちなんだ園行事を開催

■こどもたちに五感を伴う実体験を提供、豊かな感性を育む

 子育て支援事業最大手のJPホールディングス<2749>(東1)グループのグループ企業である日本保育サービスが運営する保育園では、季節や文化を感じることが出来る行事を取り入れており、五感を使った様々な実体験を積み重ねることで、こどもたちの豊かな感性を高め、思考力・創造力を育む保育を実践している。12月から1月にかけては、多くの保育園でお正月にちなんだ行事が行われた。

■餅つき体験や干支の紹介を通じて興味の芽を育む

111.jpg

 日本保育サービスが運営するアスク下小田中保育園(神奈川県川崎市)では、2020年12月18日(金)に保育園行事の一環として、「おもちつき大会」を実施した。当日は園庭に杵と臼を用意し、職員が手伝いながら、園児たちが順番に餅つきを体験した。初めて餅つきを体験した園児もおり、想像していたよりも重い杵や、粘り気のある餅に驚いていた。保育室に戻った後も餅つきの印象が強く残ったのか、園児たちは「お餅は何からできるの?」「何でお水をつけるの?」と興味深そうに職員に質問していた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:00 | プレスリリース

京写が初公開の最新技術「高放熱性をもつ『厚銅基板』」など2月に出展へ

■「バーチャル展示会/テクノフロンティア2021冬」

 京写<6837>(JQS)は2月、Web上で開催されるエレクトロニクスなど最新技術の「バーチャル展示会/テクノフロンティア2021冬」(2021年2月2日から12日まで)に出展する。

 今回は、「熱伝導率12W/(m・k)の高放熱性をもつ『厚銅基板』」(初出展)、「ノンシリコーンタイプ粘着治具『MagiCarrier−X』」の2アイテムをメインに展示。その他にも多くの製品を展示する予定とした。(HC)

【入場方法】次のリンクより来場者登録(https://jma-tf.com/feb/
【京写オンラインブースへのショートカット】<会期中>(https://techno.jma-webexhibition.com//exhibitors/detail/10065
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:50 | プレスリリース
2021年01月21日

「Jトラストロイヤル銀行」(カンボジア)がアジア12ヵ国を代表する『働き方ベストカンパニー』を受賞

■Jトラストグループの主要事業会社のひとつ

 Jトラスト<8508>(東1)の子会社で、カンボジアにおいて銀行業を展開するJ Trust Royal Bank Plc.(Jトラストロイヤル銀行)が、2020年12月、国際的な人事評価機関であるHR Asia(本社:マレーシア)の『アジアを代表する働き方のベストカンパニー)』を受賞した。

 アジア12ヵ国(中国・インドネシア・シンガポール・ベトナム・カンボジア等)の企業により選出される『2020HR ASIA AWARD』において、『2020 Best Companies to work for in ASIA(アジアを代表する働き方のベストカンパニー)』に輝いた。

 Jトラストロイヤル銀行は、オーストラリア/ニュージーランドを拠点に世界展開するANZ Royal Bankグループから、Jトラストが2019年8月に発行済み普通株式の55.0%を取得完了して連結子会社とした銀行。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:53 | プレスリリース
2021年01月18日

加賀電子は3Dタッチレスディスプレイソリューションを発売

■新型コロナウィルス対策として非接触ソリューションの需要に対応

 加賀電子<8154>(東1)は、新型コロナウィルス感染の拡大予防対策として需要が高まる非接触ソリューションとして開発した「3Dタッチレスディスプレイソリューション」を2021年1月18日から発売する。

111.jpg
3Dタッチレスディスプレイソリューションと映像のイメージ


 同製品は、赤外線遮断方式の非接触タッチパネルおよび3D眼鏡などを使用せず裸眼視認が可能な3Dレンズ方式のカスタム光学設計技術を搭載した3Dパネルで構成されている。また、この3Dパネルには、アミューズメント機器市場向けに実績のある液晶製品を採用しているので、高精細、且つ高輝度で視認性が高く、最大22インチクラスの大型化にも対応が可能。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:11 | プレスリリース
2021年01月14日

ファンデリーは『旬をすぐに』でワンランク上の美味しさを追求した新ブランドPREMIUMシリーズの販売を開始

■厳選された食材でワンランク上のクオリティを目指す新ブランド

 ファンデリー<3137>(東マ)は、厳選された食材でワンランク上のクオリティを目指す新ブランド「PREMIUM」メニューをシリーズ化し、新商品を1月15日(金)に発売する。

 『旬をすぐに』は国産食材100%、生産者の顔が見える食材を使用、健康被害の恐れのある67種類の添加物を使用しないという高品質な冷凍食を届けている。さらに上質を追求したワンランク上のブランドである「PREMIUM」シリーズを創設し新メニューを発売する。

 新メニューは、旬すぐBOX『ココナッツふんだんマッサマンカレーと もっちりシナモン麩レンチトースト添え』。同社開発担当の元ブルガリア大使館料理長である坂本豊旗が中心となり、料理好きでフードコーディネーターである池田るりさん、一児のママで食事は子ども中心の水野佐彩さん、普段から食材にこだわって料理する保坂玲奈さんの「モデルプレス」読者代表3名の女性ならではの目線も加え完成した。

 同商品のおすすめ料理は、辛さをマイルドにアレンジしたマッサマンカレーや、香川県知事賞(最高賞)の受賞経験のある小豆島八木農園の手摘みされたオリーブの実を使用したスペイン郷土料理のマルミタコ。冷凍食品のレベルを超えているという声をいただけるご馳走メニューに仕上がった。

11.jpg

■商品情報
ココナッツふんだんマッサマンカレーと もっちりシナモン麩レンチトースト添え(1月15日(金)20:00に発売)
https://shunsugu.jp/item/detail/310

12.jpg
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:32 | プレスリリース
2021年01月13日

ケンコーマヨネーズの子会社はサラダの総合店サラダカフェからショップ新商品情報などニュースレターを配信

■春の味覚を先取りする菜の花サラダも

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)の100%子会社「サラダカフェ」では、関西・関東の百貨店やショッピングモールを中心にサラダショップを展開し対面の量り売りサラダやお弁当の製造・販売をしている。同ニュースレターでは旬の野菜を使ったサラダカフェの新商品や、サラダカフェWEBサイトで募集した野菜やサラダに関するアンケートの結果などを届ける。

■1月のショップ新商品情報【Pick UP‼】

〜キレイをチャージ〜 リコピン人参とグレープフルーツのサラダ
11.jpg
 リコピンを含む人参”京くれない”とルビーグレープフルーツを組み合わせた色鮮やかなサラダ。ヨーグルトを入れた爽やかな酸味のあるマヨネーズソースで和え、リコピン人参の味わいをいかしつつ、すっきりとした味わいに仕上げています。
発売日:関西1月13日(水)関東1月20日(水) 本体価格:340円/100g

春を味わう菜の花のナムル
12.jpg
 菜の花を使用した春限定のナムル。香り高いごま油に黒こしょうとにんにくをきかせた、コクと旨みのある味わいです。きくらげやたけのこのコリコリとした食感を楽しめます。
発売日:1月27日(水) 本体価格:369円/100g

Salad Cafe Webサイト:https://www.salad-cafe.com/
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:18 | プレスリリース
2021年01月12日

ピックルスコーポレーションは「ご飯がススムキムチの日キャンペーン」を開催

■ダンス動画投稿で、プレゼントが総計2010組に当たる

 ピックルスコーポレーション<2925>(東1)は、2月26日の「ご飯がススムキムチの日」にあわせ、2021年1月12日(火)から2月26日(金)まで「ご飯がススムキムチの日キャンペーン」を開催する。「ご飯がススムキムチの日」は、「ススム」の「ス」を数字の「2」に見立て「2(ス)2(ス)6(ム)」として2月26日に制定した。

trf1.jpg

 同キャンペーンは、「ご飯がススムダンス」のダンス動画をTwitterまたはInstagramに投稿するSNSキャンペーン。「ご飯がススムダンス」は、TRFのSAMさん・ETSUさん・CHIHARUさんがピックルスおなじみの「ご飯がススムソング」にオリジナルの振り付けをしたダンスエクササイズ。歌詞に合わせたユニークな内容で、うちで誰でも簡単に楽しめるダンスとなっている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:08 | プレスリリース

ミロク情報サービスはブロックチェーン・プラットフォーム開発の「ToposWare」と資本提携

■統合型DXプラットフォームの構築を目指す

 財務・会計システムおよび経営情報サービスを開発・販売するミロク情報サービス<9928>(東1)は、ゼロ知識証明を利用したブロックチェーン・プラットフォームの開発を手掛けるToposWareと資本提携した。

mj1.jpg

 経済・社会のデジタル化が急速に進展するなか、より高度な情報セキュリティ基盤の構築が求められている。また近年、ブロックチェーン技術は金融界を中心に応用され、現在では流通、製造、医療、公共事業など幅広い分野での活用が進んでいる。

 このような中、ミロク情報サービスグループは、ERPソリューションとデジタル・マーケティングを融合した新たな「統合型DXプラットフォーム」の構築を目指しており、顧客の生産性向上・競争力強化、DX推進によるイノベーションの創出を支援する、DX時代にふさわしい総合的なソリューションサービスの提供を目指している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:23 | プレスリリース
2021年01月09日

ピックルスコーポレーションは浅漬製品をブランドリニューアル

■パッケージデザイン刷新

 ピックルスコーポレーション<2925>(東1)は浅漬製品を「野菜の元気をお届け」としてブランドリニューアル、2021年1月から新デザインで順次発売する。

pi1.jpg

■バイオマスインキを使用し環境負荷低減へ

 2016年から発売開始した「ピックルス 忙しい人の野菜」では、漬物の伝統や品格を意識したブランディングに取り組んできた。これからはコーポレートスローガンである「野菜の元気をお届けします」を多くの方に伝えるためブランドを刷新、顧客に野菜の元気と美味しさを味わっていただけるよう、より一層尽力していくとしている。

 一新したデザインでは「安心・安全」な品質をアピール、野菜の「鮮度感」や「季節感」が伝わるような親しみやすさを目指した。商品名を太く視認性の高い書体にすることで顧客が手に取りやすいデザインとなっている。

 また、包装パッケージに使用しているインキを植物性のバイオマスインキへ順次切り替えを行う。従来の油性グラビアインクよりCO2の発生量が約10〜20%(インキメーカー算出による参考値)削減される。パッケージ裏面にバイオマスマーク(日本有機資源協会の認定番号)を表示、持続可能な環境・社会への実現へ向けて取り組んでいく。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:20 | プレスリリース
2021年01月05日

ミロク情報サービスグループは信金中央金庫が構築する「しんきん事業承継コンソーシアム」に参画

■ミロク情報サービスグループの全国ネットワークで税務相談対応

 財務・会計システムと経営情報サービスを開発・販売するミロク情報サービス<9928>(東1)と、その子会社で中小企業の事業承継・事業継続を支援する株式会社MJSM&Aパートナーズ(mmap)は、信金中央金庫<8421>が構築する「しんきん事業承継コンソーシアム」に参画する。ミロク情報サービスグループが有している全国ネットワークにより、税理士など税務に関する専門家を紹介するなど事業承継を支援する。

m1.jpg

 同コンソーシアムは、事業承継にかかる課題に関して専門的な知見を有する複数の外部専門機関と連携し、信用金庫の取引先に対して最適な解決策を提案することで、事業承継を円滑に進めることを目的としている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:35 | プレスリリース
2020年12月28日

ファンデリーは『旬をすぐに』1月4日から新配送体系へ、最短で翌日配達スタート

 ファンデリー<3137>(東マ)は、2021年1月4日(月)の注文分から、『旬をすぐに』の最短お届け日時を2日後の午前中から、翌日の午前中に変更する。なお、平日12時以降と土・日・祝日の注文は、翌営業日の受付となる。

11.jpg

12.jpg
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:52 | プレスリリース
2020年12月24日

ファンデリーは『旬をすぐに』の最低購入金額の引き下げと購入金額に応じた送料体系へ変更

■12月25日(金)から変更

 ファンデリー<3137>(東マ)は、12月25日(金)から『旬をすぐに』の最低購入金額を2000円に引き下げ、まとめて購入するほど送料がお得になる送料体系へ変更する。

 同社は『旬をすぐに』のサービス向上の一環として、12月25日(金)から商品の最低購入金額を2500円(税込)から2000円(税込)に引き下げる。また、購入金額に応じて送料を割引する5段階の送料体系へ変更する。1万円(税込)以上の購入で送料は無料となる。

 今回の変更により、初めて『旬をすぐに』の購入を検討される方にとって、より求めやすくなると同時に、まとめ買いをされる方にとっても購入を後押しするものとなる。

11.jpg

提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:21 | プレスリリース

ケンコーマヨネーズは1月にマヨネーズを使ったオンラインレッスンを開催

■料理教室「キッチンスペース831」

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)は、一般の顧客を対象とした料理教室「キッチンスペース831」で、2021年1月に、マヨネーズを使った料理全7品のオンラインレッスンを開催する。

ken1.jpg
オンライン豪華ギフト特典 迷ったらマヨネーズ!最高マヨレシピ7品

 ケンコーマヨネーズという社名の通り、マヨネーズのエキスパートだと自負している同社。業務用食品メーカーとして食のプロのニーズに応えてきた。今回のレッスンでは、そんな同社が考案した主菜、副菜、デザート風サラダなどのレシピや、美味しく仕上げる調理のコツ、食材選びの工夫を伝える。管理栄養士が全てのメニューを監修しており、糖質制限や野菜の栄養摂取に役立つマヨネーズの使い方なども紹介。いずれも自宅で簡単に出来るメニューで、新年を迎えて新たに料理にチャレンジしたいという料理初心者の方にもおすすめのレッスン。

■お年玉企画として商品ギフトセットをプレゼント

 また今回はお年玉企画として、日頃のご愛顧に感謝を込めてレッスンで使用するマヨネーズとドレッシング4本をセットにしたギフトセットを参加者全員にプレゼントする。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:12 | プレスリリース

クリナップはオンラインショールームを強化!「アクリアバス」「洗面化粧台」を追加

■質問形式で希望のシステムバスルームプランを診断

 クリナップ<7955>(東1)は、ショールーム見学が疑似体験できる「オンラインショールーム」に、12月25日、商品ルーム「アクリアバス」「洗面化粧台」を追加公開。質問形式で希望のシステムバスルームプランが診断できる「バスルームナビ」や、カラーシミュレーションなど、魅力あるコンテンツでオンラインでの顧客接点強化に努めている。

 10月1日にオープンした「オンラインショールーム」は、商品情報収集やプランニングが誰でも自由に可能なうえ、WEB会議システムを利用した「オンライン相談」(キッチンタウン・東京など一部ショールーム)で、ショールームアドバイザーと画面を共有しながら商品説明が受けられると、好評。オープンしたシステムバスルーム「アクリアバス」の商品ルームでは、7つの質問に答えて希望のプランを診断できる「バスルームナビ」や、壁、天井、浴槽など各パーツの色を組み合わせできる「カラーシミュレーション」などコンテンツも充実している。「洗面化粧台」ルームでは単体洗面からカウンター式まで各シリーズの特徴を紹介している。

 年明け2月下旬には、システムキッチン「ラクエラ」とシステムバスルーム「ユアシス」の商品ルームをオープン予定。新しい生活様式に即し、今後もWEBによる顧客接点を充実させ、リアルとバーチャルの両面から顧客のより良い住まいづくりに貢献している。

■オンラインショールームURL
https://cleanup.jp/online-showroom/
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:00 | プレスリリース
2020年12月22日

パイプドHDグループはBtoB受発注システム「CO−NECT」を運営するCO−NECTへ出資

 パイプドHD<3919>(東1)グループのダブルシャープ・パートナーズが運用するCVCファンド「ダブルシャープ・パートナーズ・ファンド1号投資事業組合(1号ファンド)」は、令和2年12月4日、BtoB受発注システムを提供するCO−NECTのシリーズAに出資したと発表。

co1.jpg

■「CO−NECT」について

 CO−NECT社は、事業者間向け受発注システム「CO−NECT(コネクト)」を提供。FAXや手書きといったアナログな方法による事業者間の受発注業務を簡単にデジタル化に移行させることができるシステムで、発注者と受注者双方の手間とコストを削減する。

 昨今のコロナ禍で、多くの事業者が事業活動の自粛を強いられる環境下、一層の業務効率化によるコスト削減をはかるために、DX(デジタルトランスフォーメーション)は不可避であり、アナログ対応が多い受発注業務のデジタル化へのニーズはこれまでになく高まっている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:00 | プレスリリース

JPホールディングスは令和2年度の東京都スポーツ推進企業に認定

■4年連続認定、スポーツを通じて働きやすい環境づくりと職員の豊かな心の醸成に努める

 子育て支援事業最大手JPホールディングス<2749>(東1)の東京本部は、2020年12月1日、東京都オリンピック・パラリンピック準備局が実施している「東京都スポーツ推進企業認定制度」において、「令和2年度 東京都スポーツ推進企業」に認定された。同社は2017年から連続して認定されており、今回で4度目の認定となった。

jpp1.jpg

■部活動支援やフィットネスクラブ利用促進を通じて健康増進をサポート

 「東京都スポーツ推進企業認定制度」とは、東京都が2015年度から始めた制度で、スポーツの力で人と都市が活性化する「スポーツ都市東京」を実現することを目的に、社員のスポーツ活動を推進する取り組みや、スポーツ分野における社会貢献活動を実施している企業等を認定しているもの。今年度は、当社を含む317社が認定された。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:19 | プレスリリース

エイジアは「WEBCAS」シリーズのサービス強化と売上向上のためのカスタマーサクセスチームを立ち上げ

■マーケティングコミュニケーションシステム「WEBCAS」導入企業のビジネス成長に貢献

 エイジア<2352>(東1)は、自社開発のマーケティングコミュニケーションシステム「WEBCAS(ウェブキャス)」シリーズのサービス強化と売上向上のため、2021年1月1日付でカスタマーサクセスチームを立ち上げることを決定した。

■解約率の低下とLTV最大化を目指す

 カスタマーサクセスとは、主に継続課金型ビジネスにおいて顧客の成功を支援する取り組みと、実行する組織のことを指す。具体的には、顧客の課題に応じた適切なフォローアップや情報提供を通して、顧客が製品・サービスを利用する上で感じる疑問を「先回りして解決する活動」などが行われる。カスタマーサクセスに取り組むことで解約率低下およびLTVの最大化につながることから、昨今ではSaaSビジネスを行う企業が積極的に取り入れ、高い成長を遂げている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:43 | プレスリリース
2020年12月21日

マーチャント・バンカーズの子会社が業務提携でブロックチェーンベースのシステム開発を推進

■MBKブロックチェーン、不動産取引プラットホームなど開発へ

 マーチャント・バンカーズ<3121>(東2)は12月21日の取引終了後、子会社MBKブロックチェーン株式会社によるブロックチェーンベースのシステム開発(不動産取引プラットホーム、暗号資産(仮想通貨)交換所プラットホームなど)への取組について、同日付けで、株式会社Interakt(東京都渋谷区、代表取締役タラプラガダ・アディティア氏)と守秘義務契約を締結し、ITシステム開発、ブロックチェーン技術システム開発を共同で行うと発表した。

■不動産、医療、フィンテックなどで実績あるInterakt社

 発表によると、株式会社Interaktは、不動産、医療、フィンテックなどの分野でブロックチェーンシステム構築の実績・ノウハウがある。

 代表取締役のタラプラガダ・アディティア氏は、インド・ハイデラバード州出身で、日本に約8年間在住しており、ブロックチェーン技術、人口知能技術の根幹をなす研究分野であるマシーンラーニング、IoTやビッグデータ解析に焦点を当てたビジネスを展開している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:02 | プレスリリース

アスカネット「マイブック」の20周年キャンペーン第2弾を開始、初の公式アンバサダーも発足

■一眼カメラや旅行券など豪華賞品、「MyBook」注文とともに応募

 アスカネット<2438>(東マ)は2020年12月20日から、国内最大級のフォトブックサービス「MyBook(マイブック)」が同日にサービス開始20周年を迎えたことを記念し、一眼カメラや旅行券が当たる「MyBook大感謝祭キャンペーン第2弾」(2020年12月20日〜21年2月15日)を開始した。

 キャンペーン期間中に「MyBook」5000円以上(1回の注文の支払い合計額/税別)を注文し、専用キャンペーンページに設置された応募フォーム必要事項、希望賞品などを入力して応募する。(https://www.mybook.co.jp/event/20th_campaign/
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:05 | プレスリリース