[プレスリリース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (09/27)LIXILは5拠点で太陽光発電設備を新たに導入、5拠点で太陽光発電設備を新たに導入
記事一覧 (09/27)ビジョナグループル、AI医療機器を開発するアイリスが脆弱性管理クラウド「yamory」を導入
記事一覧 (09/27)JTOWERとNTTドコモ、鉄塔1552基を最大170億円で譲渡、5Gネットワーク構築に向けて
記事一覧 (09/27)ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズは生体内に極微量しか存在しない特殊なアミノ酸の新たな解析手法を開発
記事一覧 (09/27)monoAI technology、ロボアプリケーションズを完全子会社化、AIとロボティクスで新たなビジネス展開
記事一覧 (09/27)ギグワークスグループ、秋元康氏がブロックチェーンゲーム「SNPIT」のストラテジックアドバイザーに就任!、カメラでトークンを稼ぐ新感覚ゲーム
記事一覧 (09/27)HOUSEI、世界33か国で実績を持つ勤怠管理システム「TimeTec」の日本販売権を獲得
記事一覧 (09/26)トレジャー・ファクトリーが百貨店で初の買い取りイベント!、「エコロミッション」の一翼を担い、西武池袋本店で衣料品の買い取りPOPUPショップを初開催
記事一覧 (09/26)鹿島は全自動墨出しロボット「ロボプリン」を開発、生産性2倍に
記事一覧 (09/26)シナネンHD、全国のミライフでCO2排出量を実質ゼロとする「ミライフカーボンニュートラルLPガス」を販売開始、9月26日より
記事一覧 (09/26)オリエントコーポレーション、生成AIサービス「Azure OpenAI Service」を活用した実証実験を開始
記事一覧 (09/26)マーケットエンタープライズ、福岡県久留米市が不要品リユース事業で「おいくら」と連携、リユースの更なる促進により廃棄物削減へ
記事一覧 (09/26)ファンデリー、Webメディア「しっかり栄養、パワーアップ食」で神戸労災病院管理栄養士の久永文先生がサルコペニアの予防法を解説
記事一覧 (09/26)シナネンHD、シェアサイクルをイベント時などの交通手段に、「ダイチャリ短期設置プラン」9月25日から
記事一覧 (09/26)ファンデリーは十勝地方の寒暖差で育った瑞々しい大根を使用したJA幕別町とのコラボ商品を『旬をすぐに』から発売
記事一覧 (09/26)カプコン、日本ゲーム大賞で『モンスターハンターライズ:サンブレイク』が年間作品部門で「大賞」を受賞!『バイオハザード RE:4』は「優秀賞」を受賞
記事一覧 (09/26)リコーは空間データ作成・利活用AIソリューションの実証実験を開始、建物・設備の管理を効率化
記事一覧 (09/25)セラクグループのセラクCCCはNTTデータ イントラマートと協業しクラウドBPM領域に進出
記事一覧 (09/25)プロパティデータバンクはリーボと業務提携、2023年10月1日から不動産関連アプリの開発を開始
記事一覧 (09/25)大日本印刷は「警視庁サイバーセキュリティセンター」を「バーチャル秋葉原」内にオープン
2023年09月27日

LIXILは5拠点で太陽光発電設備を新たに導入、5拠点で太陽光発電設備を新たに導入

■再生可能エネルギー100%で住宅のカーボンニュートラルを実現する商品を生産

 LIXIL<5938>(東証プライム)は、2050年までに事業プロセスと製品・サービスによるCO2排出量を実質ゼロにすることを目指し、再生可能エネルギーの活用推進を進めている。その一環として、5拠点の生産工場に太陽光発電設備を新たに導入すると発表。

l1.jpg

 熊山工場では、自家消費型の太陽光発電設備が稼働し、年間の発電見込量は600MWhで、CO2排出量は年間340t削減できる見込みだ。晴天時は工場で必要とするおよそ半分の電力の発電を可能とし、年間エネルギー消費量の約30%を賄う。

 熊山工場で生産・出荷している主な商品は、住宅のカーボンニュートラルに貢献するスーパーウォールパネルや太陽光発電システムなどだ。これらの商品を再生可能エネルギー100%電力で生産することで、省エネ・創エネによるオペレーショナルカーボン削減だけでなく、エンボディードカーボンの削減にも貢献するとしている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:08 | プレスリリース

ビジョナグループル、AI医療機器を開発するアイリスが脆弱性管理クラウド「yamory」を導入

■薬機法に即したSBOM対応を実現

 ビジョナル<4194>(東証グロース)グループが運営する脆弱性管理クラウド「yamory(ヤモリー)」は27日、アイリス株式会社(本社:東京都中央区)に導入したと発表。

b1.jpg

 アイリスは、「みんなで共創できる、ひらかれた医療をつくる。」をミッションとし、医師のもつ匠の技をデジタル化するAI医療機器を開発している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:29 | プレスリリース

JTOWERとNTTドコモ、鉄塔1552基を最大170億円で譲渡、5Gネットワーク構築に向けて

■インフラシェアリングで設備運用効率化

 JTOWER<4485>(東証グロース)とNTTドコモは26日、既存鉄塔のインフラシェアリング推進を目的とし、ドコモが保有する通信鉄塔、最大1552基を最大170億円でJTOWERへ譲渡し、ドコモがJTOWERから同鉄塔を借り受ける取引に関する新たな基本契約の締結を決定したと発表。

j1.jpg

 JTOWERとドコモは、2022年3月にもドコモが保有する通信鉄塔、最大6002基をJTOWERへ譲渡する基本契約を締結し、順調に譲渡を進めていた。両取引を組み合わせることでより面的なエリア構築が可能になることから、幅広い用途への活用が期待され、更なるシェアリングへの活用を推進する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:48 | プレスリリース

ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズは生体内に極微量しか存在しない特殊なアミノ酸の新たな解析手法を開発

■医療から食品・化粧品分野に新たな価値を提供

 ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ<6090>(東証グロース)は26日、水溶性代謝物の中でも重要なアミノ酸※119種類に着目し、それぞれの鏡像異性体(キラル分子)※2を解析する新たな“キラル分析”手法の開発を行い、サービスの提供を開始したと発表。

ami1.jpg

 多くのアミノ酸には、鏡像異性体と呼ばれる分子構造的に鏡合わせの関係にある異性体(D−体およびL−体)が存在する。生体内に存在するアミノ酸はほとんどがL−体で構成されており、生体内に極微量しか存在しないD−体は長らく着目されていなかった。近年の研究の発展により、生体内でのD−体のアミノ酸には、L−体のアミノ酸とは異なる役割や機能性があることが明らかになってきている。例えば、認知症やがん、腎症などの疾患とD−体のアミノ酸量との関係性を示す研究報告や、L−体とD−体のアミノ酸の味覚の違いを示す研究報告等があり、今後、医療や食品産業などにおいて、D−体を解析する重要性や必要性が高まると考えられる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:35 | プレスリリース

monoAI technology、ロボアプリケーションズを完全子会社化、AIとロボティクスで新たなビジネス展開

■XR技術とドローン・AIロボット事業の融合で成長加速化へ

 monoAI technology<5240>(東証グロース)は26日、2023年9月26日開催の取締役会において、ロボアプリケーションズ株式会社(本社:東京都台東区)の全株式を取得し、完全子会社化することを決議し、ロボアプリケーションズ社との間で株式譲渡契約書等を締結したと発表。

111.jpg

■株式取得の背景

 同社は、「先進技術で、エンタメと社会の未来を創造する」をミッションとし、オンラインゲーム開発で培った通信技術とAI技術をコアとするXR技術をあらゆる産業に展開している。今後の中長期における持続的な成長を遂げていくためには、さらなる開発力、生産力の確保は重要な課題となる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:22 | プレスリリース

ギグワークスグループ、秋元康氏がブロックチェーンゲーム「SNPIT」のストラテジックアドバイザーに就任!、カメラでトークンを稼ぐ新感覚ゲーム

■誰もが楽しめるWeb3の一般化を目指す

 ギグワークス<2375>(東証スタンダード)の100%子会社GALLUSYS(本社:東京都新宿区)とチューリンガム株式会社(本社:東京都港区)が共同開発を進め、ZEAL NOVA DMCC(所在地:UAE ドバイ)がパブリッシングを行うブロックチェーンゲーム「SNPIT(スナップイット)」のストラテジックアドバイザーとして秋元康氏が就任すると発表。

g1.jpg

【秋元康氏 プロフィール】

1958年、東京都生まれ。作詞家、放送作家、プロデューサー。
高校時代から放送作家として『ザ・ベストテン』等数々の番組構成を担当。作詞家としては美空ひばり『川の流れのように』、AKB48『恋するフォーチュン クッキー』等多くのヒット曲を生む。 2015 年、作詞家としてシングル・トータルセールスが前人未到の1億枚を突破。
企画・原作の映画『着信アリ』はハリウッドリメイクされ、2008年『One Missed Call』としてアメリカで公開。原作の『象の背中』は2012年、韓国JTBC でテレビドラマ化された。
また、オペラの演出や歌舞伎公演の作・演出等も手掛ける。
AKB48とその地方姉妹グループ、乃木坂46・櫻坂46・日向坂46等の女性グループのプロデューサーとしてだけではなく、最近はSHOW−WA、MATSURI等の男性グループのプロデュースも手掛る。アイドル3.0プロジェクトから誕生するグループのプロデュースも手掛けており、Web3関連のビジネスへの造詣も深い。
2022年4月紫綬褒章を受章。
2023年9月日本直販総合プロデューサー就任。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:12 | プレスリリース

HOUSEI、世界33か国で実績を持つ勤怠管理システム「TimeTec」の日本販売権を獲得

 大手メディアのITシステムを手掛けるHOUSEI<5035>(東証グロース)は26日、世界33か国で利用実績のあるTimeTec社のクラウド勤怠管理システム「TimeTec(タイムテック)」の、日本国内向け代理店契約を締結したと発表。

hou1.jpg

TimeTec: https://www.timetecta.com/

■TimeTecについて

 TimeTec Co.Ltd.は、マレーシアで2000年に設立されたソフトウェア会社。ソフトウェア開発、ソフトウェアメンテナンス、モバイルソリューション、その他関連サービスを提供し、同社のテクノロジー利用者は世界で3500万人を超える。スマートシティを実現させるべく、ライフスタイルにおいて効率性・生産性を高めるサービスを展開している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:03 | プレスリリース
2023年09月26日

トレジャー・ファクトリーが百貨店で初の買い取りイベント!、「エコロミッション」の一翼を担い、西武池袋本店で衣料品の買い取りPOPUPショップを初開催

■9月29日から10月1日まで3日間限定、買取金額を西武商品券でお渡し

 全国でリユース事業を展開するトレジャー・ファクトリー<3093>(東証プライム)は、2023年9月29日(金)から10月1日(日)までの3日間、西武池袋本店でジャケット・コート・スーツなど衣料品の買い取りを行うPOPUPショップを出店する。トレファクによる百貨店での買い取りイベントの開催は今回が初めてとなる。

■ジャケット・コート・スーツなど、買い取り品はトレファクの店舗でリユース

 西武池袋本店にて、全国にグループで250店舗以上を展開するリユース企業のトレジャー・ファクトリーが、衣料品の買い取りを行うPOPUPショップ『ecolomission(エコロミッション)−ジャケット、コート、スーツ買取POP UP SHOP−』を開催する。
 
 エコロミッションは、使わなくなったモノをリユースし、廃棄量を削減することで環境負荷を軽減(エコロジー)していくこと。そして、次の必要なモノを購入する循環を促す販促サービスを提供し、循環型社会の実現を目指すことを使命(ミッション)として造られた言葉。買い取り金額はその場でそごう・西武で使える商品券で支払われる。

 トレファクでは、幅広いアイテムを取り扱う総合リユース業態や、服飾専門業態、スポーツアウトドア専門業態など、全10業態を展開している。なかでも服飾専門業態は、お客様の幅広いニーズに応えるため、価格帯やジャンルなどを細分化し、「トレファクスタイル」「ユーズレット」「ブランドコレクト」の3つの業態に分けて展開している。

 さらに、店頭買取や宅配買取、出張買取などの多様な仕入チャネルもあることで、より多くのモノをリユースでき、循環型社会の実現に向けた事業を手掛けている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:14 | プレスリリース

鹿島は全自動墨出しロボット「ロボプリン」を開発、生産性2倍に

■高精度で全自動プリント

 鹿島<1812>(東証プライム)は26日、建築工事に不可欠な墨出し(床面などに工事に必要な基準線を書く作業)作業を、全自動かつ高精度に行うロボットプリンター「ロボプリン」を開発したと発表。

kajima1.jpg

 「ロボプリン」は、読み込んだ施工図面データを基に、工事に必要な基準墨や仕上げ墨などをコンクリート床にプリントする。特別な装置やアプリが不要なため導入が容易であり、スタート後は全自動で作業するため、誰でも手軽に高精度の墨出しができる。現場への導入を進めるにあたり、「ロボプリン」を同社機械技術センター(神奈川県小田原市)で実証した。その結果、墨出し作業の生産性を約2倍に向上できることが確認できた。これを受け、同社の複数の建築現場への導入を始めた。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:07 | プレスリリース

シナネンHD、全国のミライフでCO2排出量を実質ゼロとする「ミライフカーボンニュートラルLPガス」を販売開始、9月26日より

■J−クレジット付とボランタリークレジット付の2種類をラインナップ

 シナネンホールディングス<8132>(東証プライム)の子会社で、LPガス・電気・灯油等のエネルギー販売事業を展開するミライフ西日本(大阪府大阪市)、ミライフ(東京都港区)、ミライフ東日本(宮城県仙台市)、ミライフ北海道(北海道札幌市)は、カーボンニュートラルを目指す取り組みの一環として、クレジットの購入によりCO2排出量を実質ゼロとすることが可能な「ミライフカーボンニュートラルLPガス」を、全国のミライフ事業所で9月26日より販売を開始した。

sina1.jpg

 「ミライフカーボンニュートラルLPガス」は、LPガスの採掘から最終消費までのライフサイクルで排出されるCO2排出量を、クレジットの購入によりオフセット(相殺)することで、CO2排出量を実質ゼロとするLPガスである。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:39 | プレスリリース

オリエントコーポレーション、生成AIサービス「Azure OpenAI Service」を活用した実証実験を開始

 オリエントコーポレーション<8585>(東証プライム)は25日、デジタル技術を活用したお客さまサービスの向上や社内業務の効率化によるDX戦略の推進に向けた取り組みとして、日本マイクロソフト株式会社が提供するビジネス向けの生成AIサービス「Azure OpenAI Service」を活用する実証実験を2023年9月から開始したと発表。

ai1.jpg

 近年、ChatGPTに代表される大規模言語モデルにより、テキストの生成、翻訳、要約、質問への回答などが可能となり、さまざまな用途での活用が期待されている。今回、オリコは厳格なセキュリティ基準の下で、本社全ての部門・グループを対象とし、「Azure OpenAI Service」を活用した実証実験を実施する。同実証実験を通じて、業務効率化のみならず、サービス品質や提供スピードの向上など、業務への活用可能性を様々な角度から検証する。オリコは同実証実験を通じて得られた知見を活かし本格展開へとスピード感をもって取り組み、先端的なAI技術を新たな価値創造に繋げるなど新たな可能性を広げていくとしている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:22 | プレスリリース

マーケットエンタープライズ、福岡県久留米市が不要品リユース事業で「おいくら」と連携、リユースの更なる促進により廃棄物削減へ

 福岡県久留米市(市長:原口 新五)とマーケットエンタープライズ<3135>(東証プライム)は、2023年9月26日(火)から、地域社会における課題解決を目的としたリユース事業に関する協定を締結し、連携をスタートすると発表。マーケットエンタープライズが運営するリユースプラットフォーム「おいくら」を用いて、不要品を捨てずに再利用する仕組みを構築し、久留米市の廃棄物削減と循環型社会の形成を目指していく。

ma1.jpg

■背景・経緯

 久留米市では、まだ充分に使うことができる家具や自転車などを市民から無償で回収し、安価で販売する「リサイクル宝の市」や、毎月第3日曜日に開催する「サンデーリサイクル」など、市民の3Rに対する意識啓発を目的としたリユース事業を精力的に行なってきた。しかし、より一層多様化していく今後の市民ニーズに対応していくためには、インターネットを活用したリユース事業が不可欠だと考え、具体的な施策を模索していた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:18 | プレスリリース

ファンデリー、Webメディア「しっかり栄養、パワーアップ食」で神戸労災病院管理栄養士の久永文先生がサルコペニアの予防法を解説

 ファンデリー<3137>(東証グロース)が運営する、管理栄養士のWebメディア「しっかり栄養、パワーアップ食(第14回)」を9月27日(水)に掲載する。

fan1.jpg

 同社は、一人でも多くの方に健康的な毎日を過ごしてもらうため、管理栄養士が食事コントロールの方法を紹介する「しっかり栄養、パワーアップ食」を運営している。

 9月27日(水)に第14回『健康寿命を延ばすのはフレイル予防が大切!』を掲載する。今回は神戸労災病院栄養管理室の管理栄養士・久永文先生が執筆した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:03 | プレスリリース

シナネンHD、シェアサイクルをイベント時などの交通手段に、「ダイチャリ短期設置プラン」9月25日から

■イベント開催時の集客力向上に貢献

 シナネンホールディングス(シナネンHD)<8132>(東証プライム)は、子会社でシェアサイクル「ダイチャリ」を運営するシナネンモビリティPLUSが、ダイチャリのステーションをイベント開催時などに合わせて短期的に設置できる「ダイチャリ短期設置プラン」を9月25日(月)より開始すると発表した。

ai1.jpg

 シナネンモビリティPLUSは、自転車の貸し出し・返却拠点であるステーションを約3,200ヶ所展開する日本最大級のシェアサイクル事業者である。2017年のサービス開始以来、様々な事業者との提携を通じてラストワンマイルの移動手段としてシェアサイクルサービスを提供し、これまで多くのユーザーが利用している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:29 | プレスリリース

ファンデリーは十勝地方の寒暖差で育った瑞々しい大根を使用したJA幕別町とのコラボ商品を『旬をすぐに』から発売

 ファンデリー<3137>(東証グロース)は、北海道中川郡幕別町産の大根を使用したJA幕別町とのコラボ商品を9月26日(火)から『旬をすぐに』から発売する。

fan1.jpg

 『旬をすぐに』は、おいしさと安全性にこだわる旬を食材だけでなく、その土地ならではの食材を使用し、国産食材100%の冷凍食品を製造・販売している。

 JA幕別町とのコラボメニュー『幕別町から特別調理 味しみ大根と肉味噌あんかけ』を9月26日(火)から発売。同メニューは、十勝地方の寒暖差の中で育った、甘く瑞々しい「大根」を使用した商品。

 じっくりと煮込まれ、中まで味が染みた大根に甜麺醤ベースで味付けをした肉味噌を絡めた。口に入れると大根から優しい出汁が広がる一品。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:58 | プレスリリース

カプコン、日本ゲーム大賞で『モンスターハンターライズ:サンブレイク』が年間作品部門で「大賞」を受賞!『バイオハザード RE:4』は「優秀賞」を受賞

■フューチャー部門では、『ドラゴンズドグマ 2』が受賞

 カプコン<9697>(東証プライム)は25日、2023年9月21日〜24日に開催された「東京ゲームショウ2023」にて発表された「日本ゲーム大賞2023」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会)において、同社の『モンスターハンターライズ:サンブレイク』が年間作品部門で「大賞」、『バイオハザード RE:4』が「優秀賞」を受賞し、『ドラゴンズドグマ 2』がフューチャー部門にて選出されたと発表。

kap1.jpg

 今回、年間作品部門で「大賞」を受賞した『モンスターハンターライズ:サンブレイク』は『モンスターハンターライズ』の超大型有料拡張コンテンツ。新たなフィールド、モンスター、未体験のアクションといったゲーム内容への高い評価を得た結果、全世界で610万本(2023年6月30日時点)を販売している。今後も長期的な販売を目指し、戦略的な価格施策などを講じていくとしている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:09 | プレスリリース

リコーは空間データ作成・利活用AIソリューションの実証実験を開始、建物・設備の管理を効率化

■リコー独自の光学技術とAIを活用、既存設備を360度のバーチャル空間に再現しデジタル管理

 リコー<7752>(東証プライム)は25日、建設業や建物維持管理業に向けて、空間データ作成・利活用AIソリューションの実証実験を10月2日から開始すると発表。カメラやレーザースキャナーなど光学デバイスから取得した点群と、360度画像を自動的に位置合わせしてつなぎ、既存の建物の内部構造を3次元復元した上でバーチャル空間として再現する。Webブラウザやタブレット端末でも閲覧が可能となり、遠隔地の関係者とも即時に共有できる。また、建物に含まれている壁や床、椅子や机などの什器をAI技術により自動分類できることから、備品の台帳と紐づけることで効率的に建物の維持管理が行える。

ri1.jpg

 今回の実証実験では、有償でお客様の現場の撮影代行、データ処理、Webビューアーへのアップロード、備品台帳とデータの紐づけまでをワンストップでリコーが行う。まずは、建設現場における遠隔での情報共有や、建物維持管理業をはじめとした建物の現場に課題を抱える顧客に使用してもらうことで価値検証を行う。リコーが培ってきた光学技術やソフト・AI技術を通じて、建物を簡易にデジタル管理可能にし、建設・維持管理業務の変革を目指していく。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 07:52 | プレスリリース
2023年09月25日

セラクグループのセラクCCCはNTTデータ イントラマートと協業しクラウドBPM領域に進出

■システムの定着・活用に向けたノウハウと、カスタマーサクセス機能を加えた新メニューを共同開発

 セラク<6199>(東証プライム)グループのセラクCCCは25日、NTTデータ イントラマートと(イントラマート社)協業し、イントラマート社のクラウド型ローコード開発サービス「Accel−Mart Quick」に、セラクCCC社のシステムの定着・活用に向けたノウハウと、カスタマーサクセス機能を加えた新メニュー「カスタマーサクセス支援サービス」を2023年10月1日から提供開始すると発表。

s1.jpg

 業務プロセスのデジタル化・自動化においても、企業自らがローコードでシステム開発を内製化できるよう伴走しながら支援することで企業のDX推進に貢献する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:04 | プレスリリース

プロパティデータバンクはリーボと業務提携、2023年10月1日から不動産関連アプリの開発を開始

 プロパティデータバンク<4389>(東証グロース)は25日、リーボ株式会社とモバイル領域における不動産関連のアプリ開発について、2023年10月1日から業務提携を開始すると発表。

■業務提携の理由

 同社は、主力サービスである資産管理クラウドサービス「@プロパティ」をはじめとしたクラウドサービスにおいて、顧客の利便性向上のために、新たにモバイル領域の開発が必要であると考え検討をすすめていた。

 一方、リーボ社は、エンドユーザー向けの不動産関連アプリの開発を企図していた。今回、多数のモバイル領域のアプリ開発の経験と技術力を有するリーボ社と、永年不動産テック業界でクラウドサービスを行い、不動産管理の流れやニーズを知り尽くす同社が業務提携を通じて、タッグを組むことで、顧客に使いやすいUI・UXを備えた、新しい機能・サービスの開発を行う。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:47 | プレスリリース

大日本印刷は「警視庁サイバーセキュリティセンター」を「バーチャル秋葉原」内にオープン

■9月25日(月)にサイバーセキュリティを学べる学習コンテンツを公開

 大日本印刷(DNP)<7912>(東証プライム)は25日、2023年7月26日(水)に採択された、警視庁サイバーセキュリティ対策本部による「メタバースを利用した訓練実施委託」を受け、「警視庁サイバーセキュリティセンター」を2023年9月25日(月)にオープンすると発表。

dai1.jpg

 同センターは、サイバーセキュリティに関する生活者の知識を高め、脅威への対処能力向上を目指す目的で開発されたもので、DNPが株式会社AKIBA観光協議会とともに運営するメタバース「バーチャル秋葉原」内に設置した。

*バーチャル秋葉原について
https://www.virtual-akihabara.com/

 DNPは2021年から、XR(Extended Reality)技術によってリアルとバーチャルの空間を融合して人々の体験価値を高める「XRコミュニケーションR」の事業を展開している。本センターの利用者は、時間・場所を問わずいつでも、自身の理解度や目的に応じたサイバーセキュリティに関する学習を進めることができる。本センターを通じて、DNPは警視庁とサイバーセキュリティの認知啓発をおこなうとともに、生活者が犯罪に巻き込まれるリスクの低減や、より安全・安心な社会の発展に貢献していく。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:40 | プレスリリース