[プレスリリース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (05/10)インフォマート、四国を中心に「藁焼き鰹たたき明神丸」等を運営する明神丸が飲食店のオペレーション効率化を推進する新サービス「V−Manage」を採用
記事一覧 (05/09)国内初!アサヒ飲料は大気中のCO2を吸収する自動販売機を活用したCO2の資源循環モデルの実証実験を6月から開始
記事一覧 (05/09)ネオジャパンが「第11回働き方改革EXPO【春】」に出展
記事一覧 (05/09)マーケットエンタープライズが品川に新拠点14か所目の買取拠点を開設、買取依頼増加を受けリユース事業拡大へ
記事一覧 (05/09)CAICA DIGITALと凸版印刷、Web3領域におけるNFT活用で連携
記事一覧 (05/09)ファンデリー、Webメディア「しっかり栄養、パワーアップ食」で管理栄養士の井尻吉信先生が人と繋がる重要性を解説
記事一覧 (05/08)ケンコーマヨネーズの子会社九州DC、佐賀県と森林環境保全協定を締結!食品メーカー初の参加で「未来の山」を育てる
記事一覧 (05/08)ANYCOLOR、Luca Kaneshiro(VTuberグループ「NIJISANJI EN」所属)のYouTubeチャンネル登録者数が100万人を突破
記事一覧 (05/02)フライトHDのフライトシステムコンサルティングがGoogle CloudのServiceパートナー認定を取得
記事一覧 (05/02)綿半HDグループの綿半ソリューションズが木造システム建築「PREST WOOD」を販売開始
記事一覧 (05/02)ラバブルマーケティンググループの子会社コムニコは人工知能技術「ChatGPT」の活用を業務に導入
記事一覧 (05/01)アイフリークモバイル、人気動画クリエイター「HIMAWARIちゃんねる」とのコラボ企画、「森のえほん館」に登場
記事一覧 (05/01)ユーグレナはマレーシアに「熱帯バイオマス技術研究所」を開設、熱帯気候と多様な生物資源を活かす新拠点
記事一覧 (05/01)マーチャント・バンカーズ、「土岐グランドボウル」を通じダイナミックな視点でプロモーションを展開
記事一覧 (05/01)ファンデリーは『ミールタイム』で健康に配慮した母の日ギフトセットを限定発売
記事一覧 (05/01)みずほリサーチ&テクノロジーズ、GPT活用支援サービス「ATHEUS for Generative AI」の提供開始
記事一覧 (05/01)IWI、スイス−ジュネーブで開催される「EBU Network Technology Seminar 2023」に出展、IP伝送の品質維持に必要なソリューションを紹介
記事一覧 (05/01)ファンデリー、グルメなお母さんへ素材にこだわった国産ハイブランド冷食を贈ろう、『旬をすぐに』母の日セットを限定販売
記事一覧 (04/28)LIFULL、国内不動産ポータルサイト初となる「ChatGPT」の技術を活用した「AIホームズくんBETA LINE版」の提供を開始
記事一覧 (04/28)アイフリークモバイル、CREPOS&咲洲プレ万博共催イベント「CREPOS AR アートフェスティバル」開催
2023年05月10日

インフォマート、四国を中心に「藁焼き鰹たたき明神丸」等を運営する明神丸が飲食店のオペレーション効率化を推進する新サービス「V−Manage」を採用

 国内最大級のフード業界向けプラットフォームを運営する、 インフォマート<2492>(東証プライム)は5月10日、同社のグループ会社であるRestartz(リスターツ)の提供する飲食店のオペレーション効率化を推進する新サービス「V−Manage」が、飲食店や食品販売店の経営・企画・運営を行う明神丸に採用されたと発表。

info1.jpg

■導入の背景

 明神丸は、四国を中心に「藁焼き鰹たたき明神丸」等の飲食店を12店舗運営している企業。同社では、タスク管理や衛生管理のチェックシート等を全て紙で管理しており、毎月月末に各店舗から本部へメールや郵便で送付していた。そのため、店舗運営の状況把握に時間や手間がかかることから、管理ツールの導入を検討していた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:18 | プレスリリース
2023年05月09日

国内初!アサヒ飲料は大気中のCO2を吸収する自動販売機を活用したCO2の資源循環モデルの実証実験を6月から開始

■吸収したCO2は肥料やコンクリートなどの工業原料に活用

 アサヒグループホールディングス<2502>(東証プライム)のアサヒ飲料は5月9日、自動販売機を活用したCO2の資源循環モデルの実証実験を開始したと発表。この実験では、大気中のCO2を吸収する特殊な自動販売機を設置し、吸収したCO2を肥料やコンクリートなどの工業原料に再利用することで、脱炭素社会に向けた取り組みを行っている。この自動販売機とCO2の資源循環モデルは、国内初の試みであり、特許出願中。

asahi1.jpg

 自動販売機は周辺の大気を吸い込み、商品を冷やしたり温めたりする際に、庫内に搭載された特殊材がCO2のみを吸収する。この仕組みにより、自動販売機は大気中のCO2を吸収する木と同じ役割を果たし、CO2排出量の削減に貢献する。1台当たりのCO2吸収量は年間約20本分のスギと同等。実証実験では関東・関西エリアを中心に約30台を設置し、CO2吸収量や吸収スピードなどを検証している。2024年からは本格展開を予定しており、将来的にはCO2排出量と吸収量が同等となるカーボンニュートラルな自動販売機の開発を目指している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:24 | プレスリリース

ネオジャパンが「第11回働き方改革EXPO【春】」に出展

■5月10日(水)〜12日(金)@東京ビッグサイト

 ネオジャパン<3921>(東証プライム)は、RX Japan株式会社主催の「第11回 働き方改革 EXPO【春】」5月10日(水)〜12日(金)に出展すると発表した。

neo1.jpg

 この働き方改革EXPOは、「DX推進支援」「AI・RPAツール」「働く場改革」「社内コミュニケーション」などさまざまな働き方を改革するソリューションが一堂に出展する専門展である。今回のネオジャパンブースは、desknet’s NEO最新バージョンV7.5の強化点をメインに、「ユーザーの声で育てられた」「今後更に便利なものに育てていって欲しい」といった思いを視覚的に表現した「農場」をイメージした構成になっている。なお、来場には招待券が必要のため、以下より招待券をダウンロードして持参。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:45 | プレスリリース

マーケットエンタープライズが品川に新拠点14か所目の買取拠点を開設、買取依頼増加を受けリユース事業拡大へ

 マーケットエンタープライズ<3135>(東証プライム)は、グループ全体のリユース事業を加速させることを目的に、2023年5月18日(木)、東京都品川区に新たな拠点として「品川リユースセンター 五反田TOC店(東京都品川区西五反田7−22−17 TOCビル9階)」を開設する。この拠点開設により、全国にある同社グループのリユースセンターは14拠点に。東京都内のリユースセンターは3拠点に、関東エリアのリユースセンターは全7拠点となる。

ma2.jpg

 マーケットエンタープライズグループでは、これまで、持続可能な社会の実現に向けて、リユースを中心に事業を展開しており、さらなる成長戦略として、買取能力の増強を掲げていた。SDGsへの意識の高まりもあり、昨今ではリユースが浸透してきたが、物価高により生活者の節約思考が強まったこともあり、現在、リユース需要はより一層の高まりを見せている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:12 | プレスリリース

CAICA DIGITALと凸版印刷、Web3領域におけるNFT活用で連携

 CAICA DIGITAL<2315>(東証スタンダード)凸版印刷<7911>(東証プライム)は5月9日、Web3領域におけるNFTの活用で連携を開始すると発表。凸版印刷は、CAICA DIGITALの子会社であるカイカフィナンシャルホールディングスが運営するブロックチェーンゲーム専門NFTマーケットプレイス「Zaif INO(ザイフアイエヌオー)」の認定代理店として、NFTを出品したい法人のサポートを行う。

ca1.jpg

 「Zaif INO」はGame−Fi(※1)専門の一次販売に特化した審査制NFT販売システムである。一定した審査基準により選定された確かなプロジェクトの販売、マーケティング、サポートなど、NFTプロジェクトの成長を一環で支援しており、購入者は価値ある優れたNFTの購入が可能である。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:55 | プレスリリース

ファンデリー、Webメディア「しっかり栄養、パワーアップ食」で管理栄養士の井尻吉信先生が人と繋がる重要性を解説

 ファンデリー<3137>(東証グロース)が運営する、管理栄養士のWebメディア「しっかり栄養、パワーアップ食(第5回)」を5月10日(水)に配信する。

fan1.jpg

 同社は、一人でも多くの方に健康的な毎日を過ごしてもらうため、管理栄養士が食事コントロールの方法を紹介する「しっかり栄養、パワーアップ食」を運営している。

 5月10日(水)に第5回『栄養や運動は「人と繋がる」ことで活きてくる』を掲載する。今回は、医療法人松若医院などで勤務されている管理栄養士 井尻 吉信先生が、高齢者の栄養管理や「人と繋がる」ことを大切にする理由について解説している。「食」の専門家である管理栄養士が紹介する、幅広い知見に基づいた信憑性の高い内容ちなっている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:51 | プレスリリース
2023年05月08日

ケンコーマヨネーズの子会社九州DC、佐賀県と森林環境保全協定を締結!食品メーカー初の参加で「未来の山」を育てる

■地域の豊かな自然を守り次の世代につなげていく活動を推進

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東証プライム)の100%子会社九州ダイエットクック(九州DC)は5月8日、佐賀県が推進する、森・川・海といった自然を未来へつなぐことを目的とした『森川海人っプロジェクト』に賛同し、森林環境保全に関する『森川海人っ協定』を締結したと発表。

ken1.jpg

 『森川海人っプロジェクト』は、有明海と玄海に面し、山や川が人々の身近にある佐賀県における、豊かな「森・川・海」を人の手で未来につなぐための取り組み。佐賀県は、その理念に共感し、協働する地元企業や団体と、森林環境保全に関する『森川海人っ協定』を締結している。九州DCは6例目となり、食品メーカーの同協定の締結は初めて。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:20 | プレスリリース

ANYCOLOR、Luca Kaneshiro(VTuberグループ「NIJISANJI EN」所属)のYouTubeチャンネル登録者数が100万人を突破

 ANYCOLOR<5032>(東証グロース)が運営するVTuber/バーチャルライバーグループ「NIJISANJI EN」が5月7日(日)、所属ライバー「Luca Kaneshiro(ルカ・カネシロ)」のYouTubeチャンネル登録者数が100万人突破したと発表。

aa1.jpg

【「NIJISANJI EN」について】
2021年5月にデビューした主に英語を用いて活動するVTuberプロジェクト「NIJISANJI EN」は、YouTube等の動画配信プラットフォームや各SNS等にてインフルエンサー活動を行っている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:51 | プレスリリース
2023年05月02日

フライトHDのフライトシステムコンサルティングがGoogle CloudのServiceパートナー認定を取得

■システム開発から導入支援・運用・利活用まで幅広い工程をサポート

 フライトホールディングス(フライトHD)<3753>(東証スタンダード)は4月下旬、事業子会社のフライトシステムコンサルティングがGoogle Cloud Partner Advantageプログラムにおいて、Google Cloud Serviceパートナー認定を取得したと発表し、今後もGoogle Cloud ・Google Workspaceを活用し、クラウド化で業務効率化を図りたいお客様に対して、最適な支援を目指すとした。

google1.jpg

 Google Cloud Partner Advantageとは、Google社が提供しているパートナープログラムで、パートナー制度の認定には、豊富な経験や高い技術力が求められる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:34 | プレスリリース

綿半HDグループの綿半ソリューションズが木造システム建築「PREST WOOD」を販売開始

■一般流通材と張弦材を独自の金物で接続、広い無柱空間を作る

 綿半ホールディングス(綿半HD)<3199>(東証プライム)は1日、子会社の綿半ソリューションズ(長野県飯田市)が、木を活用した建築の市場開拓に向けて、木造システム建築「PREST WOOD」の販売を5月1日から開始したと発表した。

wata1.jpg

 この「PREST WOOD」は環境にやさしい木造建築で、広くて使いやすい快適な空間を実現。 これまで鉄骨造でしか計画できなかった中間柱のない空間を、一般流通材のみ使用した木造で可能にした。一般流通材と張弦材を独自の金物で接続することで広い無柱空間を作り出す。 綿半ソリューションズは、「PREST WOOD」についての構造設計から実施設計、施工までを一貫して提供するとしている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:39 | プレスリリース

ラバブルマーケティンググループの子会社コムニコは人工知能技術「ChatGPT」の活用を業務に導入

■社内導入をスムーズに行うための、活用推進チームを新設

 ラバブルマーケティンググループ<9254>(東証グロース)の子会社で、企業のSNSマーケティングを支援するコムニコは5月1日、生産性および画像や動画等制作物の質向上を図ることを目的とし、業務において、米企業オープンAIが開発した人工知能技術「ChatGPT」の活用を導入することにしたと発表。導入にあたり、従業員が安全かつ効果的に活用することをサポート・推進するチームを新たに設立した。

lmg1.jpg

【「ChatGPT」導入の背景】

■コンテンツ制作に必要な情報収集やリサーチ業務の効率を上げ生産性向上を図る

 昨今の対話型AIや生成系AIの技術の発達に伴い、それらを企業・団体における業務効率化や生産性向上に活用する動きが活発になっている。コムニコにおいても、「ChatGPT」などのAIサービスが誕生した際、SNS投稿コンテンツの制作やリサーチといった業務における活用の可能性を見込み、導入にむけての計画を進めていたが、社内で「ChatGPT」に関する知識の向上や推進チームの設立を行い、本格的に導入することにした。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:55 | プレスリリース
2023年05月01日

アイフリークモバイル、人気動画クリエイター「HIMAWARIちゃんねる」とのコラボ企画、「森のえほん館」に登場

■絵本『おなかペコペコロボット!きゅうしゅつだいさくせん』配信開始

 アイフリークモバイル<3845>(東証スタンダード)は28日、同社グループ会社のアイフリークスマイルズが運営する、絵本アプリ「森のえほん館」(500冊以上の作品を収録)で、子どもたちを中心に絶大な人気を集めている動画クリエイター「HIMAWARI ちゃんねる」とコラボした絵本『おなかペコペコロボット!きゅうしゅつだいさくせん』を4月28日(金)から配信を開始したと発表した。

ai1.jpg

 「HIMAWARIちゃんねる」は、登録者数310万人(2022年3月時点)を超える大人気ファミリークリエイター。まーちゃん・おーちゃんのなかよし姉妹を中心に、ファミリーみんなで楽しい動画を発信している。今回は、絵本のストーリーとキャラクターの設定・デザインをまーちゃん・おーちゃんが担当。そのスト ーリー等を元に、「森のえほん館」チームが絵本を制作した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:26 | プレスリリース

ユーグレナはマレーシアに「熱帯バイオマス技術研究所」を開設、熱帯気候と多様な生物資源を活かす新拠点

■バイオ燃料原料用途のバイオマスの生産・利用に関する研究を中心に推進

 ユーグレナ<2931>(東証プライム)は5月1日、マレーシアに「熱帯バイオマス技術研究所」を開設したと発表。

yu1.jpg

 東南アジアに位置するマレーシアは、熱帯気候のため植物が光合成をするのに適した地域。世界的にみても生物多様性が非常に高く、豊富な生物資源(バイオマス)を有している。「熱帯バイオマス技術研究所」では、マレーシアの気候と多様なバイオマスを活かして、ユーグレナなどの微細藻類、その他の藻類や植物など、バイオ燃料原料用途のバイオマス生産・利用の最大化・最適化を中心とする研究を実施するほか、マレーシアを含むASEAN圏におけるバイオマス関連の研究開発の推進を目指していく。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:46 | プレスリリース

マーチャント・バンカーズ、「土岐グランドボウル」を通じダイナミックな視点でプロモーションを展開

■複合レジャー施設、26年にわたり運営しコロナ禍でも利益に貢献

 マーチャント・バンカーズ<3121>(東証スタンダード)は5月1日午後、岐阜県土岐市で、1996年9月より、26年にわたり運営している地元密着型の複合レジャー施設「土岐グランドボウル」について、今期から、ダイナミックな視点でプロモーションを仕掛け、地元のメディアや企業とタイアップしたイベントを展開し、地元と一体化した「ホットステーション」として、かつ、日本全国に向けた様々な情報の発信源として、ステップアップをはかっていくとした。

■高齢の方々に手軽に健康を維持できるスポーツとしてボウリングを紹介

 「土岐グランドボウル」は、長年、堅実な運営を行い、コロナ禍でも当社の利益に貢献している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:24 | プレスリリース

ファンデリーは『ミールタイム』で健康に配慮した母の日ギフトセットを限定発売

■お母さんにありがとうを伝えたい

 ファンデリー<3137>(東証グロース)は、『ミールタイム』にてエネルギー、塩分などを調整し健康に配慮した母の日ギフトセットを5月1日(月)から期間限定で発売する。

haha1.jpg

 『ミールタイム』は糖尿病や腎臓病など、疾患により食事制限が必要な方に塩分やエネルギーを調整した冷凍の健康食を販売すると共に、栄養士が電話で体調に合った食事の提案を行っている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:07 | プレスリリース

みずほリサーチ&テクノロジーズ、GPT活用支援サービス「ATHEUS for Generative AI」の提供開始

 みずほフィナンシャルグループ<8411>(東証プライム)の、みずほリサーチ&テクノロジーズは2023年4月18日から、GPT活用支援サービス「ATHEUS for Generative AI」の提供を開始したと発表。GPTをはじめ、様々な生成AIの活用に向けて、課題・データを考慮し、最適なユースケースの発掘、プロンプトエンジニアリング※1、データ収集、環境構築および検証を支援していく。

mi1.jpg

 OpenAI提供のGPTをはじめ、生成AIは、汎用人工知能の実現を目指した研究分野として注目を集めており、多くの企業や自治体等が生成AIの利活用を試行しているほか、APIを利用したソリューションも提供が開始され、その活用の取り組みが広がっている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:54 | プレスリリース

IWI、スイス−ジュネーブで開催される「EBU Network Technology Seminar 2023」に出展、IP伝送の品質維持に必要なソリューションを紹介

iw1.jpg

 インテリジェント ウェイブ(IWI)<4847>(東証プライム)は、2023年5月15日(月)から16日(火)の2日間、スイスのジュネーブで開催される、メディア制作インフラストラクチャ、ネットワーク、およびクラウド テクノロジーの最新の開発に焦点を当てた、主要な業界イベント「EBU Network Technology Seminar2023」に出展する。同展示会にて、IWIはEoM(IPフロー監視ソリューション)、EoM TFG(パケット障害発生装置)などのIP伝送の品質維持に必要なソリューションを紹介する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:37 | プレスリリース

ファンデリー、グルメなお母さんへ素材にこだわった国産ハイブランド冷食を贈ろう、『旬をすぐに』母の日セットを限定販売

 ファンデリー<3137>(東証グロース)は4月28日、『旬をすぐに』にて、調理時間が長い料理やお家で外食気分が味わえる商品を揃えた「母の日セット」を5月1日(月)から発売すると発表。

fan1.jpg

 『旬をすぐに』は素材と安心・安全にこだわり、国産食材100%、健康被害の恐れのある82種類の添加物を使用しないハイブランドな冷凍食品を製造・販売している。

 5月14日(日)の母の日に贈れる「母の日 旬すぐ6食セット」を5月1日(月)から5月12日(金)12時まで期間限定で販売する。焼きロールキャベツなど調理時間が長いメニューや普段食べる機会が少ない鴨つみれ汁など、人気の高い商品をセットにして用意した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:46 | プレスリリース
2023年04月28日

LIFULL、国内不動産ポータルサイト初となる「ChatGPT」の技術を活用した「AIホームズくんBETA LINE版」の提供を開始

■LINEで24時間いつでも住み替え相談ができる

 事業を通して社会課題解決に取り組む、LIFULL(ライフル)<2120>(東証プライム)が運営する不動産・住宅情報サービス「LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)」は、2023年4月28日(金)、OpenAI社が提供するChatGPTの技術を活用した、LINEでいつでも住み替え相談ができるサービス「AIホームズくんBETA LINE版」のパイロット版の提供を開始したと発表。国内不動産ポータルサイトでは初となる(自社調べ:2023年4月27日時点)。

life1.jpg

 利用した方との対話内容を学習し、アップデートを繰り返すことで、将来的に多くの方の住み替えに寄り添い、満足感を提供できる相談サービスに育成していく。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:15 | プレスリリース

アイフリークモバイル、CREPOS&咲洲プレ万博共催イベント「CREPOS AR アートフェスティバル」開催

■テクノロジーとアートの力で地域と人を盛り上げる

 アイフリークモバイル<3845>(東証スタンダード)は、 同社と同社のグループ会社アイフリークスマイルズが、咲洲プレ万博実行委員会(アジア太平洋トレードセンター株式会社、公益財団法人大阪産業局ほか)と共に、テクノロジーとアートの力で地域と人を盛り上げるイベント「CREPOS AR アートフェスティバル」を6月7日(水)から開催すると発表した。

a1.jpg

 このイベントは、2025年に開催予定の大阪・関西万博へ向けた機運の醸成と地域活性化に繋げることを目的として実施される。近年のデバイスや通信技術の進化で身近になってきたAR技術とアートを組み合わせた体験ができる2つのイベントを開催するとしている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:36 | プレスリリース