[プレスリリース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (04/26)キユーピーと広島大学の共同研究、世界で初めてアレルギー低減卵の安全性を確認
記事一覧 (04/26)ENECHANGE、魚にとって安全な水車・水力発電のSaaSソリューションを提供するNatel Energyへ脱炭素テックファンドを通じて出資
記事一覧 (04/26)ファンデリー、医師が執筆する「パワーアップ!食と健康(第4回)」、大和田潔先生が「健康寿命を延伸するための食事」について解説
記事一覧 (04/26)トーソーはカンテレ・フジテレビ系列連続ドラマ「ホスト相続しちゃいました」へ美術協力
記事一覧 (04/26)インテージホールディングスグループ、AI技術で利用実態を可視化!施設の利用満足度向上につなげる「広域な人流解析」、「日本科学未来館」で実証実験
記事一覧 (04/26)ispace、民間企業として世界初の月面着陸は「ハードランディング」の可能性
記事一覧 (04/25)日清食品HD、独自開発した対話型AI「NISSIN−GPT」をグループ社員3600人に向け公開
記事一覧 (04/25)アスカネットの空中ディスプレイ事業部がタイのバンコクで開催される国際展示会に出展
記事一覧 (04/25)パソナグループは淡路島西海岸に約30店舗の屋外型リゾートレストランをオープン、全国から人気専門店が集結
記事一覧 (04/25)マーケットエンタープライズ、茨城県つくばみらい市がリユースプラットフォーム「おいくら」で不要品リユース事業をスタート
記事一覧 (04/25)ファンデリー、Webメディア「しっかり栄養、パワーアップ食」で管理栄養士の長谷川民子先生が低栄養を予防する食事法を紹介
記事一覧 (04/25)東陽テクニカ、JAXA筑波宇宙センターにて「衛星レーザー測距システム」の稼動を開始
記事一覧 (04/24)ココナラ、ChatGPTを活用した出品者の支援機能「AIアシスタント機能(β)」をリリース
記事一覧 (04/24)ラバブルマーケティンググループの子会社コムニコとDTK AD、タイ人向けインバウンドプロモーションパッケージの提供を開始
記事一覧 (04/24)フライトHDのフライトシステムコンサルティングがAndroid携帯を決済端末に変える「Tapion」でNTTドコモの電子マネー「iD」に対応
記事一覧 (04/24)システムインテグレータはIDEA GARDENの全AI機能に「GPT−4」を適用、「アイデア貢献ポイント」で全員参加型の新規事業アイデア創出・育成を支援
記事一覧 (04/24)伊藤園はNECが開発した「顔認証決済対応自動販売機」を5月中旬から展開、「手ぶら」で飲料の購買が可能
記事一覧 (04/21)シンクロ・フード、「飲食店ドットコム」が生成型AIを活用したサービスを開発、CTO直下に「GPTプロジェクトチーム」を新設
記事一覧 (04/20)メタップスグループ、GPT−4をベースにしたAIコーディング支援ツール「GitHub Copilot X」を社内の全エンジニアを対象に導入
記事一覧 (04/20)LIXILは国内初となるリサイクルアルミ使用比率100%のビレットの量産化に成功
2023年04月26日

キユーピーと広島大学の共同研究、世界で初めてアレルギー低減卵の安全性を確認

■熱や消化酵素に強いアレルゲン「オボムコイド」を含まない鶏卵の作出

 卵アレルギーは、日本では約1%の人が罹患していると推定される食物アレルギーの一種。卵アレルギーの原因となるのは、卵白に含まれるタンパク質の一部で、その中でも「オボムコイド」と呼ばれるものが最も強いアレルゲンとして知られている。オボムコイドは、熱や消化酵素に対して非常に強い耐性を持っており、加熱や消化の過程で分解されにくいため、体内に入った際に免疫系を刺激しやすい。

kyu1.jpg

 キユーピー<2809>(東証プライム)と広島大学は、卵アレルギーで苦しむ人をゼロにしたいという共通の目標のもと、アレルギー低減卵の開発に取り組んできた。その成果として、2020年には、オボムコイドを含まない鶏卵を作出することに成功した。この鶏卵は、遺伝子組み換えではなく、鶏の卵巣にあるオボムコイド遺伝子を特定し、その発現を抑制するRNA分子を注射することで作製された。この方法は、鶏自体の遺伝子を変えるわけではなく、卵巣内で一時的にオボムコイド遺伝子の働きを止めるだけなので、安全性や倫理性に配慮したもの。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:07 | プレスリリース

ENECHANGE、魚にとって安全な水車・水力発電のSaaSソリューションを提供するNatel Energyへ脱炭素テックファンドを通じて出資

 ENECHANGE(エネチェンジ)<4169>(東証グロース)は4月26日、JAPAN ENERGYファンド(JEF)が運営するジャパンエナジーキャピタルによる「脱炭素テックファンド」を通じて、Natel Energyに出資したと発表。

ene1.jpg

■背景

 ネットゼロを達成するためには、再生可能エネルギーへの転換によるエネルギーシステムの脱炭素化が最も重要である。2020年に発表された日本の「グリーン成長戦略」では、再生可能エネルギーとして太陽光、洋上風力、地熱が重視されているが、水力発電は多様なエネルギーミックスの一部として未開拓の可能性を秘めている。水力発電と風力や太陽光を組み合わせることで、信頼性を損ねることことなく、送電網の脱炭素化を実現することができる。Natel Energyの技術では、コンパクトかつ魚に安全な水力タービンを持ち、設備投資と運用コストを大幅に削減することで、水力発電の主な欠点に対応している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:49 | プレスリリース

ファンデリー、医師が執筆する「パワーアップ!食と健康(第4回)」、大和田潔先生が「健康寿命を延伸するための食事」について解説

 ファンデリー<3137>(東証グロース)が運営する、医師によるWebメディア「パワーアップ!食と健康(第4回)」を4月26日(水)に掲載いたします。

f1.jpg

 同社は、一人でも多くの方に健康的な毎日を過ごしてもらうため、低栄養・フレイル・サルコペニアの予防・対策に関して、医師による食と健康法をアドバイスするWebメディア「パワーアップ!食と健康」を運営している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:31 | プレスリリース

トーソーはカンテレ・フジテレビ系列連続ドラマ「ホスト相続しちゃいました」へ美術協力

 窓辺の総合インテリアメーカー、トーソー<5956>(東証スタンダード)は4月26日、カンテレ・フジテレビ系列連続ドラマ「ホスト相続しちゃいました」に美術協力をしたと発表。

t1.jpg

■協力製品
【舞台となるホストクラブの事務所セット】アルミブラインド ベネアル25 TB−093(ライトグレー)
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:05 | プレスリリース

インテージホールディングスグループ、AI技術で利用実態を可視化!施設の利用満足度向上につなげる「広域な人流解析」、「日本科学未来館」で実証実験

 インテージホールディングス<4326>(東証プライム)グループのインテージテクノスフィアは4月26日、インテージグループR&Dセンター(※1)の取り組みの一環として、国立研究開発法人科学技術振興機構「日本科学未来館」(東京・お台場)で実証実験を実施。AI技術によるソリューション「Label Note(ラベルノート)」を活用し、複数台のカメラによる「広域な人流解析」を行うと発表。

in1.jpg

【日本科学未来館における「広域な人流解析」のポイント】

・複数台のカメラ間で同一人物をマッチングする、AI解析ソリューション「Label Note」を活用。来館者の施設内の動線や各展示ブースの滞在時間を把握

・館内の利用状況を適切に可視化し、実態を正しく捉えることで課題の解決へ
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:53 | プレスリリース

ispace、民間企業として世界初の月面着陸は「ハードランディング」の可能性

■26日午前1時すぎ、着陸予定時刻を過ぎて通信途絶状態に

 民間月面探査プログラム「HAKUTO−R」を運営するispace<9348>(東証グロース)は4月26日午前8時、同プログラムの「ミッション1月面着陸の状況について」を発表し、4月26日8時時点において、ランダー(月着陸船)との通信の回復が見込まれず、月面着陸を確認するSuccess9の完了が困難と判断したことを明らかにした。民間企業として世界初の月面着陸を26日午前1時40分頃に予定していた。

 発表によると、現時点で得られているデータに基づくと、東京日本橋のミッションコントロールセンター(地上管制室)にて、着陸シーケンスの終盤、ランダーの姿勢が月面に対して垂直状態になったことを確認しているが、着陸予定時刻を過ぎても着陸を示すデータの確認には至らなかった。その後ランダーの推進燃料の推定残量が無くなったこと、及び、急速な降下速度の上昇がデータ上確認されており、最終的にテレメトリの取得ができない状態となった。

 これらの状況から、当社のランダーは最終的に月面へハードランディングした可能性が高いと考えている。なお、これらの状況が発生した要因については、現時点ではこれまでに取得されたテレメトリの詳細な解析を実施している状況であり、解析が完了次第ご報告するとした。(HC)

■株式投資情報(総合版):記事アクセスランキング
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:51 | プレスリリース
2023年04月25日

日清食品HD、独自開発した対話型AI「NISSIN−GPT」をグループ社員3600人に向け公開

■近日中に最新モデル「GPT−4」を適用予定

 日清食品ホールディングス(日清食品HD)<2897>(東証プライム)は4月25日、日本マイクロソフトが提供するAzure OpenAI ServiceとMicrosoft Power Platformを活用して独自開発した対話型AI「NISSIN−GPT」を、日清食品グループの国内事業会社(一部を除く)の社員約3600人に向けて2023年4月25日(火)に公開したと発表。

n1.gif

 日清食品グループは、中長期成長戦略において「NBX (NISSIN Business Transformation)」を全社活動テーマとして掲げ、純粋なデジタル化に留まらないビジネスモデル自体の変革を目指した取り組みを進めている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:07 | プレスリリース

アスカネットの空中ディスプレイ事業部がタイのバンコクで開催される国際展示会に出展

■5月24日から26日、大型壁面サイネージなど展示

 アスカネット<2438>(東証グロース)が展開する空中ディスプレイ事業部は、2023年5月24日(水)から26日(金)の期間、タイのバンコクで開催される展示会『InfoComm Asia 2023(https://infocomm-asia.com/en/)』に出展する。

as1.gif

 『InfoComm Asia 2023』は東南アジア最大規模のプロフェッショナル向けのオーディオビジュアル業界の展示会。世界各国の企業が東南アジア市場でのプレゼンスを高めるため、最新のソリューションをお披露目する。この、成長著しい東南アジア地域の展示会に出展をすることで、』ASKA3Dプレート』を使用した空中ディスプレイの認知度向上を図るとともに、具体的な案件の獲得を目指す。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:20 | プレスリリース

パソナグループは淡路島西海岸に約30店舗の屋外型リゾートレストランをオープン、全国から人気専門店が集結

■播磨灘の絶景と淡路島グルメが堪能できる

 パソナグループ<2168>(東証プライム)は、淡路島の豊かな自然と食の魅力を発信することを目的に、全国から様々なジャンルの人気専門店が集結した屋外型リゾートレストラン『AWAJI CHEF’S GARDEN(淡路シェフガーデン)by PASONA』を2023年4月29日(土)に淡路島西海岸沿いにオープンする。

paso1.gif

 『淡路シェフガーデン by PASONA』は、新型コロナウイルス感染症の影響により営業縮小した飲食施設の支援を目的に、2021年4月〜2022年11月まで淡路島東海岸にて運営していた屋外型レストラン「淡路シェフガーデン」の後継施設。当時使用していた屋外型の専用コンテナ店舗を移設し、“日本の夕陽百選”に選ばれた播磨灘の絶景を一望する海沿いに開設する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:18 | プレスリリース

マーケットエンタープライズ、茨城県つくばみらい市がリユースプラットフォーム「おいくら」で不要品リユース事業をスタート

■リユース施策導入で利便性向上と廃棄物量削減へ

 茨城県つくばみらい市(市長:小田川 浩)とマーケットエンタープライズ<3135>(東証プライム)は、2023年4月25日(火)から、地域社会における課題解決を目的とした不要品リユース事業に関する協定を締結し、連携をスタートすると発表。マーケットエンタープライズが運営するリユースプラットフォーム「おいくら」を用いて、不要品を廃棄物として捨てずに再利用する仕組みを構築し、つくばみらい市の廃棄物削減と循環型社会の形成を目指していく。

ma1.gif

■背景・経緯

 つくばみらい市では「つくばみらい市環境基本計画」の中で「循環型社会の形成」を基本目標の1つに掲げ、3R(リデュース・リユース・リサイクル)推進のために、資源のリサイクルや、リユースショップ活用を市民へ啓発してきた。しかし、より一層のリユース促進と廃棄物減量化を実現させるためには新たな施策導入が不可欠と考え、これまで具体策を検討していた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:22 | プレスリリース

ファンデリー、Webメディア「しっかり栄養、パワーアップ食」で管理栄養士の長谷川民子先生が低栄養を予防する食事法を紹介

 ファンデリー<3137>(東証グロース)が運営する、管理栄養士のWebメディア「しっかり栄養、パワーアップ食(第4回)」を4月26日(水)に配信する。

fande1.gif

 同社は、一人でも多くの方に健康的な毎日を過ごしてもらうため、管理栄養士が食事コントロールの方法を紹介する「しっかり栄養、パワーアップ食」を運営している。

 4月26日(水)に第4回「バランスのよい食事を意識して低栄養を防ぎましょう!」を掲載する。今回は、萌生会大道クリニック栄養課の管理栄養士 長谷川 民子先生が、「バランスよく食べる」とはどういうことか、具体的な食材を例に挙げながら紹介している。「食」の専門家である管理栄養士が紹介する、幅広い知見に基づいた信憑性の高い内容となっている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:01 | プレスリリース

東陽テクニカ、JAXA筑波宇宙センターにて「衛星レーザー測距システム」の稼動を開始

■新たなSLR局で高精度の軌道データ取得を支援

 東陽テクニカ<8151>(東証プライム)は4月25日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)筑波宇宙センターに設置された「つくばSLR局」で、ドイツDiGOS社製の「衛星レーザー測距システム」が2023年4月に稼動を開始したと発表。このシステムは、地上からレーザー光を衛星に照射し、その反射時間を測定することで、衛星との距離を誤差1cm以下の高精度で測定できるもの。このデータは、衛星の軌道決定や地球の形状や変動の評価などに利用される。

t1.gif

 「つくばSLR局」は、JAXAが国際レーザー測距事業(ILRS)に参加し、世界測地座標系の構築や宇宙基盤技術の研究開発に貢献するために設置したもので、2023年4月に正式に運用を開始した。東陽テクニカは、協力会社の加藤電気工業所を通じて、「衛星レーザー測距システム」を納入した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:24 | プレスリリース
2023年04月24日

ココナラ、ChatGPTを活用した出品者の支援機能「AIアシスタント機能(β)」をリリース

 日本最大級のスキルマーケット「ココナラ」を運営するココナラ<4176>(東証グロース)は4月24日、「ChatGPT」で用いられている自然言語処理の人工知能モデル「gpt−3.5−turbo」を利用して、出品者の支援機能「AIアシスタント機能(β)」をリリースしたと発表。

coco1.jpg

【ローンチの背景】

 同機能はChatGPTの文章自動生成機能を利用し、サービス内容の特徴と、出品者自身の経歴を入れると「サービス内容」の原稿をAIが提案する機能である。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:14 | プレスリリース

ラバブルマーケティンググループの子会社コムニコとDTK AD、タイ人向けインバウンドプロモーションパッケージの提供を開始

■DTK AD子会社化後第1弾の協業施策スタート、タイ人の日本旅行時の訪問先として選ばれるためのインバウンドプロモーションプランを提案

 ラバブルマーケティンググループ<9254>(東証グロース)の子会社の、企業のSNSマーケティング支援事業を行うコムニコと、東南アジアにおけるマーケティングやインバウンド向けのプロモーション支援を行うDTK AD Co.,Ltd.(本社:タイ王国:DTK AD:ディーティーケー アド)が協業で、訪日タイ人向けのプロモーションパッケージの提供を開始した。

lmg1.jpg

 同社は、事業の成長戦略のひとつである海外展開の一環として、2023年3月、東南アジアのインバウンドプロモーションの実績豊富なタイのDTK ADを子会社化した。国内を中心にSNSマーケティング支援事業を長年行っているコムニコと、長年タイを中心に東南アジアのマーケティング支援を行うDTK AD、グループ会社同士の強みを活かしたサービスを行う計画を進め、その第1弾として、DTK ADが本社を置くタイを対象としたインバウンドプロモーションパッケージの提供を開始した。同施策では、化粧品、日用品などインバウンド客が購入するものを製造・販売するメーカーや、ホテル、観光施設、飲食店などインバウンド客が訪問/利用する施設を運営する企業・自治体といったコムニコのお客様を対象に、タイ人が訪日した際に購買/訪問/利用をしてもらえるようなソリューションを提案することを想定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:43 | プレスリリース

フライトHDのフライトシステムコンサルティングがAndroid携帯を決済端末に変える「Tapion」でNTTドコモの電子マネー「iD」に対応

■第一弾はNTTドコモの「iD」、今後も順次拡大の予定

 フライトホールディングス(フライトHD)<3753>(東証スタンダード)は4月24日、事業子会社フライトシステムコンサルティングが、市販のAndroid携帯を使ってカードのタッチ決済を実現する「Tapion(タピオン)」において、この度、NTTドコモが提供する電子マネー「iD」(NTTドコモの登録商標以下、iD)に対応したと発表し、今後「Tapion」では、クレジットカードだけではなく、電子マネーにも広く対応することでキャッシュレス決済、及びタッチ決済の普及拡大に努めて行くとした。

f1.jpg

■コストを抑えてキャッシュレスを実現、カフェ、キッチンカーなどに好適

 「Tapion」は、タッチ決済を市販のAndroid端末で実現する技術「Tap to Phone」
を使って開発された新しい決済ソリューション。専用決済端末の導入コストを抑えながらキャッシュレスを実現したいカフェ、カジュアルレストラン、キッチンカー、屋台、朝市などの小・中規模事業者、並びにオフィスや家庭などへの訪問販売を行なっている加盟店に向け、今後本格展開を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:04 | プレスリリース

システムインテグレータはIDEA GARDENの全AI機能に「GPT−4」を適用、「アイデア貢献ポイント」で全員参加型の新規事業アイデア創出・育成を支援

 システムインテグレータ<3826>(東証スタンダード)は4月24日、アイデア創出プラットフォーム「IDEA GARDEN(アイデアガーデン)」において、Open AI社のAI技術を使った機能すべてに「GPT−4」を実装したと発表。また、新機能としてアイデア創出への各社員の貢献度を見える化する「アイデア貢献ポイント」を2023年4月24日から実装した。

s1.jpg

■IDEA GARDENのAI機能群

 VUCAと呼ばれる時代、変化の激しい市場での持続的発展を図るために日本企業では新規事業や業務改善への取り組みが喫緊の課題となっている。そこで新規事業や業務改善のアイデア創出を支援するため、IDEA GARDENは社内で誰でも簡単にアイデアを生み出し育てられるプラットフォームを提供する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:20 | プレスリリース

伊藤園はNECが開発した「顔認証決済対応自動販売機」を5月中旬から展開、「手ぶら」で飲料の購買が可能

■自動販売機による新たな付加価値の提供

 伊藤園<2593>(東証プライム)は4月24日、NEC(日本電気)<6701>(東証プライム)が開発した、自動販売機で顔認証により飲料の購入が可能となる「顔認証決済サービス」を、2023年5月中旬から先行導入し展開を開始すると発表。

ito1.jpg

 昨今の外部環境の変化により、利便性及び衛生面に優れたキャッシュレス決済は堅調に増加しており、2022年のキャッシュレス決済比率が過去最高を更新する36.0%(前年比+3.5point)となるなど、購買活動における「現金を使わずに支払いを済ませる方法」の多様性は大きく広がった(※1)。一方で顔認証技術は、利便性の高さと認証精度の向上により、オフィスや工場の入退室管理、パソコンやスマホの端末ログイン等における活用が急速に拡大している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:23 | プレスリリース
2023年04月21日

シンクロ・フード、「飲食店ドットコム」が生成型AIを活用したサービスを開発、CTO直下に「GPTプロジェクトチーム」を新設

■AI技術を活用した飲食店の業務効率化革命

 シンクロ・フード<3963>(東証プライム)は4月21日、最新テクノロジーを活用したサービス利用・開発に取り組む「GPTプロジェクトチーム」を2023年4月から新設したと発表。CTO直下に若手メンバー中心に組織化、社内業務への活用から着手し、人手不足が深刻な飲食店の生産性向上を図るサービス開発にチャレンジする。

shin1.jpg

 これまで以上に、飲食業界にチャレンジする人を応援し、飲食業界を盛り上げるサービス開発を強化していくことで、今後の更なるユーザー価値向上と企業価値の最大化を目指していく。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:45 | プレスリリース
2023年04月20日

メタップスグループ、GPT−4をベースにしたAIコーディング支援ツール「GitHub Copilot X」を社内の全エンジニアを対象に導入

■コード自動生成からエラー修正まで一括対応

 メタップス<6172>(東証グロース)グループのメタップスワンは4月20日、開発者の生産性向上を目指して、OpenAI社が開発した「GPT−4」をベースにしたAIコーディング支援ツール「GitHub Copilot X」を全エンジニア対象に導入したと発表。「GitHub Copilot X」は、以下のような特徴を持つ次世代のコーディング支援ツール。

gpt1.jpg

■GitHub Copilot Xが持つ特徴

 コード自動補完:開発者が入力したコードに基づいて、関連するコードを自動的に生成し、効率的にコードを書くことができる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:21 | プレスリリース

LIXILは国内初となるリサイクルアルミ使用比率100%のビレットの量産化に成功

■今秋発売予定の低炭素型アルミ形材「PremiAL R100」の展開に向け大きく前進

 LIXIL<5938>(東証プライム)は4月20日、ビル用建材等を生産する小矢部工場(富山県小矢部市)にて、国内初となるリサイクルアルミ使用比率100%のビレットの量産に成功したと発表。

lix1.jpg

 アルミニウムは、軽量で強度が高く、耐食性や加工性に優れた素材。しかし、アルミニウムの製造には多くのエネルギーが必要であり、温室効果ガスの排出量も大きいという課題がある。そこで、同社は、リサイクルアルミニウムを100%使用したビレット(押し出し加工用の棒状の原料)の量産化に成功した。これは、国内初の取り組み(2023年4月現在。同社調べ)。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:42 | プレスリリース