[プレスリリース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (12/26)加賀電子が小型電動バイクなどのaidea(アイディア)社に出資、環境負荷の少ない社会の実現を目指す
記事一覧 (12/26)アイリッジはアパレル企業ヤマダヤのLINEミニアプリを開発支援
記事一覧 (12/26)綿半HDグループの綿半林業とサイエンスホームは新たな住宅ブランド「cotton1/2」を発表
記事一覧 (12/23)科研製薬は壊死組織除去剤「ネキソブリッド外用ゲル5g」の国内製造販売承認を取得
記事一覧 (12/23)ミロク情報サービス、ホラン千秋さん出演の新TVCM「電子帳簿保存法・インボイス」篇「チカラになります。いつもそばで。」が12月24日から放映開始
記事一覧 (12/23)フライトHDの子会社フライトシステムコンサルティングは国内初のAndroid携帯でタッチ決済をする「Tapion」パイロット3店舗目の運用を開始
記事一覧 (12/23)アイリッジ、全国初・複数金融機関口座と紐付けたデジタル地域通貨・真庭市「まにこいん」が開始
記事一覧 (12/22)科研製薬、開発医薬品「ART−001」」が第U相試験で主要評価項目を達成
記事一覧 (12/22)マーケットエンタープライズ、福島市が東北地方で初めての連携、リユースプラットフォーム「おいくら」導入で不要品リユース事業を開始
記事一覧 (12/21)ケンコーマヨネーズの100%子会社DCサプライの「福山工場長シリーズ」が「第8回 福山ブランド」に認定
記事一覧 (12/21)ミロク情報サービスの販売システムとインフォマートの請求書クラウドサービスがAPI連携開始
記事一覧 (12/21)鎌倉市がネオジャパンの『desknet’sNEO』など3製品を採用、実証実験を終えて導入
記事一覧 (12/20)アスカネットの空中結像パネル「ASKA3Dプレート」がトルコの総合病院(地上12階、298床)で非接触のエレベーター操作盤に導入される
記事一覧 (12/20)ミロク情報サービス法人税申告書システムがグループ通算制度に対応
記事一覧 (12/20)クレスコとJAL、医療AIによる画像認識技術を活用した「航空機エンジン内部検査ツール」を開発
記事一覧 (12/20)インテージホールディングス、インテージヘルスケアがAI創薬アカデミックプログラム(IAAP)を開始
記事一覧 (12/19)マーケットエンタープライズ、滞在人口160万人を超える倶知安町が「おいくら」で不要品処分コストを削減
記事一覧 (12/19)綿半HD、綿半オリジナル商品「ぜいたく素材 おむすび」と「むき甘栗」が発売2ヶ月で人気商品に
記事一覧 (12/16)トレジャー・ファクトリー、台湾に総合リユースショップを初出店、複数店舗のドミナント展開を目指す
記事一覧 (12/16)マーチャント・バンカーズグループの創薬ベンチャー・バイオジップコードの研究開発責任者・小島秀人氏(国立大学法人滋賀医科大学特別教授)が糖尿病を完治させる医薬品開発の取組みについて講演
2022年12月26日

加賀電子が小型電動バイクなどのaidea(アイディア)社に出資、環境負荷の少ない社会の実現を目指す

■エネルギーマネジメントも含めスマートモビリティ社会の実現に取り組む

 加賀電子<8154>(東証プライム)は12月26日の午後、イタリアのバイクメーカーを起源に持つ小型EVメーカーaidea株式会社(東京都港区、aidea社)への出資と電動バイクの普及支援を発表した。

k11.jpg

■ローマにデザインセンターを置き製造は日本国内で

 aidea社は、2019年の会社設立以来、3輪の電動バイク「AA−Cargoシリーズ」を国内外で販売する小型EVメーカー。イタリアのバイクメーカー「ADIVA社」を起源に持つことから、イタリア・ローマ市にデザインセンターを置き、独自の発想と技術により先進的な製品を開発するとともに、製造は日本国内の工場で行うことで、高いデザイン力と国産の高品質を強みとしている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:21 | プレスリリース

アイリッジはアパレル企業ヤマダヤのLINEミニアプリを開発支援

■数店舗から導入を開始後、順次拡大し全店舗に導入

 アイリッジ<3917>(東証グロース)は、全国に18ブランド151店舗を展開するアパレル企業・ヤマダヤ(愛知県名古屋市)が12月23日から店頭利用開始するLINEミニアプリ「YAMADAYA」を開発支援したと発表した。「YAMADAYA」はヤマダヤの全ブランド共通で使える会員証ミニアプリとして、まずは数店舗から導入を開始後、順次拡大し全店舗に導入する予定である。情報登録なしにすぐポイントをためられる設計により、新規会員獲得の促進を目指すとしている。

ai1.jpg

 ヤマダヤでは、店舗やオンラインショップでの買い物が便利になるスマートフォンアプリを展開しているが、スマートフォンアプリは既存会員向けとなっており、利用にはログインが必要な仕様となっている。また、同社はコロナ禍で買い物時の非接触傾向も進む中、情報登録なしですぐに使い始められる会員証ミニアプリを提供することで、レジ前での顧客の滞留や会員登録時の離脱を防ぎ、手軽にポイントをためてリピーターになってもらうことを目指している。アイリッジは、既存ベンダーとのコミュニケーションのスムーズさや今後の展開に関する提案などが評価され、開発パートナーに選ばれた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:35 | プレスリリース

綿半HDグループの綿半林業とサイエンスホームは新たな住宅ブランド「cotton1/2」を発表

■2023年1月10日より販売

 綿半ホールディングス(綿半HD)<3199>(東証プライム)グループの綿半林業(新潟県北蒲原郡)とサイエンスホーム(静岡県浜松市)は、自然素材・天然無垢材の住宅ブランド「cotton1/2(コットン ニブンノイチ)」を共同開発し、2023年1月10日より販売する。

wata1.jpg

 cotton1/2は、オリジナル乾燥技術による無垢材を構造材全てに使用して造る、日本の伝統的な木造建築の技法を活かした真壁づくりの家である。森の中で感じる包み込まれるような安心感、木漏れ日や小鳥のさえずり・川のせせらぎに心が癒される穏やかなひととき・・・そんなやすらぎをご自宅で感じられる住宅がcotton1/2のコンセプト。内装も、桐の床板や珪藻土クロスの壁など自然素材で構成されている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:18 | プレスリリース
2022年12月23日

科研製薬は壊死組織除去剤「ネキソブリッド外用ゲル5g」の国内製造販売承認を取得

■同剤の販売開始時期は、製品準備の都合で2023年夏ごろを予定

 科研製薬<4521>(東証プライム)は23日、壊死組織除去剤「ネキソブリッド外用ゲル5g」(開発記号:KMW−1、一般名:なし、以下「同剤」)について、本日、「深達性 II 度又は III 度熱傷における壊死組織の除去」の効能・効果で製造販売承認を取得したと発表した。

 同剤はパイナップル茎の搾汁精製物を有効成分とし、タンパク質分解作用により熱傷によ って壊死した組織を除去する外用剤である。熱傷部位に塗布及び除去することで、健常な組織を温存したまま、壊死組織を選択的に簡便かつ速やかに除去することができる。 なお、海外ではNexoBridとして欧州やイスラエルなど40ヵ国以上で承認されている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:43 | プレスリリース

ミロク情報サービス、ホラン千秋さん出演の新TVCM「電子帳簿保存法・インボイス」篇「チカラになります。いつもそばで。」が12月24日から放映開始

■電子帳簿保存法、インボイス制度への対応を力強く訴求

 財務・会計システムおよび経営情報サービスを開発・販売するミロク情報サービス(MJS)<9928>(東証プライム)は12月23日、MJSのイメージキャラクター・ホラン千秋さん出演の新TVCM「電子帳簿保存法・インボイス」篇を制作し、2022年12月24日から放映を開始すると発表。

mjs1.jpg

■CMコンセプト&ストーリー

 CMのコンセプトは、「チカラになります。いつもそばで。」。ホラン千秋さん扮するMJSのコンサルタントが、対応を迫られる電子帳簿保存法とインボイス制度について「準備はできていますか?」と問いかける。対応しなければと分かってはいるけれど、なかなか手が付けられていない企業の担当者に向けて、法改正、新制度への対応が万全なMJSが、電子帳簿保存法やインボイス制度への対応はもちろんのこと、顧客に合わせた各種ソリューションを提供し、課題解決に向けていつもそばで支え続けることを訴求している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:38 | プレスリリース

フライトHDの子会社フライトシステムコンサルティングは国内初のAndroid携帯でタッチ決済をする「Tapion」パイロット3店舗目の運用を開始

■ばくだん焼本舗池袋本店にて運用中

 フライトホールディングス(フライトHD)<3753>(東証スタンダード)の子会社・フライトシステムコンサルティングは12月21日、2021年に発表した市販のAndroid携帯を使ってカードのタッチ決済(※1)を実現する「Tapion(タピオン)」の本格サービスインに先駆け、都内加盟店での3店舗目のパイロット運用を開始したと発表。

f1.jpg

 Tapionは、タッチ決済を市販のAndroid端末で実現する技術「Tap to Phone」(※2)を使って開発された新しい決済ソリューション。専用決済端末の導入コストを抑えながらキャッシュレスを実現したいカフェ、カジュアルレストラン、キッチンカー、屋台、朝市などの小・中規模事業者、並びにオフィスや家庭などへの訪問販売を行なっている加盟店に向け、今後本格展開を予定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:16 | プレスリリース

アイリッジ、全国初・複数金融機関口座と紐付けたデジタル地域通貨・真庭市「まにこいん」が開始

■来年1月5日より岡山県真庭市で

 アイリッジ<3917>(東証グロース)は、連結子会社でフィンテック事業を展開するフィノバレーは、2023年1月5日より岡山県真庭市で、フィノバレーが提供するデジタル地域通貨プラットフォーム「MoneyEasy」を採用したデジタル地域通貨「まにこいん」が開始されると発表した。「まにこいん」は市内に設置予定のチャージ機等からの現金チャージで誰でも使える「まにこいんPay」のみで開始後、来年度には中国銀行とトマト銀行の銀行口座と紐付けてチャージやユーザー同士の送金がおこなえる「まにこいんBank」にも対応し、本格稼働の予定である。

ai1.jpg

 真庭市では、新型コロナウイルスを契機とする「新しい生活様式」への変革の一環として公金支払いや市内商店での決済におけるキャッシュレス決済環境を提供することと、地域貢献を評価できる市民ポイント制度の導入を通じた善意で回る魅力的な地域づくりを目的として、デジタル地域通貨「まにこいん」を導入する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:05 | プレスリリース
2022年12月22日

科研製薬、開発医薬品「ART−001」」が第U相試験で主要評価項目を達成

■連結子会社ARTham Therapeuticsの開発医薬品

 科研製薬<4521>(東証プライム)は21日、連結子会社のARTham Therapeuticsが難治性脈管奇形を対象疾患として開発を進めている「ART−001」について、国内第U相試験の主要評価項目を達成したと発表した。

 このたびの国内第U相試験は、低流速型脈管奇形の患者を対象とした無作為化二重盲検比較試験である。ART−001 50mgまたは100mgを1日1回朝食後に24週間経口投与したときの有効性および安全性を評価しており、主要評価項目は24週間投与終了時点の標的病変の体積変化(MRI)に基づく奏効率とした。その結果、主要評価項目を達成した。なお、同試験結果の詳細については、今後の学会等で発表する予定である。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:20 | プレスリリース

マーケットエンタープライズ、福島市が東北地方で初めての連携、リユースプラットフォーム「おいくら」導入で不要品リユース事業を開始

■不要品処分需要が高まる年末 不要品処分時間の大幅短縮へ

 福島県福島市(市長:木幡 浩)とマーケットエンタープライズ<3135>(東証プライム)は12月21日、2022年12月21日から、地域社会における課題解決を目的とした不要品リユース事業の連携をスタートすると発表。マーケットエンタープライズが運営するリユースプラットフォーム「おいくら」を用いて、不要品を廃棄物として捨てずに再利用する仕組みを構築。福島市の廃棄物削減と循環型社会の形成を目指していく。

ma1.jpg

■背景・経緯

 福島市では、「福島市一般廃棄物処理基本計画」の中で「持続可能な循環型社会の構築」を基本理念として掲げ、基本施策の1つとして「優先的な2R(リデュース、リユース)の推進」に取り組んできた。それにより福島市の廃棄物排出量は減少傾向にあるものの、まだ利用可能なものまでが廃棄物として処分されており、リユースの促進や廃棄物を減らすための新たな施策の検討が課題となっていた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:18 | プレスリリース
2022年12月21日

ケンコーマヨネーズの100%子会社DCサプライの「福山工場長シリーズ」が「第8回 福山ブランド」に認定

■地域資源を活用した地域の活性化・課題解決への取り組みとして評価

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東証プライム)の100%子会社ダイエットクックサプライ(DCサプライ)が製造を担っている「福山工場長シリーズ」が、「第8回 福山ブランド」商品・サービス部門にてブランド認定された。

ken1.jpg

 「福山ブランド」とは、福山市都市ブランド戦略推進協議会が主催するもので、福山市で生み出される、創造性あふれるサービスや技術、取り組みの中から特に、今までにはない発想やそれを実現するために技術と情熱を注ぎ込んでいるもの、時代やニーズにマッチするよう進化し続けるものが認定・登録される。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:27 | プレスリリース

ミロク情報サービスの販売システムとインフォマートの請求書クラウドサービスがAPI連携開始

■請求書データのシームレスな電子発行により電子帳簿保存法とインボイス制度対応を支援

mjs1.jpg

 財務・会計システムおよび経営情報サービスを開発・販売するミロク情報サービス(MJS)<9928>(東証プライム)は12月21日、MJSの販売システム『Galileopt DX(ガリレオプト ディーエックス)販売大将』、『MJSLINK DX(エムジェイエスリンク ディーエックス)販売大将』、『ACELINK NX−CE(エースリンク エヌエックスシーイー)販売』と、BtoBビジネスを革新する信頼のリーディングカンパニーを目指すインフォマート<2492>(東証プライム)の請求書の受取・発行を電子データ化するクラウドサービス『BtoBプラットフォーム 請求書』のAPI連携を開始したと発表。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:23 | プレスリリース

鎌倉市がネオジャパンの『desknet’sNEO』など3製品を採用、実証実験を終えて導入

■煩雑になった庁内業務の「見える化」を、情報共有基盤構築により推進

 ネオジャパン<3921>(東証プライム)のグループウェア『desknet’s NEO(デスクネッツ ネオ)』と情報共有システム『ChatLuck(チャットラック)』『AppSuite(アップスイート)』の3製品が、このほど、神奈川県鎌倉市(松尾崇市長)における市区局共通の情報共有基盤として実証実験を終えて採用が決まった。ネオジャパンが12月20日発表した。

■情報共有システムの運用を統一、課を越えた横断的なデータ利用など実現

 鎌倉市では、これまでグループウェアなど情報共有システムの運用が統一されておらず、各課ごとにカスタマイズして使用していた。そのため汎用性が低下し、課を越えた横断的なデータの利用が難しく、データの集約・共通化が課題となっていた。

■グループウェア『desknet’s NEO』採用の決め手

 グループウェアはクラウドを主とした製品が多い中で、『desknet’s NEO』はクラウドだけでなくオンプレミス製品があり、クラウドと同様の機能が備わっていることが決め手の一つとなった。アップデートの頻度も高くユーザーの意見が反映されやすいこと、さらにビジネスチャット『ChatLuck』や、ノーコード業務アプリ作成ツール『AppSuite』など、他アプリとの連携ができる点も高く評価され、弊社製品の採用が決定した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:34 | プレスリリース
2022年12月20日

アスカネットの空中結像パネル「ASKA3Dプレート」がトルコの総合病院(地上12階、298床)で非接触のエレベーター操作盤に導入される

■徹底した衛生管理が求められる中、呼び出しボタン187台などに採用

 アスカネット<2438>(東証グロース)の空中結像パネル「ASKA3Dプレート」を使用したエレベーター用空中ディスプレイが、2022年9月にオープンしたトルコの総合病院に導入され、徹底した衛生管理が求められる中で、ドアの開閉などを非接触で行えるとして活用されている。

asuka1.jpg

 ASKA3D中国パートナー企業であるYesar Electronics Technology(Shanghai)Co.,Ltd.社(中国・上海)が開発したエレベーター用空中ディスプレイが、三菱電機<6503>(東証プライム)の中東・アフリカ地域における販売拠点であるAG MELCO Elevator Co.L.L.C.社を通して、トルコの病院に導入された。

 導入されたのは2022年9月にオープンした病院『Acıbadem Ataşehir Hospital』で、地上12階、地下3階、153病室、298床。ここに、エレベーターホールでの呼び出しボタンとして187台、エレベーターかご内に設置される操作盤として23台が納品された。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:02 | プレスリリース

ミロク情報サービス法人税申告書システムがグループ通算制度に対応

■申告書の作成から電子申告まで一貫して対応、税務業務効率化を支援

 財務・会計システムおよび経営情報サービスを開発・販売するミロク情報サービス(MJS)<9928>(東証プライム)は12月20日、会計事務所ならびに企業向けの法人税申告書システムのオプション機能として、グループ通算制度に対応した新機能の提供を2022年12月20日から開始すると発表。

miro1.jpg

 グループ通算制度とは、完全支配関係にある企業グループ内の各法人を納税単位として、各法人が個別に法人税額の計算および申告を行い、その中で損益通算等の調整を行う制度である。令和2年度税制改正において、これまでの連結納税制度について簡素化等の見直しが行われ、2022年4月1日以後に開始する事業年度より適用されている。

 MJSでは、会計事務所ならびに企業向けに提供している法人税申告書システムをグループ通算制度に対応させ、オプション機能として、同制度に対応した申告書の作成、電子申告、管理帳票出力に対応した新機能を提供する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:50 | プレスリリース

クレスコとJAL、医療AIによる画像認識技術を活用した「航空機エンジン内部検査ツール」を開発

 クレスコ<4674>(東証プライム)日本航空(JAL)<9201>(東証プライム)は12月20日、医療AIによる画像認識技術を活用した「航空機エンジン内部検査ツール」を開発すると発表。同ツールを使用して、航空機エンジン内部のタービンブレードの詳細な検査記録をデータベース化し、より精密な内視鏡検査に取り組むとともに、今後は日々の検査で蓄積された情報と運行中に収集しているエンジンデータを融合させることで、不具合の発生を予測して事前に整備処置を行う予測整備へつなげることを目指していく。

kure1.jpg

 クレスコと日本航空(JAL)は、医療AIによる画像認識技術を活用した「航空機エンジン内部検査ツールを開発する。

 航空機エンジン内部には何百枚ものタービンブレード(※1)が存在しており、工業用内視鏡を使用して検査を行っているが、ブレード1つ1つの故障リスクを見分けるには整備士としての長年の経験とそれに基づく技術が求められる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:30 | プレスリリース

インテージホールディングス、インテージヘルスケアがAI創薬アカデミックプログラム(IAAP)を開始

■医薬品候補化合物の創出に向けたアカデミアとの共同研究プログラム、AI創薬プラットフォームを活用し新薬開発を加速

 インテージホールディングス<4326>(東証プライム)グループのインテージヘルスケアは12月20日、インテージヘルスケアらが提供する、新薬創出のためのAI創薬プラットフォーム「Deep Quartet (ディープカルテット)」などの新規化合物を得るサービスを活用し、アカデミアとの共同研究プログラムを開始すると発表。

inte1.jpg

■背景と目的

 同社は、これまで多くの企業や大学などの研究機関に対して、AIやインシリコ(※1)による新薬開発支援サービスを提供してきた。特にAI創薬プラットフォーム「Deep Quartet」などの新規化合物構造をデザインするサービスにおいて高い成果を生み出している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:16 | プレスリリース
2022年12月19日

マーケットエンタープライズ、滞在人口160万人を超える倶知安町が「おいくら」で不要品処分コストを削減

■スキーシーズンに増える不要品処分問題も解消へ

 北海道倶知安町(町長:文字 一志)とマーケットエンタープライズ<3135>(東証プライム)は12月19日、2022年12月19日(月)から、地域社会における課題解決を目的とした不要品リユース事業の連携をスタートすることとなったと発表。倶知安町は、マーケットエンタープライズが運営するリユースプラットフォーム「おいくら」を用いて、不要品を廃棄物として捨てずに再利用する仕組みを構築。倶知安町の廃棄物削減と循環型社会の形成を目指す。なお、北海道の自治体による「おいくら」導入は2例目となる。

ma1.gif

■背景・経緯

 倶知安町では、2021年10月より「ごみ分別アプリ」を導入し、適切なごみ分別によるリサイクルの推奨や廃棄物減少に取り組んできた。しかし、新型コロナウイルス感染拡大による海外からの渡航制限で外国人客が減少しているのにも関わらず、巣篭もりや自宅の不要品整理をする町民が増え、清掃センターへ持ち込まれる粗大ごみの量は増加傾向にある。倶知安町では、廃棄物の最終処分場の延命化を図るためにも、廃棄物の発生自体の抑制につながるリユース促進の施策を模索していた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:36 | プレスリリース

綿半HD、綿半オリジナル商品「ぜいたく素材 おむすび」と「むき甘栗」が発売2ヶ月で人気商品に

■素材や製造工程等にこだわり開発

 綿半ホールディングス(綿半HD)<3199>(東証プライム)は、綿半オリジナル商品「ぜいたく素材 おむすび」全7種が2022年10月発売から2ヶ月で累計販売数28,000個を突破し、また、同「むき甘栗」が、同じく発売から2ヶ月で累計販売数30,000個を突破する人気商品となったと発表した。

wata1.jpg

 物価高騰の中、綿半グループでは美味しさにこだわった商品を低価格で販売できるように、綿半オリジナルの食品開発に注力している。中でも素材や製造工程等にこだわり開発した「ぜいたく素材 お むすび」が好評である。 価格は税抜99円〜(税込106円〜)、 販売は綿半スーパーセンターで取り扱っている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:30 | プレスリリース
2022年12月16日

トレジャー・ファクトリー、台湾に総合リユースショップを初出店、複数店舗のドミナント展開を目指す

■12月16日(金)「新莊幸福店」(新北市)、タイに続き台湾にも出店

 トレジャー・ファクトリー<3093>(東証プライム)のグループ会社で台湾現地法人Treasure Factory(Taiwan)Co.,Ltd.(台灣寶物工廠股份有限公司、所在地:台北市、山崎隆司代表)は、台湾1号店となる「トレジャーファクトリー新莊幸福(しんそうこうふく)店」を2022年12月16日(金)、台湾の新北市にグランドオープンした。

to1.jpg

 トレジャー・ファクトリーは、グループで国内に230店舗以上、海外に3店舗のリユースショップを展開する総合リユース企業。海外店舗は、2016年にタイ・バンコクへ1号店をオープンし、現在3店舗を展開している。このたび、タイに続き、台湾にて1号店をオープンする運びとなった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:45 | プレスリリース

マーチャント・バンカーズグループの創薬ベンチャー・バイオジップコードの研究開発責任者・小島秀人氏(国立大学法人滋賀医科大学特別教授)が糖尿病を完治させる医薬品開発の取組みについて講演

■異常な幹細胞を発見・着目、新しいコンセプトの治療薬めざす

 マーチャント・バンカーズ<3121>(東証スタンダード)グループの創薬ベンチャー・株式会社バイオジップコードの研究開発責任者で、国立大学法人滋賀医科大学特別教授・小島秀人氏が、来たる2023年1月18日、「インテックス大阪」で行われる日本最大級の医療分野の展示会「医療・介護・薬局Week大阪」(通称:メディカルジャパン)にて、バイオジップコードで行う、糖尿病を完治させる医薬品開発の取組みについて30分の講演で説明する。

 小島秀人特別教授は、糖尿病が治らない原因となっている異常な幹細胞を発見した。バイオジップコードでは、この異常な幹細胞に着目し、糖尿病を完治させる画期的な医薬品の開発に取り組んでいる。

 この薬剤は、既存薬のリポジショニングにより大幅に開発期間を短縮し、経口薬(飲み薬)として上市することにより、多くの糖尿病患者が通院で治療でき、途上国での普及も目指している。本講演では、小島秀人氏の医師としてのビジョン(熱い思い)に基づいた取組みについて説明する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:22 | プレスリリース