[プレスリリース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (04/12)アイフリークモバイル、知育アプリ「九九のトライ」iOS版をリニューアル
記事一覧 (04/11)JR東日本、シェアオフィス事業「STATION WORK」が「勉強カフェ」と提携を開始
記事一覧 (04/11)日工と前田道路、水素燃料でアスファルト混合物の製造・試験施工を実施
記事一覧 (04/11)イトーキはオフィス家具見本市「オルガテック東京2023」に出展、新たなオフィス空間価値とプロダクトを提案
記事一覧 (04/11)ファンデリー、Webメディア「しっかり栄養、パワーアップ食」を配信、管理栄養士のア 美幸先生がフレイルを予防する食事法を紹介
記事一覧 (04/11)ジェイックが開発したAI面接練習アプリ「steach」のダウンロード数が1万件を突破
記事一覧 (04/11)インフォマート、NTT東日本と協業し「BtoBプラットフォーム 請求書forおまかせ はたラクサポート」の提供を開始
記事一覧 (04/11)ミロク情報サービスの給与・経費精算システムにて賃金のデジタル払いに対応
記事一覧 (04/10)JトラストグループのJTG証券、引き続きフリーアナウンサー高島彩さんを起用!、新TVCMシリーズ4月10日(月)放映開始
記事一覧 (04/10)アスタリスクはセルフレジ用「人追跡モジュール」をリリース、多数のレジメーカーのレジに組み込みが可能に
記事一覧 (04/10)三谷産業イー・シー、三協立山のカーポート型太陽光パネル架台に両面タイプの太陽光パネルを実装し販売開始
記事一覧 (04/10)ロシア産材の確保困難で熊谷組・住友林業・東京電機大が「KS木質座屈拘束ブレース」に国産材を追加
記事一覧 (04/10)ラバブルマーケティンググループはSNSマーケティング支援事業を行う新会社「ジソウ」を設立
記事一覧 (04/10)ニトリホールディングスは社員に個人用iPhoneを貸与、多様な働き方の推進へ
記事一覧 (04/10)アイフリークモバイルが元バドミントン日本代表選手の潮田玲子氏とコラボ
記事一覧 (04/08)ネオジャパンは10月29日(日)開催の「横浜マラソン2023」に協賛
記事一覧 (04/07)ネオジャパン、横浜市のSDGs認証制度『Y−SDGs』で上位認証の「Superior(スーペリア)」を取得
記事一覧 (04/07)ENECHANGE、「GPT−4」の全社導入と「GitHub Copilot」の全エンジニア導入による業務改革を開始
記事一覧 (04/07)東亜建設工業、ARAVが開発した重機の遠隔操作・自動運転システムの実用性検証を実施
記事一覧 (04/07)科研製薬がワキ汗・多汗症 疾患啓発セミナー「親子で語ろう!“多汗”な悩み」を開催
2023年04月12日

アイフリークモバイル、知育アプリ「九九のトライ」iOS版をリニューアル

■モンスター数が4倍になり、さらに楽しく学習できるコンテンツに

 アイフリークモバイル<3845>(東証スタンダード)は、グループ会社のアイフリークスマイルズが運営する、小学校低学年向けの計算学習アプリ「九九のトライ」iOS 版のリニューアルを発表した。

IMG_1913.png

 かけ算の「九九」は、小学生低学年における算数学習の最大の関門とも呼ばれている。「九九のトライ」はそんな九九の苦手意識が強くなる前に、子供がゲーム感覚で楽しく学習できるように開発された知育アプリ。 問題を解いていくとポイントが貯まり、モンスターが登場する。たくさんの問題に正解していくうちにこれを進化させることができる。ミッションのあるゲームを遊び感覚で何度も正解することで、「達成感」を得ることができ、また、様々なモンスターが出現することで「コレクション欲」も刺激され、九九の学習に欠かせない「反復学習」を実現することができる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:47 | プレスリリース
2023年04月11日

JR東日本、シェアオフィス事業「STATION WORK」が「勉強カフェ」と提携を開始

 東日本旅客鉄道(JR東日本)<9020>(東証プライム)のシェアオフィス事業「STATION WORK」は、ブックマークスが展開する「勉強カフェ」22店舗と、2023年4月13日(木)から提携を開始すると発表。「勉強カフェ」はブックマークスが運営する、本や雑誌、オンラインコンテンツなどを利用できる学びの空間。

jr1.jpg

 この提携により、「STATION WORK」の会員は、「勉強カフェ」の全国32店舗を15分単位で利用できるようになる。また、「勉強カフェ」の会員は、「STATION WORK」の個室ブース「STATION BOOTH」やラウンジなどを利用できるようになる。両者の会員は、それぞれのサービスに登録済みのクレジットカードで決済できる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:13 | プレスリリース

日工と前田道路、水素燃料でアスファルト混合物の製造・試験施工を実施

■低炭素化の取り組みによるアスファルト混合物の製造と試験施工

 日工<6306>(東証プライム)インフロニア・ホールディングス<5076>(東証プライム)グループの前田道路は4月11日、水素バーナを使用してアスファルト混合物の製造と試験施工を行い、アスファルト舗装にかかるCO2の大幅な削減を実現したと発表した。

nichi1.jpg

 アスファルト混合物の製造過程では、年間約130万トンのCO2が排出されているが、水素バーナを使用することで、アスファルトプラント全体で年間約100万トンのCO2削減が期待される。試験期間は2023年3月27日から4月13日までで、アスファルト混合物の物理性状を確認することを目的としている。今後、低炭素化に向けた製品開発が期待される。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:34 | プレスリリース

イトーキはオフィス家具見本市「オルガテック東京2023」に出展、新たなオフィス空間価値とプロダクトを提案

■“Wander into(さまよう)& Reunion(再集結する)”をテーマに

 イトーキ<7972>(東証プライム)は、2023年4月26日(水)〜28日(金)に東京ビッグサイトにて開催されるドイツ発・アジア最大規模のオフィス家具見本市「オルガテック東京2023」ワークプレイストレードショーに出展すると発表。

ito1.jpg

 日本で2度目の開催となる「オルガテック東京2023」では、『SHIFT DESIGN−デザインはワークスタイルを自由にする−』をテーマに、世界から120以上のブランドとメーカーが参加。クリエイティビティあふれる最新鋭のオフィスデザインとワークスタイルが集結する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:30 | プレスリリース

ファンデリー、Webメディア「しっかり栄養、パワーアップ食」を配信、管理栄養士のア 美幸先生がフレイルを予防する食事法を紹介

 ファンデリー<3137>(東証グロース)が運営する、管理栄養士のWebメディア「しっかり栄養、パワーアップ食(第3回)」を4月12日(水)に配信する。

fan1.jpg

 同社は、一人でも多くの方に健康的な毎日を過ごしてもらうため、管理栄養士が食事コントロールの方法を紹介する「しっかり栄養、パワーアップ食」を運営している。4月12日(水)は、第3回「フレイル予防のための食事のコツ(松戸市の活動事例)」を掲載する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:06 | プレスリリース

ジェイックが開発したAI面接練習アプリ「steach」のダウンロード数が1万件を突破

■求められる面接形式に対応した練習が可能

 企業向けの教育研修事業と若年層向けの就職支援事業を展開するジェイック<7073>(東証グロース)は4月11日、エフィシエントと共同開発した面接練習アプリ「steach」のダウンロード数が、4月1日に1万件を突破したと発表。3月の「steach」のダウンロード数は、これまでの月間平均と比較し、約3倍に増加した。2023年2月までに一次面接を受けた学生は65.0%と高く、Web面接や録画面接は一定の割合を占めていることから、面接選考が本格化する中で、就職活動で時間が限られる学生にとって、「steach」などの面接練習アプリは大きなメリットがあると言える。

j1.jpg

■面接練習アプリが就職活動における主流に

 面接練習アプリを利用することで、(1)Web面接や動画面接・AI面接に慣れることができ、(2)隙間時間に手軽に練習することができ、(3)自身の面接の良い点・改善点を客観的に知ることができるなどのメリットがあることから、面接練習アプリを活用する学生が増えている。また、AIを活用した面接練習は、対面での面接練習と並んで主流になりつつある。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:35 | プレスリリース

インフォマート、NTT東日本と協業し「BtoBプラットフォーム 請求書forおまかせ はたラクサポート」の提供を開始

■インボイス制度対応の強化をはじめ、経理業務のデジタル化を推進

 BtoBビジネスを革新する信頼のリーディングカンパニーを目指す、インフォマート<2492>(東証プライム)は4月11日、同社が提供する「BtoBプラットフォーム 請求書」が、東日本電信電話(NTT東日本)が提供する、総務・人事・労務・経理のバックオフィス向けクラウドサービスの利用をサポートする「おまかせ はたラクサポート」のラインナップに「BtoBプラットフォーム 請求書forおまかせ はたラクサポート」として追加されたと発表。

info1.jpg

■サービス提供開始の背景

 2019年に消費税が複数税率となったことを受け、複雑化した税を正確に把握することを目的として、適格請求書(インボイス)(仕入税額控除を受ける際に必要な所定の項目が記載されている請求書)の発行・保存を定める「インボイス制度」の開始が2023年10月から予定されている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:27 | プレスリリース

ミロク情報サービスの給与・経費精算システムにて賃金のデジタル払いに対応

■TIS「給与デジタルマネー払いゲートウェイサービス」と連携しデジタル払いに対応

 財務・会計システムおよび経営情報サービスを開発・販売するミロク情報サービス(MJS)<9928>(東1)は4月11日、2023年4月1日から賃金のデジタル払いを可能とする厚生労働省令の施行に伴い、MJSが開発・販売する給与システムならびに経費精算システム(MJSシステム)において、TISの「デジタルマネー払いゲートウェイサービス」との連携により、給与支給のデジタル払いに対応すると発表。

m1.jpg

 キャッシュレス決済の普及や送金サービスの多様化が進む中、資金移動業者(いわゆる〇〇Pay等のサービス)の口座への資金移動を給与受取に活用するニーズが一定程度見られることから、使用者が労働者の同意を得た場合に、厚生労働大臣の指定を受けた資金移動業者の口座への資金移動による賃金支払(いわゆる賃金のデジタル払い)が可能となる。(※1)
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:20 | プレスリリース
2023年04月10日

JトラストグループのJTG証券、引き続きフリーアナウンサー高島彩さんを起用!、新TVCMシリーズ4月10日(月)放映開始

■『やっぱりJTG証券』 第1弾、会社紹介篇

 Jトラスト<8508>(東証スタンダード)グループのJトラストグローバル証券(JTG証券)は、新TVCMシリーズ『やっぱりJTG証券』の第1弾会社紹介篇を4月10日(月)からテレビ東京の株式情報番組『ワールドビジネスサテライト(WBS)』にて放映開始する。今回の新TVCMも、2022年からのTVCMに引き続き、フリーアナウンサーの高島彩さんを起用した。

j3.jpg

 JTG証券は、創業から60年を超え、2022年にはJトラストグループの一員として新体制でリスタートした、歴史と革新が共存する証券会社。「海外投資のJTG証券」「ベンチャー企業を応援するJTG証券」「ウェルスマネジメントのJTG証券」として自社の特色を活かした商品・サービスを展開している。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:09 | プレスリリース

アスタリスクはセルフレジ用「人追跡モジュール」をリリース、多数のレジメーカーのレジに組み込みが可能に

 アスタリスク<6522>(東証グロース)は4月10日、セルフレジ用の「人追跡モジュール」をリリースしたと発表。これまで実験的展開をしてきた人追跡レジAsRegi+の中核エンジンである「人追跡モジュール」をリリースすることにより、多数のレジメーカーのレジに組み込むことが可能となり、例えばスーパーマーケットでのセミセルフレジや、アパレルでのRFIDレジなどで利用が可能となるもの。また、人追跡のレジとして特許査定を受けたこともあり、積極的な販売へと移行することにした。

asuta1.jpg

 「人追跡モジュール」を使ったセルフレジの構成は、商品の読取ゾーンと支払ゾーンを分けることが特徴。商品を読み取った後、カメラで撮影した動画で位置を測定し、顧客が支払機の前に立つと同時に会計情報をだすので、支払機の指定などをすることなしにセミセルフやセルフレジなどの構成が可能。また、『読取機2台:決済機5台』のように、N対Mでの制御を実現し、顧客自身が空いている決済機を自由に選択して支払いすることができる。

 顔認証ではマスクやメガネをつけ外しするなどの行動や一卵性双生児などの対応などが阻害要因となるため、画像認識で特定した人物を追跡し商品の購入情報を紐づけることで実装しており、正確性の向上だけではなく、個人情報保護の観点からも配慮したシステム構成になっている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:08 | プレスリリース

三谷産業イー・シー、三協立山のカーポート型太陽光パネル架台に両面タイプの太陽光パネルを実装し販売開始

■回収から再生まで一貫して対応できるスキームの開発を目指す

 三谷産業<8285>(東証プライム)のグループ会社で、主に北陸で化学品やLPガス・石油製品等の販売を行う三谷産業イー・シーは4月10日、太陽光パネルを三協立山<5932>(東証プライム)三協アルミ社のカーポート型太陽光パネル架台に実装して販売を開始したと発表。

san1.jpg

 三協立山は高品質で高強度なアルミ構造のカーポート型太陽光パネル架台「エネジアース」を開発し、三谷産業イー・シーは両面タイプの太陽光パネルを「エネジアース」に組み込んで販売している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:45 | プレスリリース

ロシア産材の確保困難で熊谷組・住友林業・東京電機大が「KS木質座屈拘束ブレース」に国産材を追加

■東京電機大学の協力を得て国産カラマツとラジアータパインが活用可能に

 熊谷組<1861>(東証プライム)住友林業<1911>(東証プライム)は4月10日、ロシア産のダフリカカラマツが入手困難となり、国産材の活用に向けて「KS 木質座屈拘束ブレース」に国産カラマツとラジアータパインを追加したと発表。

kuma1.jpg

 このブレースは木質材料によって鋼材を拘束し、安定的な変形性能を発揮するもので、熊谷組が得意とする中高層建物の耐震構造技術と住友林業の木質系材料に関する知見と技術を融合して開発された。

 東京電機大学の協力を得て、国産材も活用可能になり、国内林業の活性化やサステナブル社会の実現に貢献する。熊谷組と住友林業は、脱炭素社会実現のために木造化・木質化を推進しており、木質部材に関する研究や技術開発を進めている。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:36 | プレスリリース

ラバブルマーケティンググループはSNSマーケティング支援事業を行う新会社「ジソウ」を設立

■地方自治体、中堅企業、店舗ビジネスなどのSNSマーケティングの自走を支援するサービスを新たに開始し、グループの対象市場を拡大

 ラバブルマーケティンググループ<9254>(東証グロース)は4月10日、SNSマーケティング支援事業を行う子会社「株式会社ジソウ」を4月6日(木)に新たに設立したと発表。

jizou1.jpg

 同社は、企業のSNSマーケティングを支援するコムニコを子会社に置いているが、新設する「ジソウ」は、これまでコムニコでの対応が難しかった地方自治体、中堅・中小企業や、比較的予算の少ないブランドといった、小規模でSNS運用をする企業・団体を主な顧客にすることを想定しサービスを展開する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:07 | プレスリリース

ニトリホールディングスは社員に個人用iPhoneを貸与、多様な働き方の推進へ

■会社と従業員との新たなコミュニケーションツール

 ニトリホールディングス<9843>(東証プライム)は4月10日、2023年6月末までに、ニトリホールディングス、ニトリ、ホームロジスティクス、ホームカーゴ、ニトリデジタルベース所属の社員約4000人に向け、iPhoneを貸与することを決定したと発表。これにより、教育コンテンツへのアクセス性の向上、社員同士のコミュニケーションの円滑化を進めるとともに、“多様な働き方の推進”にも繋げていく。

nito1.jpg

 具体的には、2024年3月期の社員教育におけるWEB研修の割合を増やし、約160回にわたる研修の機会を累計で約1万2000名の受講者へ提供していく。さらには、約2500にも上る教育動画コンテンツの提供や、社員同士がオンライン上でコミュニティを形成して研修での学びを深める仕組みの構築なども予定している。

 今後は、拡大する海外拠点へも同様の施策を適用し、世界中の社員同士が学び合い、繋がり合うことで、“多数精鋭組織”へと成長させることを目指していくとしている。(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:31 | プレスリリース

アイフリークモバイルが元バドミントン日本代表選手の潮田玲子氏とコラボ

■女性の体と心の悩みに寄り添う絵本が「森のえほん館」に登場

 アイフリークモバイル<3845>(東証スタンダード)のグループ会社アイフリークスマイルズは運営する絵本アプリ「森のえほん館」(500冊以上の作品を収録)で、元バドミントン日本代表選手であり、現在は一般社団法人Woman‘s waysの代表理事を務める潮田玲子氏(以下 潮田氏)監修の絵本を4月7日(金)から配信を開始した。絵本のタイトルは、『ちょっと聞いて大事な話 〜女性の体と心〜』である。

sio1.jpg

 この絵本のあらすじは、『夕食後、お父さんと弟がゲームをしていると、突然、お姉ちゃんが「うるさい!」と怒ってテレビを消してしまいました。そして、最近の怒りっぽい自分に不安が募り泣き出してしまったのです。その原因を理解したお母さんが、家族みんなを集めました。「みんなに知ってもらいたい女性の体に関するお話をします。とても大切な事だからしっかり聞いてね」…』と、お母さんが先生となっての勉強会が始まる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:18 | プレスリリース
2023年04月08日

ネオジャパンは10月29日(日)開催の「横浜マラソン2023」に協賛

■スポーツ振興、社会貢献などの一環として同大会に協賛

 ネオジャパン<3921>(東証プライム)は7日、10月29日(日)に開催される「横浜マラソン2023」に大会協賛すると発表した。

neo1.jpg

 同大会は、スポーツの振興や健康を増進し、経済波及効果やシティーセールス効果が期待できる「する、 みる、ささえる」すべての人が楽しむことができる市民参加型のマラソン大会で2015年から開催されている。多くのボランティアも参加し市民・企業が一丸となったオール横浜で盛上げる大会である。みなとみらい21地区など横浜の魅力溢れるコースが設定されており、その魅力を国内外へ発信し地域や経済活性化を目指している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:52 | プレスリリース
2023年04月07日

ネオジャパン、横浜市のSDGs認証制度『Y−SDGs』で上位認証の「Superior(スーペリア)」を取得

■SDGs未来都市の実現などに貢献する事業者を3段階で認証

 ネオジャパン<3921>(東証プライム)はこのたび、横浜市が認証するSDGs制度『Y−SDGs』において上位認証である「Superior(スーペリア)」を取得した。同社が4月7日午後に発表した。

n1.jpg

■横浜市SDGs認証制度『Y−SDGs』とは

 『Y−SDGs』認証制度とは、横浜市がヨコハマSDGsデザインセンターと連携し、SDGs未来都市の実現及びSDGs達成に向けて貢献する意思を持つ事業者を対象に、環境、社会、ガバナンス及び地域の4つの分野、30項目で評価を実施し、各評価項目における取組状況によって、3つの区分(「最上位(Supreme)」「上位(Superior)」「標準(Standard)」)で認証する制度。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:56 | プレスリリース

ENECHANGE、「GPT−4」の全社導入と「GitHub Copilot」の全エンジニア導入による業務改革を開始

 ENECHANGE<4169>(東証グロース)は4月7日、トライアル期間を経て「GPT−4」の全社導入を開始することを発表した。AIのフル活用による全業務ラインに対する大幅な業務効率化が見込まれており、「GitHub Copilot」の全エンジニアへの導入及び、「ChatGPT Plus」の全従業員への導入を行い、まずは同社全業務における30%の自動化を目指す。同プレスリリース文の作成にも「GPT−4」が生成したドラフトを利用しているという。

gpt4.jpg

■「GPT−4」の全社導入の背景

 「GPT−4」の全社導入を決断した背景として、開発業務の効率化、テスト品質のさらなる向上、データベース管理業務の最適化、そしてマーケティング業務の効率向上を代表とした、多岐にわたる業務の効率化ニーズが存在した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:02 | プレスリリース

東亜建設工業、ARAVが開発した重機の遠隔操作・自動運転システムの実用性検証を実施

■重機の遠隔操作・自動運転システムを砂撒船に活用

 東亜建設工業<1885>(東証プライム)は4月7日、砂撒船の海上作業における生産性向上を図るため、ARAVが開発した重機の遠隔操作・自動運転システムの実用性検証を行った。

tou1.jpg

 砂撒船は、港湾工事で利用される作業船の一種であり、護岸基礎の築造や漁場として海域環境を改善するため海底に土砂を撒く作業を行っている。従来、砂撒船の土砂投入作業は2台のバックホウをそれぞれ複数のオペレータが交代しながら操作していた。また、海底に均一な厚さで土砂を撒くためには、掘削から投入までバックホウ同士が接触しないようお互いにタイミングを合わせる必要があり、作業時間と投入精度はオペレータの技能や経験に依存していた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:27 | プレスリリース

科研製薬がワキ汗・多汗症 疾患啓発セミナー「親子で語ろう!“多汗”な悩み」を開催

 科研製薬<4521>(東証プライム)は、NPO法人多汗症サポートグループ(理事長:黒澤希)と共同で、『ワキ汗・多汗症疾患啓発セミナー「親子で語ろう!“多汗”な悩み」』を4月4日(火)に開催。ワキ汗・多汗症の悩みや親子での認識のギャップ、最新の治療法について解説した。

kaken1.jpg

 同セミナーでは、これまでに多くの多汗症患者を診察してきた「池袋西口ふくろう皮膚科クリニック」の藤本智子院長が「ワキの多汗症」、「親子の認識ギャップ調査」について解説した。また多汗症状が気になりはじめる年代は「中高生」が多いことから、中高生患者を代表して、17歳の女子高生山形想さんと母親も登壇。それぞれの立場から多汗症の悩みや治療時のエピソードなどについて語る座談会も実施した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:18 | プレスリリース