[プレスリリース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (03/20)クレスコは都内公立小中学校に対するデジタル活用支援を実施
記事一覧 (03/20)エスプールグループのエスプールグローカルは横須賀市とオンライン窓口の実証実験を開始、市内5か所にリモート支援窓口を開設
記事一覧 (03/20)大日本印刷は高性能な半導体パッケージ用ガラス基板を開発
記事一覧 (03/20)綿半HD、人気惣菜商品「塩尻名物 おれの山賊焼き」が「惣菜・べんとうグランプリ2023」で入賞
記事一覧 (03/20)ミロク情報サービスの会計システム4製品と『Square POSレジ』がAPI連携開始
記事一覧 (03/20)シナネンHD、「自転車用ヘルメット着用に関する実態調査」を実施
記事一覧 (03/20)ミロク情報サービスの会計システム4製品と請求・債権管理クラウド『請求管理ロボ』がAPI連携開始
記事一覧 (03/20)ジオコードが「SEOトレンドレポート2023年3月号」を公開、毎月検索エンジン最適化に関するトレンドを調査・研究
記事一覧 (03/17)ティムコが初のフィッシングエリア併設の直営店『Foxfire(フォックスファイヤー)白河高原』を4月15日に開業
記事一覧 (03/17)インフォマート、2022年の電子請求書の流通金額が28兆円超に、サービスを開始した2015年の約220倍
記事一覧 (03/17)日産自動車は幼児の車内置き去り防止をサポートするシステムを開発
記事一覧 (03/17)ACSL、日本郵便のドローン配送に国産ドローンを提供、日本初のレベル4飛行で郵便物を届ける
記事一覧 (03/17)富士通は識別性能の低下なしに画像識別AIを柔軟かつ容易に修正する技術を開発
記事一覧 (03/17)明治はザバス史上初!「アシッドホエイプロテイン」を新採用、カラダづくりに重要な成分であるロイシンの含有率に着目
記事一覧 (03/17)エフ・コード、チャットボット開発ツール「hachidori」にて「gpt−3.5−turbo」を搭載したFAQ自動生成の実証実験を開始
記事一覧 (03/17)アイリッジ、子会社のフィノバレーは子どもの食支援「Table for Kids」で第20回企業フィランソロピー賞を受賞
記事一覧 (03/17)クリーク・アンド・リバー社、日本初!クリエイター専用の仕事・交流特化型メタバース「C&R Creative Studios Metaverse」β1版を一般公開
記事一覧 (03/17)Kudanの戦略的パートナーの「Movel AI、Kudan SLAM」を用いた自律移動ロボット向け統合ソリューションの商用提供を開始
記事一覧 (03/17)クレスコ持分法適用会社ジザイめっけ、地域活性・創⽣を⽀援するスマホアプリ「MEQQE(めっけ)」ver2.0およびPC版をリリース
記事一覧 (03/16)マーケットエンタープライズ、藤井寺市がリユースプラットフォーム「おいくら」と事業連携、不要品捨てずに循環型社会を推進
2023年03月20日

クレスコは都内公立小中学校に対するデジタル活用支援を実施

 クレスコ<4674>(東証プライム)は、2022年5月から2023年3月に、合計49回の「都内公立小中学校に対するデジタル活用支援」を実施した。今回の取り組みは、都内公立小中学校に整備された「一人1台端末」の活用を促進し、各校のデジタルを活用した学習の推進を支援するもの。

※企業・大学・専修学校等と連携した都内公立小中学校のデジタル活用支援についてiconOWindow

kure1.jpg

 同社では、ESGに関する活動の一環として、2021年度から当社社員がボランティアとして学校を訪問し支援をしている。2022年度は、児童が使用する端末確認やオンライン授業補助などの教員サポートを行った。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:48 | プレスリリース

エスプールグループのエスプールグローカルは横須賀市とオンライン窓口の実証実験を開始、市内5か所にリモート支援窓口を開設

 神奈川県横須賀市(市長:上地 克明/以下、「横須賀市」)と、広域行政BPOサービスを提供するエスプール<2471>(東証プライム)グループのエスプールグローカルは3月20日、引っ越しや子育て、マイナンバーカード関連の手続きをビデオ通話によってリモートで支援するオンライン窓口を市内5か所に設置し、実証実験を開始すると発表。

esu1.jpg

■実証実験の背景

 エスプールグローカルでは、複数の自治体から複数の業務を集約して受託するシェアード型のBPOセンターを全国15か所で展開し、住民サービスの向上を目的とした自治体スマートカウンター『「みんなの」㋜窓』やオンライン窓口を運営している。これらの取り組みは、自治体のDX(デジタル・トランスフォーメーション)の推進、および市の垣根を超えた効率的な広域行政アウトソーシングの新たな形として期待されている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:31 | プレスリリース

大日本印刷は高性能な半導体パッケージ用ガラス基板を開発

 デジタルトランスフォーメーション(DX)の進展により、半導体の性能向上と信頼性が求められている。そのため、複数の半導体チップを高密度で実装する次世代半導体パッケージが注目されている。しかし、その中継基板であるインターポーザには、微細配線や大面積化などの課題があった。

dnp1.jpg

 そこで大日本印刷(DNP)<7912>(東証プライム)は、インターポーザの樹脂基板をガラス基板に置き換える製品である「TGV(Through Glass Via:ガラス貫通電極)ガラスコア基板」を開発した。TGVは、ガラスの表裏に形成された金属配線を電気的に接続する貫通電極であり、従来技術よりもファインピッチ化と高信頼性を実現する。また、パネルの製造プロセスを適応することで大面積化にも対応する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:46 | プレスリリース

綿半HD、人気惣菜商品「塩尻名物 おれの山賊焼き」が「惣菜・べんとうグランプリ2023」で入賞

■全国1,410品の惣菜・弁当の中から入賞

 綿半ホールディングス(綿半HD)<3199>(東証プライム)のグループ会社「綿半ホームエイド」(長野県長野市)が運営する綿半スーパーセンターの人気惣菜商品「塩尻名物 おれの山賊焼き」が、日本食糧新聞社主催の「ファベックス惣菜・べんとうグランプリ 2023」で入賞した。

wata1.jpg

 国産鶏むね肉を使用し、綿半特製ダレに漬込んだ大判の一枚肉を店内で丁寧に揚げた「塩尻名物 おれの山賊焼き」が、全国1,410品の惣菜・弁当の中から入賞を果たした。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:37 | プレスリリース

ミロク情報サービスの会計システム4製品と『Square POSレジ』がAPI連携開始

■売上データを取り込み「AI仕訳」で仕訳を自動作成、会計業務の効率化を支援

 財務・会計システムおよび経営情報サービスを開発・販売するミロク情報サービス(MJS)<9928>(東証プライム)は3月20日、幅広いコマースソリューションを統合したエコシステムの提供を行うSquare(本社:米国Block, Inc.、Block Head:ジャック・ドーシー)が提供する『Square POSレジ』と、MJSの会計システム4製品、『MJSLINK DX(エムジェイエスリンク ディーエックス)財務大将』『ACELINK NX−Pro(エースリンク エヌエックスプロ)会計大将』『ACELINK NX−CE(エースリンク エヌエックス シーイー)会計』『かんたんクラウド会計』のオプション機能「AI仕訳」とのAPI連携を開始したと発表。
mi1.jpg

 今回のAPI連携により、『Square POSレジ』で集計した店舗の売上データをMJSの会計システムに直接取り込み、「AI仕訳」機能により過去の仕訳データと照合のうえ、自動で仕訳を生成することが可能となる。これにより、従来、店舗の締め業務の後に行っていたPOSレジの売上データを財務会計ソフトに転記する作業や勘定科目を選択する手間が無くなり、店舗の売上管理を大幅に効率化する。また、『Square POSレジ』は、店舗や従業員が増えた場合でも、一つのアカウントで各店舗の状況を把握できるため、全店舗の売上データを簡単に会計連携できる。POSレジと会計システムを連携し、店舗のDXを推進することで、業務効率化と生産性の向上を支援する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:36 | プレスリリース

シナネンHD、「自転車用ヘルメット着用に関する実態調査」を実施

■約8割のユーザーがヘルメットを毎回着用していない

sina1.jpg

 シナネンホールディングス(シナネンHD)<8132>(東証プライム)と、子会社で、自転車の製造・卸売及び自転車専門店「ダイシャリン」を展開するシナネンサイクルおよび、シェアサイクル「ダイチャリ」を運営するシナネンモビリティPLUSは、4月1日より自転車用ヘルメットの着用が努力義務化となることを踏まえ、日常的に自転車を利用する全国の約1,300人を対象に「自転車用ヘルメット着用に関する実態調査」を実施し、調査結果を発表した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:24 | プレスリリース

ミロク情報サービスの会計システム4製品と請求・債権管理クラウド『請求管理ロボ』がAPI連携開始

■「AI仕訳」により請求データを自動で取り込み、会計業務の効率化を支援

 財務・会計システムおよび経営情報サービスを開発・販売するミロク情報サービス(MJS)<9928>(東証プライム)は3月20日、企業のお金をテクノロジーでつなぐサービスを提供するROBOT PAYMENT(本社:東京都渋谷区、代表取締役:清久 健也)の請求・債権管理クラウド『請求管理ロボ』と、MJSの会計システム4製品、『MJSLINK DX(エムジェイエスリンク ディーエックス)財務大将』『ACELINK NX−Pro(エースリンク エヌエックスプロ)会計大将』『ACELINK NX−CE(エースリンク エヌエックス シーイー)会計』『かんたんクラウド会計』のオプション機能「AI仕訳」とのAPI連携を開始したと発表。

mm1.jpg

 今回のAPI連携により、『請求管理ロボ』にて発行された請求書の請求データをMJSの会計システムに自動的に取り込み、さらに「AI仕訳」による過去の仕訳データとの照合により、会計上の仕訳の自動生成が可能となる。これにより、会計・経理部門等に従事するユーザーは会計システムに請求データを転記する作業や勘定科目を選択する手間が無くなり、会計業務の効率化を実現する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:18 | プレスリリース

ジオコードが「SEOトレンドレポート2023年3月号」を公開、毎月検索エンジン最適化に関するトレンドを調査・研究

 Webマーケティングとクラウドセールステックを展開するジオコード<7357>(東証スタンダード)は3月20日、毎月SEO(検索エンジン最適化)に関するトレンドを調査、研究しており、それをまとめた「SEOトレンドレポート2023年3月号」を公開したと発表。

jio1.jpg

 今回の「SEOトレンドレポート2023年3月号」では、主に以下についてレポートしている。

●注目トピック
 ・Bing検索に対話型AI「ChatGPT」が搭載、Google検索も近日搭載予定
 ・JADEの村山佑介氏がサイト内検索スパムの急増について言及
 ・「誰が」「どのように」「なぜ」の明確なコンテンツが評価されるように
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:56 | プレスリリース
2023年03月17日

ティムコが初のフィッシングエリア併設の直営店『Foxfire(フォックスファイヤー)白河高原』を4月15日に開業

■国内最大級の管理釣り場でフライフィッシングを満喫

 ティムコ<7501>(東証スタンダード)では、同社初となるフィッシングエリア併設の直営店『Foxfire(フォックスファイヤー)白河高原』を2023年4月15日に開業する。

t1.jpg

 『Foxfire』は、日本の釣具・アウトドア用品メーカーのティムコが1982年より製造・販売するアウトドアブランド(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』2003年3月17日16時現在)。

■広大な複合リゾート「エンゼルフォレスト白河高原」内に開設

 『Foxfire白河高原』は、那須五峰の北の麓に広がる森に囲まれ、面積200万平米を超える広大な敷地を誇る複合リゾート『エンゼルフォレスト白河高原」』福島県)内に建てられた店舗で、フライフィッシング関連用品、アウトドアクロージング、ドッグアクセサリーの販売を行うとともに眼前に広がる国内最大級の管理釣り場エンゼルフォレスト白河高原ではフライ&ルアーフィッシングを楽しめる環境となっている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:32 | プレスリリース

インフォマート、2022年の電子請求書の流通金額が28兆円超に、サービスを開始した2015年の約220倍

■コロナ禍で経理業務のデジタル化が進む

 BtoBビジネスを革新する信頼のリーディングカンパニーを目指す、インフォマート<2492>(東証プライム)は3月17日、2022年の1年間の「BtoBプラットフォーム 請求書」における流通金額が28兆円を超えたと発表。同社は引き続き、同サービスの普及・拡大に努め、企業の経理業務の効率化、ひいては社会全体のDX推進に貢献していく。

info11.jpg

 近年のコロナ禍の影響により、企業の働き方が変化したことで、経理業務をはじめとしたバックオフィス業務のデジタル化は加速し、社会全体でDXが拡大している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:54 | プレスリリース

日産自動車は幼児の車内置き去り防止をサポートするシステムを開発

■6月から全国の販売会社で発売

 日産自動車<7201>(東証プライム)は3月17日、送迎時に幼児の車内置き去り防止をサポートする「車内置き去り防止支援システム」を開発し、6月から全国の販売会社で発売すると発表した。このシステムは、後付けタイプで、「シビリアン」「キャラバン」向けに設置される。

n1.jpg

 このシステムは、エンジン停止後に音声案内で乗務員に車内の確認を促し、確認が実施されない場合や、万が一車内に取り残された幼児がSOSスイッチを押した場合に、ホーンとハザードランプで警報を発する。集中ドアロック付車では、SOSスイッチを押すとドアロックも解除される。

 日産は、社会課題に真摯に取り組み、安全な社会の実現のため、車両技術の開発に努めていくとしている。(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:37 | プレスリリース

ACSL、日本郵便のドローン配送に国産ドローンを提供、日本初のレベル4飛行で郵便物を届ける

 ACSL<6232>(東証グロース)は3月17日、日本郵便が実施する「ドローンによる配送」に国産ドローン「PF2−CAT3」を提供すると発表した。このドローンは、日本で初めて第一種型式認証と第一種機体認証を取得したものである。

d1.jpg

 日本郵便は、2023年3月23日(予定)に奥多摩郵便局から配達区内の受取人さま宅へドローンで郵便物を届ける試行を行う。この際、有人地帯(第三者上空)を含む飛行経路で補助者なし目視外飛行(レベル4飛行)を日本で初めて実施する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:01 | プレスリリース

富士通は識別性能の低下なしに画像識別AIを柔軟かつ容易に修正する技術を開発

■富士通が画像識別AIの修正技術を開発

 画像識別AIとは、画像の中に写っている対象を特定・判別する技術である。AIに大量の画像データを学習させることで、写真の中のさまざまな情報を識別できるようになる。

f1.jpg

 富士通<6702>(東証プライム)は3月17日、国立情報学研究所(NII)と共同で、画像識別AIを柔軟かつ容易に修正する技術を開発したと発表した。この技術は、誤った識別のみに影響するパラメータ群を特定し、最適化することで、他の対象の識別性能に影響を及ぼさずにAI挙動を変えられるというものだ。自動車画像のデータセットで有効性が確認されたほか、未知のデータでも同様に有効性が確認された。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:45 | プレスリリース

明治はザバス史上初!「アシッドホエイプロテイン」を新採用、カラダづくりに重要な成分であるロイシンの含有率に着目

■独自の原料ネットワークを駆使し、調達に成功

p1.jpg

 明治ホールディングス<2269>(東証プライム)グループの明治は、国内売上No.1のプロテインブランド(※)「ザバス」から、カラダづくりに重要な成分であるロイシンの含有率に着目したたんぱく原料「アシッドホエイプロテイン」を新採用した「ザバス プロ アドバンスト ホエイプロテイン プレミアム チョコレート風味」を2023年3月27日から全国で発売すると発表。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:02 | プレスリリース

エフ・コード、チャットボット開発ツール「hachidori」にて「gpt−3.5−turbo」を搭載したFAQ自動生成の実証実験を開始

 エフ・コード<9211>(東証グロース)は3月17日、チャットボット開発ツール「hachidori」の機能強化の一環として、hachidoriにgpt−3.5−turboを搭載し、FAQ自動生成の実証実験を開始すると発表。

f1.jpg

 gpt−3.5−turboは、openAIが開発したchatgptのAPIを用いて実現された自然言語処理技術の最新鋭であり、より高度なFAQ自動生成を実現することができる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:40 | プレスリリース

アイリッジ、子会社のフィノバレーは子どもの食支援「Table for Kids」で第20回企業フィランソロピー賞を受賞

■貧困問題に取り組む新たな可能性を評価

 アイリッジ<3917>(東証グロース)の連結子会社でフィンテック事業を展開するフィノバレーは、社会の課題解決のために自社の経営資源を有機的・持続的に活用した社会貢献活動を顕彰する「企業フィランソロピー大賞」(主催:公益社団法人日本フィランソロピー協会) において、企業フィランソロピー賞「こころのフィンテック賞」を受賞した。3月3日に学士会館で贈呈式が行われた。写真は、浅野会長(向かって左)から賞状を授与された川田社長(右)。

ai1.jpg

 受賞対象となった取り組みは、経済的な事情を抱える子育て家庭を支援する「Table for Kids」(子どもの「食」応援クーポン事業)である。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:40 | プレスリリース

クリーク・アンド・リバー社、日本初!クリエイター専用の仕事・交流特化型メタバース「C&R Creative Studios Metaverse」β1版を一般公開

■日本最大級のC&R社スタジオで独自開発

 プロフェッショナル・エージェンシー事業を展開するクリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東証プライム)は3月16日、ゲームや映像、Web、出版、建築などのクリエイターに専用特化し、イベント開催や交流、作品の展示やプロジェクト(仕事)のやり取りを行う日本初のメタバース*@「C&R Creative Studios Metaverse(シーアンドアール クリエイティブスタジオ メタバース)」β1版を一般公開したと発表。

kur1.jpg

▼「C&R Creative Studios Metaverse」公式サイト
https://www.cri-meta.com/
※アプリ(PC専用)をダウンロード
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:09 | プレスリリース

Kudanの戦略的パートナーの「Movel AI、Kudan SLAM」を用いた自律移動ロボット向け統合ソリューションの商用提供を開始

 様々な機器に人工知覚/SLAM技術を提供するKudan<4425>(東証グロース)は3月16日、戦略的パートナーであるMovel AI(本社:シンガポール、CEO:Abhishek Gupta)の自律移動ロボット(AMR)向けのオールインワン商用ソフトウェアソリューション「Seirios」に、Kudanの3D Lidar SLAM(KdLidar)やVisual SLAM(KdVisual)のSLAMソフトウェアが完全統合されたと発表。これにより、このKudan SLAM統合ソリューションはグローバル市場での提供が開始され、今後数ヶ月のうちに顧客環境で複数の商用展開が行われる見込み。

kudan1.jpg

 シンガポールのロボットソフトウェア会社であるMovel AIは、シームレスなユーザーインターフェースを通じて、オールインワンの位置推定、ナビゲーション、フリートマネジメント※1ソフトウェアを顧客に広く提供しており、今回の統合によりそのユーザーはKudanのロバストで高精度な位置推定ソフトウェアのメリットを享受できるようになる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:04 | プレスリリース

クレスコ持分法適用会社ジザイめっけ、地域活性・創⽣を⽀援するスマホアプリ「MEQQE(めっけ)」ver2.0およびPC版をリリース

 クレスコ<4674>(東証プライム)の持分法適用会社ジザイめっけ(ジザイめっけ)が、2023年3月、地域情報を集めた「ライフマップ」を提供し、地域活性化・地域創⽣を⽀援するスマホアプリ「MEQQE(めっけ)」ver2.0と、PC版のMEQQEをリリースしたと発表。

k1.jpg

 MEQQEは、地域住⺠や観光客、移住検討者向けに地域情報を集めた「ライフマップ」を提供するスマホアプリ。ライフマップには、ユーザーの現在地周辺の店舗情報だけでなく、授乳室や多目的トイレの設置場所など、様々なニーズに合わせたものがある。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:57 | プレスリリース
2023年03月16日

マーケットエンタープライズ、藤井寺市がリユースプラットフォーム「おいくら」と事業連携、不要品捨てずに循環型社会を推進

■全国の導入自治体は30に

 大阪府藤井寺市(市長:岡田 一樹)とマーケットエンタープライズ<3135>(東証プライム)は、2023年3月16日(木)から、地域社会における課題解決を目的とした不要品リユース事業に関する協定を締結し、連携をスタートしたと発表。マーケットエンタープライズが運営するリユースプラットフォーム「おいくら」を用いて、不要品を廃棄物として捨てずに再利用する仕組みを構築し、藤井寺市の廃棄物削減と循環型社会の形成を目指していく。

ma1.jpg

■背景・経緯

 藤井寺市では、これまで廃棄物減量につながるリユース施策導入を検討していた。しかしながら、廃棄物の収集形態変更やそれに伴うシステム導入や人件費の捻出、不要品の保管場所の確保など、山積する課題から導入まで至らずに啓発に留まっていた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:25 | プレスリリース