[プレスリリース]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (11/27)シナネンホールディングスが第15回「いつもありがとう」作文コンクールの受賞者を発表
記事一覧 (11/26)アステナHDが石川県・能登地域のSDGs推進に向け3市2町、金沢大ほかと連携
記事一覧 (11/26)Jトラスト銀行インドネシアが11月2日に続き飯田グループ会社と業務提携、住宅ローン積み上げ加速に期待強まる
記事一覧 (11/25)アイフリークモバイルはNFT出品支援プログラム 「CREPOS NFT支援プログラム(第1弾)」をスタート
記事一覧 (11/25)JトラストグループのJトラストロイヤル銀行が新デザインの支店を開設
記事一覧 (11/24)マーチャント・バンカーズ、国内初のNFTが発行できるECサイト型マーケットプレイスとして「NFT LaFan」をリニューアルオープン
記事一覧 (11/23)ANAHD・セブン‐イレブン・ACSL、ドローン配送サービスの本格運用に向け人口集中地区を含む郊外での実証を実施
記事一覧 (11/23)JPホールディングスグループ、全国の保育園をオンラインで繋ぐハロウィン交流イベントを開催
記事一覧 (11/19)アイフリークモバイルのグループ会社が絵本アプリ「森のえほん館」でファッションデザイナー・桂由美監修の絵本を配信開始
記事一覧 (11/19)朝日ラバーと協業連携するタナックが日本コンピュータ外科学会に模擬臓器など出展
記事一覧 (11/18)コマツは国土交通省 宇宙無人建設革新技術開発の実施対象に「月面建設機械のデジタルツイン技術構築」が選定
記事一覧 (11/18)IHIはJR東日本と共同開発の高機能化版踏切障害物検知装置の販売を開始
記事一覧 (11/18)アールシーコア、“走るログ小屋”BESSのIMAGOが、千葉市のフェスティバルウォーク蘇我で開催の15th Street VWs Jamboreeに初出展
記事一覧 (11/18)クリナップの新「STEDIA」CMスタート!松たか子さんが“理想の暮らしをがんばらずに実現できる”キッチンの秘密を紹介
記事一覧 (11/18)マーケットエンタープライズは茨城県の新拠点・北関東リユースセンターからEU向け輸出を開始
記事一覧 (11/18)アイリッジの子会社フィノバレーの「MoneyEasy」が神戸大学などの「すいすいコイン」に採用
記事一覧 (11/18)Lib Workは3Dプリンター住宅「DEEP α」のデザイン業務委託契約を締結
記事一覧 (11/18)綿半HDのグループ会社が「(仮称)門真市松生町商業施設計画」併設の立体駐車場建設工事を受注
記事一覧 (11/17)生化学工業、遺伝子組換えエンドトキシン測定用試薬「PyroSmart NextGen」のPharma Manufacturing 2021 Innovation Awardを受賞
記事一覧 (11/17)ミロク情報サービスの中堅・中小企業向けERP『MJSLINKシリーズ』が12年連続で売上高シェアNo.1を獲得
2021年11月27日

シナネンホールディングスが第15回「いつもありがとう」作文コンクールの受賞者を発表

■応募は昨年を上回る15,730作品

 シナネンホールディングス<8132>(東1)は26日、今年で15回目を迎えた「いつもありがとう」作文コンクール(シナネンホールディングスグループ・朝日学生新聞社共催)において、個人の受賞者及び団体賞の受賞団体を発表した。

airiji111.jpg

 同コンクールは、小学生を対象に、「いつもお世話になっている家族に対し、普段言葉ではなかなか言えない感謝の気持ちを書いてみよう」をテーマに開催している。

 今年は、昨年に引き続きコロナ禍での開催だったが、全国から昨年を上回る15,730作品、応募団体数1,102団体からの応募があり、これまでの累計応募総数は472,684通となった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:20 | プレスリリース
2021年11月26日

アステナHDが石川県・能登地域のSDGs推進に向け3市2町、金沢大ほかと連携

■信金2社、北國フィナンシャルHD、BPキャピタルとともに活性化も図る

 アステナホールディングス(アステナHD)<8095>(東1)は11月25日の夕方、石川県・能登地域のSDGs達成を支援することを目的として、能登地域の3市2町、および金沢大学、興能信用金庫、のと共栄信用金庫、北國フィナンシャルホールディングス<7381>(東1)、BPキャピタル株式会社と、SDGs推進に係る連携と協力に関する協定を結んだと発表した。

asute1.jpg

 この連携と協力に関する協定に基づき、アステナHD、自治体3市2町、金沢大学、金融機関3社、BPキャピタルは、SDGsに取り組む中小企業等や教育研究活動への支援を連携して行い、能登地域のSDGsの推進及び地域の活性化を図ることを目指す。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:10 | プレスリリース

Jトラスト銀行インドネシアが11月2日に続き飯田グループ会社と業務提携、住宅ローン積み上げ加速に期待強まる

■宅地化が進むロンボク州を中心に快適な住宅を手頃な価格で提供

 Jトラスト<8508>(東2)グループで東南アジア金融事業の中核会社のひとつであるPT Bank JTrust Indonesia Tbk.(Jトラスト銀行インドネシア、深代律雄代表取締役社長)は11月25日、飯田グループホールディングス<3291>(東1)グループのアーネストワンの子会社であるPT.IONE HOME INDONESIA(六角暁代表取締役社長)と、同社が開発する「ロンボク島・バリ島事業」の住宅販売に係る業務提携契約を締結した。同子会社は、ロンボク州都マタラムのレンダン・ジャエ、レンバルIONE HOMEレジデンスは、安全で快適な住宅を提供している。

jj1.jpg

 ロンボク島のマタラム地域とその周辺の人口増加は、中間所得者層のための住宅施設を必要としており、戦略的エリアに安全で快適な住宅を手頃な価格で提供するよう積極的に取り組んでいる。住宅開発のコンセプトは、美しく、環境に優しく、ミニマリストな雰囲気で、地域社会の住宅基準を満たす集合住宅の開発を目指している。建設は2019年末から開始され、現在、計画されている282戸のうち、127戸が既に完成しており、22年までには全ての建設が終了する予定だ。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:23 | プレスリリース
2021年11月25日

アイフリークモバイルはNFT出品支援プログラム 「CREPOS NFT支援プログラム(第1弾)」をスタート

■今回の提携先は「HABET」

 アイフリークモバイル<3845>(JQS)は、 クリエイター向けNFT出品支援プログラム「CREPOS NFT支援プログラム(第 1 弾)」の本格始動と、参加クリエイターの募集開始を発表した。

aif1.jpg

 同社グループは、クリエイティブの力で世の中に笑顔と感動を届けることを基本理念に事業を展開。絵文字やスタンプ、電子絵本、知育アプリなど、創業以来たくさんのクリエイターと共にさまざまなコンテンツをつくり、提供してきた。多くのクリエイターを応援するために、クリエイター支援プラットフォーム「CREPOS」を通して仕事や作品発表の機会提供といったサポートを行っている。今回は新たにクリエイターの活躍の場として注目されている NFTを活用し、クリエイターへさらなる価値創造の機会を提供する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:08 | プレスリリース

JトラストグループのJトラストロイヤル銀行が新デザインの支店を開設

■カンボジアの首都プノンペン、国道一号線のチバーアンポフ地区に

j1.jpg

 Jトラスト<8508>(東2)の東南アジア金融事業の中核でカンボジアの商業銀行であるJトラストロイヤル銀行は2021年11月22日、お客様の利便性向上のため、首都プノンペンでも経済活動が盛んな国道一号線沿いのチバーアンポフ地区で、チバーアンポフ支店(J Trust Royal Bank Chbar Ampov Branch)の営業を開始した。新規設計された支店で経験豊富なスタッフが信頼のサービスを提供する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:58 | プレスリリース
2021年11月24日

マーチャント・バンカーズ、国内初のNFTが発行できるECサイト型マーケットプレイスとして「NFT LaFan」をリニューアルオープン

■NFTを現物化したアート作品やNFTを販売するマーケットプレイスとして提供

 マーチャント・バンカーズ<3121>(東1)は、2021年7月19日付「株式会社ケンテン「KENTEN×lafan」におけるNFT取扱い開始のお知らせ」で発表した、株式会社ケンテンが運営するショッピングサイト「KENTEN×lafan」のNFTコーナーを、11月22日、新たに「NFT LaFan」としてリニューアルオープンした。

 NFT(ノン・ファンジブル・トークン:非代替性トークン)は、ブロックチェーン技術を活用してネット上のデジタル資産に「本物」の証明を与え、偽物などと区別して価値を保証し、売買などの際に正当な値段が形成できるようにする技術。「NFT LaFan」では、NFTを現物化したアート作品やNFTを販売するマーケットプレイスとして、よりECサイトに近い形としてサービスを提供していく。

■現物を伴ったNFT商品を出品・販売

 「NFT LaFan」は、NFTだけでなく、現物を伴って出品・販売が可能なECサイト型マーケットプレイスです。「NFTバンカーズ」と同様に、現物でのRedeem(商品受け取り)も可能となっている(「NFT LaFan」からの直接購入ではないRedeem(商品受け取り)だけの場合、別途送料や手数料等が必要)。

■日本円、クレジットカード決済に対応

 日本円、クレジットカード決済を導入することでより、多くの消費者に、製品やNFTを届けることが可能となり、活発なマーケットプレイスになる(クレジットカード決済は、後日対応予定)。

■暗号資産での決済にも対応

今までのNFTマーケットプレイスは、イーサリアムでの決済が主流でしたが、「NFT LaFan」では、ビットコインやイーサリアム、MBKコインなどの複数の暗号資産の決済に柔軟に対応する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:36 | プレスリリース
2021年11月23日

ANAHD・セブン‐イレブン・ACSL、ドローン配送サービスの本格運用に向け人口集中地区を含む郊外での実証を実施

■セブン−イレブン日の出大久野店から日の出町の4つの配送地点へドローン配送

ana1.jpg

 ANAホールディングス(ANAHD)<9202>(東1)セブン&アイ・ホールディングス<3382>(東1)グループのセブン−イレブン・ジャパン、ACSL<6232>(東マ)は、「セブン‐イレブンネットコンビニ」の仕組みを活用して注文された商品を、セブン−イレブン日の出大久野店に設置したドローン離発着場から、日の出町内に設置した配送先4地点にドローンで即時配送するサービス実証を行う。ドローンの上空飛行に係るLTEネットワークについては、NTTドコモが提供している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:49 | プレスリリース

JPホールディングスグループ、全国の保育園をオンラインで繋ぐハロウィン交流イベントを開催

 子育て支援事業最大手JPホールディングス<2749>(東1)のグループ企業である株式会社ジェイキャストでは、積極的にデジタルコンテンツの利点を取り入れながら、保育園向けにこどもたちの興味や関心の芽を育てる英語・体操・リトミック・ダンスのオリジナルプログラムを開発・提供している。

jp1.jpg

 10月25日〜10月29日に、グループ企業の日本保育サービスが運営する「アスク」保育園向けに、ジェイキャストの英語プログラムの一環として、全国各地の保育園をオンラインでつなぐハロウィン交流イベント「みんなでトリックオアトリート!!」を開催した。イベントは期間中に6回開催され、全国から61の「アスク」保育園が参加した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 07:38 | プレスリリース
2021年11月19日

アイフリークモバイルのグループ会社が絵本アプリ「森のえほん館」でファッションデザイナー・桂由美監修の絵本を配信開始

■11月19日(金)から配信を開始

 アイフリークモバイル<3845>(JQS)のグループ会社アイフリークスマイルズは運営する絵本アプリ「森のえほん館」にて、ファッションデザイナー・桂由美監修の絵本『えがおをおとどけ ゆみ&ココのドレスのまほう』を11月19日(金)から配信開始した。

aifree1.jpg

 今回、世界的なファッションデザイナー・桂由美氏が監修した、本格的なドレスを楽しめる絵本作品が絵本アプリ「森のえほん館」に登場した。世界中の多くの女性から支持されるブランド「Yumi Katsura」を生んだ桂由美氏による、さまざまなデザインのドレスが8点登場する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:54 | プレスリリース

朝日ラバーと協業連携するタナックが日本コンピュータ外科学会に模擬臓器など出展

■手技トレーニング用モデルの販売連携を進め新製品開発にも取り組む

 朝日ラバー<5162>(JQS)と協業連携の取組を展開するシリコーン加工・加工品開発などの株式会社タナック(岐阜県各務原市、棚橋一成代表取締役)が、11月下旬に開催される第30回日本コンピュータ外科学会大会(11月21日から23日、つくば国際会議場)にブース出展し、医療用シミュレータ(模擬臓器)、医療機器部品(シリコーン、エラストマー)を展示する。

 朝日ラバーのHPによると、同社が得意とする治療・診断市場への関与を高めていくために、タナックの独自技術である「低硬度配合材料」を用いた手技トレーニング用モデルの販売連携を進めている。朝日ラバ−の配合技術と融合し、新しい製品の開発にも取り組んでいる。今後は、朝日ラバーの製品をタナックが得意とする市場へ販売する相互連携も進めて行く予定としている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:20 | プレスリリース
2021年11月18日

コマツは国土交通省 宇宙無人建設革新技術開発の実施対象に「月面建設機械のデジタルツイン技術構築」が選定

■月面等での建設活動に資する無人建設革新技術開発推進プロジェクト

 コマツ<6301>(東1)は11月18日、国土交通省が「宇宙開発利用加速化戦略プログラム」(スターダストプログラム)の一環として、2021年7月決定した「宇宙無人建設革新技術開発推進事業」(国交省主担当、文科省連携)の公募に応募し、「無人建設(自動化・遠隔化)に係る技術」の実施対象の一つとして、コマツの「月面建設機械のデジタルツイン技術構築」が選定されたと発表。

komatsu1.jpg

 同社は、省庁連携「無人建設革新技術開発推進協議会」の体制の下、個別の技術研究開発のひとつとして活動をすすめ、我が国が目指す建設事業の高度化の実現と、近い将来の月面等宇宙開発における建設活動に資する研究開発に貢献していくとしている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:46 | プレスリリース

IHIはJR東日本と共同開発の高機能化版踏切障害物検知装置の販売を開始

■多数の運用実績による知見を元に安全性,検知機能・能力を大幅に向上

 IHI<7013>(東1)は11月18日、旅客輸送最大手の東日本旅客鉄道(JR東日本)<9020>(東1)と共同開発した高機能化版三次元レーザレーダ式踏切障害物検知装置(3DLR障検)の販売を開始したと発表。

ihi11.jpg

 3DLR障検は、2005年に1号機を納入して以来、日本や欧州など国内外で、累計2400台以上を販売している。これまでに培った知見を元にJR東日本と共同で高機能化版の開発に取り組み、2019年度からJR東日本への展開を進めてきた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:18 | プレスリリース

アールシーコア、“走るログ小屋”BESSのIMAGOが、千葉市のフェスティバルウォーク蘇我で開催の15th Street VWs Jamboreeに初出展

■BESS多摩から現地まで走行

 ログハウスNo.1「BESS(ベス)」のアールシーコア<7837>(JQS)は、10月16日に新発売した“走るログ小屋”IMAGO iter(イマーゴ・イーテル)の初のイベント出展として、11月21(日)に千葉市で開催の15th Street VWs Jamboreeに出展する。

rc1.jpg

 ポスト・コロナのライフスタイルがどうあるべきかが取り沙汰される中、「自分の暮らしごと自由に移動する」新たな提案として話題に取り上げられている、”走るログ小屋”BESSの「IMAGO(イマーゴ)」が、通常展示場所の「LOGWAY BESS多摩」(東京都昭島市拝島町3393−1)を離れ、実際のけん引走行で千葉市のフェスティバルウォーク蘇我で11月21日(日)に開催のイベント「15th Street VWs Jamboree」に出展する。LOGWAY BESS多摩からは、前日の11月20日(土)の13時頃に出発。ログ小屋がけん引されて実際に走る様子、イベントでの様子などを見ることができる。。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:37 | プレスリリース

クリナップの新「STEDIA」CMスタート!松たか子さんが“理想の暮らしをがんばらずに実現できる”キッチンの秘密を紹介

 クリナップ<7955>(東1)は、松たか子さんが出演するシステムキッチン「STEDIA(ステディア)」の新CMを11月15日(月)から放映開始している。今回は、来年2月に受注開始する新対面プラン『デュアルトップ対面』を中心に、“理想の暮らしをがんばらずに実現できる”キッチン「STEDIA」の秘密を、TVとWeb・SNSをミックスして紹介する。

kurina1.jpg

 人気の対面レイアウトに向けて新提案する『デュアルトップ対面』では、手元を隠す数cmの段差と、STEDIAの多彩な機能で、“開放感があり、かつ、空間をきれいに保つ”という理想の暮らしを、がんばらずに実現できる。新CMでは、松たか子さんの自宅という設定で、この『デュアルトップ対面』の“表”と“裏”を使い、「新しいキッチンは魅(み)せたいけど、手元は見せたくない」というユーザー心理を気付かせ、「手元を隠せる」、「すぐ綺麗になる」というメリットを提案する。TV用とWeb・SNS用とで別バージョンを展開し、各世代に向けて理解浸透を図っていく。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:32 | プレスリリース

マーケットエンタープライズは茨城県の新拠点・北関東リユースセンターからEU向け輸出を開始

■中古農機具ビジネス成長をさらに加速へ

 マーケットエンタープライズ<3135>(東1)は11月18日、グループ全体のマシナリー(中古農機具)ビジネスを加速させることを目的に、10月に開設した新拠点「北関東リユースセンター(茨城県結城市新矢畑2−8)」から中古農機具のEU向け輸出を開始した。同拠点からEUへ向けた輸出は、初めて。

mariket1.jpg

 マーケットエンタープライズグループは、中古農機具を戦略商材として掲げ、取り扱いに注力している。近年では連結子会社である株式会社MEトレーディングを中心に、越境EC(海外の顧客を対象とした電子商取引)における中古農機具の買取・販売を強化しており、これまでの輸出国は80カ国を超える。輸出先は、ヨーロッパが多く、輸出国の半数以上をEU加盟国が占めている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:18 | プレスリリース

アイリッジの子会社フィノバレーの「MoneyEasy」が神戸大学などの「すいすいコイン」に採用

■店舗側での初期投資や手間がかからず導入できる点が評価

 アイリッジ<3917>(東マ)は、同社の連結子会社フィノバレーのデジタル地域通貨プラットフォーム「MoneyEasy」が、神戸市の「大学発アーバンイノベーション神戸(複合領域・民間企業連携型)」選定事業として採択された地域通貨アプリ実証実験「すいすいコイン」のプラットフォームとして採用されたと発表した。

ai1.jpg

 神戸市では、神戸市の地域課題や行政課題の解決等を目的として若手研究者の研究活動経費を補助する制度、「大学発アーバンイノベーション神戸」を実施している。今回2021年度の採択事業として、国立大学法人神戸大学経営学研究科 保田隆明教授が進める「地域デジタル通貨による、地域コミュニティ再構築および経済活性化に関する効果研究」が選定され、その一環として、水道筋商店街地域通貨「すいすいコイン」実行委員会(責任者は国立大学法人神戸大学経営学研究科 保田隆明教授、発行主体はNPO法人わくわく西灘、地域イベント企画はW、協力はNTT西日本、神戸市)による同実証実験が決定した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:10 | プレスリリース

Lib Workは3Dプリンター住宅「DEEP α」のデザイン業務委託契約を締結

 LibWork<1431>(東マ)は11月18日、3Dプリンター住宅「DEEP α」のデザインについて、株式会社家所亮二建築事務所と業務委託契約を締結したと発表。

lib1.jpg

 同社は3Dプリンター住宅「DEEP α」の研究開発に着手し、今までにないイノベーティブな「家」を開発・提供する。

 3Dプリンターによって、曲線などのクリエイティブなデザインの表現や、大幅なコストの削減、工期の短縮に貢献。また、家を建てる協力業者の高齢化をはじめとする人材不足は全国的にも深刻な課題になってきており、同社はその主要な課題を解決する方策としても3Dプリンターによる住宅建築はそれに合致するものだと判断した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:04 | プレスリリース

綿半HDのグループ会社が「(仮称)門真市松生町商業施設計画」併設の立体駐車場建設工事を受注

■駐車台数は約3,800 台にのぼる

 綿半ホールディングス<3199>(東1)の子会社綿半ソリューションズは、「(仮称)門真市松生町商業施設計画」に併設される立体駐車場の建設工事を受注し着工した。

wata1.jpg

 同工事では、綿半ソリューションズが国土交通大臣より認定を受けている6層7段(6階建て)の大型立体駐車場2棟が採用されており、延床面積93,500u、駐車台数は約3,800 台にのぼる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:21 | プレスリリース
2021年11月17日

生化学工業、遺伝子組換えエンドトキシン測定用試薬「PyroSmart NextGen」のPharma Manufacturing 2021 Innovation Awardを受賞

seika1.jpg

 生化学工業<4548>(東1)の海外子会社アソシエーツオブ ケープ コッド インク(本社:アメリカ マサチューセッツ州:ACC社)が、2021年4月に販売を開始した遺伝子組換えエンドトキシン測定用試薬「PyroSmart NextGen(パイロスマート ネクストジェン)」について、Pharma Manufacturing2021 Innovation Awardを受賞した。

 「The Pharma Manufacturing 2021 Innovation Awards」は、医薬品及び医療機器分野における技術的先駆者に対してイノベーションとその功績を表彰するものであり、雑誌編集者や同分野の査読者で構成された委員会により、その年の最も革新的な医薬品製造技術を選出している。今年の受賞は、Putman Publishing社が発行するPharma Manufacturing Magazine誌の2021年11月号で紹介されている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:05 | プレスリリース

ミロク情報サービスの中堅・中小企業向けERP『MJSLINKシリーズ』が12年連続で売上高シェアNo.1を獲得

 財務・会計システムおよび経営情報サービスを開発・販売するミロク情報サービス(MJS)<9928>(東1)は11月17日、市場マーケティング調査会社の矢野経済研究所が発行する「2021 ERP市場の実態と展望」中堅・中小企業向けERPシステム部門の調査結果において、MJSの『MJSLINKシリーズ』が売上高シェアNo.1を獲得したと発表。同調査結果においては、今回で2009年から連続12年でNo.1となった。

mjs1.jpg

 さらに、デロイト トーマツ ミック経済研究所が発行する「基幹業務パッケージソフトの市場展望 2021年度版」調査結果においても、同シリーズが中規模企業向けERPシステム部門で売上高シェアNo.1となり、今回ダブルでNo.1獲得となった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:39 | プレスリリース