[新製品&新技術NOW]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (10/16)ハウスドゥがハウス・リースバックの利用拡大に向け千葉市にも直営店
記事一覧 (10/14)ケイアイスター不動産がモデルハウスに家具の「サブスク」サービスを導入、常に新しいインテリアで多様なコンセプトを提案可能に
記事一覧 (10/13)エイジアがライトアップとの業務提携を発表、株価は後場一段高
記事一覧 (10/12)アンジェスが新型コロナDNAワクチンの阪大医学部附属病院での第1/2相臨床試験における全接種を予定通り完了
記事一覧 (10/12)シナネンHDのシナネンモビリティPLUSが小田急線世田谷エリアでシェアサイクルを順次展開
記事一覧 (10/12)ミロク情報サービスは、想定整形地を自動表示し、かげ地割合を算出する『MJSかげ地計算』の販売を開始
記事一覧 (10/09)ハウスドゥがハウス・リースバックの利用拡大に向け北海道にも直営店
記事一覧 (10/08)ラクーンHDの家賃保証会社ラクーンレントと日本情報クリエイトが「電子入居申込サービス」で提携
記事一覧 (10/08)ハウスドゥが南都銀行と「ハウス・リースバック」事業で業務提携
記事一覧 (10/05)マーチャント・バンカーズが中国・香港・ベトナムの富裕層向けに国内のマンション販売などで業務提携
記事一覧 (10/05)ケイアイスター不動産が無人内覧型モデルハウスに遠隔接客サービス「RURA」を導入
記事一覧 (10/03)クリナップはショールーム見学が疑似体験できる「オンラインショールーム」をオープン
記事一覧 (10/03)AMBITIONの子会社が新築投資用デザイナーズマンション『PREMIUM CUBE駒込』の販売を開始
記事一覧 (10/02)ハウスドゥグループのフィナンシャルドゥが静岡県の静清信用金庫のリバースモーゲージローン保証も開始
記事一覧 (10/01)ゼリア新薬工業は筋肉・骨・軟骨の構成成分を配合したビタミン含有保健剤「コンドロアミノCa錠」を新発売
記事一覧 (09/30)生化学工業がエーザイのグループ会社に変形性関節症治療剤「SI−613」の韓国独占的販売権
記事一覧 (09/30)ハウスドゥグループが滋賀県本店の全3信用金庫にリバースモーゲージローン保証サービスを提供
記事一覧 (09/29)ケンコーマヨネーズグループはワンランク上のポテトサラダ、ワインと愉しむ「トリュフ香るポテトサラダ」を発売
記事一覧 (09/29)ジーニーがヒットとDOOHプラットホームのサービスを10月1日に開始
記事一覧 (09/28)LibWorkが内田洋行とのコラボで「イエナカxオフィス」商品化プロジェクトを10月開始
2020年10月16日

ハウスドゥがハウス・リースバックの利用拡大に向け千葉市にも直営店

■16日「ハウスドゥ!家・不動産買取専門店 千葉東口店」オープン

 ハウスドゥ<3457>(東1)は10月16日午前、首都圏でのハウス・リースバック事業の利用拡大に向けて、「ハウスドゥ!家・不動産買取専門店 千葉東口店」をオープンした。

 住みながら自宅を売却できるハウス・リースバックは、「持ち家を活用する」という発想で、資金調達や資産整理、住宅ローンの負担軽減など、様々な使途に活用できる資金調達方法として注目されている。

■これで1都3県すべてに直営拠点、首都圏強化が進む

 ハウス・リースバックは、戸建だけではなく区分マンションも取り扱い可能なほか、事業資金にも利用できる。サービス開始から8年目を迎えた2020年6月末には累計契約件数が2000件を超え、需要はますます増加傾向にある。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:46 | 新製品&新技術NOW
2020年10月14日

ケイアイスター不動産がモデルハウスに家具の「サブスク」サービスを導入、常に新しいインテリアで多様なコンセプトを提案可能に

■二階建てに比べ割高なイメージを打破した新平屋住宅「IKI」で開始

 ケイアイスター不動産<3465>(東1)は10月14日、今年8月にオープンした規格型ひら家専門店「IKI(イキ:粋)」の高崎展示場(群馬県)に、株式会社subsclife(渋谷区、サブスクライフ)が提供する家具のサブスクリプションサービスを同社のモデルハウスとして初めて導入した。

 一般的に、モデルハウスでは購入した家具を使用しているが、その場合、長期間同じインテリアを展示するため、イメージが固定されがちになる。この点で、家具のサブスクリプションサービスによって定期的にインテリアを変更できることから、提案する全プランのインテリアを展示する事が可能となった。

■多様な家族形態に対応できる全プランを展示可能に

 「IKI」は、平屋住宅が二階建てと比べて割高というイメージを打破し、間取りブロック方式で自在に間取りを変更できる規格型として効率化、低コスト化を追求した住宅で、価格は17坪(約56.2u)590万円から。

 テレワークに適した住環境を求める人やシングルマザー世帯、単身世帯、高齢者ご夫婦の世帯など、多様な家族形態に対応できるコンセプトで、多様化する住宅購入者のニーズに対応できる新しい住宅として注目されている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:52 | 新製品&新技術NOW
2020年10月13日

エイジアがライトアップとの業務提携を発表、株価は後場一段高

■「WEBCAS」導入に関する助成金の手続きなど共同で支援・代行

 エイジア<2352>(東1)は10月13日の後場、一段と反発幅を広げ、13時には9%高の2555円(211円高)まで上げて出直りを強めている。

 同日付で、ライトアップ<6580>(東マ)との業務提携を発表し、デジタルマーケティングに取り組む企業を共同で支援することを決定した、などとし、注目が集まった。

■非接触で効果的な販促やアンケートなど行いたい要望が増加

 ライトアップは、各企業の状況を踏まえて最適な助成金を提案し、申請から受取までの各種手続きを代行するサービスを提供している。支援企業数は延べ1万社を超え、助成金申請支援において国内トップクラスの実績を誇る。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:25 | 新製品&新技術NOW
2020年10月12日

アンジェスが新型コロナDNAワクチンの阪大医学部附属病院での第1/2相臨床試験における全接種を予定通り完了

■経過観察を経て総合的判断結果を1〜3月に公表へ

 アンジェス<4563>(東マ)は10月12日の取引終了後、開発中の新型コロナウイルス感染症向けDNAワクチンについて、「大阪大学医学部附属病院での第1/2相臨床試験における全接種完了」と発表した。

 発表によると、この試験の目的は、ワクチンとして最適な接種間隔および接種回数等を検討する試験で、予定通り30症例全員の全ての接種が完了した。

 今後は、経過観察を経て、大阪市立大学医学部附属病院および大阪大学医学部附属病院での第1/2相臨床試験成績を総合的に判断する速報結果を、2020年第4四半期(21年1〜3月)に公表する予定とした。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:58 | 新製品&新技術NOW

シナネンHDのシナネンモビリティPLUSが小田急線世田谷エリアでシェアサイクルを順次展開

■アプリのダウンロードで簡単に予約できる13日から

 シナネンHD<8132>(東1)のグループ会社シナネンモビリティPLUSと小田急グループは10月13日(火)から、小田急線世田谷エリアの駅周辺で、シェアサイクルサービス「ダイチャリ」の展開を実証実験としてスタートする。

si1.jpg

>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:32 | 新製品&新技術NOW

ミロク情報サービスは、想定整形地を自動表示し、かげ地割合を算出する『MJSかげ地計算』の販売を開始

■相続税申告書作成業務の効率化を支援

 財務・会計システムと経営情報サービスを開発・販売するミロク情報サービス<9928>(東1)は、不整形地の土地評価実施にあたり、評価対象地の画像データをもとに想定整形地を自動表示し、かげ地割合を算出するシステム『MJSかげ地計算』を10月26日から販売開始する。

 かげ地とは、想定整形地から不整形地を除いた部分を指し、その割合に相当するのがかげ地割合。主に相続税額を算出するにあたり、不整形地の土地評価実施の際に用いられる。

 『MJSかげ地計算』は、画像公図、測量図等をスキャナ等で読み込み、マウス等で測定対象地を指定し路線を選択するだけで、想定整形地を自動表示し、かげ地割合を算出するシステム。測定対象地の面積は、基準尺を指定し、その長さから自動計算が可能。また、測定地積と登記簿上の地積をもとに、測定対象地の面積が補正され、図面と測定結果をまとめた「測量図および測定結果表」として印刷が可能。ミロク会計人会システム開発委員会監修のもと、誰もが簡単な操作で利用でき、手計算で時間を要していた想定整形地の面積算出にかかる業務の効率化を実現する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:48 | 新製品&新技術NOW
2020年10月09日

ハウスドゥがハウス・リースバックの利用拡大に向け北海道にも直営店

■横浜、広島などに続き札幌に10月9日「大通西店」オープン

 ハウスドゥ<3457>(東1)は10月9日、北海道でのハウス・リースバック事業の利用拡大に向けて札幌市中央区に「ハウスドゥ!家・不動産買取専門店 大通西店」(所在地などは最下段参照)をオープンした。

 重点的にハウス・リースバックを取り扱う「ハウスドゥ!家・不動産買取専門店」は、9月に開設した「広島市役所前店」、8月に開設した「横浜東口店」などに続く出店になる。

■サービス開始7年目で契約件数2000件を超え需要増に対応

 同社のハウス・リースバックの累計契約件数は、サービス開始7年目の2020年6月末に2000件を超え、ますます増加傾向にある。北海道は、問い合わせも増えているエリアであることから、要望により迅速にお応えするため、北海道の中枢拠点として札幌市に直営の「ハウスドゥ!家・不動産買取専門店 大通西店」を出店することとした。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:43 | 新製品&新技術NOW
2020年10月08日

ラクーンHDの家賃保証会社ラクーンレントと日本情報クリエイトが「電子入居申込サービス」で提携

■入居希望者と不動産会社は一段とスムーズな保証審査が可能に

 ラクーンホールディングス(ラクーンHD)<3031>(東1)日本情報クリエイト<4054>(東マ)は10月8日の午後、日本情報クリエイトが提供する「電子入居申込サービス」のデータを活用した家賃保証サービス申込に関し、ラクーンHDの家賃保証会社ラクーンレントと日本情報クリエイトが提携を開始と発表した。

 この提携により、「電子入居申込サービス」を利用する入居者と不動産会社は、従来よりも手間なくスムーズに家賃保証への申し込みができるようになる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:07 | 新製品&新技術NOW

ハウスドゥが南都銀行と「ハウス・リースバック」事業で業務提携

■ハウス・リースバックのニーズマッチングを本格始動

 ハウスドゥ<3457>(東1)は10月8日午前、「ハウス・リースバック」の取り扱いに関し、本店奈良市の南都銀行<8367>(東1)との業務提携と本格始動を発表した。午前の株価は1352円(40円高)まで上げ、戻り高値に顔合わせとなった。

 ハウス・リースバックは、自宅を同社が買い取り、売却後は賃貸契約をしてそのまま今までと同様に住まうサービス。将来的にその家を再び購入することも可能。「持ち家を活用する」という発想で、資金調達や資産整理、住宅ローンの負担軽減など、様々な使途に活用できる方法として注目をされている。戸建だけではなく区分マンションも取り扱い可能なほか、事業資金にも利用できる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:32 | 新製品&新技術NOW
2020年10月05日

マーチャント・バンカーズが中国・香港・ベトナムの富裕層向けに国内のマンション販売などで業務提携

■日本の不動産には高い人気があり大阪を中心に展開

 マーチャント・バンカーズ<3121>(東2)は10月5日の夕方、、中国や香港、日本で不動産販売を行う中港日友好發展有限公司(所在地:香港)と業務提携の上、中国・香港・ベトナムの富裕者層向けの投資用分譲マンションの開発並びに販売を行うことを同日付で決定し、業務提携契約を締結した。

 日本の不動産は、海外の投資家、とりわけアジア諸国から高い人気があるとされる。発表によると、足元は新型コロナウィルスの影響を受けているものの、依然、中国や香港の投資家の日本の不動産への投資については高いニーズがある。また、物件所有者の間では、新型コロナの影響を受け、売却ニーズが高まっている面もある。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:02 | 新製品&新技術NOW

ケイアイスター不動産が無人内覧型モデルハウスに遠隔接客サービス「RURA」を導入

■音声案内により非接触型営業をバージョンアップ

 ケイアイスター不動産<3465>(東1)は10月5日、生活スタイルなどの変化に対応する新戦略商品として8月にオープンした規格型注文平屋住宅「IKI(粋:イキ)」の群馬県・高崎展示場に、タイムリープ株式会社(東京都千代田区)の遠隔接客サービス「RURA(ルーラ)」<特許出願中>を導入した。

■新戦略商品の規格型平屋注文住宅の展示場に導入

 この遠隔接客サービス「RURA(ルーラ)」は、インターネット越しに店舗の接客を行なうことができるサービスで、特許出願中の独自システムにより、複数店舗をまたいで接客できる。接客の一部を遠隔で集約することにより、店舗のランニングコストを大幅に下げることが可能。6月18日にサービスリリースを行なって以降、50社以上の企業から問い合わせが舞い込んでいるという。

■内覧者は質問などができ「無人」の不便さを解消

 ケイアイスター不動産では、無人内覧システムを2019年12月に「はなまるハウス高崎展示場」に導入した。以後、内覧客の滞在時間が延び、購買意欲が高まるというメリットが広がった一方で、タブレットを用いた文字での案内としたため、内覧順路や説明文の見逃しなど、幾つかの課題が浮かび上がっていた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:48 | 新製品&新技術NOW
2020年10月03日

クリナップはショールーム見学が疑似体験できる「オンラインショールーム」をオープン

■いつでも、どこからでも、ショールーム見学!

 クリナップ<7955>(東1)は、ショールーム見学が疑似体験できる新たなWEBコンテンツ「オンラインショールーム」を、10月1日からホームページ上にオープンした。リアルなイラストでショールームを再現し、自宅でクリナップのキッチンや機器を確認できる。

1.jpg

 新型コロナウィルスの影響もあり住宅設備機器においても、顧客のオンライン上での商品検討が盛んになり、同社ホームページでもアクセス数が前年約2割増で推移している。キッチンの購入が初めてでもオンラインでスムーズに商品を検討してもらうためにコンテンツを開発した。

(1)クリナップホームページから、登録なしで誰でもアクセス
(2)全体像がひと目で把握できる箱庭型ショールーム
(3)パソコンでもスマートホンでも分かりやすい、直感的な操作性、閲覧性

【オンラインショールーム URL】
http://cleanup.jp/online-showroom/
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:53 | 新製品&新技術NOW

AMBITIONの子会社が新築投資用デザイナーズマンション『PREMIUM CUBE駒込』の販売を開始

 AMBITION<3300>(東マ)の子会社で、新築投資用デザイナーズマンションの開発を手掛けるヴェリタス・インベストメントは、『PREMIUM CUBE駒込』(東京都豊島区、竣工予定日:2020年11月中旬、入居予定日:2020年11月下旬)の販売を開始した。

a11.jpg

 ヴェリタス・インベストメントの『PREMIUM CUBE』シリーズは、都内プレミアムエリアを中心に、そのデザイン性やロケーションの良さが好評で、常に早期完売している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:17 | 新製品&新技術NOW
2020年10月02日

ハウスドゥグループのフィナンシャルドゥが静岡県の静清信用金庫のリバースモーゲージローン保証も開始

■「せいしんリバースモーゲージローン『散歩道』」

 ハウスドゥ<3457>(東1)は10月2日午後、連結子会社フィナンシャルドゥが静岡県の静清信用金庫と提携し、2020年10月5日からに対する債務保証業務を行うと発表した。

 株価は後場一段と強含み、13時過ぎに1196円(56円高)まで上げて戻り高値を更新した。

■10月は滋賀県を本店とする全信金の保証開始に続き4件目

 フィナンシャルドゥは10月1日から滋賀県を本店とするすべての信用金庫(滋賀中央信用金庫、長浜信用金庫、湖東信用金庫)が共同展開するリバースモーゲージローンの債務保証業務も開始しており、矢継ぎ早の業務拡大になる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:11 | 新製品&新技術NOW
2020年10月01日

ゼリア新薬工業は筋肉・骨・軟骨の構成成分を配合したビタミン含有保健剤「コンドロアミノCa錠」を新発売

 ゼリア新薬工業<4559>(東1)は本日10月1日から、筋肉・骨・軟骨の構成成分を配合したビタミン含有保健剤「コンドロアミノCa(シーエー)錠」(指定医薬部外品)を発売する。(希望小売価格 税抜き=90錠:2480円、180錠:4480円)

ze1.jpg
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:00 | 新製品&新技術NOW
2020年09月30日

生化学工業がエーザイのグループ会社に変形性関節症治療剤「SI−613」の韓国独占的販売権

■中国に続き2ヵ国目の提携、一時金と販売マイルストンが

 生化学工業<4548>(東1)は9月30日の正午過ぎ、同社が創出した変形性関節症治療剤「SI−613(ジクロフェナク結合ヒアルロン酸)」について、このたびエーザイ<4523>(東1)と韓国における販売提携に関する契約を結んだと発表した。2020年4月に中国における共同開発及び販売提携に関する契約を締結しており、2ヵ国目の提携となる。

■承認取得後は製品をエーザイに供給し販売はエーザイが担当

 この契約に基づき、エーザイの子会社であるエーザイ・コリア・インクが韓国におけるSI−613の独占的販売権を取得し、製造販売承認申請を行う。承認取得後は、生化学工業が製品をエーザイに供給し、販売はエーザイが担当する。なお、エーザイは生化学工業に対して契約一時金と販売マイルストンを支払う。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:15 | 新製品&新技術NOW

ハウスドゥグループが滋賀県本店の全3信用金庫にリバースモーゲージローン保証サービスを提供

■ローン名「おうみのくらし」10月1日から保証業務を開始

 ハウスドゥ<3457>の(東1)グループの(株)フィナンシャルドゥが、10月1日から、滋賀県を本店とするすべての信用金庫3社(滋賀中央信用金庫、長浜信用金庫、湖東信用金庫)が提供するリバースモーゲージローン「おうみのくらし」に対する債務保証業務を開始する。29日午前発表した。

hau1.jpg

■滋賀中央信用金庫、長浜信用金庫、湖東信用金庫

 リバースモーゲージは、自宅などを売却契約したあと賃貸方式に切り替えてそのまま居住・利用する不動産活用法で、高齢化が進む日本において、様々な資金使途に活用できるシニア世代向けの資金調達方法として、大手金融機関をはじめとした取り扱い機関が増加し、注目を集めている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:15 | 新製品&新技術NOW
2020年09月29日

ケンコーマヨネーズグループはワンランク上のポテトサラダ、ワインと愉しむ「トリュフ香るポテトサラダ」を発売

■これからの季節にぴったり

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)の100%子会社の株式会社関東ダイエットクック(関東DC)では、スーパーマーケットや量販店の惣菜売り場において、トリュフの風味をきかせた、ワインと愉しむ「トリュフ香るポテトサラダ」を発売した。

 高級食材として知られ、世界三大珍味の一つと称されるトリュフ。欧米諸国をはじめとしたグローバル市場では定番テイストの一つで、国内市場でも調味料やトリュフの風味をきかせた商品が増えつつある。

 そこで関東DCでは、ワインと愉しむ「トリュフ香るポテトサラダ」を提案。トリュフの芳醇な香りのマヨソースを使い、生クリームを隠し味に加え濃厚な味わいに仕上げた。今後も世界の味を楽しめる商品を順次展開していく予定。ケンコーマヨネーズグループでは今後も、食事をおいしく、楽しく彩る『サラダ料理』を発信していくとしている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 19:25 | 新製品&新技術NOW

ジーニーがヒットとDOOHプラットホームのサービスを10月1日に開始

■10〜11月広告放映枠の”実質無料”モニターを先着20社限定で募集

 ジーニー<6562>(東マ)は29日、ヒット(東京都中央区)が保有する大型屋外広告ビジョンと、 ジーニーがもつDSP広告運用技術を掛け合わせたDOOHプラットフォーム「HIT−DSP」のサービス提供を、10月1日に開始すると発表した。

gi1.jpg
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:28 | 新製品&新技術NOW
2020年09月28日

LibWorkが内田洋行とのコラボで「イエナカxオフィス」商品化プロジェクトを10月開始

■家であっても仕事をしたくなる快適なIoT型ワークスペース商品

 Lib Work(リブワーク)<4776>(東マ)は9月28日午前、内田洋行<8057>(東1)とのコラボレーションを発表し、ウィズコロナ・アフターコロナ時代における人々のライフスタイルの変化とそのニーズに対応するため、「イエナカxオフィス」商品化プロジェクトを立ち上げ、10月10日から関連商材の販売を開始するとした。

■在宅勤務を続けたい人の割合は週4日在宅型で91.8%に

 「イエナカxオフィス」には、家という私的空間に、オフィスという公的スペースを掛け合わせることにより、シナジー効果を生み出したいという想いを込めている。通勤ストレス、感染リスクを削減し、公私の時間を効果的に使う工夫など、新しい働き方を提案することを目的に、家であっても思わず仕事をしたくなるような快適性とプライベート性を重視したIoT型ワークスペース商品を開発する。>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:33 | 新製品&新技術NOW