[新製品&新技術NOW]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (08/22)再生医療関連事業のセルソースとMTGが協業、変形性膝関節症のリハビリに「SIXPAD Knee Fit」の提供を開始
記事一覧 (08/16)アスカネットの『ASKA3D』空中ディスプレイを用いた次世代サイネージが東京・丸の内の 「東京シティアイ観光情報センター」に設置
記事一覧 (08/09)パナソニックグループが歩行器市場に参入、室内用と買物用の2種類を発売
記事一覧 (08/09)シャープがカラー電子ペーパー『ePoster』を発売、消費電力0Wで紙のような高画質
記事一覧 (08/04)JPホールディングス、首都圏の保育園10園で夕食用レトルト食品6品をテスト販売、「保護者の困りごと」に対応、8月4日から開始
記事一覧 (08/03)朝日ラバー、より実物に近い注射(穿刺)トレーニング用パッド『レベラップ』を近畿大学などと開発
記事一覧 (07/24)マーチャント・バンカーズが太陽光パネル設置事業への取組を開始、自社所有マンションを手始めにホテルや介護施設・病院などへも展開
記事一覧 (07/21)生化学工業の外科用癒着防止材『SI−449』、消化器外科領域の試験で良好な結果
記事一覧 (07/06)アスカネット、空中ディスプレイの「ASKA3Dプレート」の多様な機能と可能性を紹介する製品を先端デジタルテクノロジー展で実演展示
記事一覧 (07/03)And Doホールディングスのフィナンシャルドゥが呉信用金庫とリバースモーゲージの保証事業で提携
記事一覧 (06/22)不二家初!ケーキが24時間、365日楽しめる!冷凍スイーツ自動販売機「FUJIYA CAKE’s STAND」
記事一覧 (05/24)科研製薬、壊死組織除去剤「ネキソブリッド外用ゲル5g」が24日に薬価収載
記事一覧 (05/24)ファンデリーは「日の出 便利なお酢糖質ゼロ」を使用したコラボ商品を『ミールタイム』で発売
記事一覧 (05/15)And Doホールディングスのフィナンシャルドゥ、りそなグループ3行とリバースモーゲージ保証事業で提携し債務保証を開始
記事一覧 (05/12)クリナップ、規格製品で最高級グレードのシステムキッチン『CENTRO(セントロ)』をモデルチェンジし6月1日より受注を開始
記事一覧 (05/01)ピックルスHDグループのフードレーベル、一口サイズの韓国おにぎりチュモッパが手軽に作れる!「チュモッパのり」を全国で発売
記事一覧 (04/17)マーチャント・バンカーズが防犯カメラ・セキュリティー機器の塚本無線と提携、ホームセキュリティ事業を開始
記事一覧 (04/12)ローソンはコンビニ業界初となる「立体成形方式」を導入し「金しゃりおにぎり」シリーズを刷新
記事一覧 (04/12)三井住友フィナンシャルグループ、日本総合研究、日本電気が専用環境におけるAIアシスタントツール「SMBG−GPT」の実証実験を開始
記事一覧 (04/07)アステナHDグループの岩城製薬、帝人ファーマから「ボンアルファ」「ボンアルファハイ」の日本における製造販売承認を承継し販売も移管、7月から
2023年08月22日

再生医療関連事業のセルソースとMTGが協業、変形性膝関節症のリハビリに「SIXPAD Knee Fit」の提供を開始

■再生医療とEMSが融合

 再生医療関連事業のセルソース<4880>(東証グロース)MTG<7806>(東証グロース)は21日、両社の事業拡大と新規事業の創出を目指し、協業に合意したと発表。

s1.jpg

 協業の第一弾として、MTGの製品である「SIXPAD Knee Fit(シックスパッド ニーフィット)」をセルソースの提携医療機関に提供開始する。医師の判断のもと、変形性膝関節症の治療を行う患者の自宅でのリハビリテーション(リハビリ)の活用で製品提供を推進していく。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:06 | 新製品&新技術NOW
2023年08月16日

アスカネットの『ASKA3D』空中ディスプレイを用いた次世代サイネージが東京・丸の内の 「東京シティアイ観光情報センター」に設置

■空中に浮かぶボタンに触れると東京の名所情報を動画やスライドで提供

 アスカネット<2438>(東証グロース)の『ASKA3D』空中ディスプレイを用いた次世代のサイネージが、東京を訪れる国内外のツーリスト向けに交通・食・宿泊・イベント、ビジネス等の情報提供から各種手配サービスまでをワンストップで提供する「東京シティアイ観光情報センター」(東京都千代田区丸の内2丁目7−2、旧・東京中央郵便局跡地)に、このほど設置された。

as1.jpg

 東京シティアイは、旧・東京中央郵便局跡地の再開発により、2013年3月21日グランドオープンしたJPタワー・KITTE内に設置された、総合インフォメーションセンター。東京を訪れる国内外の観光客に向けて交通・飲食・宿泊・イベント・エンターテイメントなど幅広いジャンルの情報提供と手配サービスを提供している。単なる観光情報サービスだけではなく、施設内には、東京都が運営する外国企業向けビジネス相談窓口「ビジネスコンシェルジュ東京」も設置されている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:04 | 新製品&新技術NOW
2023年08月09日

パナソニックグループが歩行器市場に参入、室内用と買物用の2種類を発売

■高齢者の暮らしを彩る歩行車

 パナソニック ホールディングス<6752>(東証プライム)グループのパナソニック エイジフリーは9日、室内用歩行車「カジサポ」と買物用歩行車「カウサポ」を2023年8月31日に発売し、歩行器市場に新規参入すると発表。

pana1.jpg

 要介護高齢者増加に伴い社会保障費が増加する中、高齢者の自立支援と要介護度の重度化防止が国内において重要な取組みとなっている。そのためには、散歩や体操などの運動機会の提供のみならず、家事や買い物などの日常生活において運動の機会を維持することも重要となる。そこで、福祉用具などで日常生活をサポートすることで自分でできることを増やし、介助負担軽減を図ることが求められている。

 このような中でパナソニックは、安定性やデザイン性などで高い評価を受けている手すり「スムーディシリーズ」などの品揃えを強化してきた。「スムーディシリーズ」を手すりのシリーズ名から歩行支援関連商品のシリーズ名に拡張し、歩行車を追加発売する。自宅における移動や家事をサポートすることで生活範囲を広げると共に、買い物などの外出をサポートすることで、地域社会との関わる機会の増進を図っていく。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:52 | 新製品&新技術NOW

シャープがカラー電子ペーパー『ePoster』を発売、消費電力0Wで紙のような高画質

■電子ポスターにカラーモデルが新たに登場

 シャープ<6753>(東証プライム)は9日、“消費電力0W”で表示保持が可能な電子ペーパーディスプレイ『ePoster』のカラーモデルを発売すると発表。25.3型<EP−C251>と13.3型<EP−C131>の2サイズをラインアップした。

sya1.jpg

 同機は、電子ペーパー分野の世界最大手であるE Ink Holdings Inc.(※2)の電子ペーパー技術を搭載している。新たにカラー表示に対応。紙じみた高い視認性と、必要なときに表示を書き換えることのできる電子ペーパーディスプレイの特長に、カラーの豊かな表現力が加わり、利用シーンが大きく広がった。

 電力を必要とするのは表示を書き換えるときのみで、一度表示すれば電源を抜いてもそのまま表示を保持することができる(※3)。また、薄型・軽量なので、ワイヤーによる吊り下げなどで手軽に設置が可能(※4)である。これまで電源供給や耐荷重などの課題からデジタルサイネージの設置が難しかった場所はもちろん、紙のポスターの置き換えとしても利用できる。商業施設・店舗での案内板や広告表示、飲食店におけるメニュー表示など、さまざまなシーンで活躍する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:25 | 新製品&新技術NOW
2023年08月04日

JPホールディングス、首都圏の保育園10園で夕食用レトルト食品6品をテスト販売、「保護者の困りごと」に対応、8月4日から開始

■送迎の際に購入、保護者の負担を軽減、お子さまとの時間も

 JPホールディングス<2749>(東証プライム)は8月4日の正午過ぎ、グループ会社である株式会社日本保育サービスが運営する東京都・神奈川県・埼玉県の保育園10園で、保護者の困りごとである「夕食準備」への対応として、自宅で簡単に調理できるレトルト食品6品目を8月4日からテスト販売すると発表した。

 保育園を利用している保護者の方々の一番の困りごとは「夕食準備」をすることであるという当社アンケート調査に基づき、少しでも保護者の方々の負担軽減やお子さまとの時間が取れることを目的に、お迎えの際に購入できるよう各施設で販売を行う。

 当初販売する商品は、以下の6品目で、すべて単価400円(消費税込)。お子さま向けの優しい味付けのレトルト食品であり、子ども、大人の1食分の容量のため、一緒に食事が取れるように工夫してある。各施設に商品陳列棚を設置し、電子決済により購入する。

・カレー(容量280g)
・ハッシュドビーフ(容量240g)
・タラの野菜あんかけ(容量240g)
・オムハヤシ(容量240g)
・鯖のみそ煮(容量200g)
・煮込みハンバーグ(容量240g)

 テスト販売として2023年8月4日より10園で開始し、販売の状況を確認したのち、日本保育サービスが運営する全国の保育園での販売、商品ラインナップの拡充等を図っていく計画。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:50 | 新製品&新技術NOW
2023年08月03日

朝日ラバー、より実物に近い注射(穿刺)トレーニング用パッド『レベラップ』を近畿大学などと開発

■「逆血」も再現、リアル感と耐久性を兼ね備え耐久性は3倍に

 朝日ラバー<5162>(東証スタンダード)は、このほど、近畿大学生物理工学部(和歌山県紀の川市)医用工学科講師・西手芳明氏、株式会社タナック(岐阜県岐阜市)と共同で、注射(穿刺<せんし>)トレーニング用パッドを開発した。

a1.jpg

 従来のものに比べてリアル感と耐久性を兼ね備えた新素材を用いることで、トレーニング回数を増やすことが可能となり、医療技術者の穿刺技術の向上に貢献する。

 特徴としては、(1)模擬皮膚、模擬血管材料の硬度を変化させ、ヒトの質感および血管をリアルに再現、(2)コンパクトな設計で病院や消防署での人工透析シミュレーションも容易に、(3)臨床工学技士をめざす学生がより実物に近いモデルで技術を修得し、未来の医療へ貢献、などがある。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:28 | 新製品&新技術NOW
2023年07月24日

マーチャント・バンカーズが太陽光パネル設置事業への取組を開始、自社所有マンションを手始めにホテルや介護施設・病院などへも展開

■社会性も高く、積極投資分野として、かねてより注目

 マーチャント・バンカーズ<3121>(東証スタンダード)は7月24日午後、太陽光パネル設置事業への取組開始を発表し、自社が所有するマンションの屋上に太陽光パネルを設置することで共有部分で消費する電力を自給し、蓄電や売電により、収益確保を行う事業を行うとした。さらに、出資先を通じたホテル屋上等への太陽光パネル設置、関連会社を通じた、介護施設・病院等への太陽光パネル設置、なども進めるとした。

 同社は、投資会社として、都市部の好利回りの収益用マンションから得られる堅実な収益基盤をベースに、成長性や社会性の高い分野に注目して、投資に積極的に取り組んでいる。

 太陽光発電については、かつて、2011年に、群馬県みなかみ町のオートキャンプ場の敷地内で、また、2012年には、岡山県津山市の元倉庫用地で、太陽光発電所開発に取り組んだ。太陽光をはじめとする再生可能エネルギーの分野は、積極的に投資を行うべき分野の1つとして、かねてより注目しており、2022年1月11日付「株式会社アビスジャパンとの業務提携による太陽光発電事業の取組み開始に関するお知らせ」のとおり、アビスジャパンとの業務提携による太陽光発電事業の取組みなど、個別案件の情報収集や検討を行ってきた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:57 | 新製品&新技術NOW
2023年07月21日

生化学工業の外科用癒着防止材『SI−449』、消化器外科領域の試験で良好な結果

■統計学的に有意な癒着防止効果、早期の承認申請に向け準備

 生化学工業<4548>(東証プライム)は7月21日午前、外科手術で使用される癒着防止材『SI−449』の国内における消化器外科領域のピボタル試験(検証的試験)において、良好な結果を得たと発表した。また、適用範囲の拡大を目的とした婦人科領域におけるパイロット試験において、腹腔鏡下手術における安全性と操作性に大きな問題は認められなかったとした。両試験の結果を受け、早期の承認申請に向けた準備を進めていくとした。

 21日の株価は757円(18円高)まで上げた後も堅調に売買され、7月10日以来の750円台となっている。

 『SI−449』の消化器外科領域のピボタル試験は、、開腹による直腸切除術施行患者を対象とした無作為化試験で、主要評価項目である術後癒着の有無及び副次評価項目である癒着の程度・範囲において、『SI−449』群は無処置群と比較して統計学的に有意な癒着防止効果を示した。また、安全性についても、顕在化した問題は認められなかった。『SI−449』両試験の結果を受け、早期の承認申請に向けた準備を進めていく。(HC)

■株式投資情報(総合版):記事アクセスランキング
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:28 | 新製品&新技術NOW
2023年07月06日

アスカネット、空中ディスプレイの「ASKA3Dプレート」の多様な機能と可能性を紹介する製品を先端デジタルテクノロジー展で実演展示

■AIと等身大キャラクターによる未来の接客システムや空中タッチオセロなどに人気集中

 アスカネット<2438>(東証グロース)は7月6日、空中ディスプレイを実現する「ASKA3Dプレート」を用いて多様な機能と可能性を紹介する製品を6月下旬に開催された「第13回コンテンツ東京2023:先端デジタルテクノロジー展」(東京ビッグサイト、2023年6月28日〜30日)に出展した際のレポートを発表した。

asuka1.jpg

 さらに、この展示会に続き、2023年7月13日(木)、19日(水)、25日(火)の3日間、物理的な制約にとらわれない新たな次元の空間演出『空中ディスプレイ』の活用メリットと成功事例を紹介する無料オンラインセミナーを開催する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:41 | 新製品&新技術NOW
2023年07月03日

And Doホールディングスのフィナンシャルドゥが呉信用金庫とリバースモーゲージの保証事業で提携

■くれしんのリバースモーゲージローン「きぼう」7月3日提供開始

 ハウスドゥブランドで不動産事業を全国展開するAnd Doホールディングス<3457>(東証プライム)の連結子会社である株式会社フィナンシャルドゥ(大阪府大阪市)は、呉信用金庫(本店:広島県呉市、以下:同金庫、くれしん)と提携し、7月3日より提供を開始する同金庫のリバースモーゲージローン「きぼう」に対する不動産担保評価および債務保証を行う。

 現在、シニア層の老後資金需要が拡大し、全国的にリバースモーゲージが改めて注目されている。その中でも、フィナンシャルドゥが提供するリバースモーゲージ保証は資金使途の制限が少なく、持ち家のリフォーム資金だけでなく生活資金にも対応しており、より幅広い目的に利用いただくことが可能となっている。

■呉信用金庫は2025年9月に創立100周年

 同金庫は2025年9月に創立100周年を迎える。地域に根差し、地域経済の活性化を担う信用金庫としての使命を果たすため、21年度から新中期経営計画「100周年、そしてその先へ」をスタートさせた。計画理念の一つに、「お客さまや地域の難局へ伴走して立ち向かい、活力ある地域社会を目指す」を掲げ、「お客さまとの接点強化」を重点テーマの一つに設定している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:28 | 新製品&新技術NOW
2023年06月22日

不二家初!ケーキが24時間、365日楽しめる!冷凍スイーツ自動販売機「FUJIYA CAKE’s STAND」

■不二家初の冷凍スイーツ自動販売機が登場!

 不二家<2211>(東証プライム)は22日、ケーキが24時間、365日楽しめる冷凍スイーツ自動販売機「FUJIYA CAKE’s STAND」を、2023年6月30日(金)から不二家洋菓子店・不二家レストランの一部店舗にて順次展開することを発表した。

fujiya1.jpg

 「FUJIYA CAKE’s STAND」は、不二家の人気ケーキを冷凍したスイーツを自動販売機で提供する画期的なサービス。冷凍されたケーキは、自宅やオフィスで解凍するだけで、いつでも新鮮で美味しいケーキを楽しむことができる。また、自動販売機は24時間稼働しており、営業時間に関係なく好きな時に購入することができる。

 不二家の定番ケーキや季節限定のケーキなど、約20種類のケーキを取り揃えている。価格は500円(税込)と600円(税込)の商品があり、クレジットカードや電子マネーなどのキャッシュレス決済にも対応している。また、ペコちゃんやポコちゃんのキャラクターがデザインされたオリジナルパッケージも魅力的。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:44 | 新製品&新技術NOW
2023年05月24日

科研製薬、壊死組織除去剤「ネキソブリッド外用ゲル5g」が24日に薬価収載

■新たな熱傷治療の選択肢を提供、8月上旬に発売

 科研製薬<4521>(東証プライム)は5月24日午前、壊死組織除去剤「ネキソブリッド外用ゲル5g」(以下「本剤」)が、同日、薬価基準に収載されたと発表した。本剤の発売は2023年8月上旬を予定している。

 本剤は、パイナップル茎の搾汁精製物を有効成分とし、タンパク質分解作用により熱傷によって壊死した組織を除去する外用剤。熱傷部位に塗布及び除去することで、健常な組織を傷害することなく、壊死組織を選択的に簡便かつ速やかに除去することができる。海外では「NexoBrid」(登録商標)として米国、欧州やイスラエルなど40ヵ国以上で承認されている。

 科研製薬は、MediWound Ltd.(本社:イスラエル)と本剤の日本における独占的ライセンス実施許諾契約を2016年4月に締結し、開発を進めてきた。本剤は、深達性2度または3度熱傷の患者を対象とした国内第3相臨床試験において良好な有効性と安全性が確認されており、22年12月23日に「深達性2度又は3度熱傷における壊死組織の除去」の効能・効果で製造販売承認を取得した。

 科研製薬は、壊死組織除去剤という新たな熱傷治療の選択肢を提供することで、より多くの患者や医療関係者の負担軽減に寄与できるものと期待している。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:36 | 新製品&新技術NOW

ファンデリーは「日の出 便利なお酢糖質ゼロ」を使用したコラボ商品を『ミールタイム』で発売

 ファンデリー<3137>(東証グロース)は5月24日、キング醸造の「日の出 便利なお酢糖質ゼロ」を使用したコラボ商品「たらの甘酢あんかけ」を6月1日(木)から『ミールタイム』で発売すると発表。

f1.jpg

 同商品は、主菜の「たらの甘酢あんかけ」に「日の出 便利なお酢糖質ゼロ」を使用した。ふっくらと柔らかいたらに自然な甘みとコクをプラスした一品。通常の白身魚(さわら)の甘酢あん※1と比べ、糖質を約71%カットしている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:32 | 新製品&新技術NOW
2023年05月15日

And Doホールディングスのフィナンシャルドゥ、りそなグループ3行とリバースモーゲージ保証事業で提携し債務保証を開始

■「あんしん革命」ライフイベントプラン、ローンライフイベントプラン

 『ハウスドゥ』ブランドで不動産事業を全国展開するAnd Doホールディングス<3457>(東証プライム)の連結子会社である株式会社フィナンシャルドゥは、りそなホールディングス<8308>(東証プライム)グループの株式会社りそな銀行(本店:大阪府大阪市)、株式会社埼玉りそな銀行(本店:埼玉県さいたま市、)、株式会社関西みらい銀行(本店:大阪府大阪市)の3行と提携し、5月15日より提供を開始するりそな銀行、埼玉りそな銀行のリバースモーゲージローン「あんしん革命」ライフイベントプラン、株式会社関西みらい銀行のリバースモーゲージローンライフイベントプランに対する不動産担保評価および債務保証を行う。And Doホールディングスが5月15日夕方発表した。

 りそな銀行、埼玉りそな銀行は、住宅関連資金向けリバースモーゲージローン「あんしん革命」を、関西みらい銀行はリバースモーゲージ型住宅ローンを取り扱っている。今般、お客様の様々な課題の解決をさらに充実させるため、この度、フィナンシャルドゥとの提携によって資金使途が自由なリバースモーゲージローン「あんしん革命」ライフイベントプラン、リバースモーゲージローンライフイベントプランを新たに提供することとなった。

 フィナンシャルドゥが提供するリバースモーゲージ保証は資金使途の制限が少なく、持ち家のリフォーム資金だけでなく生活資金にも対応しており、より幅広いお客さまにご利用いただくことが可能となっている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:07 | 新製品&新技術NOW
2023年05月12日

クリナップ、規格製品で最高級グレードのシステムキッチン『CENTRO(セントロ)』をモデルチェンジし6月1日より受注を開始

■機能や使い勝手は高いまま超高級オーダー品の世界観も体現

 クリナップ<7955>(東証プライム)が日本で初めて「システムキッチン」を発表してから、今年・2023年は発表50年目になる。そのクリナップが、特注のオーダーキッチンを除く規格製品の分野では同社として最高級グレードのシステムキッチン『CENTRO(セントロ)』をモデルチェンジし、6月1日より受注を開始する。今回、同シリーズでは初の女性開発リーダーがチームを率いたとのことで、高級グレードのシステムキッチン市場で起きている新たな要望、潮流に対応する。

kuri1.jpg

■今回、シリーズ初の女性開発リーダーが率い、憧れと理想を形に

 同社によると、近年、システムキッチンに対する要望・需要の新たな潮流として、より上位の超高級グレードであるオーダーキッチンを望む層と規格品の高級グレードを望む層との要望に「重なる部分が増えてきた」(竹内宏・代表取締役社長執行役員)という。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:41 | 新製品&新技術NOW
2023年05月01日

ピックルスHDグループのフードレーベル、一口サイズの韓国おにぎりチュモッパが手軽に作れる!「チュモッパのり」を全国で発売

 ピックルスホールディングス<2935>(東証プライム)の連結子会社であるフードレーベルは、「チュモッパのり」(498円・税込537.8円)を2023年5月1日に全国で発売したと発表。

pi1.jpg

 チュモッパとは、韓国のりやたくあんをはじめとした具材をごはんに混ぜて、一口サイズに丸めた韓国版おにぎり。温かいごはんに混ぜるだけで、簡単に美味しいチュモッパがご自宅で作れる。ごまの香ばしい香りと海苔の香りが食欲をそそり、少し甘めなたくあんと相性抜群な商品。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:06 | 新製品&新技術NOW
2023年04月17日

マーチャント・バンカーズが防犯カメラ・セキュリティー機器の塚本無線と提携、ホームセキュリティ事業を開始

■販売協力先も広げ防犯カメラ・録画機の販売並びに設置を推進

 マーチャント・バンカーズ<3121>(東証スタンダード)は4月17日午後、ホームセキュリティ事業にかかる業務提携を発表し、同日付で株式会社塚本無線(三重県津市、代表者:代表取締役・塚本会一氏)と提携し、同社の製造する防犯カメラを販売することを決定し、同社と代理店契約を結んだとした。

 塚本無線は、創業45年、防犯カメラ・防犯セキュリティー機器の開発・製造・販売を行っている会社で、官公庁や銀行向けの高性能なものから、一般家庭用のリーズナブルなものまで、自社開発・自社製造で、防犯カメラ400種類以上、録画機40種類以上のラインナップを取り揃えている。

 マーチャント・バンカーズは、連結子会社の株式会社MBKハウスマネジメントや株式会社アビスジャパンを中心に、販売協力先も広げ、お客様のニーズにあわせて、株式会社塚本無線の防犯カメラ・録画機の販売並びに設置を行っていく。

 同社は、2023年4月3日付で、ホームセキュリティ事業の取組み開始について発表し、近日中に防犯カメラメーカーと提携し、悪質な犯罪が急増する昨今、皆様の生活の安全を守る事業として、住宅や病院、介護施設、事務所、店舗などに、防犯カメラを販売・設置する、ホームセキュリティ事業の取組みを開始するとしていた。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:38 | 新製品&新技術NOW
2023年04月12日

ローソンはコンビニ業界初となる「立体成形方式」を導入し「金しゃりおにぎり」シリーズを刷新

 ローソン<2651>(東証プライム)は4月11日、2023年4月から全国の店舗でコンビニエンスストア業界では初めて「立体成形方式」を採用したおにぎり成形機を導入し、「金しゃりおにぎり」シリーズを刷新すると発表した。この新しい成形機は、お米を一粒一粒包み込むように圧力をかけて成形することで、ふっくらとした食感と粒立ちの良さを実現する。また、お米の量や水分量に応じて圧力を調整することで、季節や時間帯による品質の変化にも対応する。

ro1.jpg

 「金しゃりおにぎり」シリーズは、厳選した産地の国産米を発売する地区ごとに50%配合したブレンド米を使用している。使用している「雪若丸」、「ひゃくまん穀」、「富富富」はそれぞれ、しっかりとした粒感ともっちりとした食感が特徴の国産ブランド米である。大粒のお米をブレンドすることで、大小差による粒感とふっくらとした食感が特徴のおにぎりとなっている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:59 | 新製品&新技術NOW

三井住友フィナンシャルグループ、日本総合研究、日本電気が専用環境におけるAIアシスタントツール「SMBG−GPT」の実証実験を開始

■日本マイクロソフトのクラウドサービスを活用した金融AIの導入に向けた実証実験

 三井住友フィナンシャルグループ<8316>(東証プライム)(SMBCグループ)、日本総合研究、日本電気<6701>(東証プライム)(NEC)は4月11日、日本マイクロソフトのクラウドサービスであるMicrosoft AzureのSMBCグループ専用環境上で構築するAIアシスタントツール「SMBC−GPT(※1)」の本格的な導入に向けた実証実験を開始すると発表。

gpt1.jpg

(※1)GPTとはGenerative Pre−trained Transformerの略。文章の意図を解釈し自然な言葉の文章を生成する技術である。大量の文章データを学習して、高度な文章処理を行うことができる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:05 | 新製品&新技術NOW
2023年04月07日

アステナHDグループの岩城製薬、帝人ファーマから「ボンアルファ」「ボンアルファハイ」の日本における製造販売承認を承継し販売も移管、7月から

■乾癬などの外皮用剤、更なる取扱製品の拡充めざす

 アステナホールディングス(アステナHD)<8095>(東証プライム)は4月7日の夕方、子会社である岩城製薬株式会社(以下、「岩城製薬」)が、帝人<3401>(東証プライム)グループの帝人ファーマ株式会社(以下、「帝人ファーマ」)から2023年7月1日より「ボンアルファ軟膏2μg/g、ボンアルファクリーム2μg/g、ボンアルファローション2μg/g」・「ボンアルファハイ軟膏20μg/g、ボンアルファハイローション20μg/g」(以下、総称して「ボンアルファ」)の日本における製造販売承認を承継すると共に販売の移管を受けると発表した。

 「ボンアルファ」は、帝人によって創製された活性型ビタミンD3であるタカルシトールを主薬とし、ボンアルファ軟膏2μg/g、ボンアルファクリーム2μg/g、ボンアルファローション2μg/gは乾癬、魚鱗癬、掌蹠膿疱症、掌蹠角化症、毛孔性紅色粃糠疹を、ボンアルファハイ軟膏20μg/g、ボンアルファハイローション20μg/gは尋常性乾癬を効能・効果とする外皮用剤。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:12 | 新製品&新技術NOW