[新製品&新技術NOW]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (06/03)ヤマダ史上最大級の売場面積と品揃えの店舗「LABI 1 LIFE SELECTなんば」がグランドオープン
記事一覧 (06/02)エスプール、大阪府で3施設目の障がい者雇用支援「わーくはぴねす農園」を開設
記事一覧 (06/02)Jトラストグループの日本保証が川崎信用金庫の不動産担保ビジネスローンに対する保証取扱を開始
記事一覧 (05/31)アイリッジが年初来の高値を更新、フィンテック事業を展開する子会社フィノバレーと慶応大学発スタートアップとの共同展開に期待強まる
記事一覧 (05/30)ケンコーマヨネーズ、サラダ専門店Salad Cafe監修シリーズ第11弾『スモークチキンとオレンジのサラダ』がファミリーマートから発売
記事一覧 (05/27)And Do ホールディングス、タイ王国で「ハウスドゥ」ブランドのフランチャイズ展開を本格開始
記事一覧 (05/27)アスカネットが後場19%高、業務提携でスマホによる葬儀社、ご遺族へのソリューションを拡充
記事一覧 (05/23)トーソー、畳コーナーに合う新スクリーン「彩葉」をはじめとしたプリーツスクリーンの新製品を、6月6日(月)から全国で販売開始
記事一覧 (05/23)マーチャント・バンカーズが田中角栄氏の田中土建工業と業務提携
記事一覧 (05/17)クレスコグループのクレスコ・デジタルテクノロジーズがトイレから街全体を見える化できるIoTシステム「ソーシャルトイレシステム」を5月20日販売開始
記事一覧 (05/17)ケンコーマヨネーズの子会社ダイエットクックサプライは「福山工場長シリーズ」を立ち上げ地元・福山を活性化
記事一覧 (05/17)イメージ ワン、スマートフォン等でRTK計測を実現する「viDoc RTK rover」の取り扱いを開始
記事一覧 (05/11)ケンコーマヨネーズ初のパスタソースブランド誕生!「野菜とおいしいパスタソース」2品を発売
記事一覧 (05/09)And Doホールディングスのフィナンシャルドゥが福島銀行とリバースモーゲージの保証事業で提携
記事一覧 (05/06)綿半HD、綿半グループのシェフ監修「社長に内緒で肉を入れすぎたボロネーゼ」新発売
記事一覧 (04/27)And Doホールディングスのフィナンシャルドゥが東京ベイ信用金庫のリバースモーゲージローン「小春日和」の不動産担保評価など開始
記事一覧 (04/26)アスカネット、思い出の写真をアクリルプレートとシールにして「カタチに残す」2つの新商品の販売を開始
記事一覧 (04/25)ケンコーマヨネーズの子会社サラダカフェ監修の『11品目のミモザ風サラダ』を全国のファミリーマートで販売
記事一覧 (04/20)明治ホールディングスは新型コロナ「不活化ワクチン」に期待強く高値引け
記事一覧 (04/19)綿半HD、綿半グループのシェフ監修「トマトケチャップとウスターソース」を新発売
2022年06月03日

ヤマダ史上最大級の売場面積と品揃えの店舗「LABI 1 LIFE SELECTなんば」がグランドオープン

■新たに調理・アウトドア体験が加わる

 ヤマダホールディングス<9831>(東証プライム)は、ヤマダデンキにおいて、「LABI 1 LIFE SELECTなんば」を2022年6月4日(土)にオープンする。

yamada1.jpg

■ヤマダ史上最大級の売場面積と品揃えの店舗

 これまで「LABIなんば」として主に家電やリフォームを販売していた店舗を業態変更し、ヤマダ史上最大級の品揃え店舗「LABI 1 LIFE SELECTなんば」として家電を中心とした「暮らしまるごと」を提案できる商品を拡充。また、同店舗より新たに調理家電の体験やアウトドア体験、5Gコンテンツをさらに楽しめる巨大モニターの導入等、今までにないヤマダの「たのしい」商品選びを提供する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:56 | 新製品&新技術NOW
2022年06月02日

エスプール、大阪府で3施設目の障がい者雇用支援「わーくはぴねす農園」を開設

■全国33施設目、知的障がい者を中心に約80名の雇用を創出

 エスプール<2471>(東証プライム)の子会社で障がい者雇用支援サービスを提供する株式会社エスプールプラス(東京都千代田区)は、6月1日、大阪府大阪市に「わーくはぴねす農園」を開設した。同農園は、全国33施設目、大阪府では3施設目となり、知的障がい者を中心に約80名の雇用が創出される見込みだ。

■雇用支援事業で同社の農園を利用する企業は約430社まで増加

 農園の名称は、「ソーシャルファーム わーくはぴねす農園Plus大阪」(大阪市淀川区)、面積は約560坪(屋内型)、区画数は162区画。

 同社では、「一人でも多くの障がい者雇用を創出し、社会に貢献する」を企業理念として、障がい者の雇用創出を目的とした企業向け貸し農園「わーくはぴねす農園」を運営している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:23 | 新製品&新技術NOW

Jトラストグループの日本保証が川崎信用金庫の不動産担保ビジネスローンに対する保証取扱を開始

■事業者向けローン、最長35年、運転資金など様々な用途に

 Jトラスト<8508>(東証スタンダード)グループで国内金融事業の中核となっている株式会社日本保証は、2022年6月1日、川崎信用金庫が取り扱うローン商品「不動産担保ビジネスローン」(以下、「本商品」)にかかる保証業務を開始した。

 本商品は、事業者向け不動産担保ローンで、事業に関する資金なら概ね自由となっており、運転資金、設備資金、借り換え資金など様々な用途で利用できる。借入期間も最長35年のため、毎月の返済額を抑えながら資金調達が可能となっている。

<取扱商品概要>
【商品名】かわしん不動産担保ビジネスローン
【資金使途】事業に関する資金(運転資金、設備資金、借換資金、納税資金ほか)
【借入形式】証書貸付
【融資金額】500万円以上3億円以内(100万円単位)
【契約期間】1年以上35年以内
【融資利率】川崎信用金庫所定利率
【返済方式】元利均等返済・元金均等返済(随意返済も可能)

 日本保証では、不動産関連の保証事業に注力することを重点施策として掲げ、保証残高の増加を図っている。今般、本商品の保証提携開始により、今後も当社および提携先金融機関の特性を活かし、お客様への金融サービスの向上や多様なニーズにお応えしていくとしている。(HC)
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:38 | 新製品&新技術NOW
2022年05月31日

アイリッジが年初来の高値を更新、フィンテック事業を展開する子会社フィノバレーと慶応大学発スタートアップとの共同展開に期待強まる

■市民参加型合意形成プラットフォームのLiquitous(リキタス)と提携

 アイリッジ<3917>(東証グロース)は5月31日の後場一段高となり、8%高の892円(69円高)まで上げて2日ぶりに年初来の高値を更新し、大引けも7%高の884円(61円高)と本日の高値圏で取引された。

 同日の日本経済新聞・朝刊が「デジタル地域通貨広がる、りそなHD、大阪地域で発行検討」と題した記事を掲載し、その中でアイリッジの連結子会社でフィンテック事業を展開するフィノバレー(東京・港区)の「MoneyEasy(マネーイージー)」を採り上げたため注目されたほか、同日午前には、フィノバレーが慶応大学発スタートアップの株式会社Liquitous(リキタス、神奈川県横浜市)と2022年5月30日に業務提携を実施したとアイリッジが発表し、さらに買い材料視された。

■デジタル地域通貨✕デジタル民主主義で住民参加型のまちづくりを推進

 本提携を通じ、両社は、フィノバレーのデジタル地域通貨プラットフォーム「MoneyEasy」とLiquitousの参加型合意形成プラットフォーム「Liqlid」(リクリッド)を組み合わせ、自治体のDXや住民参加型のまちづくりに向けた提案を行っていく。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:11 | 新製品&新技術NOW
2022年05月30日

ケンコーマヨネーズ、サラダ専門店Salad Cafe監修シリーズ第11弾『スモークチキンとオレンジのサラダ』がファミリーマートから発売

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東証プライム)の100%子会社であるサラダカフェは5月30日、ファミリーマートから発売される『スモークチキンとオレンジのサラダ』(462円:税込498円)を監修したと発表。5月31日(火)から、関東、東海、北陸、関西などの一部地域のファミリーマート約1万1000店舗で販売される。

ken1.jpg

 Salad Cafe 監修シリーズ第11弾の今回は、爽やかな初夏にぴったりのサラダ。燻製の香りに、うまみが凝縮されたスモークチキンと色鮮やかなオレンジ、栄養価の高いケール、人参、ミニトマト、紫たまねぎなどを添えた。アーモンドとくるみのトッピングで、香ばしい風味と食感も楽しめる。味の決め手となるクリーミーシトラスドレッシングは、絶妙な甘味と酸味で柑橘類が爽やかに香り、それぞれの食材との相性が抜群。

 サラダカフェは、関西・関東の百貨店やショッピングモールを中心にサラダ専門店を展開し、彩り豊かなサラダを通して健康的な食生活をサポートしている。食材の組み合わせや見た目の華やかさなど、サラダをもっと楽しみたいというサラダカフェのこだわりを詰め込んだサラダが、ファミリーマートで買うことができる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:18 | 新製品&新技術NOW
2022年05月27日

And Do ホールディングス、タイ王国で「ハウスドゥ」ブランドのフランチャイズ展開を本格開始

■10年以内にタイでの加盟店500店舗めざす

 『ハウスドゥ』ブランドで不動産事業を全国展開するAnd Do ホールディングス<3457>(東証プライム)は、持分法適用会社であるH−DO(THAILAND)Limited(本社:タイ王国バンコク、H−DO社)とタイ王国でのハウスドゥブランドのフランチャイズ展開に関するマスターフランチャイズ契約を2022年5月30日付で締結することを決議した。

■将来的にはアジアで5万店舗のフランチャイズネットワークを構築

 And Doホールディングスは、ハウスドゥブランドで日本国内約700店を展開しており、「住まいのすべてを、スマートに。」のスローガンのもと、国内1000店舗、さらに将来的にはアジア5万店舗のフランチャイズチェーンネットワークの構築による不動産情報のオープン化の推進と、安心・便利なサービスを提供する「不動産コンビニ」構想の実現を進めている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:01 | 新製品&新技術NOW

アスカネットが後場19%高、業務提携でスマホによる葬儀社、ご遺族へのソリューションを拡充

■不動産の再生バリューアップなどを行う(株)MARKSとの提携を発表

 アスカネット<2438>(東証グロース)は5月27日、時間とともに上げ幅を広げる相場となり、後場は寄り後は19%高の1220円(197円高)まで上げて一段高の急伸商状となっている。同日付で、葬儀社サポート事業や事故物件不動産の再生バリューアップなどを行う株式会社MARKS(神奈川県横浜市)との業務提携を発表し、事業拡大への期待が強まった。

 MARKS社と業務提携契約を締結し、アスカネットのスマートフォンを活用した訃報・香典サービス『tsunagoo(つなぐ)』(特許取得済)と、MARKS社が提供する不動産関連サービス「成仏不動産」が連携するなどで、葬儀社、ご遺族へのソリューション拡充を図り、2022年6月13日から、ご遺族の葬儀後の負担を軽減するソリューションなどのサービス連携を開始する。不動産売却や遺品整理等の相続不動産の相談が可能となり、さらには、増え続ける「空き家問題」の抑制にも繋げる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:36 | 新製品&新技術NOW
2022年05月23日

トーソー、畳コーナーに合う新スクリーン「彩葉」をはじめとしたプリーツスクリーンの新製品を、6月6日(月)から全国で販売開始

todo1.jpg

 窓辺の総合インテリアメーカー、トーソー<5956>(東証スタンダード)は23日、新しい和紙調スクリーン「彩葉(あやは)」をはじめとしたプリーツスクリーンの新製品を、6月6日(月)から全国で発売すると発表。昔ながらの格式ある和室からリビングに隣接する畳コーナーへ、ライフスタイルに合わせた和の空間の変化に焦点を当て、こだわりのスクリーンと、カタログの事例写真を畳コーナーに絞ったことで、より迷わず選びやすくなった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:56 | 新製品&新技術NOW

マーチャント・バンカーズが田中角栄氏の田中土建工業と業務提携

■新築マンション開発などで連携し堅実に不動産事業を強化

 マーチャント・バンカーズ<3121>(東証スタンダード)は5月23日の午後、田中土建工業株式会社(東京都新宿区)との業務提携を発表し、建築事業、リノベーション・アフターメンテナンス事業、不動産事業の分野で提携を行うとした。

 発表によると、田中土建工業は、元総理大臣の田中角栄氏(第64代、65代内閣総理大臣)によって創業され、来年、令和5年(2023年)10月で創業80年。東京都内に20棟、神奈川県(藤沢市中心)18棟、埼玉県8棟のビルを保有している。建築業の実績も幅広く、オフィスビル(横浜市・城南信用金庫)、住宅マンション、医療施設及び官公庁のビル(日本動物高度医療センターなど)、個人住宅も扱っている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:39 | 新製品&新技術NOW
2022年05月17日

クレスコグループのクレスコ・デジタルテクノロジーズがトイレから街全体を見える化できるIoTシステム「ソーシャルトイレシステム」を5月20日販売開始

■公共トイレの利用状況から人流を把握、地域経済にも貢献

 クレスコ<4674>(東証プライム)グループで高度なデジタルプラットフォーム技術を駆使してDX(デジタル変革)に貢献する株式会社クレスコ・デジタルテクノロジーズ(東京都港区、5月1日に株式会社クリエイティブジャパンより社名変更)と、業界唯一の不凍型「電磁弁式公衆トイレシステム」を開発・販売している株式会社光合金製作所(北海道小樽市)は、5月20日から、公共トイレのIoT化によりトイレ機器利用状況から人流把握ができる「ソーシャルトイレシステム」を販売開始する(機器利用状況から利用人数を把握する技術については特許申請中)。

■小樽市での導入に続き全国の観光スポットでの導入めざす

 このシステムは(1)利用状況の見える化、(2)故障・異常の検知、(3)衛生状態の見える化、といった3つの視点で、リアルタイムに公共トイレの利用状況を分析できるもの。小樽市での導入に続き、人流の把握により、コロナ禍またはコロナ後の地域活性化を図る全国の観光スポットでの導入をめざしていく。

■独自のアルゴリズム(特許申請中)により人流を把握

 「ソーシャルトイレシステム」は、公共トイレ内の各便器や手洗器に設置された水流センサーによって、IoTデータを取得する。トイレ利用者のプライバシーを守りながら、精緻な利用回数や水量情報を得ることができる。

 通常、トイレの便器や手洗器で水を流す回数は簡単に計測できるが、一人が複数回利用する場合もあるため、便器・手洗器などの機器利用状況から利用者数を特定するには複雑なアルゴリズムが必要となる。クレスコ・デジタルテクノロジーズはそのアルゴリズムを開発し、特許申請を行った。これにより、トイレの利用状況を把握し、スタッフが清掃や用品補給などを適切なタイミングで行えるため、メンテナンスコストの削減にもつながる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:23 | 新製品&新技術NOW

ケンコーマヨネーズの子会社ダイエットクックサプライは「福山工場長シリーズ」を立ち上げ地元・福山を活性化

■地元生産者と共同開発したカルツォーネを製造・販売

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東証プライム)の100%子会社ダイエットクックサプライは、地元・広島県福山市の活性化を図るため「福山工場長シリーズ」を立ち上げ、地元生産者と共同で商品づくりを行っている。「福山工場長シリーズ」の第1弾として、『工場長のカルツォーネ』3品を製造し、2022年1月から福山市内で販売している。

ken11.jpg

 「福山工場長シリーズ」は、「食を通じて人を幸せにする」という志をもつ地元生産者が集まり、パッケージデザイン、商品開発、コンサルティング、製造のすべてを地元の生産者で行い、福山市の魅力をブランド化する取り組みである。「福山工場長」という言葉は、商業・工業の街「福山」で、生産者一人ひとりがものづくりのプロフェッショナルである「工場長」として商品づくりに取り組む姿勢を表している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:54 | 新製品&新技術NOW

イメージ ワン、スマートフォン等でRTK計測を実現する「viDoc RTK rover」の取り扱いを開始

■Pix4D社の無料アプリ「PIX4Dcatch」をインストールした端末で高精度な位置精度を持った画像データを取得可能

 イメージ ワン<2667>(東証スタンダード)は5月17日、UAV(ドローン)の使用が難しい現場などでスマートフォンやタブレット端末に予めインストールした無料アプリと組み合わせ、徒歩による画像撮影で数センチメートルの誤差で撮影位置精度を実現できるPix4D社の専用機器「viDoc RTK rover(開発元:vigramGmbH)」の取り扱いを開始したと発表。

imae11.jpg

■製品の概要

 viDoc RTK roverは、Pix4D社が提供している無料アプリ「PIX4Dcatch」がインストールされている対応端末と、Bluetoothでペアリングし、Ntrip方式のリアルタイム補正データ配信サービスを組み合わせることで、高精度の撮影位置を記録することができる新しい計測機器となる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:51 | 新製品&新技術NOW
2022年05月11日

ケンコーマヨネーズ初のパスタソースブランド誕生!「野菜とおいしいパスタソース」2品を発売

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東証プライム)は5月11日、同社初となるパスタソースのブランド「野菜とおいしいパスタソース」シリーズを開発したと発表。『野菜とおいしいパスタソース 芳醇バターしょうゆ』『野菜とおいしいパスタソース コク旨たまねぎ』の2品を6月1日(水)に発売する。

ken1.jpg

 具材やソースをあわせるだけで簡単に作ることができるパスタメニューは、おうち時間の増加とともに日常的に食卓に並ぶ頻度が増え、パスタ市場は高い水準で伸長している。また、健康志向の高まりから野菜摂取量を増やしたいというニーズも増えている。そこで同社はこれまで培ってきた、野菜をキーとし、食材や調理法でサラダを進化・発展させた「サラダ料理」のノウハウとソース類の開発力を駆使し、野菜をもっと手軽においしく食べるための新しいパスタソースを開発した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:29 | 新製品&新技術NOW
2022年05月09日

And Doホールディングスのフィナンシャルドゥが福島銀行とリバースモーゲージの保証事業で提携

■東北エリアでの提携は今回が初めて

 ハウスドゥブランドで不動産事業を全国展開するAnd Doホールディングス<3457>(東証プライム)は5月9日午前、連結子会社である株式会社フィナンシャルドゥ(大阪市)が福島銀行<8562>(東証スタンダード)と提携し、5月2日より提供を開始した同銀行の「ふくぎんリバースモーゲージローン」に対する不動産担保評価および債務保証を行うと発表した。本事業において、東北エリアでの提携は今回が初めてとなる。

 現在、シニア層の老後資金需要が拡大し、全国的にリバースモーゲージが改めて注目されている。その中でも、当社が提供するリバースモーゲージ保証事業は資金使途の制限が少なく、持ち家のリフォーム資金だけでなく生活資金にも対応しており、より幅広いお客さまにご利用いただくことが可能となっている。

 福島銀行は福島県、宮城県、栃木県、茨城県および埼玉県を事業区域とし、2022年11月に創業100周年を迎える。新中期計画のスローガンのひとつとして「私たちが暮らす地域のよりよい環境や暮らしやすい社会づくりに尽力します」を掲げ、お客さまの生活の支援となる活動や高齢者向けの融資など生活再建支援にも積極的に展開している。

 その中で、高齢者層の資金ニーズの増加や多様化、既存融資商品がカバーしきれない需要などに対応できる新商品の検討を続けていたが、この度のフィナンシャルドゥとの提携によって資金使途が自由なリバースモーゲージ「ふくぎんリバースモーゲージローン」を新たに提供することになった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:15 | 新製品&新技術NOW
2022年05月06日

綿半HD、綿半グループのシェフ監修「社長に内緒で肉を入れすぎたボロネーゼ」新発売

■本場イタリア・ボローニャの味を再現したパスタソース

 綿半ホールディングス(綿半HD)<3199>(東証プライム)は、手軽にレストランの味が家庭で楽しめる本場イタリア・ボローニャの味を再現したパスタソース、「社長に内緒で肉を入れすぎたボロネーゼ」を新発売。

wata1.jpg

 テレワーク時のランチがマンネリ化、休憩時間に料理するのが面倒くさい、でもしっかり食べたい〜! そんな顧客の需要に応えて、 綿半グループのシェフ監修 「社長に内緒で肉を入れすぎたボロネーゼ」を開発した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:33 | 新製品&新技術NOW
2022年04月27日

And Doホールディングスのフィナンシャルドゥが東京ベイ信用金庫のリバースモーゲージローン「小春日和」の不動産担保評価など開始

■シニア層の老後資金需要の拡大を受け5月下旬(予定)スタート

 And Doホールディングス<3457>(東証プライム)は4月27日午前、連結子会社である株式会社フィナンシャルドゥ(本社:大阪府大阪市)が東京ベイ信用金庫(本店:千葉県市川市、酒井正平理事長)と提携し、2022年5月下旬(予定)より同金庫が提供を開始するリバースモーゲージローン「小春日和」に対する不動産担保評価および債務保証を行うと発表した。

 現在、シニア層の老後資金需要が拡大し、全国的にリバースモーゲージが改めて注目されている。その中でも、And Doホールディングスが提供するリバースモーゲージ保証事業は資金使途の制限が少なく、持ち家のリフォーム資金だけでなく生活資金にも対応しており、より幅広いお客さまにご利用いただく事が可能になっている。

 東京ベイ信用金庫は、東京ベイエリアを事業区域として、地元中小企業者や住民が会員となり、お互いが助け合い、お互いに発展していくことを共通の理念として運営される相互扶助型の金融機関。この度、不動産売買のノウハウと全国約700店舗の不動産販売網を持つハウスドゥグループのフィナンシャルドゥが保証会社に加わり、適正かつ迅速な不動産担保評価に基づく債務保証を行うことで、同金庫が新たに取り組むリバースモーゲージを後押しすることとなった。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:41 | 新製品&新技術NOW
2022年04月26日

アスカネット、思い出の写真をアクリルプレートとシールにして「カタチに残す」2つの新商品の販売を開始

■40%OFFなど2大キャンペーンを同時開催

asuka1.jpg

 国内最大級のフォトブックサービス「MyBook(マイブック)」を展開するアスカネット<2438>(東証グロース)は4月26日、スマホ・PCから簡単に作成することができる『Acrylic Photo(アクリルフォト)』と『Photo Seal(フォトシール)』の2つの新商品を4月26日(火)から販売開始すると発表。新商品のリリースを記念し、40%OFFキャンペーンとInstagram新商品モニターキャンペーンを同時に開催する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:44 | 新製品&新技術NOW
2022年04月25日

ケンコーマヨネーズの子会社サラダカフェ監修の『11品目のミモザ風サラダ』を全国のファミリーマートで販売

■サラダ専門店Salad Cafe監修シリーズ累計100万食突破!

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東証プライム)の100%子会社であるサラダカフェは4月25日、ファミリーマートから発売される『11品目のミモザ風サラダ』(価格:462円:税込498円)を監修したと発表。4月26日(火)から、全国(北海道、沖縄県を除く)のファミリーマート約1万6000店舗で販売される。

ken1.jpg

 Salad Cafe監修シリーズは、女性の顧客を中心に好評で、シリーズ累計販売食数は100万食を突破した。同シリーズの第10弾は、細かくした卵をミモザの花に見立てた春にぴったりの華やかなサラダ。人参、ミニトマト、紫キャベツなどの色鮮やかな食材に加え、国産ケールやローストチキンなど11品目を使用し、1食で食べ応えのあるサラダにした。ハーブやスパイスの風味がほのかに香り、オリーブオイルを使用したフレンチドレッシングが、素材の美味しさを引き立てる。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:18 | 新製品&新技術NOW
2022年04月20日

明治ホールディングスは新型コロナ「不活化ワクチン」に期待強く高値引け

■D−414の第3相臨床試験、国内小児第2/3相臨床試験を届け出

 明治ホールディングス<2269>(東証プライム)は4月20日、2日続伸となり、後場、中盤から再びジリ高商状となって前場の高値を抜き、6390円(70円高)まで上げて高値引けとなった。

■アレルギー等でワクチン接種できない方への新たな選択肢に

 午前10時過ぎ、事業子会社であるKMバイオロジクス株式会社とMeiji Seikaファルマ株式会社が、開発を進めているCOVID−19(新型コロナウイルス)に対する不活化ワクチンKD−414の第3相臨床試験(国際共同)と国内小児第2/3相臨床試験について、治験計画届をそれぞれ医薬品医療機器総合機構(PMDA)に提出したと発表し、実用化への期待が強まった。審査終了後、4月下旬に被験者登録・接種の開始に移るとした。5歳未満児も含め、全年齢層に対して新型コロナワクチンを接種することが可能になるという。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:29 | 新製品&新技術NOW
2022年04月19日

綿半HD、綿半グループのシェフ監修「トマトケチャップとウスターソース」を新発売

■素材や風味、使い勝手などにこだわり開発

 綿半ホールディングス<3199>(東証プライム)は、綿半グループのシェフが監修した、トマトケチャップとウスターソースを新たに発売すると発表した。綿半スーパーセンター・綿半ホームエイドなどで販売する。

wata1.jpg

 トマトケチャップは、 酸味が少なく、最も甘味と旨味が出るトルコ産のトマトを使用。香辛料を加え、じっくりと煮込んである。 スプーンですくいやすい広口ビンで、1人暮らしやファミリーに丁度いい200gと400gを展開している。 トマトソースとしても利用できるため、オムライスやパスタ、ビザトースト等、料理の幅が広がるとしている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:14 | 新製品&新技術NOW