[新製品&新技術NOW]の記事一覧
  (ブログ内の記事検索は右サイドバーの検索窓から)

記事一覧 (11/28)マーチャント・バンカーズ、年間7億円台の家賃売上げ10億円に向け札幌市の賃貸マンションを取得
記事一覧 (11/21)マーチャント・バンカーズの創薬ベンチャー・バイオジップコード社が譲受した糖尿病治療に関する2件の発明(国際特許出願)が米、欧、中、豪、韓でも審査開始に
記事一覧 (11/18)アステナHDの連結子会社スペラファーマが医薬品開発の創薬ベンチャー、ジェイファーマに出資
記事一覧 (11/08)ケンコーマヨネーズ、子会社の九州ダイエットクックは『だし入り玉子焼きとスモーク合鴨』を新発売
記事一覧 (11/08)ファンデリー、愛媛の「愛」あるブランド産品「絹かわなす」を使用したJAえひめ未来コラボ商品を『旬をすぐに』から発売
記事一覧 (11/02)ファンデリー、長野県川上村産「白菜」を使用したJA長野八ヶ岳コラボ商品を『旬をすぐに』から発売
記事一覧 (11/01)クリーク・アンド・リバー社の農業分野のグループ会社が2023年1月に6次化農業・実習施設を開設
記事一覧 (10/19)ピックルスホールディングス、BMIが高めの方の体脂肪を減らす機能性表示食品「旨辛キムチ」を3連パックで発売
記事一覧 (10/17)マーチャント・バンカーズの創薬ベンチャー子会社バイオジップコードの糖尿病完治治療薬開発が基礎研究をほぼ完了し製薬会社との提携に向けステップアップ
記事一覧 (10/17)ベステラがクレーンレール測定ロボットを開発し重量物運搬用の大型軌道式クレーンの新測定測定サービスを提供開始
記事一覧 (10/11)ファンデリー、出荷量日本一の長野県川上村産「レタス」を使用したJA長野八ヶ岳コラボ商品を『旬をすぐに』から発売
記事一覧 (10/06)ファンデリーの『旬をすぐに』とJAあきた白神がコラボ、しったげうめぇ「白神ねぎ」使用メニューを発売
記事一覧 (09/30)ケンコーマヨネーズの子会社はカロリー30%オフのポテトサラダ等3品を発売、定番人気商品を美味しさはそのままに健康志向に対応
記事一覧 (09/30)アイフリークモバイル、CREPOS XRサポートプログラムがスタート
記事一覧 (09/09)ベステラが住宅解体市場で客と工事社を直接つなぐWEBマッチングプラットフォームを運営する(株)クラッソーネと資本業務提携し株式を12.5%取得
記事一覧 (09/02)イトーキの公式オンラインショップで在宅ワーク環境をアップデートする人気チェアのAR体験の提供を開始
記事一覧 (08/30)ピックルスコーポレーションの子会社は人気焼肉店牛角監修!「牛角ドレッシング」3品食シーンを想起しやすいパッケージでリニューアル発売
記事一覧 (08/30)ケンコーマヨネーズの子会社は秋の食材が楽しめる『秋の3点盛り』を九州圏で発売
記事一覧 (08/30)ピックルスコーポレーションの子会社は人気焼肉店牛角監修!「牛角キムチ」の食べきりサイズを賞味期限を延ばしフードロスにも配慮してリニューアル発売
記事一覧 (08/26)クレスコがサイバー攻撃の兆候を検知分析し対策支援を提供するサービスを開始
2022年11月28日

マーチャント・バンカーズ、年間7億円台の家賃売上げ10億円に向け札幌市の賃貸マンションを取得

■安定的収益基盤の源泉として長期的に収益用不動産を保有

 マーチャント・バンカーズ<3121>(東証スタンダード)は11月28日、札幌市西区の賃貸マンション「K−MODE琴似」を2022年12月16日(予定)付で取得すると発表した。

 同社は、年間7億円台の家賃収入売上げを、23年3月期中に10億円とする目標を掲げて、積極的に収益性と資産性の高い大都市圏の賃貸マンションを取得している。今期・23年3月期の連結売上高の予想は約27億5000万円。

 今般、10億円の家賃収入売上げ達成に向けて、22年11月24日付で売主と売買契約を締結し、22年12月16日(予定)付で、札幌市西区の賃貸マンション「K−MODE琴似」を取得することを決定した。この物件は中長期的に保有する方針であり、年間10百万円程度の安定的収入とネット利回り5.7%程度が見込める。取得価格のうち、121.5百万円は銀行借入により、残額は、自己資金を充当する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:13 | 新製品&新技術NOW
2022年11月21日

マーチャント・バンカーズの創薬ベンチャー・バイオジップコード社が譲受した糖尿病治療に関する2件の発明(国際特許出願)が米、欧、中、豪、韓でも審査開始に

■滋賀医科大学との連携で糖尿病完治薬等の開発を推進

 マーチャント・バンカーズ<3121>(東証スタンダード)は11月21日、同社グループの創薬ベンチャー、株式会社バイオジップコード(以下、「バイオジップコード社」)が権利を譲受した糖尿病治療薬等の国際特許出願状況について開示を行った。

 バイオジップコード社は、国立大学法人滋賀医科大学)との産学連携により、糖尿病を完治させる治療薬等の研究・開発を推進するため、2022年1月にマーチャント・バンカーズが設立した。

 バイオジップコード社は、滋賀医科大学教授として、長年、「糖尿病の完治や細胞標的化技術」の研究に取り組んできた小島秀人氏他による糖尿病の治療法に関する2件の発明(2019年10月に国内特許出願。以下、「本件発明」)について、滋賀医科大学から権利を譲受けている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:10 | 新製品&新技術NOW
2022年11月18日

アステナHDの連結子会社スペラファーマが医薬品開発の創薬ベンチャー、ジェイファーマに出資

■がん細胞に特異的に発現するLAT1に着目した抗がん剤開発など追求

 アステナホールディングス(アステナHD)<8095>(東証プライム)は11月18日の夕方、連結子会社スペラファーマ株式会社(大阪府大阪市、岩城慶太郎代表取締役社長)が引受け手となって、医薬品開発などを行うジェイファーマ株式会社(神奈川県横浜市、吉武益広代表取締役社長)が実施する第三者割当による新株予約権の引受けを行ったと発表した。

 ジェイファーマは、主として細胞膜に存在するたんぱく質で細胞内外への物質輸送を担う「トランスポーター」を標的とした創薬を希求するベンチャー企業で、近年は特にLタイプ・アミノ酸トランスポーター(LAT1)を標的とした医薬品開発を進めている。

 トランスポーターはその分子実態が明らかになる前から薬物研究の対象として注目されていたが、個々の分子について構造や機能が解明されるにともない、創薬ターゲットとしての重要性が再認識されてきている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:48 | 新製品&新技術NOW
2022年11月08日

ケンコーマヨネーズ、子会社の九州ダイエットクックは『だし入り玉子焼きとスモーク合鴨』を新発売

■自社製玉子焼きを使った「おかずセット」シリーズが好調

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東証プライム)の100%子会社、九州ダイエットクック(DC)は11月8日、九州地区のスーパーマーケットの惣菜売り場において、玉子焼きとスモークした合鴨をセットにした『だし入り玉子焼きとスモーク合鴨』(386円・税込))を、11月8日(火)から発売すると発表。

ken1.jpg

 今回発売する『だし入り玉子焼きとスモーク合鴨』は、九州DCが展開する、玉子焼きとおかずをあわせた「おかずセット」シリーズの新商品。「おかずセット」シリーズは、これまで3品を発売し、お酒のおつまみの他、家族で小分けにして夕食の1品に、お弁当のおかずの足しになど、様々な食シーンで利用しやすいことから、好評の人気シリーズ。「おかずセット」シリーズに使用している玉子焼きは、自社で1本1本丁寧に焼き上げており、かつおだしを効かせた旨味と甘味とのバランスがよく、口当たりの柔らかさが特長。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:58 | 新製品&新技術NOW

ファンデリー、愛媛の「愛」あるブランド産品「絹かわなす」を使用したJAえひめ未来コラボ商品を『旬をすぐに』から発売

  ファンデリー<3137>(東証グロース)は、愛媛県西条市産「絹かわなす」を使用したJAえひめ未来とのコラボ商品を11月4日(金)から『旬をすぐに』で発売している。

fan1.jpg

 『旬をすぐに』は、おいしさと安全性にこだわる旬の食材だけでなく、伝統野菜やブランド食材を使用し、国産食材100%の冷凍食品を製造・販売している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:55 | 新製品&新技術NOW
2022年11月02日

ファンデリー、長野県川上村産「白菜」を使用したJA長野八ヶ岳コラボ商品を『旬をすぐに』から発売

■JA長野八ヶ岳とのコラボメニューを11/1(火)から発売

 ファンデリー<3137>(東証グロース)は11月1日、長野県川上村産「白菜」を使用したJA長野八ヶ岳とのコラボメニューを11/1(火)から『旬をすぐに』にて発売すると発表。

fan1.jpg

 『旬をすぐに』は、おいしさと安全性にこだわる収穫量の多い旬の食材を使用し、国産100%の冷凍食品を製造・販売している。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:08 | 新製品&新技術NOW
2022年11月01日

クリーク・アンド・リバー社の農業分野のグループ会社が2023年1月に6次化農業・実習施設を開設

(株)コネクトアラウンドが「Fun Eat Makers」ブランドで事業を開始

 プロフェッショナル・エージェンシー事業を展開するクリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東証プライム)の農業分野の子会社・株式会社コネクトアラウンドは、障がい者の潜在能力を可視化して働きやすく成長を感じられるワークフローと、企業自らが水耕栽培事業を展開できる施設とノウハウを提供し、生産された野菜の販売まで支援する「Fun Eat Makers」事業を、2023年1月から開始する。

k1.jpg

■障がい者就労支援のダンウェイと提携、企業に農業パッケージも提供

 現在、神奈川県川崎市中原区において、リーフ野菜の水耕栽培や2次加工品の製造、販売を行う6次化(6次産業化)農業ビジネス&実習施設「Fun Eat Makers」開設の準備を進めている。

 本事業では、障がい者の就労支援を行うダンウェイ株式会社(神奈川県川崎市)と業務提携し、同社のキャリアサポートカルテ『シームレス バディ』を使って潜在能力を可視化。完全無農薬で洗浄不要のリーフ野菜を安定的に生産するコネクトアラウンドの水耕栽培技術を組み合わせ、野菜の生産・加工・出荷・受発注管理の一連の業務に障がい者を適正に配置して生産性を高める、新しい農業ノウハウをダンウェイと共同で開発する。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:30 | 新製品&新技術NOW
2022年10月19日

ピックルスホールディングス、BMIが高めの方の体脂肪を減らす機能性表示食品「旨辛キムチ」を3連パックで発売

■独自の植物性乳酸菌Pne−12(ピーネ12)配合

 ピックルスホールディングス<2935>(東証プライム)の連結子会社であるピックルスコーポレーションは、機能性表示食品「旨辛キムチ」(257円・税抜238円)を2022年10月19日に発売すると発表。

kimu1.jpg

 独自の植物性乳酸菌Pne−12(Lactobacillus plantarumPIC−NBN22)とフラクトオリゴ糖を配合。乳酸菌Pne−12とフラクトオリゴ糖には、BMIが高めの方の体脂肪を減らす機能が報告されている。2種の唐辛子を使用した辛味の効いた本格的な味付けで、日頃からキムチを召し上がっている方にも満足できる味わいに仕上げた。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:59 | 新製品&新技術NOW
2022年10月17日

マーチャント・バンカーズの創薬ベンチャー子会社バイオジップコードの糖尿病完治治療薬開発が基礎研究をほぼ完了し製薬会社との提携に向けステップアップ

■滋賀医科大と産学連携、開発「パイプライン」7本も発表

 マーチャント・バンカーズ<3121>(東証スタンダード)は10月17日の夕方、同社の子会社で滋賀医科大学(国立大学法人)との産学連携により糖尿病治療薬開発を推進する創薬ベンチャー、株式会社バイオジップコードが、このほど、同大学の小島秀人特別教授をプロジェクトリーダーとして開発を進めている糖尿病完治治療薬の開発について、基礎研究を現段階でほぼ完了し、製薬会社との提携に向けてステップアップすると発表した。

■既存薬のリポジショニングで5年後の発売開始を目標に

 株式会社バイオジップコードは、マーチャント・バンカーズと国立大学法人滋賀医科大学との産学連携による糖尿病治療薬開発を推進する創薬ベンチャーとして、2022年1月31日付で設立された。そして、同大学との共同研究講座「再生医療開拓講座」において、小島秀人特別教授をプロジェクトリーダーとして、糖尿病を完治する治療薬を中心に、難治性疾患を完治する治療薬の研究開発を進めている。糖尿病完治治療薬開発については、2022年4月より、同大学との共同研究講座を開設し、進めていた基礎研究を、現段階で、ほぼ完了し、製薬会社との提携に向けてステップアップする。

 また、株式会社バイオジップコードで取り組んでいる新薬開発プロジェクトの一覧として、(1)糖尿病幹細胞検査薬、(2)糖尿病完治治療薬:既存薬のリポジショニング、(3)糖尿病合併症完治治療薬:既存薬のリポジショニング、(4)糖尿病完治治療薬、(5)細胞標的化技術の事業化、(6)細胞標的化がん治療薬、(7)愛玩動物用糖尿病治療薬、の「パイプライン」を策定した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:46 | 新製品&新技術NOW

ベステラがクレーンレール測定ロボットを開発し重量物運搬用の大型軌道式クレーンの新測定測定サービスを提供開始

■まずは全国の大型プラントで稼働する13万台の天井クレーンを対象に

 ベステラ<1433>(東証プライム)は10月14日開催の取締役会でクレーン測定ロボットの開発完了とこのロボットを用いたシステムによるクレーンレール測定サービスの提供開始について、決議した。事業開始日は2022年10月14日とした。

■検査の省力化・短期化、作業の安全性などを大幅に向上

 電力、製鉄、石油・石油化学工場などの大型プラントで稼働している全国約13万台の天井クレーンといわれる重量物運搬用の大型軌道式クレーンの検査について、従来の検査では分かりづらかった相対的な位置情報のデジタルデータの取得が可能となり、また、内蔵されている複数のカメラにより、レール継目の食い違い・レール継目の隙間・ボルト類の劣化・細かい亀裂等も正確に発見することができ、検査の省力化・短期化、検査作業の安全性などを大幅に向上させることになる。

 ベステラでは、「柔軟な発想と創造性、それを活かした技術力により地球環境に貢献します。」を理念に掲げ、つねに新しい技術を生み出し「安全を何よりも優先」し「より早く、より安く、より安全に」を合言葉に、さらに安心を加えてお客様に提供することを規範として、解体更新時期を迎える全てのプラント設備に対して安全かつ効率的な解体技術を提供し続けることで、企業価値の向上を目指している。

 今回、2026年1月期を最終年度とする中期経営計画2025の「ストラテジー4.DXの推進」に基づき、主にプラント・工場設備に設置され重量物や部品の運搬等に用いられる天井クレーンの定期的な検査にデジタルを使い効率的に検査を行う「クレーン測定ロボット」の開発が完了したことから、新たなサービスとしてクレーンレール測定サービスの提供開始について決議した。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:35 | 新製品&新技術NOW
2022年10月11日

ファンデリー、出荷量日本一の長野県川上村産「レタス」を使用したJA長野八ヶ岳コラボ商品を『旬をすぐに』から発売

 ファンデリー<3137>(東証グロース)の『旬をすぐに』は、おいしさと安全性にこだわり、生産者を特定した国産食材を100%使用した冷凍食品を製造・販売している。

fande1.jpg

 同社はJA長野八ヶ岳とコラボしたメニュー『八ヶ岳の太陽に一番近い野菜 出汁染みる和風ロールレタス』を10月11日(火)から発売する。同メニューは標高1,300メートル、年間平均気温約8℃の高冷地で育ったみずみずしく柔らかい「レタス」を使用している。レタスの葉を丁寧に1枚ずつはがして加熱した後、手巻きでロールレタスにして、生姜を効かせた鰹と昆布のWだしで煮含めた。だしの旨味と香りとともにレタスの甘味が楽しめる一品。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:30 | 新製品&新技術NOW
2022年10月06日

ファンデリーの『旬をすぐに』とJAあきた白神がコラボ、しったげうめぇ「白神ねぎ」使用メニューを発売

 ファンデリー<3137>(東証グロース)は、秋田県産「白神ねぎ」を使用したJAあきた白神とのコラボ商品を10月6日(木)から『旬をすぐに』にて発売する。

fande1.jpg

 『旬をすぐに』は、おいしさと安全性にこだわり、生産者を特定した国産食材を100%使用した冷凍食品を製造・販売している。

 JAあきた白神とコラボしたメニュー『白神産の長葱を丸々一本使用 花椒油が香る本格葱麻婆』を10月6日(木)から発売する。同メニューはシャキシャキとした歯ごたえで柔らかく、とろけるような味わいのしったげうめぇ(秋田弁で「すごく美味しい」)「白神ねぎ」を贅沢に丸々1本使用しており、美味しさを余すことなく堪能できる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:33 | 新製品&新技術NOW
2022年09月30日

ケンコーマヨネーズの子会社はカロリー30%オフのポテトサラダ等3品を発売、定番人気商品を美味しさはそのままに健康志向に対応

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東証プライム)の100%子会社「関東ダイエットクック」は、関東圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県等)のスーパーマーケットの惣菜売り場において、カロリーを従来品より30%以上カットした『カロリー30%オフ ポテトサラダ』『同 マカロニサラダ』『同 玉子マカロニサラダ』(参考店頭価格=198円・税別、内容量=123g)を、9月15日(木)から発売した。

ken1.jpg

 ポテトサラダ、マカロニサラダ、玉子マカロニサラダは、いずれも売り場では安定した支持を得ている定番商品。今回、定番人気の商品に加えて、カロリーオフという新たな付加価値を持たせた商品を発売することで、より多くの方に楽しんでもらいたいと考えた。昨今の健康志向の高まりに応え、日々食事のカロリーを管理している方や、家族の健康を考えて食事を作っている方にも手に取ってもらいやすい商品となっている。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:29 | 新製品&新技術NOW

アイフリークモバイル、CREPOS XRサポートプログラムがスタート

■XRアーティスト/クリエイターを目指す人のためのウェビナー開催、10月17日

 アイフリークモバイル<3845>(東証スタンダード)は、 グループ会社のアイフリークスマイルズが運営する、クリエイターの“作る”を応援するプラットフォーム、 「CREPOS(クリポス)」において、XRアーティスト/クリエイターを目指す人のための支援企画「CREPOS XRサポートプログラム」をスタートしたと発表した。

ai1.jpg

  また、アーティストのためのXRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」の運営などを手掛けるPsychic VR Lab(東京都新宿区)と連携し、XR領域のアーティスト/クリエイターを目指す人のためのウェビナーを10月17日(月)に開催するとした。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:38 | 新製品&新技術NOW
2022年09月09日

ベステラが住宅解体市場で客と工事社を直接つなぐWEBマッチングプラットフォームを運営する(株)クラッソーネと資本業務提携し株式を12.5%取得

■製鉄、⽯油化学などの⼤規模解体に加え住宅解体市場にも取り組む

 ベステラ<1433>(東証プライム)は9月9日の15時30分、解体DX技術に関する株式会社クラッソーネ(愛知県名古屋市)との資本業務提携を発表し、⽇本の産業構造において⽼朽化が進み解体更新時期を迎えるプラント解体市場並びに⺠間住宅解体市場に対して、安全かつ適切で効率的なサービスを協⼒して提供するとした。

 クラッソーネのC種優先株式666,666株(発⾏済株式総数に対する所有割合12.50%)を取得する。契約締結日は2022年9月9日。

 ベステラは、電⼒、製鉄、⽯油精製、⽯油化学などの⼤規模なプラント設備の解体⼯事を主たる事業とし、とりわけ、球形貯槽(ガスタンク)をりんごの⽪を剥いていくように切断していく「リンゴ⽪むき⼯法」などの複数の解体特許⼯法や、⻑年のプラント解体で蓄積された有害物質PCB含有の変圧器(トランス)などを無⽕気で解体するなど、独⾃のノウハウをもち、全国各地での多数の⼯事実績がある。

 一方、クラッソーネ社は、⺠間住宅解体市場に属し、「住宅解体市場のDX化による情報の非対称性解消」や「デジタル化が進んでいないという建設業界特有の課題を解消する」ためのデジタルプラットフォーム運営事業を展開している。

 空き家問題等の社会問題に対し、デジタルを利⽤して全国約1600社の専門⼯事会社と施主をマッチングする⼀括見積もりWEBマッチングプラットフォーム「クラッソーネ」(https://www.crassone.jp/)の提供を通じて、施主と⼯事会社を直接つなぐとともに、施主が安⼼して住宅解体を⾏うことができるようサポートし、空き家問題の解消と、ビジョンに掲げる「街の循環再⽣」への貢献を目指している。その事業内容が⾼く評価され、すでに全国34⾃治体(2022年9⽉9⽇現在)と空き家除去促進の連携協定を結んでいる。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:35 | 新製品&新技術NOW
2022年09月02日

イトーキの公式オンラインショップで在宅ワーク環境をアップデートする人気チェアのAR体験の提供を開始

■専用アプリのダウンロード不要でブラウザのみで利用可能

 イトーキ<7972>(東証プライム)は9月2日、在宅ワーク環境をアップデートする人気チェアを対象に、イトーキ公式オンラインショップでAR(拡張現実)が体験できるサービスを開始すると発表。専用アプリのダウンロード不要でブラウザのみで手軽に利用できる。

ito1.jpg

■イトーキ公式オンラインショップ:https://shop.itoki.jp/

 在宅ワークの普及に伴い、自宅でもオフィスチェアを使用される方は増加している。しかしながら、オフィスチェアをオンライン購入する場合、在宅ワーク空間にチェアを置いた時のサイズ感や、デスクや他の家具とのバランスをイメージすることは容易ではない。そこでイトーキでは、株式会社x garden(クロスガーデン)のAR導入支援サービス「RITTAI」と、自社の持つインテリアCG制作技術を掛け合わせ、在宅ワーク空間にチェアを試し置きできるサービスを開始する。まずは在宅ワーク用家具として人気の高いチェアを中心とした提供となるが、今後さらに対象製品を拡大していく。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:45 | 新製品&新技術NOW
2022年08月30日

ピックルスコーポレーションの子会社は人気焼肉店牛角監修!「牛角ドレッシング」3品食シーンを想起しやすいパッケージでリニューアル発売

 ピックルスホールディングス<2935>(東証プライム)グループでピックルスコーポレーションの連結子会社であるフードレーベルは8月30日、「牛角ドレッシング」3品“チョレギ”“にんにく塩”“濃厚ごま”を2022年9月5日に全国でリニューアル発売すると発表。

pic11111.jpg

■牛角チョレギドレッシング(分離液状ドレッシング)

 ごま油とにんにくが絶妙なバランスのドレッシング。焼肉定番のチョレギサラダの焼肉店の味を自宅で味わえる。食シーンをより想起しやすいパッケージ写真に変更している。

■牛角にんにく塩ドレッシング(分離液状ドレッシング)

 にんにくと黒コショウがやみつきになる、うま味たっぷりの万能ドレッシング。食シーンをより想起しやすいパッケージ写真に変更している。また、味が伝わりやすいように「牛角しおドレッシング」から「牛角にんにく塩ドレッシング」に商品名を変更した。

■牛角濃厚ごまドレッシング(乳化液状ドレッシング)

 濃厚なごまの風味と隠し味のにんにくがおいしさの決め手。食シーンをより想起しやすいパッケージ写真に変更している。また、味が伝わりやすいように「牛角ごまドレッシング」から「牛角濃厚ごまドレッシング」に商品名を変更した。
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:32 | 新製品&新技術NOW

ケンコーマヨネーズの子会社は秋の食材が楽しめる『秋の3点盛り』を九州圏で発売

■旬の素材を使った季節感のあるパック惣菜

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東証プライム)の100%子会社である九州ダイエットクックは8月30日、九州圏のスーパーマーケットの惣菜売り場において、秋の食材を先取りして楽しめる『秋の3点盛り』(参考店頭価格:198円・税別、内容量:108g)を8月24日(水)に発売したと発表。

ken1.jpg

 年間で最も暑い8月が過ぎ、9月になると徐々に気温が下がり始め、秋の訪れを感じる季節になる。そこで九州DCでは、秋が旬の食材を使用した彩りの良い盛り合わせを開発し、旬の味わいや、季節感のある商品を求める顧客の要望に応えた。
>>>記事の全文を読む
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:24 | 新製品&新技術NOW

ピックルスコーポレーションの子会社は人気焼肉店牛角監修!「牛角キムチ」の食べきりサイズを賞味期限を延ばしフードロスにも配慮してリニューアル発売

 ピックルスホールディングス<2935>(東証プライム)グループでピックルスコーポレーションの連結子会社であるフードレーベルは8月30日、「牛角キムチ4個パック」を2022年9月1日に全国でリニューアル発売すると発表。

pic11.jpg

 甘辛味で人気の牛角キムチの50g×3個パックを40g×4個パックにリニューアル。より使い勝手の良い食べきりサイズになった。キムチをちょっと食べたい時、一人暮らしで普通のサイズでは使い切れない時といったシーンに便利。リニューアル前と比べて賞味期限が延びたことで、フードロスにも配慮した商品。

【関連記事】
ピックルスコーポレーションは株式移転で設立する持株会社が9月1日付で上場予定
提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:03 | 新製品&新技術NOW
2022年08月26日

クレスコがサイバー攻撃の兆候を検知分析し対策支援を提供するサービスを開始

■『マネージドセキュリティサービス for SIEM』、専門家の支援でセキュリティ向上

 クレスコ<4674>(東証プライム)は8月26日の午後、サイバー攻撃の兆候を検知・分析し、その情報をもとに専門家による対策支援を提供するサービス『マネージドセキュリティサービス for SIEM(以下、本サービス)』の販売開始を発表した。

 このサービスには、以下の特色・メリットがある。

【リアルタイムに情報を収集・分析】
 クラウド型情報管理サービス「SIEM(Security Information and Event Management)」を利用し、セキュリティ製品やモニタリングから得た情報を一元管理。集約された情報を24時間365日リアルタイムに分析し、サイバー攻撃の兆候をいち早く検知する。

【専門家による情報分析と対策支援】
 サイバー攻撃の兆候を検知した場合、当社セキュリティ分野の専門家が検知内容を速やかに分析し、対策のアドバイスと支援を行う。

【SIEMの運用代行】
 当社エンジニアがSIEMの運用を代行して実施するため、セキュリティ人材不足でお悩みのお客様も安心して導入できる。運用代行の結果は月次レポートで報告する。

 サイバー攻撃は日々高度化・巧妙化している。企業はサイバー攻撃による被害を防止するため、複数のセキュリティ製品を利用したり、情報の送受信の流れの中で複数回モニタリングを行うなど、様々な工夫を実施している。しかし、セキュリティ製品やモニタリングで得た情報を日々管理・分析するための時間とセキュリティ人材の確保が課題となっている状況が見受けられる。この課題を解決するのが本サービスになる。(HC)

提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:30 | 新製品&新技術NOW