2023年03月17日

クリーク・アンド・リバー社、日本初!クリエイター専用の仕事・交流特化型メタバース「C&R Creative Studios Metaverse」β1版を一般公開

■日本最大級のC&R社スタジオで独自開発  プロフェッショナル・エージェンシー事業を展開するクリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東証プライム)は3月16日、ゲームや映像、Web、出版、建築などのクリエイターに専用特化し、イベント開催や交流、作品の展示やプロジェクト(仕事)のやり取りを行う日本初のメタバース*@「C&R Creative Studios Metaverse(シーアンドアール クリエイティブスタジオ メタバース)」β1版を一般公開したと発表。..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:09

2023年03月17日

クリーク・アンド・リバー社は上値試す、24年2月期も収益拡大基調

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)は、クリエイティブ分野を中心にプロフェッショナル・エージェンシー事業、プロデュース事業、ライツマネジメント事業を展開し、プロフェッショナル50分野構想を掲げて事業領域拡大戦略を加速している。3月8日には「健康経営優良法人2023」に認定されたと発表している。23年2月期は2桁増益予想としている。日本クリエイティブ分野や医療分野の好調が牽引し、成長に向けた戦略投資に伴う費用増加を吸収する見込みだ。さらに24年2月期も積極的..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:14

2023年02月28日

クリーク・アンド・リバー社は上値試す、23年2月期2桁増益予想、さらに24年2月期も収益拡大基調

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)は、クリエイティブ分野を中心にプロフェッショナル・エージェンシー事業、プロデュース事業、ライツマネジメント事業を展開し、プロフェッショナル50分野構想を掲げて事業領域拡大戦略を加速している。23年2月期は2桁増益予想としている。日本クリエイティブ分野や医療分野の好調が牽引し、成長に向けた戦略投資に伴う費用増加を吸収する見込みだ。さらに24年2月期も積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。株価は1月の直近安値圏から切り返して..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:29

2023年02月13日

クリーク・アンド・リバー社がVRコンテンツ開発協力・システムや保守運用を一括で担当、JA共済連の農業事故防止活動にVRで協力

■「農作業事故体験VR」田植機 巻き込まれ・転落編 完成
cr1.jpg
 プロフェッショナル・エージェンシー事業を展開するクリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東証プライム)は、全国共済農業協同組合連合会(JA共済連)の農作業事故防止に向けた「農作業事故体験VR」の開発パートナーとして、VR(仮想現実)コンテンツ制作に参加しており、視聴システムの開発とハードやソフトの保守運用を、2021年4月から一括で担当している。新たに「農作業事故体験VR」の第8弾コンテンツ「田..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:45

2023年01月27日

クリーク・アンド・リバー社グループのコネクトアラウンドは福島県大熊町と企業立地に関する基本協定を締結

■2024年7月、6次化農業施設「Fun Eat Makers in Okuma」開設  プロフェッショナル・エージェンシー事業を展開するクリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東証プライム)の農業分野の子会社「株式会社コネクトアラウンド」は、1月23日(月)、福島県大熊町と「企業立地に関する基本協定」を締結し、大熊中央産業拠点に、AIを活用したミニトマトなどの野菜の栽培や2次加工品の製造・販売を行う6次化農業*施設「Fun Eat Makers in Ok..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:14

2023年01月23日

クリーク・アンド・リバー社は反発の動き、23年2月期3Q累計2桁増益で過去最高、通期も2桁増益予想

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)は、クリエイティブ分野を中心にプロフェッショナル・エージェンシー事業、プロデュース事業、ライツマネジメント事業を展開し、プロフェッショナル50分野構想を掲げて事業領域拡大戦略を加速している。23年2月期第3四半期累計は日本クリエイティブ分野や医療分野の好調が牽引し、成長に向けた戦略投資を吸収して2桁増益だった。第3四半期累計として過去最高だった。そして通期の2桁増益予想を据え置いている。積極的な事業展開で収益拡大基調だろ..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:29

2023年01月12日

【株式市場】日経平均は9円高、朝方101円高の後ダレるが半導体株や銀行、資源株など高い

◆日経平均は2万6455円06銭(9円06銭高)、TOPIXは1907.73ポイント(6.48ポイント高)、出来高概算(東証プライム)は6億4627万株  1月12日(木)前場の東京株式市場は、米NASDAQ指数と半導体株指数の4日続伸などを受け、東京エレク<8035>(東証プライム)などの半導体関連株や電子部品株などが上げ、日銀が次回の金融政策会合で異次元緩和の副作用を点検する方針との報道を受け、みずほFG<8411>(東証プライム)などのメガバンクが続々高値を更新、..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:11

2023年01月12日

クリーク・アンド・リバー社は23年2月期3Q累計2桁増益で過去最高、自己株式取得も発表

(決算速報)  クリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)は1月11日の取引時間終了後に23年2月期第3四半期累計連結業績を発表した。日本クリエイティブ分野や医療分野の好調が牽引し、成長に向けた戦略投資を吸収して2桁増益だった。第3四半期累計として過去最高だった。そして通期の2桁増益予想を据え置いた。積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。なお自己株式取得(上限26万5000株・5億円、取得期間23年1月12日〜23年2月28日)、およびテレビ番組企画・制作のシオ..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:48

2023年01月11日

クリーク・アンド・リバー社、テレビ番組の企画・制作など行うシオングループを子会社化

■「とりわけバラエティ番組で知られ」両社の強味など融合し新たな価値を創造  クリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)は1月11日の15時、テレビ番組の企画・制作などを行う株式会社シオングループ(東京都千代田区)の株式取得による子会社化を発表し、同時に自己株式の取得(自社株買い)、第3四半期決算も発表した。  (株)シオングループは、テレビ番組の企画・制作を行う株式会社シオン、および人材サービスを行う株式会社シオンステージで構成されており、「とりわけバ..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:04

2023年01月11日

クリーク・アンド・リバー社が自社株買いを実施へ、1月12日から2月28日まで

■第3四半期連結決算は最高を更新、営業利益は10.3%増加  クリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)は1月11日の15時、第3四半期決算とともに、自己株式の取得(自社株買い)を発表した。同時に、テレビ番組の企画・制作などを行う株式会社シオングループ(東京都千代田区)の子会社化も発表した。  自己株式の取得(自社株買い)は、取得期間を2023年1月12日から同年2月28日までの予定とし、東京証券取引所における市場買付にて実施する。取得する株式の総数は..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:38

2023年01月05日

クリーク・アンド・リバー社は調整一巡、23年2月期2桁増益予想

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)は、クリエイティブ分野を中心にプロフェッショナル・エージェンシー事業、プロデュース事業、ライツマネジメント事業を展開し、プロフェッショナル50分野構想を掲げて事業領域拡大戦略を加速している。23年2月期は日本クリエイティブ分野を中心に各セグメントが好調に推移し、成長投資による費用増加を吸収して2桁増益予想としている。積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。株価は22年9月の上場来高値圏から反落し、その後は地合い悪化も影響し..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:15

2022年12月20日

クリーク・アンド・リバー社は下値固め完了、23年2月期2桁増益予想

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)は、クリエイティブ分野を中心にプロフェッショナル・エージェンシー事業、プロデュース事業、ライツマネジメント事業を展開し、プロフェッショナル50分野構想を掲げて事業領域拡大戦略を加速している。23年2月期は日本クリエイティブ分野や医療分野の好調が牽引して2桁増益予想としている。積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。株価は上場来高値圏から急反落の形となったが、売り一巡して下値固め完了感を強めている。好業績を再評価して戻りを試..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:53

2022年11月30日

クリーク・アンド・リバー社は戻り試す、23年2月期2桁増益予想

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)は、クリエイティブ分野を中心にプロフェッショナル・エージェンシー事業、プロデュース事業、ライツマネジメント事業を展開し、プロフェッショナル50分野構想を掲げて事業領域拡大戦略を加速している。22年11月にはメタバース空間での住宅展示場プラットフォーム「超建築メタバース」の本格提供を開始した。23年2月期は2桁増益予想としている。第2四半期累計は日本クリエイティブ分野や医療分野の好調が牽引して過去最高と順調だった。通期ベー..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:32

2022年11月29日

クリーク・アンド・リバー社が「すぐに使えるメタバース活用セミナー」を全4回開催

■展示場・ショールームに『超建築メタバース』を!  クリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東証プライム)は、12月1日(木)から計4回にわたり、一級建築士が実際の建築データを基に設計開発したメタバース・プラットフォーム「超建築メタバース」の活用方法について解説する、オンラインセミナーを開催する。 ■商品展示ショールームとして活用できる「ミュージアムモデル」など紹介  メタバースは、インターネット上で多人数が参加する3次元仮想世界のこと。「メタ」..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:40

2022年11月07日

クリーク・アンド・リバー社の「超建築メタバース」が本格始動!一級建築士と設計「すぐにつかえるメタバース」の住宅展示場

■「XR EXPO」のノウハウ基に開発、すでに今秋の展示会などで活用  クリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東証プライム)は11月7日、一級建築士が実際の建築データを基に設計開発したメタバース空間での住宅展示場プラットフォーム「超建築メタバース」を、11月から本格的に提供を開始したと発表。すでに今秋のメタバース関連展示会において、イベント用として企業で活用され始め、現在ハウスメーカーやディベロッパー、工務店などでの導入提案が複数進展している。
k1.jpg
..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:39

2022年11月01日

クリーク・アンド・リバー社の農業分野のグループ会社が2023年1月に6次化農業・実習施設を開設

(株)コネクトアラウンドが「Fun Eat Makers」ブランドで事業を開始  プロフェッショナル・エージェンシー事業を展開するクリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東証プライム)の農業分野の子会社・株式会社コネクトアラウンドは、障がい者の潜在能力を可視化して働きやすく成長を感じられるワークフローと、企業自らが水耕栽培事業を展開できる施設とノウハウを提供し、生産された野菜の販売まで支援する「Fun Eat Makers」事業を、2023年1月から開始する..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:30

2022年10月28日

クリーク・アンド・リバー社は自己株式の取得(自社株買い)など好感され再び出直る

■広義の株主還元、株価は長期上昇基調の中で「波の谷間」の見方  クリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)は10月28日、再び出直り基調となり、2053円(71円高)まで上げた後も2050円台で堅調に推移している。27の午後、自己株式の取得(自社株買い)を発表し、2021年1〜5月に実施して以来とあって、好感買いが優勢となっている。  27日に発表した自社株買いは、取得株式総数25万株(自己株式を除く発行済株式総数の1.1%)、取得総額5億円を各上限と..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:06

2022年10月27日

クリーク・アンド・リバー社が28日から自己株式の取得(自社株買い)を開始

■取得株式総数25万株など上限に来年2月28日まで実施、昨年1〜5月以来  クリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)は10月27日の15時、自己株式の取得(自社株買い)を発表した。経営環境の変化に対応した機動的な資本政策を遂行するため、取得株式総数25万株(自己株式を除く発行済株式総数の1.1%)、取得総額5億円を各上限として、2022年10月28日から23年2月28日までの予定で実施するとした。  前回は2021年1月12日から同年5月31日まで実..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:52

2022年10月25日

クリーク・アンド・リバー社グループのAI・クラウドサービス会社Idrasysが10月26日開催の『2022 Japan IT Week<秋>』に出展

■デモデータによるAI予測デモンストレーションを用意  クリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)のAI・クラウドサービス事業を行うグループ会社・株式会社Idrasys(以下Idrasys)は、10月26日(水)〜28日(金)に幕張メッセで行われる【Japan IT Week秋「第6回AI・業務自動化展<秋>」】に出展する。  AI・業務自動化展は、AI(人工知能)や、RPA・チャットボットなど業務自動化ソリューションが一堂に出展する専門展になる。Id..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:35

2022年10月21日

クリーク・アンド・リバー社は売り一巡、23年2月期2Q累計は2桁増益、通期も2桁増益予想

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)は、クリエイティブ分野を中心にプロフェッショナル・エージェンシー事業、プロデュース事業、ライツマネジメント事業を展開し、プロフェッショナル50分野構想を掲げて事業領域拡大戦略を加速している。23年2月期第2四半期累計は日本クリエイティブ分野や医療分野の好調が牽引して2桁増益となり、第2四半期累計として過去最高だった。そして通期も2桁増益予想としている。積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。株価は第2四半期累計決算発表を機..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:22

2022年10月20日

クリーク・アンド・リバー社、コミック配信サイト「kakaopage」で人気のCRE作品SMARTOON『ビギナーなのに強すぎる!』を日本・中国で配信

■10/20(木)「ピッコマ」で国内連載開始
cr1.jpg
 プロフェッショナル・エージェンシー事業を展開するクリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東証プライム)の韓国のグループ会社CREEK & RIVER ENTERTAINMENT Co.,Ltd.(CRE)は、CREのSMARTOON作品『ビギナーなのに強すぎる!』(原作:一等宝くじ)を、10月3日(月)から中国「PODO漫画(PODO Manhwa)」で、日本国内では10月20日(木)から電子漫画・ノベル配..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:13

2022年10月19日

クリーク・アンド・リバー社の農業分野の子会社が経産省の補助金事業に採択される、株価は2日続伸

■コネクトアラウンド社、『自立・帰還支援雇用創出企業立地補助金』に  クリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東証プライム)は10月18日、農業分野の子会社「株式会社コネクトアラウンド」(東京都港区)の取組みが10月7日付で経済産業省の「自立・帰還支援雇用創出企業立地補助金(製造・サービス業等立地支援事業)」七次公募の事業者として採択されたと発表した。19日の株価は取引開始から堅調で2日続伸基調となっている。 ■AIやIoT、最新水耕栽培技術を活かし6..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:07

2022年10月07日

クリーク・アンド・リバー社の23年2月期2Q累計は2桁増益で過去最高と順調

(決算速報)  クリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)は、10月6日の取引時間終了後に23年2月期第2四半期累計連結業績を発表した。日本クリエイティブ分野や医療分野の好調が牽引して2桁増益となり、第2四半期累計として過去最高業績と順調だった。そして通期2桁増益予想を据え置いている。積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。なおコーポレートベンチャーキャピタルとして、子会社C&Rインキュベーション・ラボを設立した。株価は地合い悪化の影響で9月の上場来高値圏から一旦..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:46

2022年09月30日

C&R社、Web3事業・NFT事業のパートナーとしてDigital Entertainment Asset Pte.Ltd.(シンガポール)に追加出資

■「クリエイターの生涯価値向上」を図る事業開発で連携強化  クリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東証プライム)は、ブロックチェーン(注1)やNFT(注2)を活用したC&R社のWeb3(注3)事業パートナーとしての連携強化を図るため、GameFi(注4)プラットフォーム事業をグローバルで展開するDigital Entertainment Asset Pte.Ltd.(シンガポール、以下DEA)への追加出資を決定した。C&R社が9月29日に発表した。 ..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:35

2022年09月26日

クリーク・アンド・リバー社は上値試す、23年2月期は上振れの可能性

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)は、クリエイティブ分野を中心にプロフェッショナル・エージェンシー事業、プロデュース事業、ライツマネジメント事業を展開し、プロフェッショナル50分野構想を掲げて事業領域拡大戦略を加速している。23年2月期は2桁増益予想としている。第1四半期が順調だったことを勘案すれば通期予想は上振れの可能性が高く、積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。株価は好業績を評価して上場来高値圏だ。利益確定売りをこなしながら上値を試す展開を期待した..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:15

2022年09月15日

【株式市場】日経平均は127円高、NY株の反発など好感、一時小安くなるが回復

◆日経平均は2万7946円20銭(127円58銭高)、TOPIXは1954.38ポイント(6.92ポイント高)、出来高概算(東証プライム)は4億6074万株  9月15日(木)前場の東京株式市場は、NY株式の反発などを受けてソニーG<6758>(東証プライム)任天堂<7974>(東証プライム)が時間と共に上げ幅を広げ、観光進行策や東京都のコロナ警戒レベル引き下げなどを受けてJR東海<9022>(東証プライム)日本航空<9201>(東証プライム)などが年初来の高値を更..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:11

2022年09月15日

先駆的NFT事業のDEAと日本最大開発スタジオのクリーク・アンド・リバー社は2023年春リリースのNFTゲーム『HERO SPIRAL』を共同開発

■次世代拠点シミュレーション×NFT軍団バトルゲーム  プロフェッショナル・エージェンシー事業を展開するクリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東証プライム)と、GameFi(NFTゲーム。遊べば遊ぶほど稼げるゲームでPlay To Earnのこと)プラットフォーム事業をグローバルで展開するDigital Entertainment Asset Pte.Ltd.(DEA)は9月13日、DEAのGameFiプラットフォーム「PlayMining」での2023年..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:55

2022年09月09日

【株式市場】日経平均は154円高、NY株2日続伸など好感される

◆日経平均は2万8219円70銭(154円42銭高)、TOPIXは1964.69イント(7.07ポイント高)、出来高概算(東証プライム)はSQ算出に伴う売買が加わり7億3992万株  9月9日(金)前場の東京株式市場は、米FRB議長発言にもかかわらずNYダウなどが2日続伸となり、自動車株や値がさ半導体株などが総じて堅調に推移し、海運株や鉄鋼株もしっかり。並行して、三越伊勢丹HD<3099>(東証プライム)などの百貨店株が軒並み続伸し高値更新銘柄が続出し、「街角景気」改善..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:13

2022年09月09日

クリーク・アンド・リバー社が上場来の高値を更新、「AR市場、26年に5兆円」などと伝えられ改めて期待強まる

■AR、VR、メタバースに積極的、業績も好調で好材料に素早く反応  クリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)は9月9日、一段高となり、午前10時にかけては7%高の2622円(182円高)まで上げ、株式分割を調整後の上場来高値を1ヵ月半ぶりに更新した。AR(拡張現実)、VR(仮想現実)分野への取り組みが積極的で、9月9日付の日本経済新聞が、「スマホ1台でVチューバー、ソニー、AR作成容易に――AR市場、26年に5兆円」などと伝えたことが契機になり、改めて期待..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:38

2022年08月31日

クリーク・アンド・リバー社所属のVR/NFTアーティスト・せきぐちあいみさんがVR空間で対談するコンテンツ『せきぐちあいみのVR JOURNEY』が8月30日スタート

■VRアート作品が1300万円で落札された世界的アーティスト  クリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東証プライム)に所属するVR/NFTアーティスト・せきぐちあいみさんと教育やアート、ゲームなどVRと親和性のある領域に知見を持つゲストが、VR空間で対談するコンテンツ『せきぐちあいみのVR JOURNEY』が、8月30日(火)スタートした。
k1.jpg
 せきぐちあいみさんは、そのVRアート作品が2021年のNFTオークションで約1300万円の値をつけ、世界..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:14

2022年08月29日

クリーク・アンド・リバー社は上値試す、23年2月期2桁増益予想、さらに上振れの可能性

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)は、クリエイティブ分野を中心にプロフェッショナル・エージェンシー事業、プロデュース事業、ライツマネジメント事業を展開し、プロフェッショナル50分野構想を掲げて事業領域拡大戦略を加速している。23年2月期は2桁増益予想としている。第1四半期は大幅増益と順調だった。通期予想は上振れの可能性が高く、積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。株価は好業績を評価して上場来高値圏で堅調だ。利益確定売りをこなしながら上値を試す展開を期待し..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:19

2022年08月11日

クリーク・アンド・リバー社、メタバース空間で未経験者のためのゲームクリエイター育成プログラムを初開催!、8/27(土)「C&R Creative Academy」オープンキャンパス

■就職率90%以上、過去3年で300名以上のプロクリエイターを輩出  クリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)が運営する未経験者のためのゲームクリエイター育成プログラム「C&R Creative Academy」は8月27日(土)、同プログラムに興味を持っている方や、未経験からゲーム業界でクリエイターとして活躍していきたい方などを対象に、メタバース空間「oVice(オヴィス)」において、オープンキャンパスを開催する。 ■メタバース空間「oVice」で..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:08

2022年07月28日

クリーク・アンド・リバー社、日本アニメ・イラストのNFTプラットフォーム「ANIFTY」1周年記念 日本のトップNFTクリエイター「おにぎりまん」とのコラボ実現

■8/3(水)9:00オークションスタート、通常作品も出品
k1.jpg
 プロフェッショナル・エージェンシー事業を展開するクリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東証プライム)のグループ会社でNFT事業を展開する株式会社ANIFTY(アニフティ)は、同社のアニメ・イラスト専門NFTプラットフォーム「ANIFTY」において、日本のトップNFTクリエイターでありプロイラストレーターの「おにぎりまん」とコラボし、日本時間の8月3日(水)9:00から同氏人気キャラクター「ニ..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:53

2022年07月26日

【株式市場】日経平均は44円安となり2日続落、「感染」拡大による経済活動への懸念など漂う

◆日経平均は2万7655円21銭(44円04銭安)、TOPIXは1943.17イント(0.04ポイント安)、出来高概算(東証プライム)は8億6989万株  7月26日(火)後場の東京株式市場は、新型コロナ感染拡大に加え「サル痘」なる奇病の発症者が伝えられ、経済活動への影響などを漠然と気にする様子がうかがえ、個別物色の様相を強めた。値がさ半導体株が全体に安い中でレーザーテック<6920>(東証プライム)は堅調。在宅再燃予想などでクリナップ<7955>(東証プライム)が一段..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:53

2022年07月25日

クリーク・アンド・リバー社は上場来高値更新、23年2月期1Q大幅増益と順調で通期上振れの可能性

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)は、クリエイティブ分野を中心にプロフェッショナル・エージェンシー事業、プロデュース事業、ライツマネジメント事業を展開し、プロフェッショナル50分野構想を掲げて事業領域拡大戦略を加速している。23年2月期2桁増益予想としている。第1四半期は日本クリエイティブ分野や医療分野の好調が牽引して大幅増益だった。通期予想に上振れの可能性があり、積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。株価は好業績を評価して上場来高値を更新している。利益..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:43

2022年07月21日

クリーク・アンド・リバー社が2年連続で「甲冑競馬」「神旗争奪戦」などの『相馬野馬追』をライブ配信へ、昨年は2万6000名が視聴!

■企画・運営・プロデュースなど、スマホやZoomを活かし中継  クリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)は7月20日午後、甲冑を着けた数百騎の騎馬武者が力強く勇壮に野原を疾走する伝統行事「相馬野馬追」(そうま のまおい、7月22〜25日、福島県南相馬市周辺で開催)の「YouTubeLIVE」及び「Facebook」ライブ配信の企画・運営・プロデュースを2年連続で担当すると発表した。昨年は2万6000名が視聴したという。
ku1.jpg
■配信は7/23(土)〜2..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:04

2022年07月14日

クリーク・アンド・リバー社が無料のオンライン体験講座「VTuberやメタバース等のアバターをつくってみよう Live2Dを使った動くキャラクター作成」を8月開催(定員50名)

■アバターやVTuberなどを作成するソフト「Live2D」を体験  クリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)では、8月3日(水)・10日(水)の2回にわたり、イラストレーター・キャラクターデザイナー・3DCGデザイナー・動画クリエイターなどの方々を対象にした無料のオンライン体験講座「VTuberやメタバース等のアバターをつくってみよう Live2Dを使った動くキャラクター作成」を開催する。  SNSや動画プラットフォーム、メタバースなど、IT技術を..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:24

2022年07月12日

【注目銘柄】クリーク・アンド・リバー社は年初来高値に肉薄、1Q最高業績を見直し通期業績の上ぶれ期待を高める

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)は、前日11日に169円高の2279円と急反発して引け、取引時間中には2287円まで買い進まれる場面があり、4月20日につけた年初来高値2340円に肉薄した。今年7月7日に発表した同社の今2023年2月期第1四半期(2022年3月〜5月期、1Q)決算が、2ケタ増益と続伸して四半期業績として過去最高を更新したことを見直し、今2023年2月期業績の上ぶれを先取りする買い物が増勢となった。また新型コロナウイルス感染症の新規感染..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:31

2022年07月11日

【株式市場】日経平均は295円高で3日続伸、後場は2万7000円を目前に横ばいで推移

◆日経平均は2万6812円30銭(295円11銭高)、TOPIXは1914.66ポイント(27.23ポイント高)、出来高概算(東証プライム)は11億5248万株  7月11日(月)後場の東京株式市場は、JR東日本<9020>(東証プライム)などの鉄道株が一段ジリ高となり、百貨店株や空運株一段強含んだ。前引けにかけて値を消した東京エレクトロン<8035>(東証プライム)なども持ち直し気味に推移。一方、24年ぶりの1ドル137円台の割に、自動車、機械株などは前場の高値を抜け..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:51

2022年07月11日

クリーク・アンド・リバー社は時間とともに上げ幅を広げる、第1四半期最高益でメタバース、NFT関連事業への取組も進む

■証券会社による目標株価の引き上げも伝えられ注目強まる  クリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)は7月11日、時間とともに上げ幅を広げる相場となり、7%高の2265円(155円高)まで上げた後も値がり率6%台で推移し、株式分割を調整後の2000年以降の高値2340円(2022年4月20日)に向けて出直りを強めている。7日に発表した第1四半期連結決算(2022年3〜5月)が売上高、各利益とも四半期として過去最高を達成し、11日は、水戸証券が同社株の投資判断..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:20

2022年07月08日

クリーク・アンド・リバー社は23年2月期1Q大幅増益と順調

(決算速報)  クリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)は7月7日の取引時間終了後に23年2月期第1四半期連結業績を発表した。日本クリエイティブ分野や医療分野の好調が牽引して大幅増益となり、第1四半期として過去最高業績だった。そして通期予想の2桁増益予想を据え置いた。第1四半期が順調であり、通期予想に上振れ余地がありそうだ。積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。株価は戻り高値圏だ。好業績を評価して上値を試す展開を期待したい。 ■23年2月期1Q大幅増益と..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:15

2022年07月07日

クリーク・アンド・リバー社がクリエイティブ分野の子会社「Nextrek」を設立

■漫画に音楽や音声を融合した動画「モーションコミック」開発など推進  クリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東証プライム)は7月7日の15時、同日開催の取締役会において、クリエイティブ分野の子会社「株式会社Nextrek」(読み:ネクストレック)を設立することを決議し、2022年7月28日(予定)に設立すると発表した。新会社は、漫画に音楽や音声を融合した動画「モーションコミック」の開発とYouTubeや自社プラットフォーム等での収益化事業を展開する。 ..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 18:17

2022年07月05日

クリーク・アンド・リバー社は上値試す、23年2月期2桁増益予想、さらに上振れの可能性

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)は、クリエイティブ分野を中心にプロフェッショナル・エージェンシー事業、プロデュース事業、ライツマネジメント事業を展開し、プロフェッショナル50分野構想を掲げて事業領域拡大戦略を加速している。23年2月期2桁増益予想としている。さらに上振れの可能性があり、積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。株価は4月の上場来高値圏から一旦反落したが、利益確定売りが一巡し、6月の直近安値圏から切り返して戻り歩調だ。上値を試す展開を期待した..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:12

2022年06月30日

クリーク・アンド・リバー社が未来の外食産業を生み出す新会社を設立

■(株)Chef’s value(シェフズ バリュー)、メタバース・XRなども活用  クリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東証プライム)は6月30日、同日開催の取締役会において、子会社「株式会社Chef’s value」(読み:シェフズ バリュー)を設立することを決議した。同日16時に発表した。 ■スタートアップ店舗の運営を皮切りに料理人の生涯価値向上など支援  コロナ禍で疲弊した外食産業において、シェフをはじめとした料理人は、先行きへの不安..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:47

2022年06月29日

クリーク・アンド・リバー社が無料セミナー:『メタバースでも動くアバターやVTuverをつくってみよう!』

■7/19(火)「Live2Dを使った動くキャラクター作成 入門」  クリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)は7月19日(火)、イラストレーター・キャラクターデザイナー・3DCGデザイナー・動画クリエイターなどの方々を対象に、無料のオンラインセミナー「VTuberやメタバース等のアバターをつくってみよう Live2Dを使った動くキャラクター作成 入門」を開催する。  SNSや動画プラットフォーム、メタバースなど、IT技術を活用した様々なサービスが登..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:17

2022年06月23日

クリーク・アンド・リバー社は調整一巡、23年2月期2桁増益予想、さらに上振れの可能性

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)は、クリエイティブ分野を中心にプロフェッショナル・エージェンシー事業、プロデュース事業、ライツマネジメント事業を展開し、プロフェッショナル50分野構想を掲げて事業領域拡大戦略を加速している。23年2月期2桁増益予想としている。さらに上振れの可能性がありそうだ。積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。株価は4月の上場来高値圏から反落し、その後は利益確定売りや地合い悪化で上値を切り下げる形となったが、調整一巡して戻りを試す展開..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:08

2022年06月21日

C&R社が教育・医療・建築などの業態に適した、課題解決に貢献するXRソリューションを「第2回XR総合展 夏」に出展

■最短2時間で教材作りからVR研修まで実現する「ファストVR」最新版など出展  プロフェッショナル・エージェンシー事業を展開するクリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東証プライム)は、6月29日(水)から7月1日(金)に東京ビッグサイトで開催される「XR総合展 夏」に出展する。  「XR」は、VR(Virtual Reality:仮想現実)、AR(Augmented Reality:拡張現実)、MR(Mixed Reality:複合現実)などの最先端..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:55

2022年06月01日

クリーク・アンド・リバー社、アニメNFTプラットフォーム運営「ANIFTY」をグループ化・日本アニメやクリエイティブをNFT化、世界市場を照準

■カナダ・エンジニアチームによる先進ブロックチェーン技術を活用  プロフェッショナル・エージェンシー事業を展開するクリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東証プライム)は5月31日(火)、最先端のブロックチェーン技術を使ったプラットフォームの企画、開発、運営を行うANIFTY(読み:アニフティ)をグループ化したと発表。
ku1.jpg
▼クリエイターファースト。日本アニメ・コミック特化のプラットフォーム「ANIFTY」 https://anifty.jp/ja ..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:09

2022年06月01日

ミロク情報サービスの子会社mmapとクリーク・アンド・リバー社の子会社ジャスネットコミュニケーションズが業務提携、『税理士後継者紹介サービス』の提供を開始

■会計事務所向けに、事業承継と人材紹介サービスを組み合わせて提供  財務・会計システムおよび経営情報サービスを開発・販売するミロク情報サービス(MJS)<9928>(東証プライム)の子会社で中小企業の事業承継・事業継続を支援するMJS M&Aパートナーズ(mmap)は、プロフェッショナル・エージェンシー事業を展開するクリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)の会計分野の子会社であるジャスネットコミュニケーションズ(JC)と提携し、6月1日(水)から税理士や会..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:41

2022年05月24日

クリーク・アンド・リバー社は上値試す、23年2月期2桁増益予想で収益拡大基調

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)は、クリエイティブ分野を中心にプロフェッショナル・エージェンシー事業、プロデュース事業、ライツマネジメント事業を展開し、プロフェッショナル50分野構想を掲げて事業領域拡大戦略を加速している。そして23年2月期も2桁増益予想としている。さらに中期経営計画の目標値も上方修正している。積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。株価は地合い悪化も影響して4月の上場来高値圏から反落したが、利益確定売りが一巡して切り返しの動きを強めてい..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:07

2022年04月28日

クリーク・アンド・リバー社は上値試す、23年2月期も2桁増益・連続増配予想で収益拡大基調

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)は、クリエイティブ分野を中心にプロフェッショナル・エージェンシー事業、プロデュース事業、ライツマネジメント事業を展開し、プロフェッショナル50分野構想を掲げて事業領域拡大戦略を加速している。22年2月期は日本クリエイティブ分野の好調が牽引して大幅増益となり、過去最高業績だった。そして23年2月期も2桁増益・連続増配予想としている。さらに中期経営計画の目標値も上方修正した。積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。株価は好業績..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:42

2022年04月27日

クリーク・アンド・リバー社はNFTプラットフォーム「ANIFTY」運営会社を5月に子会社化

■海外版権エージェンシー事業など強化しコンテンツの世界発信も推進  クリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東証プライム)は2022年5月11日(予定)を契約締結日として、ブロックチェーンに関するプラットフォームの企画、設計、開発、運営などを行う株式会社ANIFTY(本社:東京都港区)の株式取得および同社の第三者割当増資の引受けなどを行い、同社を子会社化する。  C&R社グループは、「人の能力により社会に貢献する」ことを理念として掲げ、映像、ゲーム、W..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:55

2022年04月27日

クリーク・アンド・リバー社と万博首長連合が地域経済活性化の連携協定を締結

■2025年万博を契機とした「首都圏と地域の共生基盤」を構築  クリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東証プライム)は4月27日午前、同社と、「2025年日本国際博覧会とともに、地域の未来社会を創造する首長連合」(以下万博首長連合)が、全国の自治体や企業との連携による世界への地域文化の発信や地域支援などを通じ、地域の産業や経済の発展を目指す支援包括連携協定を、5月1日(日)に締結すると発表した。 ■地域の雇用と事業創出にプロフェショナルが貢献 ..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:22

2022年04月22日

クリーク・アンド・リバー社グループの「VR Japan」がAR技術提供とシステム開発を担当し順天堂大学と共同研究、ARを活用した安全な胸腔ドレナージ

■4/18(月)から順天堂大学がクラウドファンディングを実施  クリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東証プライム)のVR分野の子会社VR Japan(VRJ)は4月19日、順天堂大学医学部呼吸器外科学講座(主任教授:鈴木健司)とのAR(拡張現実)を用いた安全な「胸腔ドレーン挿入法(胸腔ドレナージ)」の共同研究において、AR技術の提供とシステム開発を担当すると発表。この研究に対するシステム構築の早期実現に向け、学校法人順天堂大学は4月18日(月)からクラウ..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:31

2022年04月14日

クリーク・アンド・リバー社が年初来の高値を更新、ワクチン接種に関わる医師紹介の拡大など好感される

■業績は売上高、各利益とも連続最高を更新する見込みとし買い安心感  クリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)は4月14日、時間とともに上げ幅を広げて2日続伸基調となり、午前10時50分にかけては6%高の2174円(126円高)まで上げて年初来の高値を更新している。12日、医療人材分野の子会社メディカル・プリンシプル社の新型コロナウイルスワクチン接種に関わる医師紹介が3回目接種の開始とともに約2万2000件(推計440万回接種分)に達したと発表し、陰の原動力..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:18

2022年04月08日

クリーク・アンド・リバー社は続伸基調、今期も最高益予想の好決算と中期計画の上方修正など好感

■今期の配当は3円増の23円の予定とし12期連続の増配に  クリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)は4月8日、朝方の5%安(93円安の1893円)を下値に切り返し、後場は13時にかけて4%高(84円高の2070円)まで上げて続伸基調となっている。7日の15時に発表した2022年2月期の連結決算が各項目とも連続最高を更新し、同時に中期計画の業績目標の上方修正も発表。あらためて注目の強まる相場となっている。  22年2月期の連結業績は営業利益が前期比3..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:33

2022年04月08日

クリーク・アンド・リバー社は23年2月期も2桁増益・連続増配予想で収益拡大基調

(決算速報)  クリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)は4月7日の取引時間終了後に22年2月期連結業績を発表した。日本クリエイティブ分野の好調が牽引して大幅増益となり、過去最高業績だった。そして23年2月期も2桁増益・連続増配予想としている。さらに中期経営計画の目標値も上方修正した。積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。株価は反発して21年12月の上場来高値に接近している。好業績を評価して上値を試す展開を期待したい。 ■22年2月期大幅増益で過去最高、..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:01

2022年04月07日

クリーク・アンド・リバー社が中期計画の業績目標を上方修正、2月決算はすべての項目で過去最高に

■クリエイティブ分野(日本)のプロデュース事業や医療人材事業など好調  クリーク・アンド・リバー社<4763>(東証プライム)は4月7日の15時、2022年2月期の業績と中期経営計画の業績目標の上方修正を発表した。  22年2月期の連結業績は好調で、とりわけグループの中核を担うクリエイティブ分野(日本)におけるプロデュース事業やライツマネジメント事業、医療分野におけるエージェンシー事業が好調に推移し、連結を構成する16社中14社が前期からの利益向上を果たし、すべて..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:56

2022年04月01日

クリーク・アンド・リバー社グループのforGIFT社がアパレル開発のリードタイムなど大幅に削減する3DCGサンプル制作サービス「sture(ストゥーラ)」の提供を4月1日開始

■アパレル製造コストの約20%削減が見込める、という結果も  クリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東1)のブランドマーケティング事業を行うグループ会社・株式会社forGIFTは、2022年4月1日(金)、C&R社の開発スタジオ「C&R Creative Studios」のゲーム3DCG制作技術を活かし、「日本のファッションをリデザインする」という目的のもと、コスト削減と品質向上を実現する3DCGサンプル制作サービス「sture(ストゥーラ)」の提供を開始..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:07

2022年04月01日

クリーク・アンド・リバー社は上値試す、22年2月期は上方修正、23年2月期も収益拡大基調

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1、新市場区分プライム)は、クリエイティブ分野を中心にエージェンシー事業などを展開し、プロフェッショナル50分野構想を掲げて事業領域拡大戦略を加速している。22年2月期は3月25日に上方修正(2回目)して大幅増収増益・増配予想としている。日本クリエイティブ分野が好調であり、積極的な事業展開で23年2月期も収益拡大基調だろう。株価は地合い悪化の影響を受ける場面があったが、急反発して戻り高値圏だ。上方修正も好感した。好業績を評価して上値..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:13

2022年03月31日

クリーク・アンド・リバー社が11日連続高、業績好調でforGIFT社の連結子会社化も好感

■アパレル業界における3DCG活用やDXによる新規事業など推進  クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)は3月31日、一段と出直りを強め、2075円(31円高)まで上げた後も堅調で11日続伸基調となっている。業績の拡大傾向、3月25日の再上方修正発表などに加え、30日にアパレル分野などでマーケティングやプロモーション事業等を推進する株式会社forGIFT(東京都港区)の連結子会社化を発表し、買い材料視されている。  連結化するforGIFT社は、アパレル事..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:11

2022年03月25日

クリーク・アンド・リバー社が2月決算の見通しと配当予想を上方修正、営業利益は前期比39%増の見込みに

■ともに今期2度目の上方修正、期末配当は前期比4円増の20円に  クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)は3月25日の15時に2022年2月期通期連結業績予想の修正(再上方修正)と2月期末配当予想の増配を発表した。ともに今期2度目の上方修正。決算発表は4月7日(木)に予定している。  2022年2月期は、DX(デジタルトランスフォーメーション)化のさらなる推進などにより生産性向上及び業務効率化が進展し、クリエイティブ分野(日本)、医療分野を中心に、プロフェ..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:50

2022年03月17日

クリーク・アンド・リバー社は下値固め完了、23年2月期も収益拡大基調

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1、新市場区分プライム)は、クリエイティブ分野を中心にエージェンシー事業などを展開し、プロフェッショナル50分野構想を掲げて事業領域拡大戦略を加速している。22年2月期は日本クリエイティブ分野の好調が牽引して大幅増収増益予想としている。積極的な事業展開で23年2月期も収益拡大基調だろう。株価は地合い悪化の影響で上値を切り下げる形だったが、売り一巡して下値固め完了感を強めている。好業績を評価して戻りを試す展開を期待したい。なお4月7日..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:39

2022年03月09日

クリーク・アンド・リバー社、スマホで学べる“未来の学校”実現に前進、ARビデオ通話アプリ「Dive」で5G遠隔STEM教育を実証

■エピソテック×KDDI×ファブラボ品川×C&R社  クリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東1)は3月9日、開発プロモーターとして推進する東京都「5G技術活用型開発等促進事業(Tokyo 5G Boosters Project)」において、KDDI<9433>(東1)の5G技術協力のもと、ファブラボ品川と共同で、エピソテックが開発したAR現場支援アプリ「Dive」による5G遠隔STEM教育の実証実験「5Gで繋がる『未来の学校』」に協力したと発表。 ..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:18

2022年02月28日

クリーク・アンド・リバー社は調整一巡、22年2月期は再上振れ濃厚

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1、新市場区分プライム)はクリエイティブ分野を中心にエージェンシー事業などを展開し、プロフェッショナル50分野構想を掲げて事業領域拡大戦略を加速している。22年2月期は大幅増収増益予想としている。来期以降の成長加速に向けた先行投資などを考慮して通期予想を据え置いているが、日本クリエイティブ分野が好調であり、第3四半期累計の進捗率が高水準だったことも勘案すれば通期予想は再上振れが濃厚だろう。さらに積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:11

2022年02月01日

クリーク・アンド・リバー社、日本最大級のクリエイティブチーム「C&R Creative Studios」のテレビCMがスタート!

■VR/NFTアーティスト・せきぐちあいみなど、トップクリエイター3人が出演!  クリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東1)は2月1日(火)から、ゲーム、Web、映像、XR、CG、動画、広告、漫画、小説、建築、ファッションなどの精鋭クリエイターたちが集まる日本最大級のクリエイティブチーム「C&R Creative Studios」のテレビCM「キューブ編」の放映を開始する。 ■テレビCMのロングver.(60秒)  C&R社は昨年12月、..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:40

2022年01月31日

クリーク・アンド・リバー社、日本最古の遊園地「浅草花やしき」で節分もお祭りだ!TVアニメ 『夏目友人帳』と「アトフェス」が初のコラボ

■2/11(金祝)から『節分祭』で盛り上がろう!
kuriku1.jpg
 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)は1月31日、2022年2月11日(金・祝)から2月28日(月)の18日間にわたり、人気ゲームやアニメとのコラボプロジェクト「アトフェス」を日本最古の遊園地「浅草花やしき」(東京都台東区)で開催すると発表。2017年からこれまで18回を数えるアトフェスの歴史の中でも、浅草花やしきでの連続開催は初の試み。 ▼「節分祭」イベント特設サイト https://hanay..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 18:29

2022年01月24日

クリーク・アンド・リバー社は売り一巡、22年2月期3Q累計大幅増益で通期は再上振れ濃厚

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1、新市場区分プライム)はクリエイティブ分野を中心にエージェンシー事業などを展開し、プロフェッショナル50分野構想を掲げて事業領域拡大戦略を加速している。22年2月期第3四半期累計は日本クリエイティブ分野の好調が牽引して大幅増益だった。来期以降の成長加速に向けた先行投資などを考慮して通期予想を据え置いたが、再上振れが濃厚であり、積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。なお配当予想を上方修正している。株価は地合い悪化も影響して水準を切り..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:46

2022年01月19日

クリーク・アンド・リバー社が後場一段高、全体相場が冴えず投資の基本「好業績」に立ち返り注目再燃

■クリエイティブ分野など好調で第3四半期は営業利益58%増加  クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)は1月19日の後場一段高となり、日経平均が下げ幅を広げる中で7%高の1854円(119円高)をつけて3日続伸基調となっている。第3四半期の連結営業利益が58%増加するなど業績が好調で、2月期末の配当を増配の予定。全体相場が冴えないため、投資の基本である好業績に立ち返って注目し直す動きが出ている。  また、クリエイティブ分野(日本)では、映像、ゲーム、Web..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:46

2022年01月17日

クリーク・アンド・リバー社、医師不足の課題を抱える栃木県の若手医師・医学生向けU・I・Jターン促進を支援!

■北関東支社に「とちぎ地域医療支援センターサテライト」を開設  クリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東1)の医療分野の子会社メディカル・プリンシプル社(MP社)は、医師・研修医・医学生に対し、栃木県内への研修や就職を推進するため、MP社北関東支社(埼玉県さいたま市)に「とちぎ地域医療支援センターサテライト(サテライト)」を開設した。これに伴い1月12日(水)に、北関東支社で開所式を執り行った。(写真=MP社「とちぎ地域医療支援センターサテライト」開所式の..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:49

2022年01月07日

クリーク・アンド・リバー社は22年2月期3Q累計大幅増益、通期は再上振れが濃厚

(決算速報)  クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)は1月6日の取引時間終了後に22年2月期第3四半期累計連結業績を発表した。日本クリエイティブ分野の好調が牽引して大幅増益だった。高利益率案件の増加やDXによる生産性向上なども寄与した。来期以降の成長加速に向けた先行投資などを考慮して通期予想を据え置いたが、再上振れが濃厚であり収益拡大基調だろう。株価は地合い悪化の影響で21年12月の上場来高値圏から一旦反落したが、好業績や中期成長力を評価して上値を試す展開を期待し..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:47

2022年01月06日

クリーク・アンド・リバー社は仮想体験型集合教育を実現した「VR遠隔同時講義システム」の販売を開始

■医療業界で導入のシステム  クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)のVR分野の子会社VR Japan(VRJ)は1月5日(水)、没入感のある360度動画を使い、学習効果を飛躍的に向上させる、仮想体験型集合教育を実現した「VR遠隔同時講義システム」の販売を開始した。
kuri1.jpg
▼VR遠隔同時講義システムの詳細は https://www.vr-japan.co.jp/  同システムは、特に手術の手技や医療行為などを体系的に学習するニーズに応えて、医学系学会..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:07

2021年12月09日

【株式市場】日経平均は42円安、旅行観光株など高いが明日のSQに向けた気迷いも

◆日経平均は2万8818円53銭(42円09銭安)、TOPIXは1995.59ポイント(6.65ポイント安)、出来高概算(東証1部)は少な目で4億5635万株  12月9日(木)前場の東京株式市場は、日本航空<9201>(東1)などが堅調だった一方、トヨタ自<7203>(東1)は高く始まったあと急速に値を消し、ソニーG<6758>(東1)や東京エレ<8035>(東1)は小安く始まった後一時プラス圏に浮上したが一進一退。海運株も中盤からダレ模様。NY株3日続伸などの割に上..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:12

2021年12月09日

クリーク・アンド・リバー社は上値試す、22年2月期は過去最高更新予想で収益拡大基調

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)はクリエイティブ分野を中心にエージェンシー事業などを展開し、プロフェッショナル50分野構想を掲げて事業領域拡大戦略を加速している。22年2月期増収増益・過去最高更新予想としている。下期に広告宣伝費等の投資を実行する見込みだが、通期予想は再上振れの可能性がありそうだ。積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。株価は地合い悪化も影響して上場来高値圏から反落したが、素早く切り返しの動きを強めている。利益確定売りをこなしながら上値を試す展開..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:54

2021年11月17日

クリーク・アンド・リバー社は高値更新、22年2月期は再上振れの可能性

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)はクリエイティブ分野を中心にエージェンシー事業などを展開し、プロフェッショナル50分野構想を掲げて事業領域拡大戦略を加速している。22年2月期は増収増益・過去最高更新予想(9月30日に上方修正)としている。第2四半期累計の超過達成分の一部を下期に事業投資として実行する見込みだが、通期予想は再上振れの可能性がありそうだ。積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。株価は上場来高値更新の展開だ。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待した..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:50

2021年10月18日

クリーク・アンド・リバー社は上値試す、22年2月期は再上振れの可能性

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)はクリエイティブ分野を中心にエージェンシー事業などを展開し、プロフェッショナル50分野構想を掲げて事業領域拡大戦略を加速している。22年2月期は増収増益・過去最高更新予想(9月30日に上方修正)としている。上期の超過達成分の一部を下期に事業投資として実行する見込みだが、通期予想は再上振れの可能性がありそうだ。積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。株価は上場来高値更新後に上げ一服の形となったが、自律調整を交えながら上値を試す展開を..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:20

2021年10月08日

クリーク・アンド・リバー社は22年2月期2Q累計大幅増収増益、通期は再上振れの可能性

(決算速報)  クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)は10月7日の取引時間終了後に22年2月期第2四半期累計連結業績を発表した。日本クリエイティブ分野の好調が牽引して計画を上回る大幅増収増益(9月30日に上方修正)だった。高採算案件の増加やDX化による生産性向上なども寄与した。下期に事業投資を実行する見込みだが、通期予想は再上振れの可能性がありそうだ。株価は上場来高値圏だ。好業績を評価して上値を試す展開を期待したい。 ■22年2月期2Q累計大幅増収増益、通期..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:19

2021年10月01日

クリーク&リバー社は実質上場来の高値、業績予想を増額し中期計画を一年前倒して達成することに

■2月通期の連結営業利益は従来予想を12%上回る見込みに  クリーク・アンド・リバー社(クリーク&リバー社)<4763>(東1)は10月1日の前場、11%高の2041円(200円高)まで上げて半月ぶりに株式分割など調整後の上場来高値を更新し、前引けも1960円(119円高)と強い相場になった。9月30日の15時に業績予想の増額修正を発表し、連結営業利益が中期計画の目標を一年前倒して達成する見込みになり、注目が再燃した。  9月30日の15時、第2四半期累計期間(2..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:25

2021年10月01日

クリーク・アンド・リバー社は22年2月期2Q累計・通期予想を上方修正

(業績予想修正速報)  クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)は9月30日の取引時間終了後に、22年2月期第2四半期累計および通期の連結業績予想の上方修正を発表した。通期予想は再上振れの可能性がありそうだ。また新市場区分への移行についてプライム市場選択申請も発表した。株価は上場来高値圏だ。好業績を評価して上値を試す展開を期待したい。 ■22年2月期2Q累計・通期予想を上方修正、通期は再上振れの可能性  22年2月期第2四半期累計の連結業績予想について、売..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:29

2021年09月30日

クリーク・アンド・リバー社は東証の新市場区分で「プライム市場」を選択

■上場維持基準への適合状況判定で「プライム市場」適合を確認済み  クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)は9月30日の15時、2022年4月4日に移行が予定されている東京証券取引所の新市場区分について、「プライム市場」を選択すると発表した。同日開催の取締役会で、新市場区分「プライム市場」を選択する意向について決議した。  新市場区分は、「プライム」「スタンダード」「グロース」の3市場制になる。現在の「東証1部」「東証2部」「マザーズ・JASDAQ」に上場し..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:10

2021年09月30日

クリーク・アンド・リバー社は中期計画の目標営業利益を一年前倒しで達成の見込みに

■業績予想を増額修正し2月通期の営業利益は従来予想から12%増加  クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)は9月30日の15時、第2四半期累計期間(2021年3〜8月)と2月通期(21年3月〜22年2月)の連結業績予想の増額修正を発表し、営業利益は、第2四半期累計の予想を従来予想比31.3%増の21.0億円の見込みとし、2月通期の予想は同12.3%増の32.0億円の見込みとした。これにより、2月通期の営業利益は、21年4月に発表した「中期経営計画」における23年..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:06

2021年09月17日

クリーク・アンド・リバー社は上場来高値更新の展開、22年2月期は過去最高更新予想

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)は、クリエイティブ分野を中心にエージェンシー事業、プロデュース事業、ライツマネジメント事業を展開し、プロフェッショナル50分野構想を掲げて事業領域拡大戦略を加速している。22年2月期はベース事業が2桁伸長して増収増益・過去最高更新予想としている。積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。株価は00年の上場時の高値を突破して上場来高値更新の展開となった。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。なお10月7日に22年2月期第2四..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:40

2021年09月06日

【株式市場特集】「大いなる楽観シナリオ」と「大いなる悲観シナリオ」で注目の銘柄とは?

■まずは小出しのスタンバイ、打診買いから  今週の当特集は、「大いなる楽観シナリオ」と「大いなる悲観シナリオ」を両並びに提示することとした。大楽観シナリオは、前週末3日後場の株高銘柄の後追いのきらいはあるものの、新型コロナウイルス感染症対策で後手を踏んだ菅首相を反面教師に、最大の経済対策はコロナ対策として感染症予防関連株が中心となりそうだ。大悲観シナリオは、自民党総裁選挙の流動化、衆議院選挙の混迷化を想定するもので、ここでは選挙関連銘柄を有力ターゲットとした。このまま突..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:56

2021年08月29日

クリーク・アンド・リバー社所属のVRアーティスト「せきぐちあいみ」が「みなみそうま 未来えがき大使」に!

■任命式はFacebook「ロボ in 南相馬」で生配信!!  クリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東1)に所属するVRアーティスト・せきぐちあいみが、南相馬市(福島県)の「みなみそうま 未来えがき大使」に就任することが決定した。任命式は8月30日(月)に南相馬市役所で行われ、その様子はFacebookアカウント「ロボ in 南相馬」でもライブ配信される予定。
kuriku1.jpg
 南相馬市は2017年に「南相馬ロボット振興ビジョン」を策定し、“ロボットのまち南相..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 07:09

2021年08月25日

クリーク・アンド・リバー社は上値試す、22年2月期は過去最高更新予想

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)は、クリエイティブ分野を中心にエージェンシー事業、プロデュース事業、ライツマネジメント事業を展開し、プロフェッショナル50分野構想を掲げて事業領域拡大戦略を加速している。22年2月期は日本クリエイティブ分野を中心にベース事業が2桁伸長して増収増益・過去最高更新予想としている。積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。株価は00年の上場時の高値に接近している。上値を試す展開を期待したい。 ■クリエイティブ分野中心にエージェンシー..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:59

2021年08月10日

【特集】自宅療養関連株に注目!パルスオキシメーター株も要マーク

 8月相場の基本は、折からの決算発表で際立つ好業績銘柄の個別物色とするのが一般的だが、捻ってさらに出番が続くと期待して自宅療養関連株の自助投資にトライしてみるのも一法になるかもしれない。 ■在宅酸素株、人工呼吸器株、医療従事者紹介・派遣株まで幅広く可能性  自宅療養関連株は、まず星医療酸器と同業の在宅用医療酸素株となる。エア・ウォーター<4088>(東1)、大丸エナウィン<9818>(東2)と続き、大丸エネウィンは、星医療酸器にツレ高してストップ高しており、関連度..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:09

2021年08月02日

クリーク・アンド・リバー社はエルダー人材の働き方の多様性を企画・実現する新会社HATARAKUエルダーを共同で設立

 クリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東1)は、EPSホールディングス、ワールドホールディングス(WHD)、SBSホールディングスと共同で、エルダー人材の働き方の多様性を企画・実現する新会社HATARAKUエルダー(EPSの連結子会社)を2021年8月2日に設立した。
k1.jpg
 株主及び出資比率は、EPSホールディングス=51.7%、ワールドホールディングス=16.7%、SBSホールディングス=16.7%、クリーク・アンド・リバー社=3.3%、その他=11...
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:31

2021年07月26日

クリーク・アンド・リバー社は上値試す、収益拡大基調

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)はクリエイティブ分野を中心にエージェンシー事業、プロデュース事業、ライツマネジメント事業を展開し、プロフェッショナル50分野構想を掲げて事業領域拡大戦略を加速している。22年2月期第1四半期は日本クリエイティブ分野や医療分野の好調が牽引して2桁増収増益と順調だった。そして通期の増収増益・過去最高更新予想を据え置いた。積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。株価は年初来高値を更新する場面があった。その後は利益確定売り優勢の形だが、自..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:45

2021年07月10日

クリーク・アンド・リバー社、国内初の取り組み、長崎大学とメディカル・プリンシプル社と感染症医療人の育成を目的とした協定を締結

 クリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東1)の医療分野の子会社株式会社メディカル・プリンシプル社(MP社)と、国立大学法人長崎大学は、感染症医療人の育成支援等を目的とした協定を結ぶことに合意し、2021年7月9日(金)、長崎大学で協定締結式を執り行った。(写真=長崎大学で行われた協定締結式(中央左:長崎大学・河野茂学長、右:MP社・由良芳從社長)
kuri1.jpg
 国立大学と民間の医師紹介会社が協定を結ぶのは、国内初の取り組み(長崎大学調べ・2021年7月9日(金)..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:45

2021年07月09日

クリーク・アンド・リバー社は上値試す、22年2月期1Qは2桁増収増益と順調

(決算速報)  クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)は7月8日の取引時間終了後に22年2月期第1四半期の連結業績を発表した。日本クリエイティブ分野や医療分野の好調が牽引し、成長投資を吸収して2桁増収増益、四半期ベースで過去最高と順調だった。通期の増収増益予想を据え置いた。積極的な事業展開で収益拡大基調を期待したい。株価は反発して4月の年初来高値に接近している。好業績を評価して上値を試す展開を期待したい。 ■22年2月期1Qは2桁増収増益と順調、通期増収増益予..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:19

2021年06月29日

クリーク・アンド・リバー社のGAME CREATOR PROJECT「OC GAMES」が始動

■ゲーム実況者やプロゲーマーのYouTube活動を包括的に支援  クリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東1)が、YouTube上で展開するマルチチャンネルネットワーク(MCN)「The Online Creators(OC)」は6月28日(月)、ゲーム実況者やプロゲーマーをサポートするGAME CREATOR PROJECT「OC GAMES」(https://onlinecreators.jp/ocgames/)を開始した。
uri1.jpg
(左から、関口氏..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 14:33

2021年06月28日

クリーク・アンド・リバー社は戻り試す、22年2月期増収増益予想

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)はクリエイティブ分野を中心にエージェンシー事業、プロデュース事業、ライツマネジメント事業を展開している。中期経営計画では「プロフェッショナル50分野構想」を掲げ、事業領域拡大戦略を加速している。22年2月期は増収増益で過去最高更新予想としている。積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。株価は4月の年初来高値圏から反落して上値を切り下げたが、調整一巡して戻りを試す展開を期待したい。なお7月8日に第1四半期決算発表を予定している。 ..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:05

2021年06月16日

クリーク・アンド・リバー社はニューノーマルの時代のIT開発サービスを強化「ラボ型オフショア開発 by グルーネ 」のサービス提供を開始

■優秀な開発人材の確保とコスト低減を両立
kuri1.jpg
 プロフェッショナル・エージェンシー事業を展開するクリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東1)でITコンサルティング、WebアプリケーションやAIシステムの構築を行うグループ会社「Grune(グルーネ)」は、6月15日(火)から「ラボ型オフショア開発 by グルーネ」のサービス提供を開始した。 ▼「ラボ型オフショア開発 by グルーネ」公式サイト https://offshore.grune.co.j..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:12

2021年05月31日

クリーク・アンド・リバー社は上値試す、22年2月期増収増益・過去最高更新予想

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)はクリエイティブ分野を中心にエージェンシー事業、プロデュース事業、ライツマネジメント事業を展開し、事業領域拡大戦略を加速している。中期経営計画では「プロフェッショナル50分野構想」を掲げた。22年2月期は増収増益・過去最高更新予想としている。積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。株価は4月の年初来高値圏から利益確定売りで一旦反落したが、00年の上場来高値に接近している。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。 ■ク..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 07:38

2021年05月28日

【この一冊】医療業界のヒューマンドキュメント誌『DOCTOR’S MAGAZINE6月号』発刊

■先制医療で認知症を減らせ!精神医療の改革者・アルツクリニック東京 新井平伊氏を特集  クリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東1)の医療分野の子会社であるメディカル・プリンシプル社は、医療業界のヒューマンドキュメント誌『DOCTOR’S MAGAZINE [ドクターズマガジン] 6月号 』を発刊した。
kuri1.jpg
■ドクターズマガジンWebサイト  https://www.doctor-agent.com/service/doctors-magazine..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 19:25

2021年05月19日

クリーク・アンド・リバー社の「漫画LABO」はベトナムにオリジナル電子書籍小説を書籍で拡販

■漫画家の新しい分業制作スタイルを実現  プロフェッショナル・エージェンシー事業を展開するクリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東1)が運営する漫画LABO(マンガラボ)は、オリジナル電子書籍作品においてベストセラーを輩出したノウハウを基に、ベトナムへの販路を開拓し、オリジナル電子書籍を紙の書籍として販売を開始した。
be1.jpg
■国内でもオリジナルコミック・小説のベストセラー続々  ベトナムへの作品第一弾は『カフェ・エデンの恋する探偵』。同作品は、ペ..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 17:08

2021年04月30日

クリーク・アンド・リバー社はインドネシア大使館とのクリエイティブエコノミー分野で相互協力の覚書を締結

■クリエイティブ分野の日本・インドネシア協業連携支援を確認  プロフェッショナル・エージェンシー事業を展開するクリーク・アンド・リバー社(C&R社)<4763>(東1)は、在本邦インドネシア共和国大使館(インドネシア大使館)とのクリエイティブエコノミー分野における相互協力の覚書を締結した。
11.jpg
■インドネシア大使館主催のクリエイティブ・エコノミー・カンファレンスに参加  インドネシア共和国は、クリエイティブエコノミーを「個人の創造性と創意工夫の活用によって富..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:05

2021年04月30日

クリーク・アンド・リバー社は上場来高値に接近、22年2月期増収増益・過去最高更新予想

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)はクリエイティブ分野を中心にエージェンシー事業、プロデュース事業、ライツマネジメント事業を展開し、事業領域拡大戦略を加速している。中期経営計画では「プロフェッショナル50分野構想」を掲げた。21年2月期は新型コロナウイルスによるマイナス影響を吸収して2桁増収増益・過去最高で着地した。22年2月期も増収増益・過去最高更新予想としている。積極的な事業展開で収益拡大基調だろう。株価は年初来高値更新の展開だ。そして00年の上場来高値に接..
posted by 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:36

2021年04月09日

【株式市場】「まん延防止措置」あるがNY株高など受け日経平均は一時355円高まで上げ一時3万円を回復

◆日経平均は2万9819円66銭(110円68銭高)、TOPIXは1963.56ポイント(11.70ポイント高)、出来高概算(東証1部)は5億9435万株  4月9日(金)前場の東京株式市場は、NYダウ続伸、S&P500種の連日最高値などが好感され、トヨタ自<7203>(東1)ソニーG<6758>(東1)などが高く始まり、日経平均は9時30分過ぎに355円37銭高(3万64円35銭)まで上げ、取引時間中としては4月6日以来の3万円台回復となった。ただ、一方では「まん延..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:08

2021年04月09日

クリーク・アンド・リバー社が急伸、今期も2ケタ増益予想の好業績などに注目集まる

■午前10時過ぎには東証1部銘柄の値上がり率1〜2位  クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)は4月9日、急伸商状となり、取引開始後に17%高の1638円(232円高)まで上げた。10時には東証1部銘柄の値上がり率1〜2位につけている。株式分割など調整後で2000年以来の高値に進んだ。  8日の取引終了後に前2月期の連結決算と今期・22年2月期の予想などを発表し、営業利益は前期の17.4%増に続き今期は16.4%の増加を想定するなどで注目が集まっている(詳..
posted by 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:09